『この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!』 ONKYO BASE-V50(B) eigagadaisukiさんのレビュー・評価

BASE-V50(B)

  • 独自のバーチャルサラウンド技術「Theater-Dimensional」を採用し、自然なサラウンド再生を実現する「2.1chシネマパッケージ」。
  • 映画や音楽、スポーツなどジャンルに適した14種類のオリジナルリスニングモードを搭載している。
  • DSDやFLAC、Apple Losslessなどハイレゾ音源の再生が可能。
BASE-V50(B) 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2012年10月上旬

タイプ:スピーカー×2、ウーハー×1 チャンネル数:2.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ BASE-V50(B)のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BASE-V50(B)の価格比較
  • BASE-V50(B)の店頭購入
  • BASE-V50(B)のスペック・仕様
  • BASE-V50(B)のレビュー
  • BASE-V50(B)のクチコミ
  • BASE-V50(B)の画像・動画
  • BASE-V50(B)のピックアップリスト
  • BASE-V50(B)のオークション

BASE-V50(B)ONKYO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月上旬

  • BASE-V50(B)の価格比較
  • BASE-V50(B)の店頭購入
  • BASE-V50(B)のスペック・仕様
  • BASE-V50(B)のレビュー
  • BASE-V50(B)のクチコミ
  • BASE-V50(B)の画像・動画
  • BASE-V50(B)のピックアップリスト
  • BASE-V50(B)のオークション

『この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!』 eigagadaisukiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ホームシアター スピーカー
2件
0件
AVアンプ
1件
0件
スピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!

【デザイン】 コンパクトながら、安っぽさは微塵も感じさせません。スピーカーのピアノブラックが素敵です。アンプの音量つまみの周囲のLEDがクールで上品、カッコいいです。ミュート(消音)にすると、まるで呼吸をするかのようにLEDがゆっくりと点滅します。

【高音の音質】 抜けがよくONKYOらしいとてもクリアーなサウンドでストレスがありません。さすが音響専門メーカーの製品というだけのことはありますね。D-309Cを追加しましたので、登場人物のセリフが更に中央にしっかりと定位し明瞭に聴こえてきます。ガラスが割れて粉々に飛び散るシーン等では目が覚めるような迫力です。

【低音の音質】 必要にして十分でしょう。結構迫力があります。BASSを最大にしていますが、ボワボワと音が籠る感じはしません。地響きするようなドンシャリタイプではなく家庭用としては十分です。

【機能性】 SONYの液晶テレビ55HX850と連動していますが、電源をオンにして音声が出るまで20秒以上も掛かります(まずアンプのONに12秒、最初の音声が出る迄に更に12秒掛かります)。また、付属のリモコンのボタンが小さく使いにくいです。レイアウトも含めて改善してほしいですね。取扱説明書も、ある程度オーディオに精通している方前提で書かれていますので非常に解り難いです。 

【入出力端子】 必要にして十分でしょう。

【サイズ】 アンプが薄くコンパクトで最高です。最近主流の棚の間隔が狭いオーディオラックの多くにも無理なく収まります。スピーカーもこんなに小さいのにズッシリと重量感が有り非常に良い音を奏でます。以前に使用していたHT-FS30付属のスピーカーは『発泡スチロールじゃないのか?』と思う程に軽かったので、その差異に驚きでした。

【総評】 SONYのHT-FS30からの乗り換えです。センタースピーカー(D-309C)を追加しての感想になりますが、あまりの音質の落差に驚愕しております。HT-FS30も価格に見合わない非常に良い音を奏でてくれましたが、さすがこのクラスの製品ともなりますと格が違う音圧、高音質を提供してくれます。ONKYOらしい澄んだ音も私には超好みですね。これ以上を望む方はハイクラスのアンプ、スピーカーを単体で揃えたほうが良いかもしれません。私的には大満足です。

≪追記≫ 先日、リアスピーカー(ONKYO/D-35M)を追加購入しまして、遂に我が家にも5.1サラウンド・システムの環境が整いました。元々このBASE-V50は、Theater-Dimensional( シアターディメンショナル)という疑似サラウンド・モードの音声が質、臨場感ともに特に素晴らしく、映画鑑賞の際には全てこのモードを使用していたのですが、ダイレクト・モードの『リアル5.1チャンネル』はそれを遙かに凌ぐリアリティで迫ってきました。包囲感がもの凄いです。まるで、そのシーンの現場に居合わせているかのようなサウンドで、誇張がなくワザとらしさがありません。全体的に、ごく『自然』に大迫力なのです。フロント、センター、リア共に全て同一メーカーで揃えた効果なのか、音の繋がりも全く違和感が無いです。やはり、『疑似』は『リアル』を決して凌駕出来ないのだとつくづく感じました。圧倒的です。

