『持ち歩くのが楽しくなるカメラ』 SONY サイバーショット DSC-RX1 なめくじねこさんのレビュー・評価

2012年11月16日 発売

サイバーショット DSC-RX1

  • 35mmフルサイズCMOSイメージセンサー搭載のコンパクトデジタルスチルカメラ。画面の隅々まで描写する高い解像感や広ダイナミックレンジを実現。
  • カールツァイス「ゾナーT」35mm F2の大口径単焦点レンズと、高速・高画質処理を可能にする画像処理エンジン「BIONZ(ビオンズ)」を搭載。
  • 高画質ながらカメラ本体の薄型設計を可能にする独自の薄型非球面レンズ「AAレンズ」を採用することで、手のひらに収まる小型ボディを実現している。
サイバーショット DSC-RX1 製品画像
最安価格(税込):

¥150,947

(前週比:-830円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥151,500

PREMOA(A-price)

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥72,800 (7製品)


価格帯:¥150,947〜¥168,170 (19店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥150,947 〜 ¥154,000 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2470万画素(総画素)/2430万画素(有効画素) 撮影枚数:270枚 サイバーショット DSC-RX1のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • サイバーショット DSC-RX1の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX1の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX1の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX1の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX1のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX1の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX1のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX1のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX1の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX1のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX1のオークション

サイバーショット DSC-RX1SONY

最安価格(税込):¥150,947 (前週比:-830円↓) 発売日:2012年11月16日

  • サイバーショット DSC-RX1の価格比較
  • サイバーショット DSC-RX1の中古価格比較
  • サイバーショット DSC-RX1の買取価格
  • サイバーショット DSC-RX1の店頭購入
  • サイバーショット DSC-RX1のスペック・仕様
  • サイバーショット DSC-RX1の純正オプション
  • サイバーショット DSC-RX1のレビュー
  • サイバーショット DSC-RX1のクチコミ
  • サイバーショット DSC-RX1の画像・動画
  • サイバーショット DSC-RX1のピックアップリスト
  • サイバーショット DSC-RX1のオークション
ユーザーレビュー > カメラ > デジタルカメラ > SONY > サイバーショット DSC-RX1

『持ち歩くのが楽しくなるカメラ』 なめくじねこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:155人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ビデオカメラ
1件
93件
デジタル一眼カメラ
3件
36件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
27件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
持ち歩くのが楽しくなるカメラ
当機種名古屋城
   

名古屋城

   

写真をアップロードしてみました。
名古屋城です。色合いもガツンと濃い色合いの機種です。画質には好みもあるかもしれませんが、自分は満足が行くことが多いです。
高感度でも手持ちで撮影ができるのでかなり重宝しています。
低感度の画質も問題ないと思います。宝石のような美しい濃い色合いの写真が取れます。


----------------------------------

2017年、室内での料理教室の料理撮影が最近多くなったので、室内での料理撮影について評価します。

35mmの焦点距離は室内で椅子に座って、後ろにも下がることができない状況で、
目の前の皿に盛られた複数の料理を全体的に撮影するのに丁度の画角です。
さらにマクロとの切り替えのリングがレンズにあるのでこれを切り替えれば接近してカップケーキ程度の大きさの物を
1品1品撮影できます。

解放のf2では被写界深度が浅すぎるので、絞り優先オートでf4からf5.6に絞りを絞って、露出ブランケットで、+−0.3ずつ5枚連続撮影しています。
いろいろ条件があるのでその時その時面倒なので、連射しています。
連続撮影時もシャッター音が米粒センサーのコンデジ並みにたいへん小さいため
周りに大げさな感じを与えないのもメリットです。
たいていこれで個人的に満足のいく結果になります。

オートフォーカスが遅いので、近すぎてピントが合わなかったときは再度、オートフォーカスをするとき若干テンポが悪くはなりますが、
十分すぎると思います。いかにもプロ用のデザイン、レンズが棒のように出っ張っているカメラでないので、出した時に驚かせないので気軽に出せます。高級感があるため多少は高そうに見えるカメラのように見えるようですが、周りに大げさな印象を与えないと思います。

