『前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です』 象印 珈琲通 EC-VL60 hどあいぇんdさんのレビュー・評価

2012年 8月27日 登録

珈琲通 EC-VL60

  • 水をヒーターで2回加熱し、熱湯と蒸気でコーヒー豆全体を蒸らしてからドリップする「ダブル加熱 95℃抽出」機能を搭載。
  • ミルを搭載しているため、いつも挽きたての味と香りを楽しむことができる。
  • カルキ初期除去率98%の「浄水」機能でカルキを除去するため、コーヒー豆本来のおいしさを引き出せる。
珈琲通 EC-VL60 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

容量:6杯 フィルター:紙フィルター コーヒー:○ 珈琲通 EC-VL60のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 珈琲通 EC-VL60の価格比較
  • 珈琲通 EC-VL60の店頭購入
  • 珈琲通 EC-VL60のスペック・仕様
  • 珈琲通 EC-VL60のレビュー
  • 珈琲通 EC-VL60のクチコミ
  • 珈琲通 EC-VL60の画像・動画
  • 珈琲通 EC-VL60のピックアップリスト
  • 珈琲通 EC-VL60のオークション

珈琲通 EC-VL60象印

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2012年 8月27日

  • 珈琲通 EC-VL60の価格比較
  • 珈琲通 EC-VL60の店頭購入
  • 珈琲通 EC-VL60のスペック・仕様
  • 珈琲通 EC-VL60のレビュー
  • 珈琲通 EC-VL60のクチコミ
  • 珈琲通 EC-VL60の画像・動画
  • 珈琲通 EC-VL60のピックアップリスト
  • 珈琲通 EC-VL60のオークション

『前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です』 hどあいぇんdさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

珈琲通 EC-VL60のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:164人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
7件
79件
ブルーレイプレーヤー
1件
31件
au携帯電話
0件
16件
もっと見る
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
機能性4
保温性4
手入れのしやすさ4
サイズ4
前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です

本製品は前モデルEC-VJ60の2台を14年使い、3台目の購入です。中身は色以外同じです。買い換えタイミングはミルの切れ味の劣化です。ミルは1日2回使用で7年くらいが限度な感じです。

その前に使っていたのも象印です。そちらは安かったのですが、ミルがついていなかったことと、冷めやすかったので、ミル付きで95℃ダブル熱湯抽出できるこちらを購入しました。

この製品で挽き立ての豆で入れるコーヒーの味は格別です。
(豆は少々粗引きと思われる12秒くらいで挽き、豆2人分20gに対し、コーヒーカップのメモリで2.3くらいの水を入れるのがちょうど良い感じです。ただし、これも使用年数によりミルの歯の様子、配管の詰まり具合で水分の蒸発具合等で変化が出ますし、個人差もあるので各自で調整が必要です)
濃いだけの苦い味でなくてしっかりコクがあります。
抽出温度も高いのでカップを温めておく必要もありません。
このミルがちゃんと挽けないと酷評する方もいますが、某メーカーの一番人気の電動ミルの方が静電気は発生するし挽きすぎで苦味が出るし使いにくかったです。 買い立ては歯が落ち着いていない感じがありますが、使用していくと変わって来る実感があります。

欠点はガラスジャグが割れやすいこと。
この14年で6回くらい買い替えています。
定価 2100円+送料なんでこの費用が馬鹿になりません。

実はガラスジャグに懲りて、一度メリタのステンレスの製品に買い替えたことがありますが、抽出の仕方が単純で、ただ濃いだけの苦いコーヒーが出てきました。また温度も冷めやすくおいしくない。ステンレスカップも丈夫ですが、すぐ入れるだけだと思うと重いことが分かりました。メリタ製品はミルなしだったので、一緒に一番人気の電動ミルも買ったのですが、静電気がひどく掃除が大変!これなら象印のミルの方が手入れが楽!

