『小さい! 軽い! 簡単! 究極の「手軽さ」は正義。(第3版) 』 SONY SRS-BTV5 (W) [ホワイト] tanettyさんのレビュー・評価

2012年10月20日 発売

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]

NFC搭載Bluetoothポータブルスピーカー

SRS-BTV5 (W) [ホワイト] 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

Bluetooth:○ NFC:○ 駆動時間:5時間 SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の価格比較
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のレビュー
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のオークション

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月20日

  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の価格比較
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の店頭購入
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のスペック・仕様
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のレビュー
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のクチコミ
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]の画像・動画
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のピックアップリスト
  • SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > Bluetoothスピーカー > SONY > SRS-BTV5 > SRS-BTV5 (W) [ホワイト]

『小さい! 軽い! 簡単! 究極の「手軽さ」は正義。(第3版) 』 tanettyさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:234人
  • ファン数:41人

よく投稿するカテゴリ

ネットワークカメラ・防犯カメラ
5件
1564件
ゲーム周辺機器
1件
1450件
NAS(ネットワークHDD)
0件
1094件
もっと見る
満足度5
デザイン5
品質4
音質3
通信の安定性無評価
操作性無評価
サイズ・携帯性5
小さい! 軽い! 簡単! 究極の「手軽さ」は正義。(第3版)

再生する

再生する

製品紹介・使用例
Nexus7[2012]をNFC接続する。かざすだけでピロンと音がして、接続完了。

製品紹介・使用例
パズドラでは、音声の遅延はほとんど気にならない。

大きさ比較。iPod touch4(左)、本機(中)、nano7(右)

底面から。蓋の奥には音声入力端子、充電用miroUSB端子がある。

付属の巾着袋と。

   

巾着袋はメッシュで、音が抜けるようになっている。

   

---更新履歴
3版(2013/12/5) Nexus7について2012であることを明記。
2版(2013/8/13) NFC接続時の動作について追記。
初版(2013/7/24)
---

買って後悔した。「もっと早く買えばよかった」と。
小さい、軽い、簡単。手軽さを極限まで濃縮すると、SRS-BTV5(以下、本機)のようなBluetoothスピーカー(以下、BTスピーカー)が産まれるのかもしれない。

【手軽さ1 - 持ち歩きが苦にならない小ささと軽さ】
小さいから、カバンの隙間にすっぽり入る。テニスボール大。スピーカーを入れるために、大きなカバンを準備する必要はない。無理に詰めたり、中身を出したりしなくてもよい。内蔵バッテリー(乾電池を格納する容積をカット)、モノラル(コーンひとつでよい)を採用することで、小型化を実現しているからだ。
軽いから、躊躇なくカバンに入れられる。135gというのは、私の知るかぎり、NFC対応BTスピーカーでは最軽量だ。やはり乾電池を格納しないことが、軽量化に大きく寄与しているのだろう。
この小ささと軽さだからこそ、持ち歩きがまったく苦にならない。

【 手軽さ2 - すぐに使う気になる簡単さ】
NFCがこんなに便利なものだとは。主にNexus7[2012]で使っているが、本機にかざすだけでつながる。(本機の電源がOFFの状態からでも自動ONする)。かざすだけで切れる。あらかじめ頭の中でイメージしていたとおりなのだが、実際に使ってみると、あらためて簡単さに驚く。
NFC対応でなければ、つなげるだけでも次の操作が必要になり、煩雑このうえない。1.スピーカーの電源を入れる。→2.スピーカーをペアリング状態にする。→3.スマホ等で[設定]-[Bluetoothオン]-[デバイスを選択] 。

実際、本機以外にBTスピーカーを2台もっているが(いずれもNFC非対応)、BTスピーカーとして使うことは、ほとんどなかった(接続がメンドくさいので)。しかし本機を買ってからは、Nexus7でパズドラやnasne番組視聴時に、ほぼ必ず使うようになった(接続が簡単なので)。
余談だが、既存のBTスピーカーは主に、iPodをドック接続して使っている(購入当初の目論見どおり)。

【Nexus7[2012]で使用するコツ】
Nexus7からのNFC接続・切断について、成功/失敗いずれの例もネット上で散見される。しかし、私のもつ個体の組み合わせでは、アプリ[NFC簡単接続]のインストール有無を問わず、必ず成功する。ただし、コツが2つある。

<<1. かざす場所に注意>>
Nexus7の背面にある凹み文字「nexus」の中心「x」あたりを本機の上端に当てると反応がよいようだ。どうしてもうまくいかない場合、Nexus7を左右にゆっくり振るとよい。(本機の上端に当てる文字は順に、n→e→x→u→s→u→x→e→n→…となる)

