『PCX150は、今の自分にとって最高の相棒!』 やっさんごきげん!さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

PCX150のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:22人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

バイク(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
取り回し4
燃費5
価格4
PCX150は、今の自分にとって最高の相棒!

50過ぎのリターンライダーです。
PCX150ABS(KF30) を購入して、約1年が過ぎました。

【デザイン】
レンタルバイクでJF56に何度か乗ってみて、気に入ったので購入に踏み切りました。
はじめはJF56の直線的なデザインのほうが好きでしたが、新型に見慣れてくると、より洗練されたスタイルに見えてくるので不思議です。特にフロントマスクとテールランプは気に入っています。

グラブレールはいただけません! もっと握りやすく、せめて荷物フックがかかるようにして欲しかったです。

【エンジン性能】
150ccと割り切って購入したバイクなので、過度の期待はしていませんでしたが、
特にもたつくことなく100キロまでは一定の加速感で到達するように思います。
新東名ならば、時速118キロぐらいまでは出ると思いますが、
ゴムのドライブベルトで最高速を出し続けるのは、あまりに可哀想なので、
巡航90〜100キロぐらい。たまに追い越しで一瞬110キロぐらいが良いと思います。

あと、心配していたのは単気筒なので振動が大きいのではないかということでした。
単気筒というと、自分の世代ではヤマハSRなどが代表格でしたから、
100キロも出すとハンドルの振動で手がしびれるのではないかという不安がありました。
実際に乗ってみると、ハンドルからの振動は殆ど気になりませんでした。
90キロぐらいで足のくるぶしに共鳴による振動を感じますが、100キロぐらいでは
逆に収まってしまいます。それ以上の速度域でもうなり音は大きくなりますが
不安になるような振動は感じませんでした。
これは150ccという絶妙な出力と、最新のエンジン設計の賜物なのだと感心しました。

【走行性能】
レンタルで前代のJF56にも乗っていたので、新型の安定度がかなり上がったことを実感しました。
高速道路では、時速100キロ程度なら片手運転しても、ハンドルがブレたり勝手に曲がったりすることはありません。
低速(渋滞時)でもとても安定していて、よろけないようにこまめにバランスを取る必要が減りました。
カーブでもオンザレールで、バンク中も不安を感じることはありません。

続いてタイヤについてですが、当初JF81が好評のシティーグリップを履いていたので、てっきり同じだと思っていたら、納車したKF30は、JF56で悪名高いIRC製のタイヤを履いていてとてもがっかりしました。
これは早めに履き替えたほうが安全かと思っていたのですが、実際に走ってみると滑ったり不安定になることはありませんでした。
今ではIRC製のモビシティも好評のようなので、タイヤ交換時にはそれを試してみようかと思っています。

【乗り心地】
購入して1000キロぐらいまでは、かなり固めだったリアサスも
徐々に馴染んできましたが、へこんだマンホールを踏むたびに腰に衝撃がくるので、
あまり乗り心地が良いとは言えないと思います。
(段差が見えたときは、毎回少し腰を浮かせて衝撃に備えています…)

三段レートのサスという売りだが、果たして意図したように機能しているのだろうかと疑問に思います。
もし3万円ぐらいまでで、カーブの安定性は捨てずに乗り心地が良くなるのであれば、サスの交換は考えてみたいと思っています。

【取り回し】
低身長なので、足つきはあまり良くありませんが、車体が軽く低重心なので倒す気がしません。
Uターンでも、ハンドルを切って傾けてからアクセルを捻っても大丈夫です。

【燃費】
とても良いです。
200キロぐらいの日帰りツーリングに出ても、地元のスタンドで500円ぐらいしか燃料は入らないので、ガソリンがリッターいくらかなんて気にしたことがないです。

【価格】
はじめはPCX125(JF81)にしようか、20万円ぐらいのスクーターにしようか迷っていましたが、安い方は、やれタイヤが良くないから早めに履き替えましたとか、ライトが暗いのでLEDへうん万円で交換しました!という記事を読んでいて、やっぱり全部付きのPCXが一番お買い得なんじゃないかと思いました。
スマートキーに慣れてからは、鍵付きで走っている他のスクーターがいると、「なんだか邪魔なものが膝のあたりに有るなぁ」という感じで見てしまいます。

【総評】
上でも書きましたが、PCXと決めたあとに、125にするか150にするかを迷いました。
リターンライダーとして、ただ乗れるだけで楽しいと思っていたので、125でも良いかと考えていたのですが、車両価格や維持費などを比べてみても、それほど変わりがないので、後悔しないように150にしてみました。ABSが選択できる点も大きかったです。
そして実際に乗ってみて、神奈川の大磯から箱根までの一般道を1時間以上かけて走って行ったのですが、帰り道に西湘バイパスに乗ったら、ものの15分で戻って来てしまいました。
もちろん、バイパスに乗れば早いのは分かっていましたが、知っている道を暑い最中、渋滞に紛れて進むことがこんなに面倒だったかと再認識し、高速に乗れる150にして良かったなと思っています。

