α57 SLT-A57K ズームレンズキット レビュー・評価

2012年 4月27日 発売

α57 SLT-A57K ズームレンズキット

「α57」と「DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM」のレンズキット

α57 SLT-A57K ズームレンズキット 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥28,380 (4製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:1670万画素(総画素)/1610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:539g α57 SLT-A57K ズームレンズキットのスペック・仕様

【付属レンズ内容】DT 18-55mm F3.5-5.6 SAM

ご利用の前にお読みください

  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの価格比較
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの中古価格比較
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの買取価格
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの店頭購入
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの純正オプション
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのレビュー
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのクチコミ
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの画像・動画
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのオークション

α57 SLT-A57K ズームレンズキットSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2012年 4月27日

  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの価格比較
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの中古価格比較
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの買取価格
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの店頭購入
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの純正オプション
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのレビュー
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのクチコミ
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットの画像・動画
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57K ズームレンズキットのオークション

α57 SLT-A57K ズームレンズキット のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.57
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:12人 
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.39 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.59 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.30 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.30 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.13 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.65 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.71 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.91 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α57 SLT-A57K ズームレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
17件
デジタル一眼カメラ
4件
12件
docomo(ドコモ)携帯電話
1件
4件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性3
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶4
ホールド感5

銀塩時代からMINOLTAを使用。
α-5000→α-303si SUPER→α-707si→α-Sweet DIGITAL→α300
と使用してきました。
MINOLTA独自のオートロックアクセサリーシューがこの機体で最後みたいなので
購入を決意しました。
プログラムフラッシュ3600HS(D)を持ってるのでw(社外製ストロボは使用しない)
以下は主にα300との比較で書いています。

【デザイン】
かなり好みですw

表面の塗装もひとクラス上の機体に見えます。
全体のバランスが良く、直線と曲線・平面と曲面をうまく使いこなした形状です。
バランスがいいおかげであまり大きく見えず、気軽に使えます。

【画質】
レンズの性能・癖を素直に反映された画が好感を持てます。
合うレンズと合わないレンズがはっきり分かりますね〜

【操作性】
α300のボタン配置から大幅に変更になっていますが、基本操作はすぐに慣れました。
ただ、機能が多くなった分メニューから探さなくてはいけないのが増えていますので
操作性は(α300と比較して)少し下がっています。

【バッテリー】
α300で使用していたバッテリーがそのまま使用できるので助かっています。

【携帯性】
オーソドックスな一眼スタイルなのでミラーレス機のような携帯性は期待してはいけません。
しかし、“デザイン”の項目でも書いたように気軽に使えるので、気負いなく持ち出せます。

【機能性】
必要な機能はたいてい揃っています。
逆にこれだけの機能を使いこなすまで時間がかかりそうですww

【液晶】
文句なしできれいですね
太陽光の下では視認性は劇的に下がりますが、それはどのメーカーのも同じですしね。

【ホールド感】
申し分ないです。
α300はここの“グリップギシギシ感”で損してましたが、57は剛性・サイズともに問題なしです。

【総評】
ファインダーは液晶EVF仕様ですが、自分の場合は有機ELのギラギラした見え方が目に合わず、
発色のおとなしい液晶の方が合っています。
欲を言えばもう少し解像度があるほうが嬉しいですがw
画素数とのバランスが良くコストパフォーマンスは抜群でした(購入時の価格は約42K円/レンズキット)が、在庫数が減少・価格が上昇し、現行α58がラインナップさてている現在においても装備・機能・性能(画素数なども含めて)のバランスはベストでしょう。
この機体だと大体どのレンズを組み合わせても一眼を選ぶメリットのある画像が得られます。
カリッカリな解像感を求めるのならば(Aマウントでは)α65・77・77Uやα99+高性能&高級レンズの組み合わせを選ぶべきでこのクラスにそれを求めてはいけませんw

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

kimぞうさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
14件
デジタルカメラ
0件
13件
AVアンプ
1件
6件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー5
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感5
当機種
   

   

【デザイン】
デジ一はこんなもんだと。

【画質】
今まで使用していたα200はISO400ぐらいまでが使える範囲だったのですが、これはモニターで見る限りISOオートの上限値3200でもなんとか見れます。よく見ても1600ぐらいならOKかな。
親戚のおじさんが使用していたD800のISO6400の画像を見ると、明らかに悪い。あっちは、6400でもノイズないですね。

