『本当にShure215の時代は終わったのか?』 SHURE SE215 Special Edition たまぴよちゃんさんのレビュー・評価

2012年11月下旬 発売

SE215 Special Edition

  • シングルダイナミック型MicroDriverを搭載し、より厚みのある低域チューニングを施したイヤホン。
  • 高遮音性イヤパッドが騒音を最大37dBまでブロックするため、周囲の雑音を遮断できる。
  • 耐久性のあるKevlar素材の強化ケーブルは、曲がり具合を保持する機能を備えており、耳の上側にかけることもできる。
SE215 Special Edition 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥11,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥11,800〜¥16,894 (27店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥11,880 〜 ¥12,980 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:21Hz〜17.5kHz SE215 Special Editionのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • SE215 Special Editionの価格比較
  • SE215 Special Editionの店頭購入
  • SE215 Special Editionのスペック・仕様
  • SE215 Special Editionのレビュー
  • SE215 Special Editionのクチコミ
  • SE215 Special Editionの画像・動画
  • SE215 Special Editionのピックアップリスト
  • SE215 Special Editionのオークション

SE215 Special EditionSHURE

最安価格(税込):¥11,800 (前週比:±0 ) 発売日:2012年11月下旬

  • SE215 Special Editionの価格比較
  • SE215 Special Editionの店頭購入
  • SE215 Special Editionのスペック・仕様
  • SE215 Special Editionのレビュー
  • SE215 Special Editionのクチコミ
  • SE215 Special Editionの画像・動画
  • SE215 Special Editionのピックアップリスト
  • SE215 Special Editionのオークション

『本当にShure215の時代は終わったのか?』 たまぴよちゃんさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE215 Special Editionのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:21件
  • 累計支持数:178人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
1件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
5件
スマートフォン
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
本当にShure215の時代は終わったのか?

Shureと言えば僕にオーディオの楽しさを教えてくれたイヤホンです。出会ったのは4〜5年前の高校生の時で、その時は通学での片道1時間の電車での憂鬱を紛らわすためにオーディオは必需品でした。そんなある日、日本にはイヤホン専門店があることを知り無知識のまま大阪まで行って見たところ、そこには無数のイヤホンやヘッドホンが有り、初心者の私に店員さんはイヤホンやDAPなどを値段関係なくいくつも聴かせてくれました。そんな中Shure215に出会い衝撃を受けました。長い私のオーディオバックボーンを聞いて頂いたところで、Shure215の説明をしたいと思います。
まずは今日のイヤホンでは、3000円台のイヤホンが「1万円の音」とかいう下克上宣伝が本当に多く、Shure215は値段の価値なしと言われたりするのをちょくちょく見かけます。しかしShure215を抜かすイヤホンは低価格イヤホンにはまだ居ない気がします。というのも得意なジャンルの時と苦手なジャンルとの音の差が激しく、視聴した時は解像度が高くて1万円のイヤホンにも負けてないと思っても、時間が経つにつれて飽きてきます。しかしShure215はオールジャンル満遍なくこなします。2pacの低音やマライヤキャリーの高音やPerfumeのテクノミュージックやwhiplashの生音系やモーツァルト等のオーケストラ。定位の良さも忘れてはいけない。絶対にボーカルが前に居る。低価格イヤホンとかは曲によって頭上で歌っている時がある。これが意外にすごいストレスなんです。更に215speに関しては耳に刺さる不快な音もなく、柔らかい音なので長時間聴けます。更にDAPの対応力も高いです。スマホは勿論のこと、dpx1A等の中価格帯やcalyx mやsp1000等の高価格帯にもしっかり対応する所は流石だと思います。

次に遮音性ですが、トップクラスです。流石にカスタムイヤホンには敵いませんが。電車でも輪郭くっきりな音が聴けます。これを支えている裏の立役者はイヤーピースです。これまた優秀で、ウレタンにラテックスコーティングをしているので本当に劣化せず長持ちで、ウレタンによくある高音の減衰もあまり無く素晴らしい。低価格イヤホンは開放型が多いので外では役立たずです。

次に装着感ですが、最高です。Shureに似たノズルが飛び出たデザインのイヤホンとかはノズルの角度が耳には合わず直ぐに耳が痛くなるのですが、Shureのイヤホンは角度がベストで全然痛くなりません。(ただ個人個人耳の形は違うので、合わない人もいると思います。)

次に215と215speの違いなのですが、解像度の高さは215の方が勝ちなのですが、高音の出過ぎ感が否めず刺さる曲があります。なので私は安定感のあるspeの方がオススメです。speは篭ってるというレビューを見たのですが、音量を上げていくとハッキリな音になっていき、篭ってるというより安定感のある音だと思います。

総評

外用のサブ機は低価格イヤホンでいいやと思い、あれやこれや買っていき、結局Shure215speが買える値段を浪費していました。最初からこれにすれば良かったです。未だにこんなに安定したイヤホンは1万円台でも少ないと思います。Shureの印象は大分味付けの濃いイヤホンで846とかになってくると他にも選択肢があると思うのですが、Shure215又はspeは本当にストレスが無く長く使えるオススメイヤホンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった12人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
本当にShure215の時代は終わったのか?