エンジンも単気筒なので、交換するプラグも1本だけ。オイルは800cc。燃費はリッター50キロですから、悪いところが見当たらないです。

強いて言うとすれば、1日の移動限界は400キロぐらいまでというところでしょうか。
これはスクーターという構造と乗車ポジションによるものです。
どこまでも遠くへ行きたいという夢を叶える乗り物としては適していないかなと思います。

まあ、自分はリターンライダーで、昔はそれなりに早い大きなバイクにも乗っていたので、
PCX150は今の自分にとって、最高の移動ツールだと思っています。

ただし、若い人が乗るバイクとしては、ちょっと力不足なんじゃないかと思います。
PCXはとても良いスクーターですが、オートバイの魅力が全部詰まった乗り物では無いですから。
ツーリングにも行ける。所有感もそこそこ満足させてくれる、ちょっとかっこいい相棒です。

購入前に皆さんのレビューを参考にさせていただいたので、私からも感謝の気持を込めてアップいたします。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった22人(再レビュー後:22人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
取り回し4
燃費5
価格4
PCX150は、今の自分にとって最高の相棒!

50過ぎのリターンライダーです。
PCX150ABS(KF30) を購入して、約1年が過ぎました。

【デザイン】
レンタルバイクでJF56に何度か乗ってみて、気に入ったので購入に踏み切りました。
はじめはJF56の直線的なデザインのほうが好きでしたが、新型に見慣れてくると、より洗練されたスタイルに見えてくるので不思議です。特にフロントマスクとテールランプは気に入っています。

グラブレールはいただけません! もっと握りやすく、せめて荷物フックがかかるようにして欲しかったです。

【エンジン性能】
150ccと割り切って購入したバイクなので、過度の期待はしていませんでしたが、
特にもたつくことなく100キロまでは一定の加速感で到達するように思います。
新東名ならば、時速118キロぐらいまでは出ると思いますが、
ゴムのドライブベルトで最高速を出し続けるのは、あまりに可哀想なので、
巡航90〜100キロぐらい。たまに追い越しで一瞬110キロぐらいが良いと思います。

あと、心配していたのは単気筒なので振動が大きいのではないかということでした。
単気筒というと、自分の世代ではヤマハSRなどが代表格でしたから、
100キロも出すとハンドルの振動で手がしびれるのではないかという不安がありました。
実際に乗ってみると、ハンドルからの振動は殆ど気になりませんでした。
90キロぐらいで足のくるぶしに共鳴による振動を感じますが、100キロぐらいでは
逆に収まってしまいます。それ以上の速度域でもうなり音は大きくなりますが
不安になるような振動は感じませんでした。
これは150ccという絶妙な出力と、最新のエンジン設計の賜物なのだと感心しました。

【走行性能】
レンタルで前代のJF56にも乗っていたので、新型の安定度がかなり上がったことを実感しました。
高速道路では、時速100キロ程度なら片手運転しても、ハンドルがブレたり勝手に曲がったりすることはありません。
低速(渋滞時)でもとても安定していて、よろけないようにこまめにバランスを取る必要が減りました。
カーブでもオンザレールで、バンク中も不安を感じることはありません。

続いてタイヤについてですが、当初JF81が好評のシティーグリップを履いていたので、てっきり同じだと思っていたら、納車したKF30は、JF56で悪名高いIRC製のタイヤを履いていてとてもがっかりしました。
これは早めに履き替えたほうが安全かと思っていたのですが、実際に走ってみると滑ったり不安定になることはありませんでした。
今ではIRC製のモビシティも好評のようなので、タイヤ交換時にはそれを試してみようかと思っています。

【乗り心地】
購入して1000キロぐらいまでは、かなり固めだったリアサスも
徐々に馴染んできましたが、へこんだマンホールを踏むたびに腰に衝撃がくるので、
あまり乗り心地が良いとは言えないと思います。
(段差が見えたときは、毎回少し腰を浮かせて衝撃に備えています…)

三段レートのサスという売りだが、果たして意図したように機能しているのだろうかと疑問に思います。
もし3万円ぐらいまでで、カーブの安定性は捨てずに乗り心地が良くなるのであれば、サスの交換は考えてみたいと思っています。

【取り回し】
低身長なので、足つきはあまり良くありませんが、車体が軽く低重心なので倒す気がしません。
Uターンでも、ハンドルを切って傾けてからアクセルを捻っても大丈夫です。

