『眼視観望用として秀逸』 ケンコー NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒 syashinka01さんのレビュー・評価

2012年10月 1日 発売

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥39,982

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,982

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,982〜¥53,948 (15店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥62,000

光学形式:屈折式 分解能:0.97秒 極限等級:12.17等星 重量:4.9kg NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の価格比較
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の店頭購入
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のスペック・仕様
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のレビュー
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のクチコミ
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の画像・動画
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のピックアップリスト
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のオークション

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒ケンコー

最安価格(税込):¥39,982 (前週比:±0 ) 発売日:2012年10月 1日

  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の価格比較
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の店頭購入
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のスペック・仕様
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のレビュー
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のクチコミ
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒の画像・動画
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のピックアップリスト
  • NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > 天体望遠鏡 > ケンコー > NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒

『眼視観望用として秀逸』 syashinka01さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:381人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
10件
0件
デジタル一眼カメラ
7件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度4
見やすさ4
操作性4
安定性4
サイズ・可搬性5
機能性3
拡張性3
眼視観望用として秀逸

夜明け前の月。本機直焦点撮影・モノクロ・ノートリミング・補正なし

オリオン座大星雲。本機直焦点撮影・30秒露光×6カット比較明合成

口径235mmシュミットカセグレン直焦点。薄明中・ノートリミング・補正なし

   

口径130mmニュートン反射直焦点撮影。薄明中・ノートリミング・補正なし

   

短焦点アクロマートなので色収差は残っている。
明るい恒星、惑星、月面の輪郭などに色収差は容易く確認できる。
青色の滲みも僅かに見てとれる。
それでも口径120mmf5の大口径屈折ならではの集光力と明るさは
これらの収差の欠点を補ってなお極めて魅力的だ。
この集光力と短焦点を生かしてディープスカイの星雲星団の観察にとても適している。
オリオンのトラベジウムは愛くるしく密接に粒に分解して広い星雲の中で輝いている。
ペルセウスの二重星団も恒星の色の違いをもじっくり観察できる。
手前にあると思われる恒星と奥の恒星、距離と立体感まで想像できる。
月面観察もコントラストがしっかりしていてとても見やすい。
これらは視野内が非常に安定しているからだ。
丈夫な架台に載せてきちんとバランスをとると
屈折望遠鏡の特徴である鏡筒内気流のない安定した見え味が実現してとても心地よい。

ただし架台は充分な積載重量の物を選ぶことが重要だ。
鏡筒自体、それなりに重量があるので
華奢な物ではせっかくの大口径が本領発揮できない。

今まで小型の望遠鏡で観察していて、更に大口径に興味が湧いたような動機において
とてもコストパフォーマンスが高い。

もし本格的に撮影用機を探しているなら
大口径のニュートン反射やシュミットカセグレン、またはアポクロマート光学系の方が末長く使えると思う。
それはこの鏡筒が本来眼視専用機だからだ。
撮影用の望遠鏡として使用すると
色収差や青色の滲みは眼視の何倍も顕著に現れてセンサに届く。
月面の撮影ができないわけではないが
観望用鏡筒と割り切った方が愛着が湧く。
実際友人を招いての星を見る会での稼働率がとても高い。
取り回しの良い大きさ、メンテナンスのし易さなど
とても使いやすい鏡筒だと思う。

参考として
月面。
本機の直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし。
サイズダウンのみ。

オリオン座大星雲。
本機の直焦点撮影
ノートリミング30秒露光×連続6カットコンポジット。

シュミットカセグレン直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし
サイズダウンのみ

ニュートン反射直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし
サイズダウンのみ
薄明中の撮影のため空が青い。





購入目的
自身で天体観察

参考になった8人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
見やすさ4
操作性4
安定性4
サイズ・可搬性5
機能性3
拡張性3
眼視観望用として秀逸

