PENTAX K-5 II s ボディ レビュー・評価

2012年10月19日 発売

PENTAX K-5 II s ボディ

デジタル一眼レフカメラ「K」シリーズ最上位モデル(ローパスフィルターレスモデル)

PENTAX K-5 II s ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。
※画像は組み合わせの一例です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥27,500 (19製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:1693万画素(総画素)/1628万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.7mm×15.7mm/CMOS 重量:680g PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • PENTAX K-5 II s ボディの価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの買取価格
  • PENTAX K-5 II s ボディの店頭購入
  • PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-5 II s ボディの純正オプション
  • PENTAX K-5 II s ボディのレビュー
  • PENTAX K-5 II s ボディのクチコミ
  • PENTAX K-5 II s ボディの画像・動画
  • PENTAX K-5 II s ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-5 II s ボディのオークション

PENTAX K-5 II s ボディペンタックス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月19日

  • PENTAX K-5 II s ボディの価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの買取価格
  • PENTAX K-5 II s ボディの店頭購入
  • PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-5 II s ボディの純正オプション
  • PENTAX K-5 II s ボディのレビュー
  • PENTAX K-5 II s ボディのクチコミ
  • PENTAX K-5 II s ボディの画像・動画
  • PENTAX K-5 II s ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-5 II s ボディのオークション

満足度:4.76
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:156人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.76 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.82 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.58 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.72 4.16 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.50 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.52 4.42 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.43 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.70 4.43 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-5 II s ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:アマチュア」で絞込んだ結果 (絞込み解除

H.M.S.Invincibleさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
244件
レンズ
0件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー1
携帯性4
機能性2
液晶1
ホールド感4

外で安心感がある本物の一眼レフカメラだけど反対側から見ると面白くない発展的でないカメラ。
色がいい味わいのあるカメラ、だけどはない。
防滴フィールドカメラ、だけど本体で単3電池が使えない。防滴レンズのA Fスピードが遅い
星空撮影御用達カメラ、だけどバリアンがないからメチャメチャ不便。
ライヴビューのAFスピードが速い、だけどバリアンがない。
ソニーがサブマウントだったのでペンタの凄さがわかりソニーの凄さもわかった。時代と共にフェラーリの全てがマニュアルでなくなったようにペンタには柔軟な発展が必要だと思う。ペンタにソニーの便利さがコラボしたカメラが俺の理想のカメラ。便利を望まない人達にはこのカメラの欠点はレンズラインナップと書き込み速度とAEの気難しさかな。欠点のない完全体になってキヤノンを引きずり落とせ

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
子供・動物
夜景
室内

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

団子虫さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
56件
レンズ
2件
30件
デジタルカメラ
0件
4件
もっと見る
満足度3
デザイン4
画質3
操作性4
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感4
当機種合歓の花でお食事中のアゲハ蝶
当機種次の花へ移ろうとしたとき
当機種雀に捕まった

合歓の花でお食事中のアゲハ蝶

次の花へ移ろうとしたとき

雀に捕まった

当機種食物連鎖を実感した瞬間
   

食物連鎖を実感した瞬間

   

「わんこ」の散歩に首にぶら下げて歩いてもそれほど負担にならない。お手軽に持ち運べる。
シェイクダウンをかねて散歩に持っていった。アゲハチョウを見つけたので追いかけて撮っていたところ雀に捕食されているところに遭遇。残念ながら捕食の瞬間は撮れなかった。JPEG+RAWで記録していたため?連写がいまいち。廉価版の50-200でもこれだけに撮れるなら60-250☆ならもっと綺麗に撮れるか?と

D7100との撮り比べ写真は枚数が多いので整理してからUPします。
今回の写真はすべて[smc PENTAX-DA 1:4.5-5.6 50-200 ED WR]

もう少し使いこんでから個別の評価をします。
レンズ10-50☆f2.8も、もう少し使ってからSCに送るか考えることにしました。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ペンタごん太さん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
53件
レンズ
10件
13件
自動車(本体)
0件
1件
もっと見る
満足度3
デザイン3
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性無評価
機能性5
液晶3
ホールド感3

K10D、K20Dと使って来て、今回K-5USに買い換えました。
K20Dとの比較がメインになります。もしかしたらK-7で既に取り入れられている機能についても述べているかも知れませんが、その点はご容赦下さい。

【デザイン】
 形は特に良くも悪くもない、普通の一眼レフカメラだと思う。
 インターフェイス部の蓋はゴム栓になり、メモリー部の蓋にはロック機構が無くなったのでチープ感は拭えない。メモリー部の蓋にはパッキンが見当たらないが、防滴・防塵的に大丈夫だろうか。

