『トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる』 MICHELIN ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H 世界を旅したgsunさんのレビュー・評価

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H 製品画像

拡大

※ホイールは別売です

最安価格(税込):

¥8,940

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥8,940¥9,060 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

外径:609mm 総幅:177mm 低燃費タイヤ(エコタイヤ):○ ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの価格比較
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの店頭購入
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのスペック・仕様
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのレビュー
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのクチコミ
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの画像・動画
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのピックアップリスト
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのオークション

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84HMICHELIN

最安価格(税込):¥8,940 (前週比:±0 ) 発売日:2013年 6月

  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの価格比較
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの店頭購入
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのスペック・仕様
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのレビュー
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのクチコミ
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hの画像・動画
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのピックアップリスト
  • ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのオークション
ユーザーレビュー > 自動車 > タイヤ > MICHELIN > ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H

『トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる』 世界を旅したgsunさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのレビューを書く

世界を旅したgsunさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

タイヤ
5件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度4
走行性能5
乗り心地4
グリップ性能3
静粛性3
トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる

ノーマルのスイフト、ZC83S、i・stop無し、総重量980kgでテスト。
【 経緯 】
前車のSG型フォレスターの新車装着タイヤの田舎山道での弱いグリップに不満で、ミシュランを3回に亘って履いたが、17万kmで廃車になり、お財布に優しく、ガソリンを喰わない、且つ、事故っても相手に迷惑が掛からず自分の身で完結できる、軽く豆っこいSWIFTを購入した次第。この購入の過程で、”昔、自動車の機械効率は60km/hで最高になるように造られていると聞いたのだが?”、と尋ねたところ、今は70km/hだという事で、技術の進歩にビックリ。これが切っ掛けで、探求心に火が付き、燃費曲線を作る為にテストを始めたのだが、最初は、燃費を損なわないアクセル操作、アクセルと空走と燃料カット制御、燃料再噴射、等々の理解から、タイヤへと視点が広がって、偉い出費になってしまった。この発端は、SWIFTの新車装着のEP150とVRXの燃費が、超ワインディングの標高差630mの急坂山道で、VRXが28km/リッタで、EPの26km/リッターを逆転したことから始まり、碓氷バイパス越え高崎の標高差950mの燃費が31km/リッター越えで平地より良く、おまけに、左右バランスを取って72kg重い方が4%良い、その一方で、8号線の直江津−能生・カニ屋横丁の標高差0mでは33km/リッターで、総重量980kgと左右バランスを取った1052kgでは、勝ったり負けたりで、引き分け、等々で、予想外の結果となって、それならば、他のタイヤではどうなるのかと、テストを始めた訳です。
2021年末までにテスト終了したタイヤは、A−a 1銘柄、A−b 4銘柄、A-c 1銘柄、スタッドレス2銘柄の計8銘柄であり、現在テスト中の1銘柄は、AA-cである。この流れの中で最初に買ったのが、使い慣れていたミシュランで、今回は、モデル末期で安かった ”独製エナジー・セイバー・プラス ”を購入した次第。

【 燃費 :直線的ルートで 最下位、町中ルートで1位、硬いトレッドの特徴が出た 】 
@my燃費テストルート(下道−高速道−最高標高714mの山道、各1/3づつの往復100km)の3往復8時間の燃費は、27.090km/リッター・満タン法で、テストしたタイヤ8銘柄の燃費 28.623−27.090のビリ。 
A町中の交差点のカーブと、信号停止が多く、踏切もある町中燃費テストルートの28kmの6往復7時間の燃費は、28.409km/リッターで全7銘柄の 28.409−27.646の首位である。トレッド面が硬く、カーブでテールを滑らせ易いミシュランが、町中の交差点の急カーブでのエネルギーロスが小さかった為と思われる=カーブRが小さいと、グリップが強いタイヤはブレーキになる。実例は、超ワインディングの急坂山道では、グリップが弱いスタッドレス・VRXの燃費が、夏タイヤ・EP150に11%勝った(全52走での統計値)と言う試験データがある。