≪追記2≫ 最近、附属のフロントスピーカー(D-109M?)をD-309Mへ、パッシブサブウーファー(SWA-V50)をSL-D501へと変更致しました。まず先にサブウーファーだけを交換して試聴してみましたが、その余りの迫力の違いに仰天してしまいました。どなたかが『立派な大人になりましたって感じ』と仰っていましたが、素晴らしい比喩ですね(笑)。SWA-V50は元気の良いハツラツとした”腰高”の低音でしたが、SL-D501は地を這うような重低音が”唸って”おります。

ボワボワせず、引き締まった好みの低音に追い込む為に調整には随分と悪戦苦闘しましたが、いやぁ〜素晴らしいですね。最終的にD-309Mへと変更しますと、更にバランスの良い”力強さ”が加わりました。

今回の段階的なステップアップを経て改めて感じたことは、逆にD-109Mの高音質な優秀性でした。多くの方々は新たにフロントスピーカーを買い替えたり、リア専用等に利用されているのではないでしょうか。ですが、このD-109Mはフロントスピーカーとしても十分通用するクオリティを持っている製品なんだなぁとツクヅクと感じた次第です。

自分的には今回のバージョンアップをもって一先ず最終形としたいところです。それほどに満足致しております。我が家は最早ミニ映画館になりました!(笑)

 ※BASE-V50にして本当に良かったと感じられるブルーレイディスクの映画を列挙いたします。ご参考下さい。

ダークナイト・ライジング、トム・クルーズのアウトロー、オブリビオン、太陽の帝国、新007の3部作、インシディアス、死霊館、アナベル〔死霊館の人形〕、デビルズ・バースディ、マンオブスティール、パシフィックリム、ワールドウォーZ、スーパーエイト、遊星からの物体Xの2部作、ゼログラビティ、バックトゥザフューチャー3部作、スターウォーズシリーズ等。

※(特に『スターウォーズ・コンプリート・サーガ』のブルーレイは、重低音を完全に別収録しているそうで、その為か他の作品のように附属のサブウーファーでは、いくら調整をしても低音の迫力が改善されませんでした。今回、SL-D501に変更する最大のきっかけ、要因となりました。SL-A251も候補でしたが、アナログアンプでしたので最終的にデジタルアンプ内蔵であるSL-D501に致しました。)

ちなみに、今までで最も素晴らしいサラウンドを奏でてくれた作品は何といっても『プライベートライアン』でした。チェックディスクには最適かと思います。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった21人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!

【デザイン】 コンパクトながら、安っぽさは微塵も感じさせません。スピーカーのピアノブラックが素敵です。アンプの音量つまみの周囲のLEDがクールで上品、カッコいいです。ミュート(消音)にすると、まるで呼吸をするかのようにLEDがゆっくりと点滅します。

【高音の音質】 抜けがよくONKYOらしいとてもクリアーなサウンドでストレスがありません。さすが音響専門メーカーの製品というだけのことはありますね。D-309Cを追加しましたので、登場人物のセリフが更に中央にしっかりと定位し明瞭に聴こえてきます。ガラスが割れて粉々に飛び散るシーン等では目が覚めるような迫力です。

【低音の音質】 必要にして十分でしょう。結構迫力があります。BASSを最大にしていますが、ボワボワと音が籠る感じはしません。地響きするようなドンシャリタイプではなく家庭用としては十分です。

【機能性】 SONYの液晶テレビ55HX850と連動していますが、電源をオンにして音声が出るまで20秒以上も掛かります(まずアンプのONに12秒、最初の音声が出る迄に更に12秒掛かります)。また、付属のリモコンのボタンが小さく使いにくいです。レイアウトも含めて改善してほしいですね。取扱説明書も、ある程度オーディオに精通している方前提で書かれていますので非常に解り難いです。 

【入出力端子】 必要にして十分でしょう。

【サイズ】 アンプが薄くコンパクトで最高です。最近主流の棚の間隔が狭いオーディオラックの多くにも無理なく収まります。スピーカーもこんなに小さいのにズッシリと重量感が有り非常に良い音を奏でます。以前に使用していたHT-FS30付属のスピーカーは『発泡スチロールじゃないのか?』と思う程に軽かったので、その差異に驚きでした。

