『Ivy Bridge版 省電力Cerelon G1610T』 インテル Celeron Dual-Core G1610T バルク ore623さんのレビュー・評価

2013年 1月22日 登録

Celeron Dual-Core G1610T バルク

Ivy Bridgeをベースにした「Celeron」

Celeron Dual-Core G1610T バルク 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

プロセッサ名:Celeron Dual-Core G1610T/(Ivy Bridge) クロック周波数:2.3GHz ソケット形状:LGA1155 Celeron Dual-Core G1610T バルクのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの価格比較
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの店頭購入
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのスペック・仕様
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのレビュー
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのクチコミ
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの画像・動画
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのピックアップリスト
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのオークション

Celeron Dual-Core G1610T バルクインテル

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2013年 1月22日

  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの価格比較
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの店頭購入
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのスペック・仕様
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのレビュー
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのクチコミ
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクの画像・動画
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのピックアップリスト
  • Celeron Dual-Core G1610T バルクのオークション
ユーザーレビュー > パソコン >   >  Celeron Dual-Core G1610T バルク

『Ivy Bridge版 省電力Cerelon G1610T』 ore623さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Celeron Dual-Core G1610T バルクのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

ore623さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
3件
1件
CPU
2件
0件
PCケース
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度3
安定性5
省電力性3
互換性3
Ivy Bridge版 省電力Cerelon G1610T

G460のオンボードゆめりあ

2500Kのオンボードゆめりあ

G1610Tのオンボードゆめりあ

G460の各種データ

G1610Tの各種データ

プラスRadeon HD 5750

こんにちは

つたないレビューではございますが、どうかよろしくお願いします。

発売以来、ずっと探し求めていましたが、先日にようやく入手する事ができました。今回のレビューに際し比較対象として、Sandy Bridge版の省電力Celeron G460を選びました。比較対象として正しくはございませんが、斜め上からの情報としてお読みいただければと思います。

私のPC基本構成は、マザーボードにP8Z68-V メインメモリーにCMX8GX3M2A1600C9を合計16GB SSDにSamsung840 MZ-7TD250Bです。

【処理速度】
Celeronにはどうしても「安かろう悪かろう」な、イメージが浮かんでしまいますが、そのような事は全くございません。通常のG1610よりもクロックを落としてはいますが、一般の方が多くされるであろう、ネット観覧やその他の使用に関しても問題はないと思われます。

ゆめりあベンチでのスコアを載せてみました。さすがにG460ではスコア的に、苦しくなってしまいました。CoreI5 2500Kでも7100なのに対しG1610Tでは何と!、6000にまでアップしています。ちなみに、1920×1200の最高画質でのテストですから、それなりに使えるオンボードグラフィックなのではと思います。

【安定性】
使い始めて間もないのですが、今のところ安定していますし、今後も問題はないかと思われます。

【省電力性】
この手のCPUには、これが一番気になるところですよね。と、ここまで書いておきながら、申し訳ございません。残念ながら、ワットチェッカーなるものを所持しておりません・・・。ですので、代わりに、気になる発熱の方を書いてみたいと思います。

共にゆめりあベンチ後の画像なのですが、簡単にではございますが載せてみました。Ivy Bridgeからは、プロセスルールも22nmになりました。Sandy Bridgeからは、より細分化されておりますし、2コアでももしかしたらG1610Tの方が、低発熱なのでは?と密かに期待しておりました。さすがにG460を下回る事はございませんでしたが、2コア・性能差を考えますと低発熱化には十分成功したのではないかなと感じます。

【互換性】
マザーボードにはASUS P8Z68-Vを使っております。怖いもの見たさで、購入時のBiosで装着してみたところ、さすがに認識いたしませんでした。Biosアップデート可能なCPUを持っていませんと、この辺り注意が必要になってくるかと思います。ちなみにP8Z68-Vには、3603のBiosで無事認識いたしました。

【総評】
個人的には、Ivy Bridgeはどれも省電力・低発熱に優れているかと思います。ですので「T付き」よりも、通常Verを選ばれてもそれほど大差ないようにも思います。むしろクロック数が下がった分だけ、損?なのかもしれません。私のように、付加価値も見出せるのでしたら、購入しても後悔はしないかと思いますが。

最後になってしまいましたが、別途HD5750を装着しまして、スト4ベンチ(最高画質設定)を行ってみました。ほぼ上限のスコアが出せたかと思います。この辺りはHD5750に「おんぶに抱っこ」状態ではありますが、G1610Tもそれほど足を引っ張っていない事がわかります。実際に使っている内に、気になる点を発見するかもしれません。今後は、私のブログにて書いていきたいと思いますので、何かの参考にしていただければと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Celeron Dual-Core G1610T バルク」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Celeron Dual-Core G1610T バルクのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Celeron Dual-Core G1610T バルク
インテル

Celeron Dual-Core G1610T バルク

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2013年 1月22日

Celeron Dual-Core G1610T バルクをお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意