Shureと言えば僕にオーディオの楽しさを教えてくれたイヤホンです。出会ったのは4〜5年前の高校生の時で、その時は通学での片道1時間の電車での憂鬱を紛らわすためにオーディオは必需品でした。そんなある日、日本にはイヤホン専門店があることを知り無知識のまま大阪まで行って見たところ、そこには無数のイヤホンやヘッドホンが有り、初心者の私に店員さんはイヤホンやDAPなどを値段関係なくいくつも聴かせてくれました。そんな中Shure215に出会い衝撃を受けました。長い私のオーディオバックボーンを聞いて頂いたところで、Shure215の説明をしたいと思います。
まずは今日のイヤホンでは、3000円台のイヤホンが「1万円の音」とかいう下克上宣伝が本当に多く、Shure215は値段の価値なしと言われたりするのをちょくちょく見かけます。しかしShure215を抜かすイヤホンは低価格イヤホンにはまだ居ない気がします。というのも得意なジャンルの時と苦手なジャンルとの音の差が激しく、視聴した時は解像度が高くて1万円のイヤホンにも負けてないと思っても、時間が経つにつれて飽きてきます。しかしShure215はオールジャンル満遍なくこなします。2pacの低音やマライヤキャリーの高音やPerfumeのテクノミュージックやwhiplashの生音系やモーツァルト等のオーケストラ。定位の良さも忘れてはいけない。絶対にボーカルが前に居る。低価格イヤホンとかは曲によって頭上で歌っている時がある。これが意外にすごいストレスなんです。更に215speに関しては耳に刺さる不快な音もなく、柔らかい音なので長時間聴けます。

次に遮音性ですが、トップクラスです。流石にカスタムイヤホンには敵いませんが。電車でも輪郭くっきりな音が聴けます。これを支えている裏の立役者はイヤーピースです。これまた優秀で、ウレタンにラテックスコーティングをしているので本当に劣化せず長持ちで、ウレタンによくある高音の減衰もあまり無く素晴らしい。低価格イヤホンは開放型が多いので外では役立たずです。

次に装着感ですが、最高です。Shureに似たノズルが飛び出たデザインのイヤホンとかはノズルの角度が耳には合わず直ぐに耳が痛くなるのですが、Shureのイヤホンは角度がベストで全然痛くなりません。(ただ個人個人耳の形は違うので、合わない人もいると思います。)

次に215と215speの違いなのですが、解像度の高さは215の方が勝ちなのですが、高音の出過ぎ感が否めず刺さる曲があります。なので私は安定感のあるspeの方がオススメです。speは篭ってるというレビューを見たのですが、音量を上げていくとハッキリな音になっていき、篭ってるというより安定感のある音だと思います。

総評

外用のサブ機は低価格イヤホンでいいやと思い、あれやこれや買っていき、結局Shure215speが買える値段を浪費していました。最初からこれにすれば良かったです。未だにこんなに安定したイヤホンは1万円台でも少ないと思います。Shureの印象は大分味付けの濃いイヤホンで846とかになってくると他にも選択肢があると思うのですが、Shure215又はspeは本当にストレスが無く長く使えるオススメイヤホンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった2

満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
本当にShure215の時代は終わったのか?

Shureと言えば僕にオーディオの楽しさを教えてくれたイヤホンです。出会ったのは4〜5年前の高校生の時で、その時は通学での片道1時間の電車での憂鬱を紛らわすためにオーディオは必需品でした。そんなある日、日本にはイヤホン専門店があることを知り無知識のまま大阪まで行って見たところ、そこには無数のイヤホンやヘッドホンが有り、初心者の私に店員さんはイヤホンやDAPなどを値段関係なくいくつも聴かせてくれました。そんな中Shure215に出会い衝撃を受けました。長い私のオーディオバックボーンを聞いて頂いたところで、Shure215の説明をしたいと思います。
まずは今日のイヤホンでは、3000円台のイヤホンが「1万円の音」とかいう下克上宣伝が本当に多く、Shure215は値段の価値なしと言われたりするのをちょくちょく見かけます。しかしShure215を抜かすイヤホンは低価格イヤホンにはまだ居ない気がします。というのも得意なジャンルの時と苦手なジャンルとの音の差が激しく、視聴した時は解像度が高くて1万円のイヤホンにも負けてないと思っても、時間が経つにつれて飽きてきます。しかしShure215はオールジャンル満遍なくこなします。2pacの低音やマライヤキャリーの高音やPerfumeのテクノミュージックやwhiplashの生音系やモーツァルト等のオーケストラ。定位の良さも忘れてはいけない。絶対にボーカルが前に居る。低価格イヤホンとかは曲によって頭上で歌っている時がある。これが意外にすごいストレスなんです。