結局試行錯誤の結果、この製品が一番使いやすく味も良いので戻ってきてしまいました。

今後の希望としては象印がミル付き+95℃ダブル熱湯抽出+ステンレスの製品を出してくれればすぐ買うのですが・・・結局出ないので、同じタイプを使い続けています。
象印さん、よろしくお願いします。

追記
ガラスのジャグの重量が250gから280gに変更されていました。おそらく割れにくく改良されているのではないかと思います。いつの段階で変わったのかは謎ですが。

使用人数
2人
頻度
毎日

参考になった6人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
使いやすさ4
機能性4
保温性4
手入れのしやすさ4
サイズ4
前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です

本製品は前モデルEC-VJ60の2台を14年使い、3台目の購入です。中身は色以外同じです。買い換えタイミングはミルの切れ味の劣化です。ミルは1日2回使用で7年くらいが限度な感じです。

その前に使っていたのも象印です。そちらは安かったのですが、ミルがついていなかったことと、冷めやすかったので、ミル付きで95℃ダブル熱湯抽出できるこちらを購入しました。

この製品で挽き立ての豆で入れるコーヒーの味は格別です。
(豆は少々粗引きと思われる12秒くらいで挽き、豆2人分20gに対し、コーヒーカップのメモリで2.5〜2.7くらいの水を入れるのがちょうど良い感じです)
濃いだけの苦い味でなくてしっかりコクがあります。
抽出温度も高いのでカップを温めておく必要もありません。
このミルがちゃんと挽けないと酷評する方もいますが、某メーカーの一番人気の電動ミルの方が静電気は発生するし挽きすぎで苦味が出るし使いにくかったです。

欠点はガラスジャグが割れやすいこと。
この14年で6回くらい買い替えています。
定価 2100円+送料なんでこの費用が馬鹿になりません。

実はガラスジャグに懲りて、一度メリタのステンレスの製品に買い替えたことがありますが、抽出の仕方が単純で、ただ濃いだけの苦いコーヒーが出てきました。また温度も冷めやすくおいしくない。ステンレスカップも丈夫ですが、すぐ入れるだけだと思うと重いことが分かりました。メリタ製品はミルなしだったので、一緒に一番人気の電動ミルも買ったのですが、静電気がひどく掃除が大変!これなら象印のミルの方が手入れが楽!

結局試行錯誤の結果、この製品が一番使いやすく味も良いので戻ってきてしまいました。

今後の希望としては象印がミル付き+95℃ダブル熱湯抽出+ステンレスの製品を出してくれればすぐ買うのですが・・・結局出ないので、同じタイプを使い続けています。
象印さん、よろしくお願いします。

追記
ガラスのジャグの重量が250gから280gに変更されていました。おそらく割れにくく改良されているのではないかと思います。

使用人数
2人
頻度
毎日

参考になった0

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
機能性4
保温性4
手入れのしやすさ4
サイズ4
前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です

本製品は前モデルEC-VJ60の2台を14年使い、3台目の購入です。中身は色以外同じです。買い換えタイミングはミルの切れ味の劣化です。ミルは1日2回使用で7年くらいが限度な感じです。

その前に使っていたのも象印です。そちらは安かったのですが、ミルがついていなかったことと、冷めやすかったので、ミル付きで95℃ダブル熱湯抽出できるこちらを購入しました。

この製品で挽き立ての豆で入れるコーヒーの味は格別です。
(豆は少々粗引きと思われる12秒くらいで挽き、豆2人分20gに対し、コーヒーカップのメモリで2.5〜2.7くらいの水を入れるのがちょうど良い感じです)
濃いだけの苦い味でなくてしっかりコクがあります。
抽出温度も高いのでカップを温めておく必要もありません。
このミルがちゃんと挽けないと酷評する方もいますが、某メーカーの一番人気の電動ミルの方が静電気は発生するし挽きすぎで苦味が出るし使いにくかったです。

欠点はガラスジャグが割れやすいこと。
この14年で6回くらい買い替えています。
定価 2100円+送料なんでこの費用が馬鹿になりません。

実はガラスジャグに懲りて、一度メリタのステンレスの製品に買い替えたことがありますが、抽出の仕方が単純で、ただ濃いだけの苦いコーヒーが出てきました。また温度も冷めやすくおいしくない。ステンレスカップも丈夫ですが、すぐ入れるだけだと思うと重いことが分かりました。メリタ製品はミルなしだったので、一緒に一番人気の電動ミルも買ったのですが、静電気がひどく掃除が大変!これなら象印のミルの方が手入れが楽!

