『しばらく使ってみて』 SONY α37 SLT-A37K ズームレンズキット 最近はα純正さんのレビュー・評価

2012年 6月15日 発売

α37 SLT-A37K ズームレンズキット

「α37」と標準ズームレンズ「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」のキット

α37 SLT-A37K ズームレンズキット 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:1650万画素(総画素)/1610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:448g α37 SLT-A37K ズームレンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM SAL1855

ご利用の前にお読みください

  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの価格比較
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの中古価格比較
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの買取価格
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの店頭購入
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの純正オプション
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのレビュー
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのクチコミ
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの画像・動画
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのオークション

α37 SLT-A37K ズームレンズキットSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2012年 6月15日

  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの価格比較
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの中古価格比較
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの買取価格
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの店頭購入
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの純正オプション
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのレビュー
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのクチコミ
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットの画像・動画
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α37 SLT-A37K ズームレンズキットのオークション

『しばらく使ってみて』 最近はα純正さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α37 SLT-A37K ズームレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:44人
  • ファン数:11人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
367件
デジタルカメラ
2件
153件
レンズ
8件
78件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
しばらく使ってみて
機種不明カタクリ
当機種ベニシジミ
当機種オダマキ

カタクリ

ベニシジミ

オダマキ

当機種ハトと藤の花
   

ハトと藤の花

   

しばらく使ってみて思ったのは、デジタルになってからはレンズとボディで1システムということ。
銀塩時代は、レンズとフィルムで一対だと思っていましたが、デジタルではその「フィルム」の部分がボディに取り込まれ、それそれの素子の個性を出し、さらにレンズ収差の補正(これは別途ソフトで出来るが)も行う。
しかもバシバシ撮れるから、歩留まりから逆算しても気に入ったシーンは多くなる。
写真はデジタルの方がアマチュアには良いですね。(プロじゃないのでプロがどう思っているかはわからない)

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった1人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感4
およそ10年ぶりのα一眼
機種不明川景とトビ
機種不明トビ飛翔姿
機種不明トビ降下前姿勢

川景とトビ

トビ飛翔姿

トビ降下前姿勢

機種不明トビ飛翔姿(トリミング)
   

トビ飛翔姿(トリミング)

   

かつてフィルム一眼のα7、SweetUを所持していました。
デジタル時代になって、新たなデジタルボディを買おう買おうと思っていたが、満足するボディに巡りあえず、また、写真・カメラに興味が薄れてしまったこともあり、今に至ってしまった。
あるとき、ふとAmazonを覗くと、α55が目にとまった。仕様・レビューを見て、「これだ!」と思ったのであるが、どうやら熱的に問題がある様子。で、最新の機種はどうなってるかと調べると、α58。値段高し。その前は、と調べるとα37かα57。α55にサイズが近いのはα37の方。
値段も安かったから、α37に決めました。
【デザイン】
上面の金ピカの「Full HD Movie」のシールが良い。金文字レンズがよく似合う。
・・・ただ、個人的にシンメトリーデザインが好きなので、そこがちょっと。その代わりレンズはホールドしやすい。
【画質】
ISO100は文句無し。ISO800までは使える。それ以上は「絶対に撮れてないと困る」場合にAUTOで撮る場合のみ使用。
【操作性】
昔のαには、前ダイヤルと後ダイヤルがあり、それぞれシャッター速度、絞りが変えられた。
α37はダイヤルが一つなので、その点はマイナス。あとは露出補正ダイヤルが上面に付いていれば文句無し。
【バッテリー】
持ちは良いと思う。ただし、デフォルトの設定ではダメで、エコモードにする必要あり。復帰はシャッター半押しですぐ復帰する。
【携帯性】
これは上位機種に比べれば断然良い。ミラーレスに比べると厚みがあるが、ボディ内蔵の手ぶれ補正があるのはこちらだけ。
【機能性】
旧ミノルタのレンズが使える。しかもボディ内蔵手ぶれ補正があるため、どのレンズにも機能する。
上位機種には負けるがファインダーは優秀。しかも露出補正すれば、それがファインダーに反映することができるのはEVFのおかげ。しかもシャッター切ってもファインダー像が消失しないのはトランスルーセントミラーのおかげ。
【液晶】
ファインダーがEVFだから、撮れている、撮れていないはファインダーですぐ分かるので、私の場合は「液晶」は設定でしか使わない。
【ホールド感】
手の小さい私であるが、それでも小指はグリップからはみ出す。もう少しグリップの高さが欲しい。
【総評】
旧ミノルタのレンズが使える、しかも全てに手ぶれ補正が機能する。ファインダーがEVFなのに優秀。
小さくて軽いので持ち歩きが楽。上記の個別項目の何点を除けば文句無しのカメラである。

レベル
アマチュア
主な被写体
その他

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「α37 SLT-A37K ズームレンズキット」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
しばらく使ってみて  5 2014年5月1日 17:02
最高ですね。  5 2014年1月23日 17:47
初めての一眼  5 2013年10月12日 00:08
初心者には充分すぎる性能  5 2013年2月4日 02:06
軽量なαシステム  5 2012年10月12日 17:48
撮影技量が問われるカメラです  4 2012年9月9日 22:40

α37 SLT-A37K ズームレンズキットのレビューを見る(レビュアー数:6人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

α37 SLT-A37K ズームレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α37 SLT-A37K ズームレンズキット
SONY

α37 SLT-A37K ズームレンズキット

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 6月15日

α37 SLT-A37K ズームレンズキットをお気に入り製品に追加する <45

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意