本機直焦点。色収差を緩和するためにモノクロで撮影

シュミットカセグレン直焦点。

ニュートン反射直焦点。薄明中

短焦点アクロマートなので色収差は残っている。
明るい恒星、惑星、月面の輪郭などに色収差は容易く確認できる。
青色の滲みも僅かに見てとれる。
それでも口径120mmf5の大口径屈折ならではの集光力と明るさは
これらの収差の欠点を補ってなお極めて魅力的だ。
この集光力と短焦点を生かしてディープスカイの星雲星団の観察にとても適している。
オリオンのトラベジウムは愛くるしく密接に粒に分解して広い星雲の中で輝いている。
ペルセウスの二重星団も恒星の色の違いをもじっくり観察できる。
手前にあると思われる恒星と奥の恒星、距離と立体感まで想像できる。
月面観察もコントラストがしっかりしていてとても見やすい。
これらは視野内が非常に安定しているからだ。
丈夫な架台に載せてきちんとバランスをとると
屈折望遠鏡の特徴である鏡筒内気流のない安定した見え味が実現してとても心地よい。

ただし架台は充分な積載重量の物を選ぶことが重要だ。
鏡筒自体、それなりに重量があるので
華奢な物ではせっかくの大口径が本領発揮できない。

今まで小型の望遠鏡で観察していて、更に大口径に興味が湧いたような動機において
とてもコストパフォーマンスが高い。

もし本格的に撮影用機を探しているなら
大口径のニュートン反射やシュミットカセグレン、またはアポクロマート光学系の方が末長く使えると思う。
それはこの鏡筒が本来眼視専用機だからだ。
撮影用の望遠鏡として使用すると
色収差や青色の滲みは眼視の何倍も顕著に現れてセンサに届く。
月面の撮影ができないわけではないが
観望用鏡筒と割り切った方が愛着が湧く。
実際友人を招いての星を見る会での稼働率がとても高い。
取り回しの良い大きさ、メンテナンスのし易さなど
とても使いやすい鏡筒だと思う。

参考として
本機の直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし。
サイズダウンのみ。

シュミットカセグレン直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし
サイズダウンのみ

ニュートン反射直焦点撮影
ノートリミングその他補正なし
サイズダウンのみ
薄明中の撮影のため空が青い。





購入目的
自身で天体観察

参考になった2

満足度4
見やすさ4
操作性4
安定性4
サイズ・可搬性5
機能性3
拡張性3
眼視観望用として秀逸

本機 イエローとマゼンタの彩度を下げると多少収差が緩和する。

シュミットカセグレン 

ニュートン反射直焦点。薄明の中での撮影

短焦点アクロマートなので色収差は残っている。
明るい恒星、惑星、月面の輪郭などに色収差は容易く確認できる。
青色の滲みも僅かに見てとれる。
しかし口径120mmf5の大口径屈折ならではの集光力と明るさは
これらの収差の欠点を補ってなお極めて魅力的だ。
オリオンのトラベジウムなどは愛くるしく密接に粒に分解して星雲の中で輝いている。
ペルセウスの二重星団も恒星の色の違いをもじっくり観察できる。
手前にあると思われる恒星の距離と立体感まで想像できる。
月面観察もコントラストがしっかりしていてとても見やすい。
これらは視野内が非常に安定しているからだ。
丈夫な架台に載せてきちんとバランスをとると
屈折望遠鏡の特徴である鏡筒内気流のない安定した見え味が実現して心地よい。

そしてこの架台は充分な積載重量の物を選ぶことが重要だ。
鏡筒自体、それなりに重量があるので
華奢な物ではせっかくの大口径が本領発揮できない。

今まで小型の望遠鏡で観察していて、更に大口径に興味が湧いたような動機において
とてもコストパフォーマンスが良い。

もし本格的に撮影用機を探しているなら
大口径のニュートン反射やシュミットカセグレン・アポクロマート光学系の方が末長く使えると思う。
それはこの鏡筒が本来眼視専用機だからだ。
撮影用の望遠鏡として使用すると
色収差や青色の滲みは眼視の何倍も顕著に現れてセンサに届く。
月面の撮影ができないわけではないが
観望用鏡筒と割り切った方が愛着が湧く。
実際友人を招いての星を見る会での稼働率がとても高い。

