トヨタ カローラ フィールダー 2012年モデル 1.5G 4WD(2012年5月11日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ フィールダー 2012年モデル

カローラ フィールダー 2012年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:カローラ フィールダー 2012年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:1.5G 4WD 絞り込みを解除する

満足度:3.82
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:47人 (プロ:2人 試乗:6人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.83 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.78 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.33 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.61 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.86 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.85 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.79 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ フィールダー 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格4

社有車として購入。
プライベートでも使用。

色: ブラックマイカ

オプションでルーフレール装着

地域柄車移動での出張が多いため、会社で購入してもらいました。

納車までの間ネットで色々な情報を見ましたがあまり良い評価ではなく期待していませんでしたが、いざ納車されてみるととても良い車でした。

エクステリア

ふと見るとスバル車みたいな印象を受けます
。ただ、ネットの画像やカタログなどで見るのと違い実物は角度で印象が違い言われているほど酷いものではありませんでした。
今のトヨタ車の顔つきです。

ボディのボリューム感を考えルーフレールを装着して良かったと思います。

インテリア

プラスチックを多用しており確かに高級感はありませんが、価格を考えると十分な仕上がりだと思います。

乗り心地

CVTの影響で出足や追い越しに危険を感じると言った意見もありましたが、私が鈍感なのか一切感じません。

また乗っていて楽しくないというのも感覚がわからず、毎日通勤時が楽しみです。

価格を考えれば十分な出来であると感じるし、この車で満足出来る自分の価値観で良かったと思います。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年4月
購入地域
北海道

新車価格
197万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
5万円

カローラ フィールダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

t-oyjさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能3
走行性能5
乗り心地3
燃費3
価格3

 カローラシリーズ初のニュートラルステア。旧型のフィールダーではアンダーが出て、フロントが内側に向いてくれなくて苦労した雪道が思い通りのラインで走行できる。リアが出るわけでもなくまさにオンザレール感覚。操縦性は抜群。
 旧型の常に最高回転で加速しようとする間抜けなCVTから、キチンとシフトアップして、トルクバンドに乗っけて加速する頭のよいCVTになった。このため旧型よりも最高速が伸びた。
 雪道の発進はTRCが有効に作動し、振られることなく直進状態で発進できる。Rの小さいコーナーではリアをスライドさせようとするとVSCが作動しフロントアウト側のブレーキのみが急激に作動し感覚的に違和感がある。この場合ブレーキランプの付かない急ブレーキになるので安全上どうかと思う。トヨタの86でもVSCはこのような作動するのでフィールダーだけの問題では無いよう。
 ABSはプロボックスほどではないが、片方圧雪、片方乾燥路という状態で急ブレーキを掛けると乾燥路側に行こうとするので春先には注意が必要。古い車ではあるがグランドハイエースではこのような現象は見られないことからグレードの高いABSでは発生しない現象だろう。
 マフラーにはステンレスの外板が使用されており、上手く焼けるとかっこいい。リアハッチが樹脂製になった。これは日本初。ホワイトボディだが、このリアハッチだけが同じ白でも微妙に白が違う。
 ニュートラルステアになったおかげで冬道での操縦性のレベルは高い。VSCとTRCは同時にしかキャンセルできない。上級者にはVSCだけがキャンセルできるとスポーティーな走りも楽しめると思う。総合的には冬道を走るにはフィールダーを選んでおけば間違いないと思う。

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2013年1月
購入地域
北海道

新車価格
197万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

カローラ フィールダーの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ フィールダー 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

カローラ フィールダー
トヨタ

カローラ フィールダー

新車価格帯:197万円

中古車価格帯:55〜213万円

カローラ フィールダー 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <214

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意