【 惰性下りの走行性能は、A-a 1銘柄、A-b 3銘柄、A-c 1銘柄、スタッドレス2銘柄と同じ 】【 他のタイヤよりも、空気圧でグリップが大きく変わる 】
均一勾配7%の急坂に、R47からR102の6個のカーブが続く1500mのコースで、フットブレーキとアクセルを使わずに惰性で下り、ゴールタイムを計って走行性能を計るテストを考えた。エナジーセイバープラスは、他の7銘柄と同じ空気圧の 前2.65/後2.40にすると、トレッドのセンターが他のタイヤよりも膨れて、ショルダーの接地圧が小さくなった為に、横ズレが大きくて遅くなったと考えたので、スズキ指定の 2.5/2.2 に落とした結果、他の ”A-b” タイヤと同様な横Gになって2秒弱速くなり、同タイムになった。他の全タイヤは、新品の時の 2.65(プラス6%)/2.40(プラス9%)の空気圧でテストを続けていたが、特段に悪いことが無かったので、走行500km以降も高目のまま走行して、データの継続性を優先させて実験を終了した。

【 静粛性 : 他の ”A-b” より僅かにウルサイが、耐摩耗性能の代償だから気にしない 】
タイヤと路面からの情報を無くしてしまうほど静かなタイヤは、危険だと考えているので、静粛性は気にしない。伝わって来る情報を聞きながら、感じながら、急坂・急カーブの山道を走るのが好きだし、安全の為に車外の音を聞くべきだと思うので、今迄、車のラジオや音響機器の電源を入れた事が無い。

【 乗り心地 : これを重視するなら、そもそもSWIFTを買わない 】
980kgの総重量で走る軽いスイフトは、ラベリングが ”A-b” のミシュランの、6%高い空気圧2.65でも跳ねること無く走れる。しかし、最後に購入して、テスト中の ”AA-c” のタイヤは、上下振動が大きく、それが車体と共振して跳ね上がったという、初めての経験。ところが、レビューを観ると、同じSWIFTに硬めのダンパーを装備している ”RS” では、上下振動と共振は起きていない。貴重な経験をさせてもらった。

【 タイヤの賞味期限 : 今は答えが出せない 】 
テストで8銘柄も買い足してきたので、走行距離が分散して、いつになったら賞味期限に至るやら。車が先に廃車になるかも?。

以上

車タイプ
コンパクト

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
走行性能5
乗り心地4
グリップ性能3
静粛性3
トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる

ノーマルのスイフト、ZC83S、i・stop無し、総重量980kgでテスト。
【 経緯 】
前車のSG型フォレスターの新車装着タイヤの田舎山道での弱いグリップに不満で、ミシュランを3回に亘って履いたが、17万kmで廃車になり、お財布に優しく、ガソリンを喰わない、且つ、事故っても相手に迷惑が掛からず自分の身で完結できる、軽く豆っこいSWIFTを購入した次第。この購入の過程で、”昔、自動車の機械効率は60km/hで最高になるように造られていると聞いたのだが?”、と尋ねたところ、今は70km/hだという事で、技術の進歩にビックリ。これが切っ掛けで、探求心に火が付き、燃費曲線を作る為にテストを始めたのだが、最初は、燃費を損なわないアクセル操作、アクセルと空走と燃料カット制御、燃料再噴射、等々の理解から、タイヤへと視点が広がって、偉い出費になってしまった。この発端は、SWIFTの新車装着のEP150とVRXの燃費が、超ワインディングの標高差630mの急坂山道で、VRXが28km/リッタで、EPの26km/リッターを逆転したことから始まり、碓氷バイパス越え高崎の標高差950mの燃費が31km/リッター越えで平地より良く、おまけに、左右バランスを取って72kg重い方が4%良い、その一方で、8号線の直江津−能生・カニ屋横丁の標高差0mでは33km/リッターで、総重量980kgと左右バランスを取った1052kgでは、勝ったり負けたりで、引き分け、等々で、予想外の結果となって、それならば、他のタイヤではどうなるのかと、テストを始めた訳です。
この流れの中で最初に買ったのが、使い慣れていたミシュランで、今回は、モデル末期で安かった ”独製エナジー・セイバー・プラス ”を購入した次第。昔と違って、ラベリングが表示されているから、実験を立案し易くなった。

【 燃費 :直線的ルートで 最下位、町中ルートで1位、硬いトレッドの特徴が出た 】 
@my燃費テストルート(下道−高速道−最高標高714mの山道、各1/3づつの往復100km)の3往復8時間の燃費は、27.090km/リッター・満タン法で、テストしたタイヤ8銘柄の燃費 28.623−27.090のビリ。 
A町中の交差点のカーブと、信号停止が多く、踏切もある町中燃費テストルートの28kmの6往復7時間の燃費は、28.409km/リッターで全7銘柄の 28.409−27.646の首位である。トレッド面が硬く、カーブでテールを滑らせ易いミシュランが、町中の交差点の急カーブでのエネルギーロスが小さかった為と思われる=カーブRが小さいと、グリップが強いタイヤはブレーキになる。実例は、超ワインディングの急坂山道では、グリップが弱いスタッドレス・VRXの燃費が、夏タイヤ・EP150に11%勝った(全52走での統計値)と言う試験データがある。

