α57 SLT-A57 ボディ レビュー・評価

2012年 4月27日 発売

α57 SLT-A57 ボディ

1610万画素CMOSセンサー搭載のデジタル一眼カメラ

α57 SLT-A57 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

中古
最安価格(税込):
¥22,880 (3製品)


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:一眼レフ 画素数:1670万画素(総画素)/1610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:539g α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α57 SLT-A57 ボディの価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの中古価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの買取価格
  • α57 SLT-A57 ボディの店頭購入
  • α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57 ボディの純正オプション
  • α57 SLT-A57 ボディのレビュー
  • α57 SLT-A57 ボディのクチコミ
  • α57 SLT-A57 ボディの画像・動画
  • α57 SLT-A57 ボディのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57 ボディのオークション

α57 SLT-A57 ボディSONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2012年 4月27日

  • α57 SLT-A57 ボディの価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの中古価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの買取価格
  • α57 SLT-A57 ボディの店頭購入
  • α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57 ボディの純正オプション
  • α57 SLT-A57 ボディのレビュー
  • α57 SLT-A57 ボディのクチコミ
  • α57 SLT-A57 ボディの画像・動画
  • α57 SLT-A57 ボディのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57 ボディのオークション

α57 SLT-A57 ボディ のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.55
(カテゴリ平均:4.61
レビュー投稿数:49人 
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.40 4.52 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.43 4.54 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 3.97 4.29 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 4.34 4.15 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.17 4.26 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.63 4.41 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.53 4.33 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.65 4.42 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

α57 SLT-A57 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

まるやしきさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度2
デザイン3
画質4
操作性1
バッテリー3
携帯性3
機能性1
液晶4
ホールド感5

【デザイン】
ボディー左側のシボは硬いプラスチックのモールドのため安っぽくも感じますが、気にしなければ特に不満はありません。

【画質】
専らRAWで撮っていますが良好だと思います。JPEGはあまり利用しないので未評価です。

【バッテリー】
α55と比べれば減り具合が遅いのは良い点だと思います。
電子式ファインダーとしては頑張っている方ではないでしょうか。

【携帯性】
特に不満のない大きさ・重さです。

【液晶】
水準以上だと思います。可動式なのでポイント+1。三脚穴も前に寄っているので雲台長65mmまでなら液晶の回転は余裕です。

【ホールド感】
他社の中級機と比べても不満の無いレベルです。

【操作性】【機能性】
はっきり言って不満です。
プレビューとピント拡大を同時に使う(=撮影中いつでも選択できるようにする)ためにはISOまたはAELのどちらかのボタンに割り当てるしかありません。
(詳しく書くと、プレビューボタンは、1)絞りプレビュー、2)撮影結果プレビュー、3)ピント拡大のうち1つを割り当て可能ですが、そこに絞りプレビューを選べばピント拡大は他のボタンに割り振ることになります。そして他に機能を選べる本体のボタンは ISO と AEL のみです。)
そうするともちろんISO感度やAEロックにはすぐにアクセスできなくなります。私はISOボタンにピント拡大を割り当てて、ISO感度はFnメニューから選ぶようにしてみましたが正直面倒くさいです。とっさに感度を変えたいときはイライラするので元に戻しました。
α55はゴミ箱ボタンでピント拡大できたのですが、α57では撮影アドバイス表示機能に乗っ取られてしまいました。
せめてアドバイスを無効にしてピント拡大またはプレビューを割り当てられるようになれば、プレビュー+ピント拡大+ISO+AELが常時使えるのに残念です。

また親指で一番押しやすい一等地にあるZOOMボタンは、RAW/RAW+JPEGモードでは押す度にファインダー視野を9割も塞ぐ黒い警告ダイアログが出るだけの、単に邪魔なボタンに成り下がってしまいます。
ピクチャーエフェクトボタンも同様です。

一番謎なのはISOボタン、AELボタンにズームが割り当てられるのにZOOMボタンはズーム機能に固定されています。
ZOOMボタンの機能割り当てが変更できれば有効に使える可能性もあるのですが、現状ではズームボタンが2個・3個と増えるだけです。無意味ではないでしょうか?

このカメラは確かに高機能ですが、全て同時に使えないのが難点です。ボタンの数が足りないのではなく、撮影中に死んでいるボタンがあるのが非常にもったいないです。
可動時間の問題でα55から買い替えたのですが残念ながら満足出来ず後悔しています。また55に買い直そうかと思案中です。

【総評】
主にRAWで撮るような人は現状では上位機種を買ったほうがいいかもしれません。
解像度をそれほど必要としなければRAW1枚あたりのデータサイズが小さいのは処理時間やストレージ容量の面で有利ですし、今後操作の不便さが解消されれば、大変使い易いモデルになると思いますが・・・。
(以上ファームウェア1.02での評価です)

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

α57 SLT-A57 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α57 SLT-A57 ボディ
SONY

α57 SLT-A57 ボディ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 4月27日

α57 SLT-A57 ボディをお気に入り製品に追加する <263

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ViiBee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意