『万人向けではないが、必要な人には手放せない機種』 ニッシンジャパン MG8000 キヤノン用 shimashima0703さんのレビュー・評価

2012年 9月28日 発売

MG8000 キヤノン用

デジタル一眼レフカメラ用のクリップオンストロボ

MG8000 キヤノン用 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

調光方式:E-TTLU/E-TTL 最大ガイドナンバー(ISO100):60 機能:マニュアル設定/オートズーム機構/ワイヤレス発光/バウンス/外部測光/連続発光/マルチ発光/ハイスピードシ MG8000 キヤノン用のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MG8000 キヤノン用の価格比較
  • MG8000 キヤノン用の中古価格比較
  • MG8000 キヤノン用の店頭購入
  • MG8000 キヤノン用のスペック・仕様
  • MG8000 キヤノン用のレビュー
  • MG8000 キヤノン用のクチコミ
  • MG8000 キヤノン用の画像・動画
  • MG8000 キヤノン用のピックアップリスト
  • MG8000 キヤノン用のオークション

MG8000 キヤノン用ニッシンジャパン

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2012年 9月28日

  • MG8000 キヤノン用の価格比較
  • MG8000 キヤノン用の中古価格比較
  • MG8000 キヤノン用の店頭購入
  • MG8000 キヤノン用のスペック・仕様
  • MG8000 キヤノン用のレビュー
  • MG8000 キヤノン用のクチコミ
  • MG8000 キヤノン用の画像・動画
  • MG8000 キヤノン用のピックアップリスト
  • MG8000 キヤノン用のオークション

『万人向けではないが、必要な人には手放せない機種』 shimashima0703さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MG8000 キヤノン用のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:207人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

フラッシュ・ストロボ
4件
3件
レンズ
4件
2件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
もっと見る
満足度5
光量5
携帯性4
操作性4
機能性4
万人向けではないが、必要な人には手放せない機種

購入より約1年半経過しましたので、改めてレビューを。

【光量】
純正より気持ちパワーがあるかな?とは思いますが大差はありません。
クリップオンストロボとしては標準的です。
当初のファームウェアではたまに露出がオーバーに振り切ることもありましたが、新ファームウェアに書き換えてもらってからは別物のように大人しくなりました。

【携帯性】
放熱パネルとフレネルレンズのガードが前面に付いたため、若干大きくなっています。
Di866 MARKllと並べるとそれほど大きくサイズが違うようには思えないのですが、いざ使用したり収納したりするとかなり印象は変わります。
ワイドパネルがないためワイド用ディフューザーが付属するのですが、それがストロボケースの底面に入れる格好になるのでケースも大きい…。
結局付属ケースは使わずに、別のポーチに入れています。

【操作性】
純正しか使ったことがない人は戸惑うかもしれませんが、直感的に操作でき全てのメニューと設定項目を液晶で確認できるのは便利です。(純正のカスタムファンクション項目は説明書を見ないと何の項目か判別できない)
ただサブフラッシュのボタンは独立させてほしかった…。
Di866系のストロボ共通のメニューなので、従来のニッシン製ストロボを使っていれば迷うことはありません。メニューの反応動作が遅いのもまた…。
発光禁止モードも、「数カットだけストロボなしでも押さえておきたい」時など、私のような学校写真の現場で使う人間には大変ありがたい機能です。
でも発光禁止モードではなくて、押したら電源オフ・長押しでロックとかにできなかったんでしょうかね?

【機能性】
欠点といえば、ラジオスレーブ(電波式ワイヤレス)に非対応なことと、TTLモード時以外はハイスピードシンクロの表示が出ないこと。
カメラ側の外部ストロボ制御から各種設定はできますが、操作性が良いかどうかは何とも。今は純正ストロボも同じ方式を採用していますから、こんなものでしょう。
TTLでの調光可能範囲の表示(距離)が出ないのは意外と不便。


【総評】
これを買う人は、はっきり言って初心者ではなく仕事や趣味でかなりカメラを使い込んでいる方で、しかも過去に不便をした経験のある方が大半だと思います。
自分はデビュー初戦は保育園の運動会でしたが、チャージが間に合わない不発光が数カットあったかな?程度でオーバーヒートは一切なし。
徒競走・障害物競走・リレーなどどんどん進む競技にも止まることなく発光してくれるのは本当にありがたい。
単純な「持ちうる性能の範囲でのフル発光による耐熱性」だけで言えば、ファンの内蔵していない下手なモノブロックストロボよりも強いかも(そもそもの光量は違いますが)。

