『より顕著になったレンズ不足』 ペンタックス PENTAX K-5 II s ボディ 心の中にドナドナさんのレビュー・評価

2012年10月19日 発売

PENTAX K-5 II s ボディ

デジタル一眼レフカメラ「K」シリーズ最上位モデル(ローパスフィルターレスモデル)

PENTAX K-5 II s ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。
※画像は組み合わせの一例です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥27,500 (23製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:1693万画素(総画素)/1628万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.7mm×15.7mm/CMOS 重量:680g PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • PENTAX K-5 II s ボディの価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの買取価格
  • PENTAX K-5 II s ボディの店頭購入
  • PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-5 II s ボディの純正オプション
  • PENTAX K-5 II s ボディのレビュー
  • PENTAX K-5 II s ボディのクチコミ
  • PENTAX K-5 II s ボディの画像・動画
  • PENTAX K-5 II s ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-5 II s ボディのオークション

PENTAX K-5 II s ボディペンタックス

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月19日

  • PENTAX K-5 II s ボディの価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの中古価格比較
  • PENTAX K-5 II s ボディの買取価格
  • PENTAX K-5 II s ボディの店頭購入
  • PENTAX K-5 II s ボディのスペック・仕様
  • PENTAX K-5 II s ボディの純正オプション
  • PENTAX K-5 II s ボディのレビュー
  • PENTAX K-5 II s ボディのクチコミ
  • PENTAX K-5 II s ボディの画像・動画
  • PENTAX K-5 II s ボディのピックアップリスト
  • PENTAX K-5 II s ボディのオークション

『より顕著になったレンズ不足』 心の中にドナドナさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-5 II s ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:39件
  • 累計支持数:460人
  • ファン数:27人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
16件
389件
デジタルカメラ
3件
107件
レンズ
14件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
より顕著になったレンズ不足
当機種作例1
当機種作例2
当機種作例3

作例1

作例2

作例3

当機種作例4
当機種作例5
当機種作例6

作例4

作例5

作例6

K−5Usで使用しているレンズ
シグマ 17−50F2.8
DA★50−135
RAW専用機として購入


【画質】
解像度以外で画質について語ることは相当難しくなってきたと言えます。
RAWで撮影し現像による後処理はそうですが、JPEGで事前に設定して撮影する前処理であっても、ペンタックスのカスタム設定から、さらに細かく追い込めるためです。
ただ、K10Dを代表するCCD機のこてっとした色のりは何故か出すことが難しいです。
また、人を撮影する時、明らかに解像度が高すぎると感じています。
肌のメンテに余念がないプロならともかく、一般人の撮影にこの解像度は厳しすぎます。
その際はK−5で撮影していますが、手元にない場合はシャープネスを落としています。
また、16M以下での撮影では、ローパスレスのメリットはほぼ無いと思います。

作例1
解像度が試されるような被写体を撮影してみました。
細かな部分までディテールが生きています。
人によっては、目が痛くなる画かもしれません。

【ノイズが減った?ディテールが保たれている?】
ローパスレスの副産物とでもいうのでしょうか。
高感度になってもノイズが減り、ディテールが保たれています。
正確に言うと、ローパスレスのおかげでシャープネスを上げる必要が無くなったので、ノイズが減ったと言うのが正解だと思います。
そして、ディテールは元の解像が高いので、多少ノイズ処理で潰しても実用範囲内でディテールが残っているためだと思います。
作例2
ノイズ処理をしている画像ですが、十分使える程度にディテールが残っていますし、ノイズレスです。

【モアレについて】
K−5は手放すつもりはありませんし、モアレの心配が無い場所での撮影に限定すれば問題ないと判断しました。
ただ、モアレが心配なケースのほうが少ないと思います。

‐3EV
中央のみですが、夜の撮影時には本当にありがたい。明るいレンズが活かせます。
実際撮影して一番驚いたのがこの部分でした。カメラはピントが合ってなんぼです。どんなに解像度が高くてもピントが合わなかったりぶれたりしたら現像による救済のしようがありません。