素人撮影なので間違っていることもあるかもしれませんが、出来上がり写真も満足いくものです。

大型テレビで再生するとき用に16:9でjpegが出力されるように設定しています。そのほうが後で1枚1枚
16:9にトリミングをする手間が省けるからです。
さらに、トリミングしてもかなりきれいに仕上がるので気に入っています。
rawも一緒に記録しておくと3:2のrawも同時記録されるので、後でいろいろいじったりもできると思います。

発売から3年はたちましたが、今買ってもおすすめできるカメラだと思います。
rx1rを使ったことがないのですが、
ローパスフィルターありなので、どんな撮影にも万能に対応できると思います。

---------------------------------------------------

使用して2年目のレビューです。
RX1R RX1R2と新登場してきましたが、RX1を大切に使用しています。
RX1R2はセンサーが違うのであちらのレビューでは出てくる画が違うとか。。
ガツンとした色がほしければ、RX1、RX1Rがいいようです。
RX1Rも今さら、きになります。


使用1年目のレビューです。
高感度がかなり優秀ですので室内でフラッシュなしでの撮影もノイズが少ないです。
フルサイズセンサーですのでぼけも大きく被写界深度を稼ぎたいときは若干絞ったりする工夫が必要。
電子ビューファインダーがないとピントあわせもどこにピントがあっているか確認が面倒。
ただ、スナップショットや風景を撮影する範囲では電子ビューファインダーは必要なし。
ただ、高感度とその解像度には圧倒される。拡大して遊ぶのも楽しい。
画素数は要らない主義だったがrx1を使ってから変わった。ちょうどいい画素数。
人にテレビ画面で静止画を見せてあげてもそのきれいさに圧倒される。

ズームがなくてもトリミングで対応できるし、スイングパノラマで広角も楽しめる。
なにより、シャッター音がかなり静かなので、隣に他人がいるシーンでも気軽に撮影できる。

大げさなカメラでないので、威圧感を与えないが、
逆にこのカメラのすごさを知らいと撮影される側に気合が入らない。

趣味がビデオカメラメインになった今でもこれは手放せない。
ビデオカメラを持っても、ついでにrx1も持っていける。
最初のころはrx1もビデオカメラとしても使っていたが、モアレの面や画質のシャープさの無さは静止画では全く問題ないが動画になると発生するので
ビデオはビデオ専用機やα7sに任せて、静止画専用になっている。なんだかんだいって、シャッター音の小ささ、小型、軽量は正義です。
--------------------------------

α7sは低感度の時の色が気に入らなかったので高感度専用にしました。
rx1=静止画最強。電子シャッターを使わなくてもシャッター音が小さい。
sony ビデオカメラAX100=動画専用
で使い分けています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった12人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
持ち歩くのが楽しくなるカメラ

2017年、室内での料理教室の料理撮影が最近多くなったので、室内での料理撮影について評価します。

35mmの焦点距離は室内で椅子に座って、後ろにも下がることができない状況で、
目の前の皿に盛られた複数の料理を全体的に撮影するのに丁度の画角です。
さらにマクロとの切り替えのリングがレンズにあるのでこれを切り替えれば接近してカップケーキ程度の大きさの物を
1品1品撮影できます。

解放のf2では被写界深度が浅すぎるので、絞り優先オートでf4からf5.6に絞りを絞って、露出ブランケットで、+−0.3ずつ5枚連続撮影しています。
いろいろ条件があるのでその時その時面倒なので、連射しています。
連続撮影時もシャッター音が米粒センサーのコンデジ並みにたいへん小さいため
周りに大げさな感じを与えないのもメリットです。
たいていこれで個人的に満足のいく結果になります。

オートフォーカスが遅いので、近すぎてピントが合わなかったときは再度、オートフォーカスをするとき若干テンポが悪くはなりますが、
十分すぎると思います。いかにもプロ用のデザイン、レンズが棒のように出っ張っているカメラでないので、出した時に驚かせないので気軽に出せます。高級感があるため多少は高そうに見えるカメラのように見えるようですが、周りに大げさな印象を与えないと思います。

