『人生で最後のガソリン車に最適(4年経過:62000km)』 スバル フォレスター 2012年モデル smario683603さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > スバル > フォレスター 2012年モデル

『人生で最後のガソリン車に最適(4年経過:62000km)』 smario683603さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォレスター 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
人生で最後のガソリン車に最適(4年経過:62000km)

この度、子供の利便性を考え、スライドドアのファミリーカーに乗り換えることにしました。
4年、距離62000km乗った観賞を残します。
---
前の車:スカイラインクロスオーバー(5年で11万キロ)
使用目的:通勤には使わず主に週末ドライブやアウトドア、雪山にも良く行く(家内は平日の街乗りにほぼ毎日使用)@関東
前提条件:4駆、荷物が載る、ヒートシーター、車中泊ができる、予算300万。
選択にあたり気にした点:飽きない事、幼児連れに使い勝手が良い、たぶん人生で最後のガソリン車。
感想は、相対的な物ですから、前の車との比較と思ってください。

【エクステリア】 旧型XTのストイックな外観は、飽きはこなかったです。 独特なシルバーは青み掛かっていて今でも綺麗、汚れも目立たない。 コーティングはしませんでしたが、損傷なし。 スキーキャリアを付けましたが、小柄な方(私を含め)は、毎度スキーの積載はちょっと苦労、一人でやるのは大変でした。 リアカメラの取り付け位置が真ん中に無い(左側にずれている)ので、使い辛らかった。 LEDライナーはいまもカッコいい。

【インテリア】 リアシートを倒した際の段差(約10cm)はスノコとシャワーマットを敷いて埋め、フラットになり車中泊はできました。 しかし、大人二人まで。 子供も100cmを超えてくると3人では厳しい。 シートカバーは掛けっぱなしで、シート素材は新品のまま。 ISO FIXのチャイルドシードは取り付けし辛かった。(ちょっとフックが奥まっている)

【エンジン性能】 エンジン吸気センサーの接触不良で(エラーコードP0107)、エンジンハーネスの無償交換を1回。  それ以外の問題はなし。 十分な馬力は追い越しの時など重宝しました、結局Sモードも殆ど使わず。
次の車では馬力不足に悩むことになると思う。

【走行性能】 私は年20日ほどスキーに行きます。 スタッドレスで色々な雪面下を走りましたが、3K(急発進、急ハンドル、急ブレーク)に普通に気を付けていれば、まず大丈夫。 一回だけ、志賀高原の帰り(下りカーブ)で滑った時があるが、立て直しも簡単だった。  あと気になる様なアイサイトの誤警報やブレーキはなかった。

【乗り心地】 シートヒーターは直ぐ温かくなるので使えます。 室内が高いので子供のオムツを後部座席に立たせて交換できるのは便利だった。 子供が自分で乗り降りしだすと車高22cmは厳しかった。 
窓が大きく、斜め後ろもブラインドスポットにならない(ピラーが小さく後部三角窓が大きい)から、視界性は抜群。

【燃費】 市街地では7-8km、高速は11-13km、4年通じての平均です。 280馬力の4駆でこれならOKです。

【価格】 1ps=1万円、ヒートシーターやアイサイト標準装備でこのXTはお買い得。 仮に他社で同様の仕様でだったら、50万以上はプラスされると思う。

【総評】 「人生で最後になるガソリン車」に相応しい車と思って購入して正解でした。 
満足: エンジンの余裕、4駆性能、アイサイト、視界性の良さ、室内空間が高さ。 
不満: 車中泊は二人まで、子供が大きくなってくると乗り降りは厳しい。
過不足なし: 遮音性、純正のエンターテインメント・スピーカー 

フォレスターと4年という時間を一緒にできて幸せでした。 安心感を当たり前にしてくれた事に感謝しています。
いずれスライドドアが不要になったら、またスバルを考えたいです、その日を楽しみにしてます。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
302万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
人生で最後のガソリン車に最適(1年経過:16000km)

一年目点検(法定12か月)を受けました。 距離は16000km、経過を追記します。各項目の(一年経過)を参照ください。
---
過去の車:スカイラインクロスオーバー(5年弱で11万キロ)、その前はスバルレガシーワゴン、トヨタRav4、スープラ。 
使用目的:通勤には使わず主に週末ドライブやアウトドア、雪山にも良く行く(家内は平日の街乗りにほぼ毎日使用)@関東
前提条件:4駆、荷物が載る、ヒートシーター、車中泊ができる、予算300万。
選択にあたり気にした点:飽きない事、幼児連れに使い勝手が良い、たぶん人生で最後のガソリン車。
今回候補:CX-5 25S, Vezel, X-Trail, harrier。
オプションはルーフレール、パイオニアの楽ナビ、ドアエッジモール、LEDライナー。 
以下の感想は、相対的な物ですから、過去の車との比較と思ってください。