【燃費】
とても良いです。
200キロぐらいの日帰りツーリングに出ても、地元のスタンドで500円ぐらいしか燃料は入らないので、ガソリンがリッターいくらかなんて気にしたことがないです。

【価格】
はじめはPCX125(JF81)にしようか、20万円ぐらいのスクーターにしようか迷っていましたが、安い方は、やれタイヤが良くないから早めに履き替えましたとか、ライトが暗いのでLEDへうん万円で交換しました!という記事を読んでいて、やっぱり全部付きのPCXが一番お買い得なんじゃないかと思いました。
スマートキーに慣れてからは、鍵付きで走っている他のスクーターがいると、「なんだか邪魔なものが膝のあたりに有るなぁ」という感じで見てしまいます。

【総評】
上でも書きましたが、PCXと決めたあとに、125にするか150にするかを迷いました。
リターンライダーとして、ただ乗れるだけで楽しいと思っていたので、125でも良いかと考えていたのですが、車両価格や維持費などを比べてみても、それほど変わりがないので、後悔しないように150にしてみました。ABSが選択できる点も大きかったです。
そして実際に乗ってみて、神奈川の大磯から箱根までの一般道を1時間以上かけて走って行ったのですが、帰り道に西湘バイパスに乗ったら、ものの15分で戻って来てしまいました。
もちろん、バイパスに乗れば早いのは分かっていましたが、知っている道を暑い最中、渋滞に紛れて進むことがこんなに面倒だったかと再認識し、高速に乗れる150にして良かったなと思っています。

エンジンも単気筒なので、交換するプラグも1本だけ。オイルは800cc。燃費はリッター50キロですから、悪いところが見当たらないです。

強いて言うとすれば、1日の移動限界は400キロぐらいまでというところでしょうか。
これはスクーターという構造と乗車ポジションによるものです。
どこまでも遠くへ行きたいという夢を叶える乗り物としては適していないかなと思います。

まあ、自分はリターンライダーで、昔はそれなりに早い大きなバイクにも乗っていたので、
PCX150は今の自分にとって、最高の移動ツールだと思っています。

ただし、若い人が乗るバイクとしては、ちょっと力不足なんじゃないかと思います。
PCXはとても良いスクーターですが、オートバイの魅力が全部詰まった乗り物では無いですから。
ツーリングにも行ける。所有感もそこそこ満足させてくれる、ちょっとかっこいい相棒です。

購入前に皆さんのレビューを参考にさせていただいたので、私からも感謝の気持を込めてアップいただきます。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった0

満足度5
デザイン4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地3
取り回し4
燃費5
価格4
PCX150は、今の自分にとって最高の相棒!

50過ぎのリターンライダーです。
PCX150ABS(KF30) を購入して、約1年が過ぎました。

【デザイン】
レンタルバイクでJF56に何度か乗ってみて、気に入ったので購入に踏み切りました。
はじめはJF56の直線的なデザインのほうが好きでしたが、新型に見慣れてくると、より洗練されたスタイルに見えてくるので不思議です。特にフロントマスクとテールランプは気に入っています。

グラブレールはいただけません! もっと握りやすく、せめて荷物フックがかかるようにして欲しかったです。

【エンジン性能】
150ccと割り切って購入したバイクなので、過度の期待はしていませんでしたが、
特にもたつくことなく100キロまでは一定の加速感で到達するように思います。
新東名ならば、時速118キロぐらいまでは出ると思いますが、
ゴムのドライブベルトで最高速を出し続けるのは、あまりに可哀想なので、
巡航90〜100キロぐらい。たまに追い越しで一瞬110キロぐらいが良いと思います。

あと、心配していたのは単気筒なので振動が大きいのではないかということでした。
単気筒というと、自分の世代ではヤマハSRなどが代表格でしたから、
100キロも出すとハンドルの振動で手がしびれるのではないかという不安がありました。
実際に乗ってみると、ハンドルからの振動は殆ど気になりませんでした。
90キロぐらいで足のくるぶしに共鳴による振動を感じますが、100キロぐらいでは
逆に収まってしまいます。それ以上の速度域でもうなり音は大きくなりますが
不安になるような振動は感じませんでした。
これは150ccという絶妙な出力と、最新のエンジン設計の賜物なのだと感心しました。

【走行性能】
レンタルで前代のJF56にも乗っていたので、新型の安定度がかなり上がったことを実感しました。
高速道路では、時速100キロ程度なら片手運転しても、ハンドルがブレたり勝手に曲がったりすることはありません。
低速(渋滞時)でもとても安定していて、よろけないようにこまめにバランスを取る必要が減りました。
カーブでもオンザレールで、バンク中も不安を感じることはありません。