素人撮影なので間違っていることもあるかもしれませんが、出来上がり写真も満足いくものです。

大型テレビで再生するとき用に16:9でjpegが出力されるように設定しています。そのほうが後で1枚1枚
16:9にトリミングをする手間が省けるからです。
さらに、トリミングしてもかなりきれいに仕上がるので気に入っています。
rawも一緒に記録しておくと3:2のrawも同時記録されるので、後でいろいろいじったりもできると思います。

発売から3年はたちましたが、今買ってもおすすめできるカメラだと思います。
rx1rを使ったことがないのですが、
ローパスフィルターありなので、どんな撮影にも万能に対応できると思います。

---------------------------------------------------

使用して2年目のレビューです。
RX1R RX1R2と新登場してきましたが、RX1を大切に使用しています。
RX1R2はセンサーが違うのであちらのレビューでは出てくる画が違うとか。。
ガツンとした色がほしければ、RX1、RX1Rがいいようです。
RX1Rも今さら、きになります。


使用1年目のレビューです。
高感度がかなり優秀ですので室内でフラッシュなしでの撮影もノイズが少ないです。
フルサイズセンサーですのでぼけも大きく被写界深度を稼ぎたいときは若干絞ったりする工夫が必要。
電子ビューファインダーがないとピントあわせもどこにピントがあっているか確認が面倒。
ただ、スナップショットや風景を撮影する範囲では電子ビューファインダーは必要なし。
ただ、高感度とその解像度には圧倒される。拡大して遊ぶのも楽しい。
画素数は要らない主義だったがrx1を使ってから変わった。ちょうどいい画素数。
人にテレビ画面で静止画を見せてあげてもそのきれいさに圧倒される。

ズームがなくてもトリミングで対応できるし、スイングパノラマで広角も楽しめる。
なにより、シャッター音がかなり静かなので、隣に他人がいるシーンでも気軽に撮影できる。

大げさなカメラでないので、威圧感を与えないが、
逆にこのカメラのすごさを知らいと撮影される側に気合が入らない。

趣味がビデオカメラメインになった今でもこれは手放せない。
ビデオカメラを持っても、ついでにrx1も持っていける。
最初のころはrx1もビデオカメラとしても使っていたが、モアレの面や画質のシャープさの無さは静止画では全く問題ないが動画になると発生するので
ビデオはビデオ専用機やα7sに任せて、静止画専用になっている。なんだかんだいって、シャッター音の小ささ、小型、軽量は正義です。
--------------------------------

α7sは低感度の時の色が気に入らなかったので高感度専用にしました。
rx1=静止画最強。電子シャッターを使わなくてもシャッター音が小さい。
sony ビデオカメラAX100=動画専用
で使い分けています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
持ち歩くのが楽しくなるカメラ

使用して2年目のレビューです。
RX1R RX1R2と新登場してきましたが、RX1を大切に使用しています。
RX1R2はセンサーが違うのであちらのレビューでは出てくる画が違うとか。。
ガツンとした色がほしければ、RX1、RX1Rがいいようです。
RX1Rも今さら、きになります。


使用1年目のレビューです。
高感度がかなり優秀ですので室内でフラッシュなしでの撮影もノイズが少ないです。
フルサイズセンサーですのでぼけも大きく被写界深度を稼ぎたいときは若干絞ったりする工夫が必要。
電子ビューファインダーがないとピントあわせもどこにピントがあっているか確認が面倒。
ただ、スナップショットや風景を撮影する範囲では電子ビューファインダーは必要なし。
ただ、高感度とその解像度には圧倒される。拡大して遊ぶのも楽しい。
画素数は要らない主義だったがrx1を使ってから変わった。ちょうどいい画素数。
人にテレビ画面で静止画を見せてあげてもそのきれいさに圧倒される。

ズームがなくてもトリミングで対応できるし、スイングパノラマで広角も楽しめる。
なにより、シャッター音がかなり静かなので、隣に他人がいるシーンでも気軽に撮影できる。

大げさなカメラでないので、威圧感を与えないが、
逆にこのカメラのすごさを知らいと撮影される側に気合が入らない。

趣味がビデオカメラメインになった今でもこれは手放せない。
ビデオカメラを持っても、ついでにrx1も持っていける。
最初のころはrx1もビデオカメラとしても使っていたが、モアレの面や画質のシャープさの無さは静止画では全く問題ないが動画になると発生するので
ビデオはビデオ専用機やα7sに任せて、静止画専用になっている。なんだかんだいって、シャッター音の小ささ、小型、軽量は正義です。
--------------------------------