【エクステリア】 (一年経過)世の中はD型に変わっていますが、飽きはありません。  コーティングはしませんでしたが、2か月に一回手洗いするペースでも損傷ないですね。 独特なシルバーは青み掛かっていて綺麗です。 冬場にスキーキャリアを付けましたが、小柄な方(私を含め)は、毎度スキーの積載はちょっと苦労、一人でやるのは大変です。 あと、リアカメラの取り付け位置が横幅の真ん中に無い(左側にずれている)ので、カメラは障害物の確認だけに使い、駐車はサイドミラーを見ながらです。

【インテリア】 (一年経過)リアシートを倒した際の段差(約10cm)はスノコとシャワーマットを敷いて埋めましたが、冬は結局、車中泊できず。(子供が小さすぎ) 早くてこの夏か。 インテリアって慣れてしまえば、不自由があるかどうかだけになりますね。 至って普通のRVなので、特に不満はありません。 シートカバーも掛けっぱなしで、シート素材は新品のままです。

【エンジン性能】(一年経過)Tモードでは加速が若干スローですが常に余裕があります、当然、Sモードにすれば良いでしょうが、あまり使う機会が無いです。 過去3度、複数の警告灯(ヒルスタートアシスト、エンジンシステム、アイサイト)が同時に点灯しました。 エンジン吸気センサーの接触不良らしく(エラーコードP0107)、その都度、センサーを取り外し、接触面の洗浄をしていましたが、今回の点検でエンジンハーネスの無償交換となります。 

【走行性能】(一年経過)冬場にスキー場へ向かう途中で雪が除雪されていない、また、轍がひどい道路を何度か走りましたが、3K(急発進、急ハンドル、急ブレーク)に普通に気を付けていれば、一度も危険な目にあってないです。 地上高22cmには何度か助けられました。

【乗り心地】(一年経過)冬場のシートヒーターは良かった、直ぐ温かくなります。 室内が高いので(停車中に)子供のオムツを後部座席に立たせて交換できるのも便利。 腰を折り曲げて、子供の出し入れをしなくて良いのも、毎日の事なのでGood。 
窓が大きく、前はボンネットまで見える、斜め後ろもブラインドスポットになっていません(ピラーが小さく後部三角窓が大きい)から、安心感は絶大。 

【燃費】(一年経過)市街地では7-8km、高速は13-14kmでしたが、若干悪くなった感じがします。 私がエンジンオイル、フィルターを変えるのが遅いからかもしれません。 この度の点検で変えたので、要確認です。

【価格】(1年経過)1ps=1万円、ヒートシーターやアイサイト標準装備でこのXTはお買い得。 気持ちに変化なし。 

【総評】次に車を購入する時は、時代からEV,ハイブリッド、ディーゼルのどれか。  そう考えると「人生で最後になるガソリン車」に相応しい車に乗りたかった。 エンジン、4駆性能、アイサイト、視界性の良さ、カーゴルームの広さ、あと室内空間が高さ。。お勧めです。 (1年経過)日本車で実用的なRVをご希望であれば、やっぱりフォレスターになるでしょう。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
302万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格5
人生で最後のガソリン車に最適

数か月前にマツダCX−5に投稿した者です。 価格.com、レスくれた方々にはお世話になったので感謝の意もこめてレビューを投稿します。

過去の車:スカイラインクロスオーバー(5年弱で11万キロ)、その前はスバルレガシーワゴン、トヨタRav4、スープラ。 
使用目的:通勤には使わず主に週末ドライブやアウトドア、雪山にも良く行く(家内は平日の街乗りにほぼ毎日使用)@関東
前提条件:4駆、荷物が載る、ヒートシーター、車中泊ができる、予算300万。
選択にあたり気にした点:飽きない事、幼児連れに使い勝手が良い、たぶん人生で最後のガソリン車。
今回候補:CX-5 25S, Vezel, X-Trail, harrier。

購入までの経緯:
Harrierは値段帯が合わないので履歴書選考で除外。 X-trailは(kakaku.comでの口コミ)初期不良、個体差の問題が激しすぎ(の様に私には見えてしまった)。 Vezelは後部座席の乗降が狭いので今回は見送り。 CX-5は熟成されており「車の価値自体」は甲乙付けられなかった。 最後は、「値段、納期」を含めた「ディーラーの対応差」だけでした。