【総評】 SONYのHT-FS30からの乗り換えです。センタースピーカー(D-309C)を追加しての感想になりますが、あまりの音質の落差に驚愕しております。HT-FS30も価格に見合わない非常に良い音を奏でてくれましたが、さすがこのクラスの製品ともなりますと格が違う音圧、高音質を提供してくれます。ONKYOらしい澄んだ音も私には超好みですね。これ以上を望む方はハイクラスのアンプ、スピーカーを単体で揃えたほうが良いかもしれません。私的には大満足です。

《追記》 先日、リアスピーカー(ONKYO/D-35M)を追加購入しまして、遂に我が家にも5.1サラウンド・システムの環境が整いました。元々このBASE-V50は、Theater-Dimensional( シアターディメンショナル)という疑似サラウンド・モードの音声が質、臨場感ともに特に素晴らしく、映画鑑賞の際には全てこのモードを使用していたのですが、ダイレクト・モードの『リアル5.1チャンネル』はそれを遙かに凌ぐリアリティで迫ってきました。包囲感がもの凄いです。まるで、そのシーンの現場に居合わせているかのようなサウンドで、誇張がなくワザとらしさがありません。全体的に、ごく『自然』に大迫力なのです。フロント、センター、リア共に全て同一メーカーで揃えた効果なのか、音の繋がりも全く違和感が無いです。やはり、『疑似』は『リアル』を決して凌駕出来ないのだとつくづく感じました。圧倒的です。

 ※BASE-V50にして本当に良かったと感じられるブルーレイディスクの映画を列挙いたします。ご参考下さい。

ダークナイト・ライジング、トム・クルーズのアウトロー、オブリビオン、太陽の帝国、新007の3部作、インシディアス、死霊館、マンオブスティール、パシフィックリム、ワールドウォーZ、スーパーエイト、遊星からの物体Xの2部作等。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった7

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!

【デザイン】 コンパクトながら、安っぽさは微塵も感じさせません。スピーカーのピアノブラックが素敵です。アンプの音量つまみの周囲のLEDがクールで上品、カッコいいです。ミュート(消音)にすると、まるで呼吸をするかのようにLEDがゆっくりと点滅します。

【高音の音質】 抜けがよくONKYOらしいとてもクリアーなサウンドでストレスがありません。さすが音響専門メーカーの製品というだけのことはありますね。

【低音の音質】 必要にして十分でしょう。結構迫力があります。BASSを最大にしていますが、ボワボワと音が籠る感じはしません。地響きするようなドンシャリタイプではなく家庭用としては十分です。

【機能性】 SONYの55HX850と連動しますが、電源をオンにして音声が出るまで20秒以上も掛かります(まずアンプのONに12秒、最初の音声が出る迄に更に12秒掛かります)。また、付属のリモコンがボタンが小さく使いにくいです。レイアウトも含めて改善してほしいですね。 

【入出力端子】 必要にして十分でしょう。

【サイズ】 アンプが薄くコンパクトで最高です。最近主流の棚の間隔が狭いオーディオラックの多くにも無理なく収まります。スピーカーもこんなに小さいのにズッシリと重量感が有り非常に良い音を奏でます。HT-FS30付属のスピーカーは『発泡スチロールじゃないのか?』と思う程に軽かったので、その差異に驚きでした。

【総評】 SONYのHT-FS30からの乗り換えです。センタースピーカー(D-309C)を追加しての感想になりますが、あまりの音質の落差に驚愕しております。HT-FS30も価格に見合わない非常に良い音を奏でてくれましたが、さすがこのクラスの製品ともなりますと格が違う音圧、高音質を提供してくれます。ONKYOらしい澄んだ音も私には超好みですね。これ以上を望む方はハイクラスのアンプ、スピーカーを単体で揃えたほうが良いかもしれません。私的には大満足です。

《追記》 先日、リアスピーカー(ONKYO/D-35M)を追加購入しまして、遂に我が家にも5.1サラウンド・システムの環境が整いました。元々このBASE-V50は、Theater-Dimensional( シアターディメンショナル)という疑似サラウンド・モードの音声が質、臨場感ともに特に素晴らしく、映画鑑賞の際には全てこのモードを使用していたのですが、ダイレクト・モードの『リアル5.1チャンネル』はそれを遙かに凌ぐリアリティで迫ってきました。包囲感がもの凄いです。まるで、そのシーンの現場に居合わせているかのようなサウンドで、誇張がなくワザとらしさがありません。全体的に、ごく『自然』に大迫力なのです。フロント、センター、リア共に全て同一メーカーで揃えた効果なのか、音の繋がりも全く違和感が無いです。やはり、『疑似』は『リアル』を決して凌駕出来ないのだとつくづく感じました。圧倒的です。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった4

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!