あとクチコミにも書きましたが、このストロボはあくまで「連続使用しても過熱でストップしない」ストロボであり、決して「連写に追従して発光してくれるストロボ」ではありません。
チャージ速度は電源部に依存しますので、性能を出し切りたいのであれば同社のパワーパックのような強力な外部電源がないと意味がありません。
このストロボを使うと逆にパワーパックの性能の限界を感じてしまうほどですが…。

日中シンクロを多用したり、室内でバウンス撮影が大半であったり、短時間でたくさんのカットを撮りたいモデル撮影会などでは絶対的な強さを見せてくれるはずです。
発光して欲しい時に確実に発光してくれる、これでこそプロ用です。
ただ、あくまで「一部の特殊な(過酷な)使い方をする、プロ向けの機材」であることをお忘れなく。決してDi866 MARKllの単純な上位モデルではありません。

オンリーワンの製品である価値は十分にあるのに値段は45,800円。はっきり言って安すぎですw

レベル
プロ

参考になった10人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
光量4
携帯性4
操作性4
機能性5
万人向けではないが、必要な人には手放せない機種

【光量】
純正より気持ちパワーがあるかな?とは思いますが大差はありません。
クリップオンストロボとしては標準的です。

【携帯性】
放熱パネルとフレネルレンズのガードが前面に付いたため、若干大きくなっています。
Di866 MARKllと並べるとそれほど大きくサイズが違うようには思えないのですが、いざ使用したり収納したりするとかなり印象は変わります。
ワイドパネルがないためワイド用ディフューザーが付属するのですが、それがストロボケースの底面に入れる格好になるのでケースも大きい…。

【操作性】
純正しか使ったことがない人は戸惑うかもしれませんが、直感的に操作でき全てのメニューと設定項目を液晶で確認できるので便利です。(純正のカスタムファンクション項目は説明書を見ないと何の項目か判別できない)
ただサブフラッシュのボタンは独立させてほしかった…。
Di866系のストロボ共通のメニューなので、従来のニッシン製ストロボを使っていれば迷うことはありません。
新しくついた発光禁止モードも、「数カットだけストロボなしでも押さえておきたい」時など、私のような学校写真の現場で使う人間には大変ありがたい機能です。

【機能性】
欠点といえば、ラジオスレーブ(電波式ワイヤレス)に非対応なのと、ワイヤレスTTL撮影時にハイスピードシンクロモードが使用できないことくらい。
逆に言えばこれらの項目が関係しない撮影方法をする人にとっては、ほぼ無敵と言えるだけの性能を持っていると思います。
ちなみに、マニュアルモードではハイスピードシンクロの設定項目はありませんが、シンクロ速度以上になると自動的にハイスピードシンクロに切り替わっているそうです。

【総評】
これを買う人は、はっきり言って初心者ではなく仕事や趣味でかなりカメラを使い込んでいる方で、しかも過去に不便をした経験のある方が大半だと思います。
自分はデビュー初戦は保育園の運動会でしたが、チャージが間に合わない不発光が数カットあったかな?程度でオーバーヒートは一切なし。
徒競走・障害物競走・リレーなどどんどん進む競技にも止まることなく発光してくれるのは本当にありがたい。
単純な「持ちうる性能の範囲でのフル発光による耐熱性」だけで言えば、ファンの内蔵していない下手なモノブロックストロボよりも強いかも(そもそもの光量は違いますが)。

あとクチコミにも書きましたが、このストロボはあくまで「連続使用しても過熱でストップしない」ストロボであり、決して「連写に追従して発光してくれるストロボ」ではありません。
チャージ速度は電源部に依存しますので、性能を出し切りたいのであれば同社のPS-300のような強力な外部電源がないと意味がありません。
このストロボを使うと逆にPS-300の性能の限界を感じてしまうほどですが…。

日中シンクロを多用したり、室内でバウンス撮影が大半であったり、短時間でたくさんのカットを撮りたいモデル撮影会などでは絶対的な強さを見せてくれるはずです。
発光して欲しい時に確実に発光してくれる、これでこそプロ用です。
ただ、あくまで「一部の特殊な(過酷な)使い方をする、プロ向けの機材」であることをお忘れなく。決してDi866 MARKllの単純な上位モデルではありません。

オンリーワンの製品である価値は十分にあるのに、これで5万円を切る価格は安すぎますね。ニッシンさん大丈夫なんでしょうか?(笑

レベル
プロ

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「MG8000 キヤノン用」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

MG8000 キヤノン用のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MG8000 キヤノン用
ニッシンジャパン

MG8000 キヤノン用

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2012年 9月28日

MG8000 キヤノン用をお気に入り製品に追加する <27

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[フラッシュ・ストロボ]

フラッシュ・ストロボの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(フラッシュ・ストロボ)

ご注意