H6510BD レビュー・評価

2012年12月21日 発売

H6510BD

3D対応のDLPプロジェクター

H6510BD 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

パネルタイプ:DLP アスペクト比:16:9 最大輝度:3000ルーメン コントラスト比:10000:1 対応解像度規格:VGA〜WUXGA H6510BDのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • H6510BDの価格比較
  • H6510BDの店頭購入
  • H6510BDのスペック・仕様
  • H6510BDのレビュー
  • H6510BDのクチコミ
  • H6510BDの画像・動画
  • H6510BDのピックアップリスト
  • H6510BDのオークション

H6510BDAcer

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年12月21日

  • H6510BDの価格比較
  • H6510BDの店頭購入
  • H6510BDのスペック・仕様
  • H6510BDのレビュー
  • H6510BDのクチコミ
  • H6510BDの画像・動画
  • H6510BDのピックアップリスト
  • H6510BDのオークション

H6510BD のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.55
(カテゴリ平均:4.46
レビュー投稿数:31人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.64 4.22 -位
発色・明るさ 発色のよさ・画面の明るさ 4.62 4.46 -位
シャープさ コントラストの高さ・クッキリ度 4.62 4.29 -位
調整機能 調整機能の充実度・使いやすさ 3.78 4.03 -位
静音性 動作音の静かさ 3.42 3.90 -位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 4.62 4.26 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

H6510BDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

鴻池賢三さん

プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールオーディオ・ビジュアル評論家。ビジュアルグランプリ審査員。THX/ISF認定ホームシアターデザイナー。日本オーディオ協会 諮問委員。「デジタルホームシアター普及委員会」委員。

専門誌、ネット、テレビなどのメディアを通じて機器の選び方…続きを読む

満足度4
デザイン3
発色・明るさ4
シャープさ4
調整機能3
静音性3
サイズ5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

   

安価ながら、豊富な入力端子を搭載。

   

専門誌での評価を通じてのレビューです。

【デザイン】
デザインには好みがあると思いますので、公式WEBなどでご確認頂ければと思います。
個人的には、真っ四角な外観がシンプルで良いと思います。質感はややプラスティクっぽいですが、価格を考えると、どなたも大きな不満は無いと思います。

【発色・明るさ】
リビング程度の明るい部屋でも、映像がしっかりと見えるくらい明るいです。暗室では明るすぎるくらいですが、3D視聴時は3Dメガネ(別売)で目に届く光が少なくなるので、ちょうど良いくなります。
発色は高性能と言い難いですが、色域(色が再現できる範囲)を測定したところ、制作基準(BT.709)を概ね満たしており、実用充分です。
映画などを観ても、誇張された感が無く、自然な色合いで充分に楽しめます。

【シャープさ】
さすがフルHD。リーズナブルな価格ですが、高密度&高精細な映像で、高品位です。
細かな事を言えばキリが無いですが、WXGAとは別次元です。

【調整機能】
光学ズーム機能、上下の台形補正機能を備えています。

【静音性】
そこそこファン音が気になります。同価格帯のプロジェターと同等の印象です。
コンパクトモデルでは、仕方の無い部分だと思います。

【サイズ】
幅x奥行x高さ: 264mm x 220mm x 78mm
A4用紙サイズです。非常にコンパクトです。

【総評】
DLP方式で宿命と言えるカラーブレーキング現象(色割れ/主に白色が虹のように見える)は、やや目立ちやすく、カラーブレーキング現象が気になる方は、実機での確認をお勧めします。
(カラーブレーキング現象は、若年層ほど知覚し易い傾向があります。個人差もあります。)
一方、3Dは、メガネ越しでも映像が明るく、クロストーク(二重像)も少なくて好印象です。一般的な3D方式に加え、NVIDIA社の3D方式「3DTV PLAY」に対応しています。
予算を抑えて3Dゲームを楽しみたいユーザーに注目して欲しいモデルです。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

H6510BDのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

H6510BD
Acer

H6510BD

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年12月21日

H6510BDをお気に入り製品に追加する <438

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プロジェクタ]

プロジェクタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(プロジェクタ)

ご注意