【デザイン】 コンパクトながら、安っぽさは微塵も感じさせません。スピーカーのピアノブラックが素敵です。アンプの音量つまみの周囲のLEDがクールで上品、カッコいいです。ミュート(消音)にすると、まるで呼吸をするかのようにLEDがゆっくりと点滅します。

【高音の音質】 抜けがよくONKYOらしいとてもクリアーなサウンドでストレスがありません。さすが音響専門メーカーの製品というだけのことはありますね。

【低音の音質】 必要にして十分でしょう。結構迫力があります。BASSを最大にしていますが、ボワボワと音が籠る感じはしません。地響きするようなドンシャリタイプではなく家庭用としては十分です。

【機能性】 SONYの55HX850と連動しますが、電源をオンにして音声が出るまで20秒以上も掛かります(まずアンプのONに12秒、最初の音声が出る迄に更に12秒掛かります)。また、付属のリモコンがボタンが小さく使いにくいです。レイアウトも含めて改善してほしいですね。 

【入出力端子】 必要にして十分でしょう。

【サイズ】 アンプが薄くコンパクトで最高です。最近主流の棚の間隔が狭いオーディオラックの多くにも無理なく収まります。スピーカーもこんなに小さいのにズッシリと重量感が有り非常に良い音を奏でます。HT-FS30付属のスピーカーは『発泡スチロールじゃないのか?』と思う程に軽かったので、その差異に驚きでした。

【総評】 SONYのHT-FS30からの乗り換えです。センタースピーカー(D-309C)を追加しての感想になりますが、あまりの音質の落差に驚愕しております。HT-FS30も価格に見合わない非常に良い音を奏でてくれましたが、さすがこのクラスの製品ともなりますと格が違う音圧、高音質を提供してくれます。ONKYOらしい澄んだ音も私には超好みですね。これ以上を望む方はハイクラスのアンプ、スピーカーを単体で揃えたほうが良いかもしれません。私的には大満足です。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった2

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
機能性4
入出力端子5
サイズ5
この価格帯では最高峰の製品。高音がクリアーで素晴らしい!

【デザイン】 コンパクトながら、安っぽさは微塵も感じさせません。スピーカーのピアノブラックが素敵です。アンプの音量つまみの周囲の照明がクールで上品、カッコいいです。

【高音の音質】 抜けがよくONKYOらしくとてもクリアーなサウンドでストレスがありません。さすが音響専門メーカーの製品というだけのことはありますね。

【低音の音質】 必要にして十分でしょう。結構迫力があります。

【機能性】 SONYのHX-850と連動しますが、電源をオンにして音声が出るまで20秒ほども掛かります。また、付属のリモコンがボタンが小さく使いにくいです。レイアウトも含めて改善してほしいですね。 

【入出力端子】 必要にして十分でしょう。

【サイズ】 アンプが薄くコンパクトで最高です。スピーカーもこんなに小さいのに非常に良い音を奏でます。

【総評】 SONYのHT-FS30からの乗り換えです。センタースピーカー(D-309C)を追加しての感想になりますが、あまりの音質の落差に驚愕しております。HT-FS30も価格に見合わない非常に良い音を奏でてくれましたが、さすがこのクラスの製品ともなりますと格が違う音圧、高音質を提供してくれます。ONKYOらしい澄んだ音も私には超好みですね。これ以上を望む方はハイクラスのアンプ、スピーカーを単体で揃えたほうが良いかもしれません。私的には大満足です。

設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「BASE-V50(B)」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
入門機ですが。  5 2016年7月19日 13:08
お買い得でした。  5 2016年5月1日 19:58
BASE-V50(B)  3 2016年5月1日 12:47
いい!  5 2016年3月4日 23:56
ARC最高!音楽最高!映画サイコー!  5 2016年2月2日 00:55
使用開始1週間での感想です  4 2016年1月3日 13:41
小さいのにいい音です  5 2015年12月27日 17:35
価格以上の製品  4 2015年12月16日 10:20
サブウーハーはずしちゃいました  5 2015年12月13日 19:14
コスパ良  5 2015年12月11日 10:04

BASE-V50(B)のレビューを見る(レビュアー数:51人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

BASE-V50(B)
ONKYO

BASE-V50(B)

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月上旬

BASE-V50(B)をお気に入り製品に追加する <974

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ホームシアター スピーカー]

ホームシアター スピーカーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ホームシアター スピーカー)

ご注意