続いてタイヤについてですが、当初JF81が好評のシティーグリップを履いていたので、てっきり同じだと思っていたら、納車したKF30は、JF56で悪名高いIRC製のタイヤを履いていてとてもがっかりしました。
これは早めに履き替えたほうが安全かと思っていたのですが、実際に走ってみると滑ったり不安定になることはありませんでした。
今ではIRC製のモビシティも好評のようなので、タイヤ交換時にはそれを試してみようかと思っています。

【乗り心地】
購入して1000キロぐらいまでは、かなり固めだったリアサスも
徐々に馴染んできましたが、へこんだマンホールを踏むたびに腰に衝撃がくるので、
あまり乗り心地が良いとは言えないと思います。
(段差が見えたときは、毎回少し腰を浮かせて衝撃に備えています…)

三段レートのサスという売りだが、果たして意図したように機能しているのだろうかと疑問に思います。
もし3万円ぐらいまでで、カーブの安定性は捨てずに乗り心地が良くなるのであれば、サスの交換は考えてみたいと思っています。

【取り回し】
低身長なので、足つきはあまり良くありませんが、車体が軽く低重心なので倒す気がしません。
Uターンでも、ハンドルを切って傾けてからアクセルを捻っても大丈夫です。

【燃費】
とても良いです。
200キロぐらいの日帰りツーリングに出ても、地元のスタンドで500円ぐらいしか燃料は入らないので、ガソリンがリッターいくらかなんて気にしたことがないです。

【価格】
はじめはPCX125(JF81)にしようか、20万円ぐらいのスクーターにしようか迷っていましたが、安い方は、やれタイヤが良くないから早めに履き替えましたとか、ライトが暗いのでLEDへうん万円で交換しました!という記事を読んでいて、やっぱり全部付きのPCXが一番お買い得なんじゃないかと思いました。
スマートキーに慣れてからは、鍵付きで走っている他のスクーターがいると、「なんだか邪魔なものが膝のあたりに有るなぁ」という感じで見てしまいます。

【総評】
上でも書きましたが、PCXと決めたあとに、125にするか150にするかを迷いました。
リターンライダーとして、ただ乗れるだけで楽しいと思っていたので、125でも良いかと考えていたのですが、車両価格や維持費などを比べてみても、それほど変わりがないので、後悔しないように150にしてみました。ABSが選択できる点も大きかったです。
そして実際に乗ってみて、神奈川の大磯から箱根までの一般道を1時間以上かけて走って行ったのですが、帰り道に西湘バイパスに乗ったら、ものの15分で戻って来てしまいました。
もちろん、バイパスに乗れば早いのは分かっていましたが、知っている道を暑い最中、渋滞に紛れて進むことがこんなに面倒だったかと再認識し、高速に乗れる150にして良かったなと思っています。

エンジンも単気筒なので、交換するプラグも1本だけ。オイルは800cc。燃費はリッター50キロですから、悪いところが見当たらないです。

強いて言うとすれば、1日の移動限界は400キロぐらいまでというところでしょうか。
これはスクーターという構造と乗車ポジションによるものです。
どこまでも遠くへ行きたいという夢を叶える乗り物としては適していないかなと思います。

まあ、自分はリターンライダーで、昔はそれなりに早い大きなバイクにも乗っていたので、
PCX150は今の自分にとって、最高の移動ツールだと思っています。

ただし、若い人が乗るバイクとしては、ちょっと力不足なんじゃないかと思います。
PCXはとても良いスクーターですが、オートバイの魅力が全部詰まった乗り物では無いですから。
ツーリングにも行ける。所有感もそこそこ満足させてくれる、ちょっとかっこいい相棒です。

購入前に皆さんのレビューを参考にさせていただいたので、私からも感謝の気持を込めてアップいただきます。

使用目的
ツーリング
頻度
月数回以下

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「PCX150」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
快適なタンデム対応カーとなりました。  4 2020年9月21日 19:52
PCX150は、今の自分にとって最高の相棒!  5 2020年8月18日 02:15
ダウンサイジング  4 2020年6月2日 02:46
安定した走り  5 2020年5月31日 16:56
正直なインプレ。 誰かの参考になれば。  5 2020年5月3日 08:45
最高のバイク  5 2020年4月23日 00:16
kf18からkf30へ乗り換え(バイク初心者)  5 2020年4月15日 13:14
そつがないデキスギ君!?  5 2020年3月16日 20:04
納車後1ヶ月経過で追記!  5 2019年12月26日 11:43
2018製/KF30を1年間乗ったレビュー  4 2019年12月21日 22:21

PCX150のレビューを見る(レビュアー数:86人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

PCX150のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

PCX150
ホンダ

PCX150

新車価格帯:380600402600

PCX150をお気に入り製品に追加する <294

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(バイク(本体))

ご注意