【画質】
 ローパスレスの効果は確かにあるが、等倍拡大しないとその効果を実感しない。ちょっとした合焦ズレで相殺されてしまう位のもの。
 モレアは出る。風景において、遠景の屋根や格子、手すり、細かな幾何学模様には要注意。
 EXFシャープネスの鮮鋭感はさすがだと思う。縮小画像でも判断できる。もちろん絶対的な解像度が増した訳ではないので、等倍表示するとばれてしまう。2400万画素に匹敵する解像度とは言い過ぎだが、A3プリントであればいい勝負だろう。
 EXFシャープネスは諸刃の剣。かけ過ぎると途端にシャープネスノイズが広がり、画が汚れる。特に感度を上げた時が酷い。ISO200でも青空が荒れてくる。しかし、プリントであれば、シャープネスノイズも気にならず、EXFシャープネスの効果の良い面強調される。
 通常シャープネスとFシャープネスの効果の違いは、等倍拡大しても実感しづらい。
 色合いの傾向はあまり変わらず、Pentaxらしいコッテリした色が出せる。Pentaxブルーも健在だ。カスタムイメージの設定にキーが追加されたのがありがたい。常時マイナス補正の必要が無くなった。
 高感度は非常的にはISO6400までは使えるが、実用的なのはISO1600位までか。

【操作性】
 ボタンの配列が変わっているものの、基本的な操作や割当は変わらないので迷うことはない。
 ISOボタン、露出補正ボタンは位置的に押し辛くなっている。カスタム設定で入れ替えられないものか。
 K10D、K20Dのあの間の抜けた安っぽいシャッター音じゃなくなったのは良い点だ。撮影していて気持ちが良い。(まあ出来の良いMFフィルム機には及ばないが。)

【バッテリー】
 LVを使わず撮って画確認を行う、を繰り返し約500枚。良くも悪くもないといったところか。なお動画撮影はしていない。

【携帯性】
 携帯性の評価は無意味。(一眼レフなので、携帯性は悪いに決まってる。)

【機能性】
 暗所・明所共にAFの迷いは格段に少ない。合焦精度も上がっている。静止物に限れば、キャノンやニコンに遅れは取らないのでは。ローパスレスによるシャープ感よりも、合焦精度向上による画質向上効果の方が高い。
 赤い被写体は苦手のようだ。例えば光を通した紅い葉に対して、AFが迷った挙句あきらめるケースが多々あった。黄葉、緑葉では問題なかった。
 手ブレ補正は1.5程度効果が高くなっている。
 分割測光は使いやすくなっている。とりあえず露出補正の出番は少なくなった。極端に明部に引っ張られる傾向は少ないのではないか。ポートレート的にバシャバシャ撮る時に扱いやすくなっている。(測距点と露出の関連付Off)
 ライブビューにおいて残念なのは、Mモードにおいて、露出が画面に反映されないこと。
 ファインダー視野率が100%になっているが、プリントアウト主体なので、ありがたさは感じない。ファインダー倍率をもっと高めて欲しい。
 ダストリムーバルの効果は超音波式になっており高くなっている。

【液晶】
 液晶は鮮やかにはなっているが、太陽光下で確認し辛いのは変わらない。

【ホールド感】
 小さめのボディーだが、特にホールドは悪くなっていない。

【総評】
 K20Dからの買い替えだが、「画質としての向上は思った程ではない。」と言うのが正直なところ。カメラの設定が同じ状態でピント・露出が完璧な画におけるK20D、K-5USの比較は、等倍にして初めて判る位の差だ。A3プリントや、22インチモニター全画面表示では、撮った人間じゃなければ判らないと思う。(撮った人間でも判らない?)
 しかしその画に行き着くまでのAFの速度や精度、露出制御、手ブレ補正の利き具合等は流石に2.5世代の隔たりはあり、K-5USが圧倒する。K20Dよりもはるかに気持ち良く、テンポ良く撮影出来る。
 腰を据えてジックリ時間を掛けた場合、結果はK20DもK-5USも大きくは変わらないものの、恐らくK20Dを使う気は起きないと思う。それくらい機械としての完成度は上がっている。やっと人に勧められるカメラになって来た。
 総合点としては4までは行っていないが3は超えている。画質向上が思った程ではなかったので、ココは辛口に3とする。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景

参考になった36

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-5 II s ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-5 II s ボディ
ペンタックス

PENTAX K-5 II s ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月19日

PENTAX K-5 II s ボディをお気に入り製品に追加する <1000

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意