参考として
本機と
シュミットカセグレン
ニュートン反射
それぞれの直焦点撮影のデータを添付しておく。



購入目的
自身で天体観察

参考になった0

満足度4
見やすさ4
操作性4
安定性4
サイズ・可搬性5
機能性3
拡張性3
眼視観望用として秀逸

短焦点アクロマートなので色収差は残っている。
明るい恒星、惑星、月面の輪郭などに色収差は容易く確認できる。
青色の滲みも僅かに見てとれる。
しかし口径120mmf5の大口径屈折ならではの集光力と明るさは
これらの収差の欠点を補ってなお魅力的だ。
オリオンのトラベジウムなどは愛くるしく密接に粒に分解して星雲の中で輝いている。
ペルセウスの二重星団も恒星の色の違をもじっくり観察できる。
月面観察もコントラストがしっかりしていてとても見やすい。
なぜなら視野内がとても安定しているからだ。
丈夫な架台に載せてきちんとバランスをとると
屈折望遠鏡の特徴である鏡筒内気流のない安定した見え味が実現して心地よい。

そしてこの架台は充分な積載重量の物を選ぶことが重要だ。
鏡筒自体、それなりに重量があるので
華奢な物ではせっかくの大口径が本領発揮できない。

今まで小型の望遠鏡で観察していて、更に大口径に興味が湧いたような動機において
とてもコストパフォーマンスが良い。

本格的に撮影用機を探しているなら
大口径のニュートン反射やシュミットカセグレンの方が末長く使えると思う。
それはこの鏡筒が本来眼視専用機だからだ。
月面撮影の様な分解能優先の撮影ならばまだ大口径の実力を発揮できるが
ディープスカイ撮影用の望遠鏡として使用すると恐らくイメージ通りの仕上がりにはならない。
色収差や青色の滲みは眼視の何倍も顕著に現れて
周辺の収差も補正されることなくセンサに届く。
あくまでも眼視観望専用機だ。

購入目的
自身で天体観察

参考になった1

満足度4
見やすさ4
操作性4
安定性4
サイズ・可搬性5
機能性3
拡張性3
眼視観望用として秀逸

短焦点アクロマートなので色収差は残っている。
明るい恒星、惑星、月面の輪郭などに色収差は容易く確認できる。
青色の滲みも僅かに見てとれる。
しかし口径120mmf5の大口径屈折ならではの集光力と明るさは
これらの収差の欠点を補ってなお魅力的だ。
オリオンのトラベジウムなどは愛くるしく密接に粒に分解して
ペルセウスの二重星団も恒星の色の違をもじっくり観察できる。
視野内がとても安定している。
丈夫な架台に載せてきちんとバランスをとると
屈折望遠鏡の特徴である鏡筒内気流のない安定した見え味が実現して心地よい。

そしてこの架台は充分な積載重量の物を選ぶことが重要だ。
鏡筒自体、それなりに重量があるので
華奢な物ではせっかくの大口径が本領発揮できない。

今まで小型の望遠鏡で観察していて、更に大口径に興味が湧いたような動機において
とてもコストパフォーマンスが良い。

本格的に撮影用機を探しているなら
大口径のニュートン反射やシュミットカセグレンの方が末長く使えると思う。
それはこの鏡筒が眼視専用機だからだ。
撮影用の望遠鏡として使用すると恐らくイメージ通りの仕上がりにはならない。
色収差や青色の滲みは眼視の何倍も顕著に現れて
周辺の収差も補正されることなくセンサに届く。
あくまでも眼視観望専用機だ。

購入目的
自身で天体観察

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒
ケンコー

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒

最安価格(税込):¥39,982発売日:2012年10月 1日 価格.comの安さの理由は?

NEWスカイエクスプローラー SE120 鏡筒をお気に入り製品に追加する <11

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[天体望遠鏡]

天体望遠鏡の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(天体望遠鏡)

ご注意