【操作性】
そんなに迷いません

【バッテリー】
α200で使用していた予備バッテリ(rowa製)も使えました。α200と比較しても悪くなったとは思いません。

【携帯性】
キットレンズなら軽いですが、新たに購入したSIGMA製レンズ付では、重いです。

【機能性】
動画もとれるのでこの機種に変更しました。キットレンズでは、AFの音が大きく入ったのでSIGMAの17-70mmDC2.8‐4 OS HSMを購入しましたが、これでも結構音がします。さらに外部マイクオーテク AT9941を購入しましたが、AFモータの振動音がボディを伝わり入力されてしまいます。よって、外部マイクを使用してもAF音が入らないようにするならば本体から離して使用する必要があります。MFで使用する場合は、リングを回す音は入りにくいです。
手振れの度合いを示すグラフ表示がα200ではありましたが、これにはありません。
この表示を見ながら使用していたので、ないのは残念です。

【液晶】
α200と比べるとEVFも隅まで見やすい(α200はOVFですが)
液晶も設定の画像が表示されるのでよい。今まで室内でのWBを電球にしたたまま屋外に撮影しに行き、戻すのを忘れて青白い画像になってしまっていたのが、気づきやすくなったのでミスが減ります。

【ホールド感】
特に悪いこともなく良いんでないでしょうか

【総評】
α200の高感度特性の低さと、動画が取れないということで買い換えましたが、替えたかいはあったと思いました。キットレンズのAF音の音と画角に満足できず買い換えましたが、結局音が大きかったので、18-135mmとかを組み合わせていただけると満足度が高かったと思います。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rascal-xさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:24人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
157件
ビデオカメラ
1件
1件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性3
機能性4
液晶5
ホールド感5

個々の機能では、もっと凄いカメラが有りますが、非常に多機能で遊び甲斐の有るカメラです。一見色物っぽい超解像ズームなども、使ってみると意外と便利です。ただ、ポートレートのトリミングを自動で行う、オートポートレートフレーミングはさすがに微妙な気もします…一度、やってみたら十分でしょう。

●好印象な点

何かと批判されることの多いトランスルーセントミラーですが、液晶使用時にファインダーと同様の位相差AFを使用出来るのは画期的です。一般的な一眼レフと違い、バリアングルモニター使用時にもAFが速く、ミラーレスよりは動きに強い印象です。撮影をテンポ良くこなせるカメラですね。

また、同様に批判されることの多いEVFですが、ピントも合わせやすく多くの情報を画面内に表示できるので便利です。どのみち、光学ファインダーに見えている像と、撮影結果には差が出ます。なので、EVFである事に不満は有りません。

やや、大仰な印象も有りますが、戦闘機の照準器のような電子水準器は気に入っています。

液晶画面は非常に明るく見やすいです。特に屋外で使用する場合、一世代前の機種では勝負にならないですね。以前、非常に見やすいと感じていたEOS Kiss X5のモニターも、α57と比べると数段見劣りがします。

連射速度は十分過ぎて、私にはオーバースペックです。ペットを撮影する場合などに便利ですが、撮影枚数が増えるので容量が嵩みがちになります。12コマでも撮れますが、8コマで十分でしょう。恐らく5〜6コマで十分かと…

超解像ズームは意外と使えます。

オートHDRも気に入っています。

しばらくm4/3のE-PL1を使っていたのでAPS-Cのカメラは、やや大きく感じられますが、ボタンやダイヤルの配置にはスペース的な余裕があるように思います。細かい点ですが、モードダイヤルが360度回転するのは便利です。

●イマイチな点
24p 60pで動画を撮影出来る点も、このカメラを購入した動機でしたが、動画の画質は期待したほどでは有りませんでした。やや解像感に欠ける印象です。

動画撮影時はMFが基本ですが、マニュアル動画撮影時にAFが使えない点も多くの人にとって、マイナス評価かと思います。

動画撮影時に拡大フォーカス出来ない、カスタムホワイトバランスで、ホワイトを一度他のモードでセットしなければならないなど、一部操作に制限が有るのが不便です。

レンズにもよるかもしれませんが、絞りの動作音がかなり大きいです。

三脚使用時に液晶画面が自由に動かせないのは本機最大の弱点です。自分撮りする場合にも、横に開く方が便利ですね。ペットを撮る場合など、寄ってくるので、自分撮り出来ると便利ですよ。液晶を使わない時に収納出来るのは傷も付かないので便利です。三脚使用時にも、90度までなら可動すると思います。

C-AFは、そんなに速くない気がします。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
子供・動物

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α57 SLT-A57K ズームレンズキットのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α57 SLT-A57K ズームレンズキット
SONY

α57 SLT-A57K ズームレンズキット

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 4月27日

α57 SLT-A57K ズームレンズキットをお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意