『最強のミドルレンジ→1年間使用して』 SONY α57 SLT-A57 ボディ ゆきうさの人さんのレビュー・評価

α57 SLT-A57 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2012年 4月27日

中古価格(税込):¥21,880 登録中古価格一覧(1製品)

タイプ:一眼レフ 画素数:1670万画素(総画素)/1610万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:539g α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α57 SLT-A57 ボディの価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの中古価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの買取価格
  • α57 SLT-A57 ボディの店頭購入
  • α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57 ボディの純正オプション
  • α57 SLT-A57 ボディのレビュー
  • α57 SLT-A57 ボディのクチコミ
  • α57 SLT-A57 ボディの画像・動画
  • α57 SLT-A57 ボディのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57 ボディのオークション

α57 SLT-A57 ボディSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年 4月27日

  • α57 SLT-A57 ボディの価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの中古価格比較
  • α57 SLT-A57 ボディの買取価格
  • α57 SLT-A57 ボディの店頭購入
  • α57 SLT-A57 ボディのスペック・仕様
  • α57 SLT-A57 ボディの純正オプション
  • α57 SLT-A57 ボディのレビュー
  • α57 SLT-A57 ボディのクチコミ
  • α57 SLT-A57 ボディの画像・動画
  • α57 SLT-A57 ボディのピックアップリスト
  • α57 SLT-A57 ボディのオークション

『最強のミドルレンジ→1年間使用して』 ゆきうさの人さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:124人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
8件
5件
デジタルカメラ
3件
6件
au携帯電話
2件
2件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
最強のミドルレンジ→1年間使用して

再レビューです。仕事用、プライベート用として1万枚以上撮影しました。
相変わらずいい意味で期待を裏切りません。F2.8通しのレンズを付けて様々持ち歩いています。

○高感度耐性
ISO1600-2000くらいは余裕、3200も緊急用としてはありです。αシリーズらしからぬ(笑)の高感度耐性です。高感度上限が指定できない「家電メーカーらしい機能制限」も、慣れてくると「どうせ指定できたって『使えない写真が撮れちゃった』か『使えない写真ですよって警告してくれる』かの差だな」とあきらめがつくようになりました。

○全画素超解像ズーム
手持ちのレンズが全部最大2倍ズームで使えるので、望遠レンズがないときに重宝します。これで絵が破たんしてるというのがお決まりなんですが、ほぼそん色ないのがまたすごい。お世話になっています。

○他社上位機種並みの連射速度/ライブビュー
AFがばっちり効いた状態で秒間8コマは圧倒的です。動物・人物はいうに及ばず放電現象もコマ送り状に綺麗に撮れたのには感激しました。また、ライブビューでも全く同じスピードで撮影が可能なのは本当に便利です。

○ボディ内手ぶれ補正→レンズが激安
これはαシリーズに言えることですが、他社製を使う人から驚かれるのは「安さ」。
手ぶれ補正がない安いレンズでもαでは実用品、1万円台の単焦点、2万円台と5万円台のF2.8通しズームレンズ…。
しかも全画素超解像ズームで幅も広がると、非常に安価で実用的なシステムが組めるのがα最大の魅力です。

【最後に】
ここまで散々「Sonyの回し者か!」というような書き方をしましたが難もあります。一番は(なんなら有料でもいいから)「ISO感度上限をファームアップしてほしい」、「ISOが必要以上に上がる設定は見直してほしい」。まぁ、あとなんだかんだ言って1600万画素です。2400万画素の精細さを見ると荒く見える部分もあります。

ただ、本当に仕事でプライベートで使っていて失敗が少なく、気軽に使い倒すことのできる名機だと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
実質ミドルレンジの性能を持つ機材

α100→α200→α580→α55と使用してきました。

【デザイン】
ほっとするデザイン。今回はα65という上位機種と同等ですから「中級機」とよんでさしつかえないかと言わんばかりの存在感です。軽さと大きさはちょっと犠牲かな…?

【画質】
そもそもαは高感度に弱いとか言われていますが、高感度を使う必要性を感じません。αマウント最大の特徴は「単焦点」にも「手ぶれ補正」がつくことです。キットレンズもいいですが、ためしに騙されたと思って単焦点買ってみればいいのです。この機種はその単焦点をズームレンズ的に使える全解像度ズームも搭載。死角はありません。それ以上の画質を求めるならば5DMarkVとかD800とかに言ったほうが最終的に満足できるはずです。TLMが光量を削っていることによる画質劣化なども心配されていますが、この機種においては心配ありません。キットレンズでも十分ですが、1〜2万円の単焦点で輝きを放ちます。事実上、「ISO3200常用」の他機種とそうそう変化は感じられません。


【操作性】
αシリーズ(特に最近の機種)の悪癖がISO上げたがり症候群です。

【バッテリー】
α55よりだいぶ改善しました。体感で1.5倍程度伸びています。

【携帯性】
多少犠牲になりましたが、所有欲を満たすと思います。

【機能性】
αの真骨頂でしょう。マルチショットノイズリダクション(マルチショットNR)の存在、オートポートレートなど、機能性は十分です。ミニチュアとかは私はいらないかなーと思いました。

【液晶】
必要十分です。

【総評】
TLMの可否については各個人で判断するとよいでしょう。そもそも「ボディ内手ぶれ」で手ぶれ補正レンズと比較して数段分の余裕があるα。その高感度分を生かした「TLM」のメリットはすばらしいです。ライブビュー撮影、高速連射は同価格帯の他機種に得難いものだと私は思います。55からの進化にしてもJpeg高感度性能の増加、全解像度ズーム、熱処理問題の解決などメリットは過分にあります。GPSはかざり程度に考えている私にとっては57はα史上最強の機種の1つに数えられます。

ただ、悪癖である「ISO感度の上昇」は考えていただきたい。ISOボタンの導入は評価できますが、ISO感度制限ができる77の機能があれば最高です。具体的に言えば「基礎機能は77、センサーと応用機能は57」といった機種があればいいと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「α57 SLT-A57 ボディ」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
SONYらしかった  4 2017年5月28日 12:11
ハイエンドモデルにも匹敵する性能が光るEISA 2012-13受賞機♪  5 2015年10月13日 22:43
JPEGのノイズ消しが下手  4 2015年4月18日 22:31
買って一年後の感想  4 2014年9月21日 23:52
買って満足!  5 2014年4月12日 14:45
今年になって購入  4 2014年2月25日 10:04
やはり機能性は高いです!  5 2013年11月6日 06:05
DMC-G3との比較です  5 2013年10月6日 23:29
コストパフォーマンス抜群の最強エントリー機  3 2013年10月5日 17:52
NEXー5NのAF不満ゆえに  5 2013年9月8日 17:22

α57 SLT-A57 ボディのレビューを見る(レビュアー数:49人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

α57 SLT-A57 ボディ
SONY

α57 SLT-A57 ボディ

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2012年 4月27日

α57 SLT-A57 ボディをお気に入り製品に追加する <263

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意