『明るいレンズを搭載した11代目のG』 CANON PowerShot G15 ボアアップさんのレビュー・評価

2012年10月12日 発売

PowerShot G15

F1.8-F2.8の光学5倍ズームレンズを搭載した高級モデル

PowerShot G15 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥21,800 (8製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画素数:1330万画素(総画素)/1210万画素(有効画素) 光学ズーム:5倍 撮影枚数:770枚 PowerShot G15のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

PowerShot G15 の後に発売された製品PowerShot G15とPowerShot G16を比較する

PowerShot G16

PowerShot G16

最安価格(税込): ¥- 発売日:2013年 9月12日

画素数:1280万画素(総画素)/1210万画素(有効画素) 光学ズーム:5倍 撮影枚数:360枚
  • PowerShot G15の価格比較
  • PowerShot G15の中古価格比較
  • PowerShot G15の買取価格
  • PowerShot G15の店頭購入
  • PowerShot G15のスペック・仕様
  • PowerShot G15の純正オプション
  • PowerShot G15のレビュー
  • PowerShot G15のクチコミ
  • PowerShot G15の画像・動画
  • PowerShot G15のピックアップリスト
  • PowerShot G15のオークション

PowerShot G15CANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月12日

  • PowerShot G15の価格比較
  • PowerShot G15の中古価格比較
  • PowerShot G15の買取価格
  • PowerShot G15の店頭購入
  • PowerShot G15のスペック・仕様
  • PowerShot G15の純正オプション
  • PowerShot G15のレビュー
  • PowerShot G15のクチコミ
  • PowerShot G15の画像・動画
  • PowerShot G15のピックアップリスト
  • PowerShot G15のオークション

『明るいレンズを搭載した11代目のG』 ボアアップさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerShot G15のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:144件
  • 累計支持数:4770人
  • ファン数:87人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
59件
45件
バイク(本体)
5件
59件
デジタルカメラ
48件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
明るいレンズを搭載した11代目のG
別機種Gシリーズ共通の高級感あるボディデザイン
当機種高級コンパクトらしい高感度性能(ISO1600)
当機種広角端でも良好に補正されたレンズ収差

Gシリーズ共通の高級感あるボディデザイン

高級コンパクトらしい高感度性能(ISO1600)

広角端でも良好に補正されたレンズ収差

当機種実用十分な解像力
別機種実像式光学ファインダーを搭載
別機種液晶モニターは固定式に

実用十分な解像力

実像式光学ファインダーを搭載

液晶モニターは固定式に

【デザイン】
 Gシリーズを踏襲したデザインとなっています。表面処理も高級感のある塗装がされており、指紋も付きにくくなっています。前機種であるG12と比べると、グリップ周りと内蔵ストロボ発光部のあたりが異なります。液晶パネルが固定式となったため、ボディの厚みが薄くスリムになりました。

【画質】
 イメージセンサーと画像処理エンジンはPowerShotS110と同じため、撮像センサーにかかわる描写部分は、ほぼS110と同様の傾向を示しましたが、レンズがより大口径になっている分、全体としての描写力はややPowerShotG15の方が勝っていると感じました。
(1)高感度性能
 G12ではISO3200までが設定可能でしたが、G15では2段分高感度側が広がり、ISO12800までの設定が可能となりました。カメラ内での設定で、高感度ノイズリダクションを「弱」「標準」「強」の3段階で設定できます。
 高感度ノイズリダクションを「弱」に設定してもISO800まではほとんどノイズが目につきません。ISO1600になると暗部を中心にややノイズが目立ってきますが、実用的なレベルにとどまっています。このあたりはPowerShotS110と同様でした。
 ISO3200以上はそれなりにノイズが増えてきますが、一昔前のコンパクトカメラで良く見られた画像破たんするわけではありませんので、使い方によっては活用できると思います。G12と比較すると、高感度性能は明らかに進化しています。

(2)歪曲収差
 35mm換算で28mmから140mmまでの光学5倍ズームが搭載されています。カメラの設定項目には「ゆがみ補正」等の項目はありませんでしたが、ズーム全域で良好に補正されていました。広角端では、画像周辺部にわずかに樽型の歪曲収差を確認できましたが、アングルに工夫を要するレベルではありませんでした。望遠域に移るにつれ徐々に収差が補正され、標準域ではほぼ完全に補正されています。メーカーは明示していませんが、おそらく電子的な補正も加えられているのではないかと思われます。

(3)解像感
 ISO12233チェックシートで確認したところ、モアレの影響はあるものの、広角端で2500本のラインの視認が可能でした。望遠域に移るにつれ、徐々に解像感の低下が感じられましたが、望遠端でも2200本のあたりまでは識別可能でした。コンパクトカメラとしては高い解像力だと思います。
 画像周辺部に関しては、1段程度絞るとかなり鮮明度があがります。

