『C++使いには福音 2010は捨ててこちらへ』 マイクロソフト Visual Studio Professional 2012 i-brownさんのレビュー・評価

最安価格(税込):価格情報の登録がありません

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 登録日:2013年 1月 9日

販売形態:パッケージ版 ライセンス形式:通常版 Visual Studio Professional 2012のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Visual Studio Professional 2012の価格比較
  • Visual Studio Professional 2012の店頭購入
  • Visual Studio Professional 2012のスペック・仕様
  • Visual Studio Professional 2012のレビュー
  • Visual Studio Professional 2012のクチコミ
  • Visual Studio Professional 2012の画像・動画
  • Visual Studio Professional 2012のピックアップリスト
  • Visual Studio Professional 2012のオークション

Visual Studio Professional 2012マイクロソフト

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2013年 1月 9日

  • Visual Studio Professional 2012の価格比較
  • Visual Studio Professional 2012の店頭購入
  • Visual Studio Professional 2012のスペック・仕様
  • Visual Studio Professional 2012のレビュー
  • Visual Studio Professional 2012のクチコミ
  • Visual Studio Professional 2012の画像・動画
  • Visual Studio Professional 2012のピックアップリスト
  • Visual Studio Professional 2012のオークション

『C++使いには福音 2010は捨ててこちらへ』 i-brownさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:279件
  • 累計支持数:600人
  • ファン数:19人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
7件
253件
オイル
0件
50件
CPU
9件
27件
もっと見る
満足度5
機能性5
使いやすさ4
安定性3
軽快性5
サポート無評価
マニュアル4
C++使いには福音 2010は捨ててこちらへ

あくまで無料のexpress edition for Desktopを使った感想です。

【機能性】
C++/CLI, C#, VB.netと何でもこなせます。
Windows 7 SP1以降なら、C#やVBのEXEからでもCリンケージのDLLを作ることでAVX命令も記述して実行させることができます(XP, VistaはSSE命令まで)。
CPUの拡張命令をどんどん発行して性能を解き放ちましょう!
AVX2命令も入力できます。もちろんHaswellなら実行できます。(※記述修正)

【使いやすさ】
なんと言っても、C++/CLIでもIntelisenceが有効になったのが大きいです。2010ではIntelisenceがC++/CLIでは無効だったのでどうにもなりませんでした。
候補表示も2008よりずっと細かく出るようになって、C#やVBのようだと感じました。
ソリューションエクスプローラでソースコードの関数レベルまでツリー表示できるのも良いです。画面デザインがストアアプリ風の平面型なので、慣れるまではGUI部品の境界が認識しづらいです。既存アプリのDLLの性能向上を行っているだけなので、GUIエディタは今のところ使っていません。

【安定性】
Any CPUビルドでGUIを編集しようとするとGUIエディタが異常終了します。2008ではWin32のReleaseでビルドするとGUIエディタが使えるようになったので、同じなのではないかと思います。

【軽快性】
操作が重いと思ったことはありませんが、Intelisenceがお節介すぎて、「似ているけど違う」新しい単語を入力しようとしたときに勝手に補足してくれることがあります。Intelisenceがバックグラウンドで100MB単位でファイルを作るようになりました。ソリューションを圧縮して保存するときに重くなりました。

【サポート】
受けたことがないので無評価です。

【マニュアル】
MSDNで一通りのことは調べられます。が、骨が折れます。Intelのマニュアルも役に立ちますね。

【総評】
C++/CLI使いにとって、2010は「買うに値しない仕様」でしたが、2012ではVB, C#, C++のデスクトップアプリが無料で作れるようになりました。趣味のプログラマにはありがたい限りです。
Visual Studio 2013 Previewが出てさらにC++ 11仕様を取り込んでくれるようです。STLやテンプレートプログラミングを使う人にはさらに使いやすくなるのでしょう。
毎年更新されると、個人ではお金がかかりすぎるのが痛いところですね。

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
機能性5
使いやすさ4
安定性3
軽快性5
サポート無評価
マニュアル4
C++使いには福音 2010は捨ててこちらへ
   

Windows 8風のスタイル

   

あくまで無料のexpress edition for Desktopを使った感想です。

【機能性】
C++/CLI, C#, VB.netと何でもこなせます。
Windows 7 SP1以降なら、CリンケージのDLLを作ることでAVX命令も記述して実行させることができます(XP, VistaはSSE命令まで)。
CPUの拡張命令をどんどん発行して性能を解き放ちましょう!
AVX2命令も入力できますが、現時点では対応CPUが販売されていないので異常終了してしまいます。

【使いやすさ】
なんと言っても、C++/CLIでもIntelisenceが有効になったのが大きいです。2010ではIntelisenceがC++/CLIでは無効だったのでどうにもなりませんでした。
候補表示も2008よりずっと細かく出るようになって、C#やVBのようだと感じました。
ソリューションエクスプローラでソースコードの関数レベルまでツリー表示できるのも良いです。画面デザインがストアアプリ風の平面型なので、慣れるまではGUI部品の境界が認識しづらいです。既存アプリのDLLの性能向上を行っているだけなので、GUIエディタは今のところ使っていません。

【安定性】
Any CPUビルドでGUIを編集しようとするとGUIエディタが異常終了します。2008ではWin32のReleaseでビルドするとGUIエディタが使えるようになったので、同じなのではないかと思います。

【軽快性】
操作が重いと思ったことはありませんが、Intelisenceがお節介すぎて、「似ているけど違う」新しい単語を入力しようとしたときに勝手に補足してくれることがあります。Intelisenceがバックグラウンドで100MB単位でファイルを作るようになりました。ソリューションを圧縮して保存するときに重くなりました。

【サポート】
受けたことがないので無評価です。

【マニュアル】
MSDNで一通りのことは調べられます。が、骨が折れます。Intelのマニュアルも役に立ちますね。

【総評】
C++/CLI使いにとって、2010は「買うに値しない仕様」でしたが、2012ではVB, C#, C++のデスクトップアプリが無料で作れるようになりました。趣味のプログラマにはありがたい限りです。

参考になった1

「Visual Studio Professional 2012」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Visual Studio Professional 2012
マイクロソフト

Visual Studio Professional 2012

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2013年 1月 9日

Visual Studio Professional 2012をお気に入り製品に追加する <4

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プログラミングソフト)

ご注意