【 惰性下りの走行性能は、A-a 1銘柄、A-b 3銘柄、A-c 1銘柄、スタッドレス2銘柄と同じ 】【 他のタイヤよりも、空気圧でグリップが大きく変わる 】
均一勾配7%の急坂に、R47からR102の6個のカーブが続く1500mのコースで、フットブレーキとアクセルを使わずに惰性で下り、ゴールタイムを計って走行性能を計るテストを考えた。エナジーセイバープラスは、他の7銘柄と同じ空気圧の 前2.65/後2.40にすると、トレッドのセンターが他のタイヤよりも膨れて、ショルダーの接地圧が小さくなった為に、横ズレが大きくて遅くなったと考えたので、スズキ指定の 2.5/2.2 に落とした結果、他の ”A-b” タイヤと同様な横Gになって2秒弱速くなり、同タイムになった。他の全タイヤは、新品の時の 2.65(プラス6%)/2.40(プラス9%)の空気圧でテストを続けていたが、特段に悪いことが無かったので、走行500km以降も高目のまま走行して、データの継続性を優先させて実験を終了した。

【 静粛性 : 他の ”A-b” より僅かにウルサイが、耐摩耗性能の代償だから気にならない 】
タイヤと路面からの情報を無くしてしまうほど静かなタイヤは、危険だと考えているので、重要視しない。伝わって来る情報を聞きながら、感じながら、急坂・急カーブの山道を走るのが好きだし、安全の為に車外の音を聞くべきだと思うので、今迄、車のラジオや音響機器の電源を入れた事が無い。

【 乗り心地 : これを重視するなら、そもそもSWIFTを買わない 】
980kgの総重量で走る軽いスイフトは、ラベリングが ”A-b” のミシュランの、6%高い空気圧2.65でも跳ねること無く走れる。しかし、最後に購入して、テスト中の ”AA-c” のタイヤは、上下振動が大きく、それが車体と共振して跳ね上がったという、初めての経験。ところが、レビューを観ると、同じSWIFTに硬めのダンパーを装備している ”RS” では、上下振動と共振は起きていない。貴重な経験をさせてもらった。

【 タイヤの賞味期限 : 今は答えが出せない 】 
テストで8銘柄も買い足してきたので、走行距離が分散して、何時になったら賞味期限に至るやら。車が先に廃車になるかも?。

以上

車タイプ
コンパクト

参考になった0

満足度4
走行性能5
乗り心地4
グリップ性能3
静粛性3
トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる

ノーマルのスイフト、ZC83S、i・stop無し、総重量980kgでテスト。
【 経緯 】
前車のSG型フォレスターの新車装着タイヤの田舎山道での弱いグリップに不満で、ミシュランを3回に亘って履いたが、17万kmで廃車になり、定年後の身では、ガソリン代が掛からない、且つ、事故っても相手に迷惑が掛からず自分の身で完結できるように、軽く豆っこいSWIFTを購入した次第。この購入の過程で、”昔、自動車の機械効率は60km/hで最高になるように造られていると聞いたのだが?”、と尋ねたところ、今は70km/hだという事で、技術の進歩にビックリ。これが切っ掛けで、探求心に火が付き、燃費曲線を作る為にテストを始めたのだが、最初は、燃費を損なわないアクセル操作、アクセルと空走と燃料カット制御、燃料再噴射、等々の理解から、タイヤへと視点が広がって、偉い出費になってしまった。この発端は、SWIFTの新車装着のEP150とVRXの燃費が、超ワインディングの標高差630mの急坂山道で、VRXが28km/リッタで、EPの26km/リッターを逆転したことから始まり、碓氷バイパス越え高崎の標高差950mの燃費が31km/リッター越えで平地より良く、おまけに、左右バランスを取って72kg重い方が4%良い、その一方で、8号線の直江津−能生・カニ屋横丁の標高差0mでは33km/リッターで、総重量980kgと左右バランスを取った1052kgでは、勝ったり負けたりで、引き分け、等々で、予想外の結果となって、それならば、他のタイヤではどうなるのかと、テストを始めた訳です。
この流れの中で最初に買ったのが、使い慣れていたミシュランで、今回は、モデル末期で安かった ”独製エナジー・セイバー・プラス ”を購入した次第。昔と違って、ラベリングが表示されているから、実験を立案し易くなった。