<<2. [Googleミュージックでプレイ]を無効に>>
NFC接続直後、必ず[Google Play ミュージック]が勝手に起動し音楽を勝手に再生してしまう(添付の動画はまさにそれ)。同アプリを設定で[無効]にしておけば、回避策になる。

【手軽さ3 - 残容量を気にせず使えるバッテリー】
3時間の充電で5時間もつ。外出先で5時間も使うことは、まずないだろう。内蔵バッテリーだから、電池代を気にせず、どんどん使える。再生しながらの充電にも対応しているのもありがたい。

【気にならないレベルの遅延】
本機にかぎったことではないが、SBCコーデックにしか対応していないBTスピーカーでは、200msec〜250msecの遅延が生じる。動画鑑賞では(セリフと口のズレは)ほとんどわからない、パズドラでは動きと音のズレは認識できるが気にならない、といった程度だろうか。やらないのでわからないが、タイミングの厳密なアクションゲームでは気になるのかもしれない。また当然ながら、音楽再生では遅延は問題にならない。

【動画鑑賞やゲームではしっかり楽しめる音質】
小型でモノラル。音質という観点から見れば、マイナス要素だ。たしかに、本機で長時間の音楽を聞く気にはならない。しかし、動画鑑賞やゲーム、あるいはちょっとしたBGMという用途なら、しっかり楽しめる。
なお、音楽を聴く人は、音響機器にかける金額の桁によって、数千円、数万円、数十万円、数百万円の4階級に大別できるが、私は数万円クラスにすぎないことを付言しておく。(5千円の機器と2万円の機器の良し悪しはわかるが、8万円と30万円のそれはおそらくわからない)。

【まとめ】
本機をひとことで表せば「手軽」だ。小さくて軽いうえに、ハダカでよいので(電源ケーブル、音声ケーブル不要)、「手軽」に持ち運べる。NFCだから「手軽」に使える。内蔵バッテリーだから、経済的に「手軽」。音響機器の評価項目のひとつでしかない「手軽さ」だって極めれば、ひとつの正義たりうることを、本機は証明してくれた。潔さに敬意を表したい。

接続対象
その他
使用目的
ゲーム
映像視聴

参考になった24人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
品質4
音質3
通信の安定性無評価
操作性無評価
サイズ・携帯性5
小さい! 軽い! 簡単! 究極の「手軽さ」は正義。(第2版)

再生する

再生する

製品紹介・使用例
Nexus7をNFC接続する。かざすだけでピロンと音がして、接続完了。

製品紹介・使用例
パズドラでは、音声の遅延はほとんど気にならない。

大きさ比較。iPod touch4(左)、本機(中)、nano7(右)

底面から。蓋の奥には音声入力端子、充電用miroUSB端子がある。

付属の巾着袋と。

   

袋はメッシュで、音が抜けるようになっている。

   

---更新履歴
2版(2013/8/13) NFC接続時の動作について追記
初版(2013/7/24)
---

買って後悔した。「もっと早く買えばよかった」と。
小さい、軽い、簡単。手軽さを極限まで濃縮すると、SRS-BTV5(以下、本機)のようなBluetoothスピーカー(以下、BTスピーカー)が産まれるのかもしれない。

【手軽さ1 - 持ち歩きが苦にならない小ささと軽さ】
小さいから、カバンの隙間にすっぽり入る。テニスボール大。スピーカーを入れるために、大きなカバンを準備する必要はない。無理に詰めたり、中身を出したりしなくてもよい。内蔵バッテリー(乾電池を格納する容積をカット)、モノラル(コーンひとつでよい)を採用することで、小型化を実現しているからだ。
軽いから、躊躇なくカバンに入れられる。135gというのは、私の知るかぎり、NFC対応BTスピーカーでは最軽量だ。やはり乾電池を格納しないことが、軽量化に大きく寄与しているのだろう。
この小ささと軽さだからこそ、持ち歩きがまったく苦にならない。

【 手軽さ2 - すぐに使う気になる簡単さ】
NFCがこんなに便利なものだとは。主にNexus7で使っているが、本機にかざすだけでつながる。(本機の電源がOFFの状態からでも自動ONする)。かざすだけで切れる。あらかじめ頭の中でイメージしていたとおりなのだが、実際に使ってみると、あらためて簡単さに驚く。
NFC対応でなければ、つなげるだけでも次の操作が必要になり、煩雑このうえない。1.スピーカーの電源を入れる。→2.スピーカーをペアリング状態にする。→3.スマホ等で[設定]-[Bluetoothオン]-[デバイスを選択] 。