4月末に納車され8000km走りました。
オプションはルーフレール、パイオニアの楽ナビ、ドアエッジモール、LEDライナー。 
以下の感想は、相対的な物ですから、過去の車との比較と思ってください。

【エクステリア】御覧の通り無骨なデザイン・リアはシンプル。 クセのある感じが逆に流行に流されないと思った。 色はアイスシルバー、フォレスターのデザインの凹凸が見やすいです。 また、水垢をそんなに気にしなくて良いので楽です。 ディーラーの方曰く、下取りもシルバーが一番高いそうです。 リアゲートは後ろの空間スペースがあまり無くても開けられます(予想外にGood)。 せっかちなのでパワーリアゲートにはしませんでした、スプラッシュボードやドアバイザーも必要性を感じたら後から追加しようと考えました。(今のところ、無くても不自由は無い)

【インテリア】全席シートカバーを掛けるので、素材は全く気にならない。 デザインはVezelの様なコクピット感はありません。 ナビの位置が低いので確かに毎回ナビを見る人には辛いかも(私はそんなにナビは見ないので)マイナス点にはなりません。 シフトレバー前の小物入れに鍵、ガレージゲートのキー、スマホ等を置いています、十分です。 カーゴルームは広くて収納には困りません。 車中泊は工夫が必要、リアシートを倒した際の段差(約10cm)はスノコとシャワーマットを敷いて埋めました。 冬の雪山では、布団を持ち込みます(ニトリで購入した布団で十分)。 窓ガラスのシールドは、ネットで断熱材の入った専用シールドを2万8千円で購入しました。 冬に試してみたいです。

【エンジン性能】XTなので2Lとは言えパワフル。 前の車(3.6L 280ps)と比較しても大差は感じません、四国までの長距離、伊豆のスカイライン、どこを走っても余裕を感じます。 日常生活ではIモードで十分です。 CVTもスムーズでリニアな加速をしてくれます。

【走行性能】カーブでもロールせずにクリアしていきます。 4駆のせいなのかシャシーなのか分かりませんが、大雨の高速でも安定性もOK。 C型なのでアイサイトはver2ですが追尾型で加減速のアナログ感は素晴らしい、あくまで補助と考えれば余りに余る完成度で、10万程の価格で付けられるの事に感服です。 最低地上高の22cmは雪山に行く際に効果が出ると思います。 しかし、車高が高い分、高速での横風はそれなりに受けます。

【乗り心地】最初の頃、路面の凹凸は拾っていましたが2000km過ぎた辺りでマイルドになってきました。 静粛性はOKです、後部座席に座る家内との会話で聞き辛いとかありません。 家内曰く後部座席も安定感があって(彼女が載っていたRav4)よりは遥かに良いそうです。 室内は広く高いので、圧迫感ゼロ。 リアにベビーカーシートを付けての子供の出し入れがし易いです。 
特筆すべきは視界性、窓が大きく視野が360度広い、前はボンネットまで見えるので安心感があるし、斜め後ろもブラインドスポットになっていません(ピラーが小さく後部三角窓が大きい)から、目視確認し易いです。 目視確認しないと気が済まない方は本当にフォレスターは抜群です。

【燃費】市街地では7-8km、高速は13-14km。  4駆でこのエンジンなので合格。 アイサイト使用中の方が若干自分が運転するより燃費が良くなると言いますが、まだ実感がありません。  

【価格】1ps=1万円、ヒートシーターやアイサイト標準装備でこのXTはお買い得です。 今回ディーラーの人が頑張ってくれたので感謝感謝です。 CX−5は(人気があったのか)値引きは厳しかったです。 3月当時はMC直後なので当然なのかもしれません。

【総評】たぶん、次に車を購入する時は、時代からEV,ハイブリッド、ディーゼルのどれかになるでしょう。  そう考えると「人生で最後になるガソリン車」に相応しい車に乗りたかった。 エンジン、4駆性能、アイサイト、視界性の良さ、カーゴルームの広さ、あと室内空間が高さ。。。 約半年経ちますが、デザインも含めて「飽き」はありません。  お勧めです。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年4月
購入地域
神奈川県

新車価格
302万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

フォレスターの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

フォレスター 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

フォレスター
スバル

フォレスター

新車価格:208〜435万円

中古車価格:64〜349万円

フォレスター 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <1341

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

フォレスターの中古車 (全4モデル/1,866物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意