作例3
数メートル離れた場所にPCがあるのですが、光源はそれだけです。
K−5以前でしたら迷ってしまいピントが合わない明るさです。
ピタッとピントが合いました。
作例4
ピントを合わせた被写体は、季節外れのスノーダンプです。
見たまんまの暗さで、人間の目で見てもどこにピントを合わせれば良いのか分かりません。
しかし、ピタッと合いました。

【手振れは意外とシビアではない】
作例5
実用の範囲内だと思います。
解像度が上がったと言う事で、手振れにシビアかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。手振れ補正が効いているからでしょう。この画角なら1/10程度まで大丈夫のような気がします。もっと落とせるかな。

【記録】
作例6
高感度は51200のままですが、記録として残すのであれば、使えないことはありません。写真にとって、画質はおまけです。残すべき時に残すことが出来ると言うのが大事なのです。

【最後に】
ペンタックスに35mm待望論があるのは知っています。それはそれでいいと思います。
しかし、K−7からK−5で築き上げ続けているこの路線は引き継いでもらいたいと思っています。
堅牢性、機動性を確保しつつ、耐候性を保持しながら、高いレベルで安定した画を吐き出すOVFを搭載したこのカメラはペンタックスの財産であると思っています。
また、どれだけ優れた機体があったとしても、それに見合ったレンズが構築されていなければ、矢次にボディを出し続けて買い替えを迫るしかありません。
それは企業にとってプラスだとは決して思えません。次第にユーザー側に飽きが来るからです。
レンズ資産が活用できるサービスは素晴らしいメリットだと思います。ペンタックスならではの個性的なレンズも魅力ではあるでしょう。
しかし、企業のあるべき姿と言うのは、資産を保全するだけではなく、資産を構築し続けることにあると思います。そして、実用性を重視した王道レンズを組み込みながらも、新しい提案を続けることにあると思います。

レンズがあるからボディを購入するのです。そして、ボディがあればレンズを購入するのです。
ペンタックスがAPS−Cでやれることはまだまだ残っています。
熟成で結構です。更に熟成されたフィールドカメラに期待します。


※今回の作例はボディ内現像後にJPEG出力し、フォトショップに機能が近い無料ソフトのGIMPで微調整しています。ですが、現像を本格的にする場合は有料ソフトが理想かなと思います。
ここの画像は、LR4で現像した画像に交換します。

※最初に手にした機種が酷い後ピンだったためボディ交換。今の機種で購入1週間後にカードスロット不調でカードが刺さらない。どういう訳かトラブルまみれだったりします。たまたま運が悪かっただけなのでしょうが、いい気分はしません。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった13人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
レンズ不足が気になりますが。
当機種作例1
当機種作例2
当機種作例3

作例1

作例2

作例3

当機種作例4
当機種作例5
当機種作例6

作例4

作例5

作例6

K−5Usで使用しているレンズ
シグマ 17−50F2.8
DA★50−135
RAW専用機として購入


【画質】
解像度以外で画質について語ることは相当難しくなってきたと言えます。
RAWで撮影し現像による後処理はそうですが、JPEGで事前に設定して撮影する前処理であっても、ペンタックスのカスタム設定から、さらに細かく追い込めるためです。
ただ、K10Dを代表するCCD機のこてっとした色のりは何故か出すことが難しいです。
また、人を撮影する時、明らかに解像度が高すぎると感じています。
肌のメンテに余念がないプロならともかく、一般人の撮影にこの解像度は厳しすぎます。
その際はK−5で撮影していますが、手元にない場合はシャープネスを落としています。
また、16M以下での撮影では、ローパスレスのメリットはほぼ無いと思います。

作例1
解像度が試されるような被写体を撮影してみました。
細かな部分までディテールが生きています。
人によっては、目が痛くなる画かもしれません。

【ノイズが減った?ディテールが保たれている?】
ローパスレスの副産物とでもいうのでしょうか。
高感度になってもノイズが減り、ディテールが保たれています。
正確に言うと、ローパスレスのおかげでシャープネスを上げる必要が無くなったので、ノイズが減ったと言うのが正解だと思います。
そして、ディテールは元の解像が高いので、多少ノイズ処理で潰しても実用範囲内でディテールが残っているためだと思います。
作例2
ノイズ処理をしている画像ですが、十分使える程度にディテールが残っていますし、ノイズレスです。

