ミニ MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ミニ > MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデル

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
John Cooper Works Convertible (MT) 2009年6月1日 マイナーチェンジ 1人
Convertible 2009年4月15日 フルモデルチェンジ 1人
S Convertible 2009年4月15日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:4人 (プロ:1人)
  1. 4 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 5.00 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.64 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.64 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.64 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.27 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.27 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.91 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

松下宏さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地2
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

BMWミニでは最初のモデルからハッチバックに加えてオープンボディのコンバーチブルが設定されている。現行の2代目のモデルではコンバーチブルのほかにロードスターという別のオープンモデルも設定しているから、ミニのラインナップは実に多彩だ。

ほかにも多くのボディがあって、現在では8種類もの設定があるし、それぞれにONEやクーパーやクーパーSなど、いくつかのバリエーションがあるから、ミニのラインナップは実に膨大である。

ミニコンバーチブルにもスポーツモデルのJCW(ジョンクーパーワークス)が設定され、さらに6速AT車の設定も拡大されたのに合わせて、BMWが袖ヶ浦フォレストレースウェイをベースにメディア関係者向けの試乗会を開催した。

これに出席して、BMWが用意した広報車両のミニコンバーチブルJCWに試乗した。過去に試乗したクーパーSの印象と合わせて報告しておきたい。

今回のミニコンバーチブルJCWの試乗では、試乗時間がたっぷり確保されていたので、袖ヶ浦フォレストレースウェイのサーキットコースを走ったほか、サーキットの外にも持ち出して近くの一般道や館山自動車道、圏央道などを走った。

JCWの搭載エンジンは直列4気筒1.6Lの直噴ターボ仕様で気持ち良く吹き上がるのと同時に155kW/260N・mという余裕十分のパワー&トルクを発生する。オープンボディのコンバーチブルは剛性を強化するために車両重量が重くなり、ハッチバックに比べると90kgも重い1290kgとなるが、パワフルかつ豪快な走りのフィールはJCWならではのものだ。

コンバーチブルというボディの性格を考えたら、アクセルを全開にして走るのが似合うということではないのだが、そうした余裕の動力性能を持つことは快感である。

ミニコンバーチブルには、クローズドのときには斜め後方の視界が悪く、オープンにしたときには畳んだ幌のために真っ直ぐ後ろも見えにくくなるなどのデメリットもあるのだが、オープンにしたときの爽快感はそうしたデメリットを上回るものがある。

以前に試乗したクーパーSも動力性能には余裕がある。同じ1.6Lの直噴ターボ仕様エンジンながら、チューニングの違いで135kW/240N・mとなるが、これだけのパワー&トルクがあれば走りに不満は感じない。低めの着座位置がもたらすミニならではのゴーカート感覚の走りもスポーティな雰囲気を高めるものとなる。

ミニは全般に足回りが硬いが、コンバーチブルもJCWでは極端に硬く、クーバーSでも相当に硬めの乗り味となる。サーキットで走らせたり、ワインディングなどで走りを楽しむときにはこの硬さでも良いが、ふだんの街中での走りなどでは、ちょっと硬すぎる感じもある。

コンバーチブルJCWの価格は440万円で、かなり高めの設定となる。クーパーSは355万円だから、この価格差は大きい。コンバーチブルというボディタイプを考えたら、現実的な選択としてはクーパーSになるだろう。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル)
ミニ

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル)

新車価格:311〜470万円

中古車価格:47〜329万円

MINI CONVERTIBLE (コンバーチブル) 2009年モデルをお気に入り製品に追加する <39

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

MINIConvertibleの中古車 (全3モデル/134物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意