実際、本機以外にBTスピーカーを2台もっているが(いずれもNFC非対応)、BTスピーカーとして使うことは、ほとんどなかった(接続がメンドくさいので)。しかし本機を買ってからは、Nexus7でパズドラやnasne番組視聴時に、ほぼ必ず使うようになった(接続が簡単なので)。
余談だが、既存のBTスピーカーは主に、iPodをドック接続して使っている(購入当初の目論見どおり)。

【Nexus7で使用するコツ】
Nexus7からのNFC接続・切断について、成功/失敗いずれの例もネット上で散見される。しかし、私のもつ個体の組み合わせでは、アプリ[NFC簡単接続]のインストール有無を問わず、必ず成功する。ただし、コツが2つある。
<<1. かざす場所に注意>>
Nexus7の背面にある凹み文字「nexus」の中心「x」あたりを本機の上端に当てると反応がよいようだ。どうしてもうまくいかない場合、Nexus7を左右にゆっくり振るとよい。(本機の上端に当てる文字は順に、n→e→x→u→s→u→x→e→n→…となる)
<<2. [Googleミュージックでプレイ]を無効に>>
NFC接続直後、必ず[Google Play ミュージック]が勝手に起動し音楽を勝手に再生してしまう。同アプリを設定で[無効]にしておけば、回避策になる。

【手軽さ3 - 残容量を気にせず使えるバッテリー】
3時間の充電で5時間もつ。外出先で5時間も使うことは、まずないだろう。内蔵バッテリーだから、電池代を気にせず、どんどん使える。再生しながらの充電にも対応しているのもありがたい。

【気にならないレベルの遅延】
本機にかぎったことではないが、SBCコーデックにしか対応していないBTスピーカーでは、200msec〜250msecの遅延が生じる。動画鑑賞では(セリフと口のズレは)ほとんどわからない、パズドラでは動きと音のズレは認識できるが気にならない、といった程度だろうか。やらないのでわからないが、タイミングの厳密なアクションゲームでは気になるのかもしれない。また当然ながら、音楽再生では遅延は問題にならない。

【動画鑑賞やゲームではしっかり楽しめる音質】
小型でモノラル。音質という観点から見れば、マイナス要素だ。たしかに、本機で長時間の音楽を聞く気にはならない。しかし、動画鑑賞やゲーム、あるいはちょっとしたBGMという用途なら、しっかり楽しめる。
なお、音楽を聴く人は、音響機器にかける金額の桁によって、数千円、数万円、数十万円、数百万円の4階級に大別できるが、私は数万円クラスにすぎないことを付言しておく。(5千円の機器と2万円の機器の良し悪しはわかるが、8万円と30万円のそれはおそらくわからない)。

【まとめ】
本機をひとことで表せば「手軽」だ。小さくて軽いうえに、ハダカでよいので(電源ケーブル、音声ケーブル不要)、「手軽」に持ち運べる。NFCだから「手軽」に使える。内蔵バッテリーだから、経済的に「手軽」。音響機器の評価項目のひとつでしかない「手軽さ」だって極めれば、ひとつの正義たりうることを、本機は証明してくれた。潔さに敬意を表したい。

接続PC
その他
使用目的
ゲーム
映像視聴

参考になった4

満足度5
デザイン5
品質4
音質3
通信の安定性無評価
操作性無評価
サイズ・携帯性5
小さい! 軽い! 簡単! 究極の「手軽さ」は正義。

再生する

再生する

製品紹介・使用例
Nexus7をNFC接続する。かざすだけでピロンと音がして、接続完了。

製品紹介・使用例
パズドラでは、音声の遅延はほとんど気にならない。

大きさ比較。iPod touch4(左)、本機(中)、nano7(右)

底面から。蓋の奥には音声入力端子、充電用miroUSB端子がある。

付属の巾着袋と。

   

袋はメッシュで、音が抜けるようになっている。

   

買って後悔した。「もっと早く買えばよかった」と。
小さい、軽い、簡単。手軽さを極限まで濃縮すると、SRS-BTV5(以下、本機)のようなBluetoothスピーカー(以下、BTスピーカー)が産まれるのかもしれない。

【手軽さ1 - 持ち歩きが苦にならない小ささと軽さ】
小さいから、カバンの隙間にすっぽり入る。テニスボール大。スピーカーを入れるために、大きなカバンを準備する必要はない。無理に詰めたり、中身を出したりしなくてもよい。内蔵バッテリー(乾電池を格納する容積をカット)、モノラル(コーンひとつでよい)を採用することで、小型化を実現しているからだ。
軽いから、躊躇なくカバンに入れられる。135gというのは、私の知るかぎり、NFC対応BTスピーカーでは最軽量だ。やはり乾電池を格納しないことが、軽量化に大きく寄与しているのだろう。
この小ささと軽さだからこそ、持ち歩きがまったく苦にならない。