【 燃費 :直線的ルートで 最下位、町中ルートで1位、硬いトレッドの特徴が出た 】 
@my燃費テストルート(下道−高速道−最高標高714mの山道、各1/3づつの往復100km)の3往復8時間の燃費は、27.090km/リッター・満タン法で、テストしたタイヤ8銘柄の燃費 28.623−27.090のビリ。 
A町中の交差点のカーブと、信号停止が多く、踏切もある町中燃費テストルートの28kmの6往復7時間の燃費は、28.409km/リッターで全7銘柄の 28.409−27.646の首位である。トレッド面が硬く、カーブでテールを滑らせ易いミシュランが、町中の交差点の急カーブでのエネルギーロスが小さかった為と思われる=カーブRが小さいと、グリップが強いタイヤはブレーキになる。実例は、超ワインディングの急坂山道では、グリップが弱いスタッドレス・VRXの燃費が、夏タイヤ・EP150に11%勝った(全52走での統計値)と言う試験データがある。

【 惰性下りの走行性能は、A-a 1銘柄、A-b 3銘柄、A-c 1銘柄、スタッドレス2銘柄と同じ 】【 他のタイヤよりも、空気圧でグリップが大きく変わる 】
均一勾配7%の急坂に、R47からR102の6個のカーブが続く1500mのコースで、フットブレーキとアクセルを使わずに惰性で下り、ゴールタイムを計って走行性能を計るテストを考えた。エナジーセイバープラスは、他の7銘柄と同じ空気圧の 前2.65/後2.40にすると、トレッドのセンターが他のタイヤよりも膨れて、ショルダーの接地圧が小さくなった為に、横ズレが大きくて遅くなったと考えたので、スズキ指定の 2.5/2.2 に落とした結果、他の ”A-b” タイヤと同様な横Gになって2秒弱速くなり、同タイムになった。他の全タイヤは、新品の時の 2.65(プラス6%)/2.40(プラス9%)の空気圧でテストを続けていたが、特段に悪いことが無かったので、走行500km以降も高目のまま走行して、データの継続性を優先させて実験を終了した。

【 静粛性 : 他の ”A-b” より僅かにウルサイが、耐摩耗性能の代償だから気にならない 】
タイヤと路面からの情報を無くしてしまうほど静かなタイヤは、危険だと考えているので、重要視しない。伝わって来る情報を聞きながら、感じながら、急坂・急カーブの山道を走るのが好きだし、安全の為に車外の音を聞くべきだと思うので、今迄、車のラジオや音響機器の電源を入れた事が無い。

【 乗り心地 : これを重視するなら、そもそもSWIFTを買わない 】
980kgの総重量で走る軽いスイフトは、ラベリングが ”A-b” のミシュランの、6%高い空気圧2.65でも跳ねること無く走れる。しかし、最後に購入して、テスト中の ”AA-c” のタイヤは、上下振動が大きく、それが車体と共振して跳ね上がったという、初めての経験。ところが、レビューを観ると、同じSWIFTに硬めのダンパーを装備している ”RS” では、上下振動と共振は起きていない。貴重な経験をさせてもらった。

【 タイヤの賞味期限 : 今は答えが出せない 】 
テストで8銘柄も買い足してきたので、走行距離が分散して、何時になったら賞味期限に至るやら。車が先に廃車になるかも?。

以上

車タイプ
コンパクト

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
トレッドが硬いミシュランの燃費は、ルートで大きく変わる  4 2022年1月15日 17:57
良いです  5 2019年6月1日 21:53
ミシュランのスタンダードタイヤ  3 2018年10月10日 20:16
路面に吸い着く走り  5 2018年1月2日 21:28
175/65R15 AQUAに  5 2016年8月11日 10:50
欧州製ミシュランだが価格が安い  5 2015年11月16日 16:42
いい感じです。  4 2015年3月30日 09:00
ハンドリング優秀  5 2014年9月23日 02:21

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのレビューを見る(レビュアー数:8人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H
MICHELIN

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84H

最安価格(税込):¥8,940発売日:2013年 6月 価格.comの安さの理由は?

ENERGY SAVER+ 175/65R15 84Hをお気に入り製品に追加する <38

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[タイヤ]

タイヤの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

  • 【おすすめリスト】提案
  • 【おすすめリスト】グラボ
  • 【欲しいものリスト】自作PC
  • 【質問・アドバイス】a
  • 【欲しいものリスト】sosui2

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(タイヤ)

ご注意