α7sは低感度の時の色が気に入らなかったので高感度専用にしました。
rx1=静止画最強。電子シャッターを使わなくてもシャッター音が小さい。
sony ビデオカメラAX100=動画専用
で使い分けています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった1

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
持ち歩くのが楽しくなるカメラ

使用して2年目のレビューです。
RX1R RX1R2と新登場してきましたが、RX1を大切に使用しています。
RX1R2はセンサーが違うのであちらのレビューでは出てくる画が違うとか。。
ガツンとした色がほしければ、RX1、RX1Rがいいようです。
RX1Rも今さら、きになります。


使用1年目のレビューです。
高感度がかなり優秀ですので室内でフラッシュなしでの撮影もノイズが少ないです。
フルサイズセンサーですのでぼけも大きく被写界深度を稼ぎたいときは若干絞ったりする工夫が必要。
電子ビューファインダーがないとピントあわせもどこにピントがあっているか確認が面倒。
ただ、スナップショットや風景を撮影する範囲では電子ビューファインダーは必要なし。
ただ、高感度とその解像度には圧倒される。拡大して遊ぶのも楽しい。
画素数は要らない主義だったがrx1を使ってから変わった。ちょうどいい画素数。
人にテレビ画面で静止画を見せてあげてもそのきれいさに圧倒される。

ズームがなくてもトリミングで対応できるし、スイングパノラマで広角も楽しめる。
なにより、シャッター音がかなり静かなので、隣に他人がいるシーンでも気軽に撮影できる。

大げさなカメラでないので、威圧感を与えないが、
逆にこのカメラのすごさを知らいと撮影される側に気合が入らない。

趣味がビデオカメラメインになった今でもこれは手放せない。
ビデオカメラを持っても、ついでにrx1も持っていける。
最初のころはrx1もビデオカメラとしても使っていたが、モアレの面や画質のシャープさの無さは静止画では全く問題ないが動画になると発生するので
ビデオはビデオ専用機やα7sに任せて、静止画専用になっている。なんだかんだいって、シャッター音の小ささ、小型、軽量は正義です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった5

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
持ち歩くのが楽しくなるカメラ

使用1年目のレビューです。
高感度がかなり優秀ですので室内でフラッシュなしでの撮影もノイズが少ないです。
フルサイズセンサーですのでぼけも大きく被写界深度を稼ぎたいときは若干絞ったりする工夫が必要。
電子ビューファインダーがないとピントあわせもどこにピントがあっているか確認が面倒。
ただ、スナップショットや風景を撮影する範囲では電子ビューファインダーは必要なし。
ただ、高感度とその解像度には圧倒される。拡大して遊ぶのも楽しい。
画素数は要らない主義だったがrx1を使ってから変わった。ちょうどいい画素数。
人にテレビ画面で静止画を見せてあげてもそのきれいさに圧倒される。

ズームがなくてもトリミングで対応できるし、スイングパノラマで広角も楽しめる。
なにより、シャッター音がかなり静かなので、隣に他人がいるシーンでも気軽に撮影できる。

大げさなカメラでないので、威圧感を与えないが、
逆にこのカメラのすごさを知らいと撮影される側に気合が入らない。

趣味がビデオカメラメインになった今でもこれは手放せない。
ビデオカメラを持っても、ついでにrx1も持っていける。
最初のころはrx1もビデオカメラとしても使っていたが、モアレの面や画質のシャープさの無さは静止画では全く問題ないが動画になると発生するので
ビデオはビデオ専用機やα7sに任せて、静止画専用になっている。なんだかんだいって、シャッター音の小ささ、小型、軽量は正義です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「サイバーショット DSC-RX1」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

サイバーショット DSC-RX1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

サイバーショット DSC-RX1
SONY

サイバーショット DSC-RX1

最安価格(税込):¥150,947発売日:2012年11月16日 価格.comの安さの理由は?

サイバーショット DSC-RX1をお気に入り製品に追加する <825

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意