『小型だけども立体感のある作風を得意とするレンズ』 ライカ APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPH Tellerさんのレビュー・評価

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPH 製品画像

画像提供:楽天ビックカメラ

最安価格(税込):

¥1,128,600

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥855,900 (5製品)


価格帯:¥1,128,600¥1,188,000 (6店舗) メーカー希望小売価格:¥―

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:50mm 最大径x長さ:53x47mm 重量:300g 対応マウント:ライカMマウント系 APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの価格比較
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの中古価格比較
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの買取価格
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの店頭購入
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのスペック・仕様
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのレビュー
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのクチコミ
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの画像・動画
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのピックアップリスト
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのオークション

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHライカ

最安価格(税込):¥1,128,600 (前週比:±0 ) 発売日:2012年11月

  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの価格比較
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの中古価格比較
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの買取価格
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの店頭購入
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのスペック・仕様
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのレビュー
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのクチコミ
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHの画像・動画
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのピックアップリスト
  • APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのオークション

『小型だけども立体感のある作風を得意とするレンズ』 Tellerさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのレビューを書く

Tellerさん

  • レビュー投稿数:98件
  • 累計支持数:650人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
32件
2件
デジタル一眼カメラ
10件
21件
デジタルカメラ
4件
5件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性5
機能性5
小型だけども立体感のある作風を得意とするレンズ
当機種1/3000 秒 (f/2.0) ISO100
当機種1/500 秒 (f/2.0) +0.33補正 ISO100
当機種1/3000 秒 (f/2.0) ISO100

1/3000 秒 (f/2.0) ISO100

1/500 秒 (f/2.0) +0.33補正 ISO100

1/3000 秒 (f/2.0) ISO100

当機種1/90 秒 (f/8.0) ISO100
当機種1/4000 秒 (f/2.0) ISO100 画面の中央でなくても解像してきますね
 

1/90 秒 (f/8.0) ISO100

1/4000 秒 (f/2.0) ISO100 画面の中央でなくても解像してきますね

 

M10-Rと併用しての評価です

【操作性】
伝統のライカM型レンズらしい操作性。ピントを動かすと滑らかに動きます。この感覚が精密工芸品を触っている感覚で官能的ですね

【表現力】
 さていくら触り心地がよくても肝心のこれがだめならこの価格は詐欺でしょうw このレンズは絞り開放から全画面で抜群の解像度です。ライカの3D描写(立体感をだす描写)はF2で50mmでも十分発揮します。絞り開放だと、ほんと中望遠を使っているような感じで、最近ズミルックス75mmをあんまり使っていません。それほど立体感のある描写をしますし、画面中央部だけが解像するだけではないレンズです。勿論ライカ伝統の繊細な、いわゆる「線の細い」描写も健在。ボケ味も良好です。ただ、近接領域の線状被写体はやや2線ボケ傾向になりますがそれでも許容範囲内。
 実はピントピークを少しずらした部分でライカらしいすこし甘い官能的な絵が出ます
モノクロではコントラストが高めでライカらしく、カラーでは少しあせた感じで上品な絵をだしてきます

【携帯性】
 この描写をこの開放F値、このサイズで実現しているところがすばらしい。小型軽量はパルナックライカの設計思想ですので十分満たしています。このサイズで大型レンズに負けない描写がこのレンズの魅力です


【機能性】
 MF、絞りとも滑らかな動きで高級感あります。まあMFなのでそれほど機能らしい部分もないですが実直ですね

【総評】
 ノクチルックス50mmと悩んで最終的にこちらを選びました。まずは軽量・小型で「撮影にもっていく」レンズであることが大事で、重い高い大きいはやっぱり撮影に持って行きづらいです。
 50mmF2はスペック的に一時代前ですがこのレンズは秘密がいっぱいw まずはF2を選んだのはMFでピント位置を合わせるのがきちんとできること(歩留まりがいいこと)とレンズを大型化させないことです。ここはZeissと逆の考え方ですね。
 さて開放F値が大きいうえに最短が0.7mでどうやって、ライカのいう3D化(立体化)をしたかというのがこのレンズのマジック。どうもこのレンズはピントピーク(焦点が合った部分)から少しはなれると急激に解像感がおちるような特性をもっています。簡単に書くと下のようになります

ピントピーク(合焦)位置(A)>(B)>被写界深度限界(C)>(D)

例えば被写体が2m先にいるときCは手前がカメラから1.91m、奥が2.1mですね。
ただ、AからCの間は同じように解像するのではなくレンズによってその解像度が変わります。その途中の地点Bでもこのレンズ(現行のほとんどのライカレンズもそうですが)、少しあまいながらきっちり解像するんです。これが「かりかりにならないライカの写り」というマジックなんですね。勿論、ピントピークに持ってくれば、きちんと鬼解像しますw。通常のボケ味はD以降の話ですがこれも優秀です。ですのでF値が大きくても3D(ボケ味をいかした立体感)を得るのが得意なんです。このメリットはレンズを小型化できるのと購買層が高齢者が多いと思われるのでw、MFのピント合わせが厳しいユーザーにも朗報で、逆に少々ピント位置が怪しくても画になる画像を出してくるのがライカレンズのメリットだと思います。この値段は高価ですが決してブランド代だけじゃないですよw

 こういうトリッキーなレンズですので、カメラ側も高画素がその性能を引っ張り出してきやすいです。というかM10-Rはこのレンズのために出したような気がするんですけどねw

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPH」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPH
ライカ

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPH

最安価格(税込):¥1,128,600発売日:2012年11月 価格.comの安さの理由は?

APO-SUMMICRON-M 50 mm f/2 ASPHをお気に入り製品に追加する <56

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意