次に遮音性ですが、トップクラスです。流石にカスタムイヤホンには敵いませんが。電車でも輪郭くっきりな音が聴けます。低価格イヤホンは開放型が多いので外では役立たずです。

次に装着感ですが、最高です。Shureに似たノズルが飛び出たデザインのイヤホンとかはノズルの角度が耳には合わず直ぐに耳が痛くなるのですが、Shureのイヤホンは角度がベストで全然痛くなりません。

次に215と215speの違いなのですが、解像度の高さは215の方が勝ちなのですが、高音の出過ぎ感が否めず刺さる曲があります。なので私は安定感のあるspeの方がオススメです。speは篭ってるというレビューを見たのですが、音量を上げていくとハッキリな音になっていき、篭ってるというより安定感のある音だと思います。

総評

未だにこんなに安定したイヤホンは1万円台でも少ないと思います。Shureの印象は大分味付けの濃いイヤホンで846とかになってくると他にも選択肢があると思うのですが、Shure215は本当にストレスが無く長く使えるオススメイヤホンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

満足度5
デザイン5
高音の音質4
低音の音質4
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5
本当にShure215の時代は終わったのか?

Shureと言えば僕にオーディオの楽しさを教えてくれたイヤホンです。出会ったのは4〜5年前の高校生の時で、その時は通学での片道1時間の電車での憂鬱を紛らわすためにオーディオは必需品でした。そんなある日、日本にはイヤホン専門店があることを知り無知識のまま大阪まで行って見たところ、そこには無数のイヤホンやヘッドホンが有り、初心者の私に店員さんはイヤホンやDAPなどを値段関係なくいくつも聴かせてくれました。そんな中Shure215に出会い衝撃を受けました。長い私のオーディオバックボーンを聞いて頂いたところで、Shure215の説明をしたいと思います。
まずは今日のイヤホンでは、3000円台のイヤホンが「1万円の音」とかいう下克上宣伝が本当に多く、Shure215は値段の価値なしと言われたりするのをちょくちょく見かけます。しかし3000円台〜1万円台のイヤホンは1番厄介な沼地だと思います。というのも得意なジャンルの時と苦手なジャンルとの音の差が激しく、視聴した時は解像度が高くて1万円のイヤホンにも負けてないと思っても、時間が経つにつれて飽きてきます。しかしShure215はオールジャンル満遍なくこなします。2pacの低音やマライヤキャリーの高音やPerfumeのテクノミュージックやwhiplashの生音系やモーツァルト等のオーケストラ。定位の良さも忘れてはいけない。絶対にボーカルが前に居る。低価格イヤホンとかは曲によって頭上で歌っている時がある。これが意外にすごいストレスなんです。

次に遮音性ですが、トップクラスです。流石にカスタムイヤホンには敵いませんが。電車でも輪郭くっきりな音が聴けます。低価格イヤホンは開放型が多いので外では役立たずです。

次に装着感ですが、最高です。Shureに似たノズルが飛び出たデザインのイヤホンとかはノズルの角度が耳には合わず直ぐに耳が痛くなるのですが、Shureのイヤホンは角度がベストで全然痛くなりません。

次に215と215speの違いなのですが、解像度の高さは215の方が勝ちなのですが、高音の出過ぎ感が否めず刺さる曲があります。なので私は安定感のあるspeの方がオススメです。speは篭ってるというレビューを見たのですが、音量を上げていくとハッキリな音になっていき、篭ってるというより安定感のある音だと思います。

総評

未だにこんなに安定したイヤホンは1万円台でも少ないと思います。Shureの印象は大分味付けの濃いイヤホンで846とかになってくると他にも選択肢があると思うのですが、Shure215は本当にストレスが無く長く使えるオススメイヤホンです。

主な用途
音楽
接続対象
オーディオ

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「SE215 Special Edition」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE215 Special Editionのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SE215 Special Edition
SHURE

SE215 Special Edition

最安価格(税込):¥11,800発売日:2012年11月下旬 価格.comの安さの理由は?

SE215 Special Editionをお気に入り製品に追加する <737

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意