【操作性】
 G12と比較すると、ストロボが内蔵式となったため、ボディ左側にあった露出補正ダイヤルが右側に写っています。G12ではモードダイヤルと同軸にあったISO設定ダイヤルがなくなりましたが、ショートカットボタンを活用するとカバーすることができます。
 ボタンやダイヤル類が多く配置されているため、液晶パネルを見ずに多くの設定が可能です。なお、ユーザー側で設定変更できる範囲をもう少し広げると、さらに操作性が向上すると思います。

【バッテリー】
 G1Xと同じ大型バッテリーのため、かなり持ちます。液晶モニターを使って350コマの撮影が可能となっていますが、実際にはさらに多くの枚数の撮影が可能でした。なお、実像式光学ファインダーを搭載しているため、液晶パネルを消灯して撮影すると770コマの撮影が可能とされています。

【携帯性】
 高級コンパクトとしてはやや大きめのボディサイズであり、基本的には付属のストラップを利用して持ち運ぶことになると思います。G12と比べるとボディ厚が薄くなりましたので、その分可搬性は向上しています。コート等のポケットに入れて持ち運ぶことは十分可能なサイズです。

【機能性】
 前機種と比較すると、液晶パネルが固定化されたのが少々残念です。とはいえ、デジタル一眼レフの代わりを務めることが可能な機能性と操作性が確保されています。オートフォーカス速度や全体としてのレスポンスがかなり向上しています。ストレスなく撮影に集中できると思います。
 実像式光学ファインダーの実用性については議論がありますが、光学ファインダーを活用した撮影スタイルも、速写性や手振れ防止の点でメリットがあると思います。最近ではかなり少なくなってきましたが、その点でも価値のあるデジカメだと感じました。

【液晶】
 G12よりも大型化高精細化されており、視認性も良好です。

【ホールド感】
 グリップ形状が変わりましたがしっかりとホールドすることが可能です。それなりに重さがありますので、基本的には両手でしっかりとホールドすることをお勧めします。

【総評】
 G12の後継機は出ないのではないかと思っていましたので、G12の正統進化モデルが登場したのはありがたいと思います。2年ぶりの後継機ということで、描写性能やオートフォーカススピード等、全面的にブラッシュアップされています。好敵手であるニコンCOOLPIXP7700は実像式光学ファインダーを廃しましたので、両機種が各々特徴をもった方向に進化を続けてほしいと思います。

付記:上記で記載しましたチャートデータをサイトに掲載しましたので、よろしければあわせてご参照ください。
http://www.monox.jp/digitalcamera_sp_canonpowershotg15.html

【追記:2013年8月1日】
 上記のレビュー記事は、発売直後の昨年10月に記載したものです。発売直後は5万円前後だった価格も、現時点では3万円台半ばで購入できるようになっています。

 PowerShotG15の特徴は、やはり実像式の光学ファインダーを内蔵している点です。富士フイルムX20のような情報表示はありませんが、やはり実像式ならではのクリアーな視界は魅力を持っていると思います。

 このクラスのカメラは頻繁に世代交代されませんので、後継機種を気にせず欲しいときに安心して買える点もポイントかもしれません。

比較製品
CANON > PowerShot G1 X
ニコン > COOLPIX P7700

参考になった38人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
明るいレンズを搭載した11代目のG
別機種表面処理を含め高級感のあるボディ
当機種ISO1600も実用的なノイズレベル
当機種広角端でも良好に補正された歪曲収差と周辺光量

表面処理を含め高級感のあるボディ

ISO1600も実用的なノイズレベル

広角端でも良好に補正された歪曲収差と周辺光量

当機種コンパクトカメラとして高い解像力
   

コンパクトカメラとして高い解像力

   

【デザイン】
 Gシリーズを踏襲したデザインとなっています。表面処理も高級感のある塗装がされており、指紋も付きにくくなっています。前機種であるG12と比べると、グリップ周りと内蔵ストロボ発光部のあたりが異なります。液晶パネルが固定式となったため、ボディの厚みが薄くスリムになりました。

【画質】
 イメージセンサーと画像処理エンジンはPowerShotS110と同じため、撮像センサーにかかわる描写部分は、ほぼS110と同様の傾向を示しましたが、レンズがより大口径になっている分、全体としての描写力はややPowerShotG15の方が勝っていると感じました。
(1)高感度性能
 G12ではISO3200までが設定可能でしたが、G15では2段分高感度側が広がり、ISO12800までの設定が可能となりました。カメラ内での設定で、高感度ノイズリダクションを「弱」「標準」「強」の3段階で設定できます。
 高感度ノイズリダクションを「弱」に設定してもISO800まではほとんどノイズが目につきません。ISO1600になると暗部を中心にややノイズが目立ってきますが、実用的なレベルにとどまっています。このあたりはPowerShotS110と同様でした。
 ISO3200以上はそれなりにノイズが増えてきますが、一昔前のコンパクトカメラで良く見られた画像破たんするわけではありませんので、使い方によっては活用できると思います。G12と比較すると、高感度性能は明らかに進化しています。