【 手軽2 - すぐに使う気になる簡単さ】
NFCがこんなに便利なものだとは。主にNexus7で使っているが、本機にかざすだけでつながる。かざすだけで切れる。あらかじめ頭の中でイメージしていたとおりなのだが、実際に使ってみると、あらためて簡単さに驚く。
NFC対応でなければ、つなげるだけでも次の操作が必要になり、煩雑このうえない。1.スピーカーの電源を入れる。→2.スピーカーをペアリング状態にする。→3.スマホ等で[設定]-[Bluetoothオン]-[デバイスを選択] 。
実際、本機以外にBTスピーカーを2台もっているが(いずれもNFC非対応)、BTスピーカーとして使うことは、ほとんどなかった(接続がメンドくさいので)。しかし本機を買ってからは、Nexus7でパズドラやnasne番組視聴時に、ほぼ必ず使うようになった(接続が簡単なので)。
余談だが、既存のBTスピーカーは主に、iPodをドック接続して使っている(購入当初の目論見どおり)。

【Nexus7で使用するコツ】
Nexus7からのNFC接続・切断について、成功/失敗いずれの例もネット上で散見される。しかし、私のもつ個体の組み合わせでは、アプリ[NFC簡単接続]のインストール有無を問わず、必ず成功する。ただし、コツが2つある。
<<1. かざす場所に注意>>
Nexus7の背面にある凹み文字「nexus」の中心「x」あたりを本機の上端に当てると反応がよいようだ。どうしてもうまくいかない場合、Nexus7を左右にゆっくり振るとよい。(本機の上端に当てる文字は順に、n→e→x→u→s→u→x→e→n→…となる)
<<2. [Googleミュージックでプレイ]を無効に>>
NFC接続直後、必ず[Google Play ミュージック]が勝手に起動し音楽を勝手に再生してしまう。同アプリを設定で[無効]にしておけば、回避策になる。

【手軽さ3 - 残容量を気にせず使えるバッテリー】
3時間の充電で5時間もつ。外出先で5時間も使うことは、まずないだろう。内蔵バッテリーだから、電池代を気にせず、どんどん使える。再生しながらの充電にも対応しているのもありがたい。

【気にならないレベルの遅延】
本機にかぎったことではないが、SBCコーデックにしか対応していないBTスピーカーでは、200msec〜250msecの遅延が生じる。動画鑑賞では(セリフと口のズレは)ほとんどわからない、パズドラでは動きと音のズレがたまに気になる、といった程度だろうか。やらないのでわからないが、タイミングの厳密なアクションゲームでは気になるのかもしれない。また当然ながら、音楽再生では遅延は問題にならない。

【動画鑑賞やゲームではしっかり楽しめる音質】
小型でモノラル。音質という観点から見れば、マイナス要素だ。たしかに、本機で長時間の音楽を聞く気にはならない。しかし、動画鑑賞やゲーム、あるいはちょっとしたBGMという用途なら、しっかり楽しめる。
なお、音楽を聴く人は、音響機器にかける金額の桁によって、数千円、数万円、数十万円、数百万円の4階級に大別できるが、私は数万円クラスにすぎないことを付言しておく。(5千円の機器と2万円の機器の良し悪しはわかるが、8万円の30万円のそれはおそらくわからない)。

【まとめ】
本機をひとことで表せば「手軽」だ。小さくて軽いうえに、ハダカでよいので(電源ケーブル、音声ケーブル不要)、「手軽」に持ち運べる。NFCだから「手軽」に使える。内蔵バッテリーだから、経済的に「手軽」。音響機器の評価項目のひとつでしかない「手軽さ」だって極めれば、ひとつの正義たりうることを、本機は証明してくれた。潔さに敬意を表したい。

接続PC
その他
使用目的
ゲーム
映像視聴

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「SRS-BTV5 (W) [ホワイト]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
まあ今となってはなぜ買った?というスピーカーです。  2 2020年4月24日 14:03
妻への誕生日プレゼントでしたが、今は旅行用に  4 2018年12月22日 17:45
初めてのBluetoothスピーカー  5 2018年3月1日 13:37
携帯してするには、もってこいかも・・・  4 2015年7月16日 15:40
使い心地評価  5 2015年5月19日 21:07
ホテルと風呂(ジップロック)で使用  3 2015年4月26日 23:19
年配の人がビックリ  5 2015年4月22日 00:25
お風呂の淵に  4 2015年3月15日 07:41
アウトドアで使用  3 2015年2月25日 15:40
クリアで歯切れの良い音  4 2014年12月24日 23:22

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のレビューを見る(レビュアー数:81人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]
SONY

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年10月20日

SRS-BTV5 (W) [ホワイト]をお気に入り製品に追加する <147

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(Bluetoothスピーカー)

ご注意