結局試行錯誤の結果、この製品が一番使いやすく味も良いので戻ってきてしまいました。

今後の希望としては象印がミル付き+95℃ダブル熱湯抽出+ステンレスの製品を出してくれればすぐ買うのですが・・・結局出ないので、同じタイプを使い続けています。
象印さん、よろしくお願いします。

使用人数
2人
頻度
毎日

参考になった0

満足度4
デザイン4
使いやすさ4
機能性4
保温性4
手入れのしやすさ4
サイズ4
前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です

本製品は前モデルEC-VJ60の2台を14年使い、3台目の購入です。中身は色以外同じです。買い換えタイミングはミルの切れ味の劣化です。ミルは1日2回使用で7年くらいが限度な感じです。

その前に使っていたのも象印です。そちらは安かったのですが、ミルがついていなかったことと、冷めやすかったので、ミル付きで95℃ダブル熱湯抽出できるこちらを購入しました。

この製品で挽き立ての豆で入れるコーヒーの味は格別です。
(豆は少々粗引きと思われる12秒くらいで挽き、豆2人分20gに対し、コーヒーカップのメモリで2.3くらいの水を入れるのがちょうど良い感じです)
濃いだけの苦い味でなくてしっかりコクがあります。
抽出温度も高いのでカップを温めておく必要もありません。
このミルがちゃんと挽けないと酷評する方もいますが、某メーカーの一番人気の電動ミルの方が静電気は発生するし挽きすぎで苦味が出るし使いにくかったです。

欠点はガラスジャグが割れやすいこと。
この14年で6回くらい買い替えています。
定価2100円+送料なんでこの費用が馬鹿になりません。

実はガラスジャグに懲りて、一度メリタのステンレスの製品に買い替えたことがありますが、抽出の仕方が単純で、ただ濃いだけの苦いコーヒーが出てきました。また温度も冷めやすくおいしくない。ステンレスカップも丈夫ですが、すぐ入れるだけだと思うと重いことが分かりました。メリタ製品はミルなしだったので、一緒に一番人気の電動ミルも買ったのですが、静電気がひどく掃除が大変!これなら象印のミルの方が手入れが楽!

結局試行錯誤の結果、この製品が一番使いやすく味も良いので戻ってきてしまいました。

今後の希望としては象印がミル付き+95℃ダブル熱湯抽出+ステンレスの製品を出してくれればすぐ買うのですが・・・結局出ないので、同じタイプを使い続けています。
象印さん、よろしくお願いします。

使用人数
2人
頻度
毎日

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「珈琲通 EC-VL60」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ブラックしか飲まず、たまに豆から入れたい方にお薦めします。  4 2020年6月1日 10:57
コーヒーメーカー  4 2019年12月14日 09:56
全然美味しくない  1 2019年9月6日 13:17
CP抜群に良し!  4 2018年9月21日 10:47
この価格では良く考えられている  5 2018年4月8日 21:21
前モデルのEC-VJ60から通算14年、3台目の購入です  4 2018年2月12日 20:41
素晴らしいです(^^)  5 2018年2月10日 01:29
ミル付に買い替え  4 2017年9月9日 20:25
象印コーヒーメーカーEC-VL60  3 2015年4月25日 22:33
美味しい  5 2014年2月19日 10:38

珈琲通 EC-VL60のレビューを見る(レビュアー数:11人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

珈琲通 EC-VL60のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

珈琲通 EC-VL60
象印

珈琲通 EC-VL60

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2012年 8月27日

珈琲通 EC-VL60をお気に入り製品に追加する <83

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(コーヒーメーカー)

ご注意