【モアレについて】
K−5は手放すつもりはありませんし、モアレの心配が無い場所での撮影に限定すれば問題ないと判断しました。
ただ、モアレが心配なケースのほうが少ないと思います。

‐3EV
中央のみですが、夜の撮影時には本当にありがたい。明るいレンズが活かせます。
実際撮影して一番驚いたのがこの部分でした。カメラはピントが合ってなんぼです。どんなに解像度が高くてもピントが合わなかったりぶれたりしたら現像による救済のしようがありません。


作例3
数メートル離れた場所にPCがあるのですが、光源はそれだけです。
K−5以前でしたら迷ってしまいピントが合わない明るさです。
ピタッとピントが合いました。
作例4
ピントを合わせた被写体は、季節外れのスノーダンプです。
見たまんまの暗さで、人間の目で見てもどこにピントを合わせれば良いのか分かりません。
しかし、ピタッと合いました。

【手振れは意外とシビアではない】
作例5
1/20で撮影した画像です。実用の範囲内だと思います。
解像度が上がったと言う事で、手振れにシビアかなと思ったのですが、そうでもありませんでした。手振れ補正が効いているからでしょう。この画角なら1/10程度まで大丈夫のような気がします。もっと落とせるかな。

【記録】
作例6
高感度は51200のままですが、記録として残すのであれば、使えないことはありません。写真にとって、画質はおまけです。残すべき時に残すことが出来ると言うのが大事なのです。

【最後に】
ペンタックスに35mm待望論があるのは知っています。それはそれでいいと思います。
しかし、K−7からK−5で築き上げ続けているこの路線は引き継いでもらいたいと思っています。
堅牢性、機動性を確保しつつ、耐候性を保持しながら、高いレベルで安定した画を吐き出すOVFを搭載したこのカメラはペンタックスの財産であると思っています。
また、どれだけ優れた機体があったとしても、それに見合ったレンズが構築されていなければ、矢次にボディを出し続けて買い替えを迫るしかありません。
それは企業にとってプラスだとは決して思えません。次第にユーザー側に飽きが来るからです。
レンズ資産が活用できるサービスは素晴らしいメリットだと思います。ペンタックスならではの個性的なレンズも魅力ではあるでしょう。
しかし、企業のあるべき姿と言うのは、資産を保全するだけではなく、資産を構築し続けることにあると思います。そして、実用性を重視した王道レンズを組み込みながらも、新しい提案を続けることにあると思います。

レンズがあるからボディを購入するのです。そして、ボディがあればレンズを購入するのです。
ペンタックスがAPS−Cでやれることはまだまだ残っています。
熟成で結構です。更に熟成されたフィールドカメラに期待します。


※今回の作例はボディ内現像後にJPEG出力し、フォトショップに機能が近い無料ソフトのGIMPで微調整しています。ですが、現像を本格的にする場合は有料ソフトが理想かなと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
室内
スポーツ
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「PENTAX K-5 II s ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Pentax Aps-cと言えば  5 2019年5月14日 18:59
いまさらですが、買いました。  5 2018年2月7日 02:20
コンデジも持ってなかった私が、初めてイチ眼を買って使ってみた  5 2017年10月9日 00:51
今更ですがいいカメラです  5 2017年9月24日 01:38
防滴、小型軽量だけでなはい魅力  4 2016年12月26日 21:34
使い慣れたPENTAXデジイチ。  5 2016年11月1日 11:02
満足です!  5 2016年4月19日 11:07
フルサイズは要らないと思わせるカメラ(^^)v  5 2016年4月5日 00:51
いまさらですが  5 2016年3月19日 00:59
素人には十分!  5 2016年2月19日 20:29

PENTAX K-5 II s ボディのレビューを見る(レビュアー数:156人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PENTAX K-5 II s ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

PENTAX K-5 II s ボディ
ペンタックス

PENTAX K-5 II s ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月19日

PENTAX K-5 II s ボディをお気に入り製品に追加する <998

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意