(2)歪曲収差
 35mm換算で28mmから140mmまでの光学5倍ズームが搭載されています。カメラの設定項目には「ゆがみ補正」等の項目はありませんでしたが、ズーム全域で良好に補正されていました。広角端では、画像周辺部にわずかに樽型の歪曲収差を確認できましたが、アングルに工夫を要するレベルではありませんでした。望遠域に移るにつれ徐々に収差が補正され、標準域ではほぼ完全に補正されています。メーカーは明示していませんが、おそらく電子的な補正も加えられているのではないかと思われます。

(3)解像感
 ISO12233チェックシートで確認したところ、モアレの影響はあるものの、広角端で2500本のラインの視認が可能でした。望遠域に移るにつれ、徐々に解像感の低下が感じられましたが、望遠端でも2200本のあたりまでは識別可能でした。コンパクトカメラとしては高い解像力だと思います。
 画像周辺部に関しては、1段程度絞るとかなり鮮明度があがります。

【操作性】
 G12と比較すると、ストロボが内蔵式となったため、ボディ左側にあった露出補正ダイヤルが右側に写っています。G12ではモードダイヤルと同軸にあったISO設定ダイヤルがなくなりましたが、ショートカットボタンを活用するとカバーすることができます。
 ボタンやダイヤル類が多く配置されているため、液晶パネルを見ずに多くの設定が可能です。なお、ユーザー側で設定変更できる範囲をもう少し広げると、さらに操作性が向上すると思います。

【バッテリー】
 G1Xと同じ大型バッテリーのため、かなり持ちます。液晶モニターを使って350コマの撮影が可能となっていますが、実際にはさらに多くの枚数の撮影が可能でした。なお、実像式光学ファインダーを搭載しているため、液晶パネルを消灯して撮影すると770コマの撮影が可能とされています。

【携帯性】
 高級コンパクトとしてはやや大きめのボディサイズであり、基本的には付属のストラップを利用して持ち運ぶことになると思います。G12と比べるとボディ厚が薄くなりましたので、その分可搬性は向上しています。コート等のポケットに入れて持ち運ぶことは十分可能なサイズです。

【機能性】
 前機種と比較すると、液晶パネルが固定化されたのが少々残念です。とはいえ、デジタル一眼レフの代わりを務めることが可能な機能性と操作性が確保されています。オートフォーカス速度や全体としてのレスポンスがかなり向上しています。ストレスなく撮影に集中できると思います。
 実像式光学ファインダーの実用性については議論がありますが、光学ファインダーを活用した撮影スタイルも、速写性や手振れ防止の点でメリットがあると思います。最近ではかなり少なくなってきましたが、その点でも価値のあるデジカメだと感じました。

【液晶】
 G12よりも大型化高精細化されており、視認性も良好です。

【ホールド感】
 グリップ形状が変わりましたがしっかりとホールドすることが可能です。それなりに重さがありますので、基本的には両手でしっかりとホールドすることをお勧めします。

【総評】
 G12の後継機は出ないのではないかと思っていましたので、G12の正統進化モデルが登場したのはありがたいと思います。2年ぶりの後継機ということで、描写性能やオートフォーカススピード等、全面的にブラッシュアップされています。好敵手であるニコンCOOLPIXP7700は実像式光学ファインダーを廃しましたので、両機種が各々特徴をもった方向に進化を続けてほしいと思います。

付記:上記で記載しましたチャートデータをサイトに掲載しましたので、よろしければあわせてご参照ください。
http://www.monox.jp/digitalcamera_sp_canonpowershotg15.html

参考になった33

 
 
 
 
 
 

「PowerShot G15」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
工夫して撮影すれば、まだまだ十分撮影可能なカメラです!  4 2019年4月14日 21:10
全員の顔にピントが合う!!   5 2016年7月12日 15:37
これは名機である。  4 2016年2月15日 20:18
最近のコンデジすごい・・・  5 2015年1月24日 03:49
買ってよかった  5 2014年12月19日 11:57
嵐山紅葉風景  5 2014年11月23日 12:09
バランスの良いコンパクトデジカメ。スナップ用に最適  5 2014年10月10日 13:53
PowerShot G15  5 2014年9月28日 08:27
飾りだけのアクセサリーシュー  3 2014年5月25日 10:46
コンパクトカメラとしては秀逸  5 2014年4月16日 18:26

PowerShot G15のレビューを見る(レビュアー数:59人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PowerShot G15のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PowerShot G15
CANON

PowerShot G15

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月12日

PowerShot G15をお気に入り製品に追加する <383

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意