『走りの楽しさを味わえる貴重な一台』 トヨタ 86 2012年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

『走りの楽しさを味わえる貴重な一台』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

86 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地3
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

走りの楽しさを味わえる貴重な一台

トヨタとスバルの共同開発という、これまでにない形でクルマ作りが進められた86に試乗した。大磯ロングビーチ駐車場をベースに開催された試乗会に出席して、トヨタが媒体関係者向けに用意した試乗車に乗ったほか、後日別途借り出して、都内から埼玉の首都高や一般道を走らせた。

試乗したのはGリミテッドの6速MT車、GTの6速AT車、Gの6速MT車と6速AT車などで、いろいろなタイプを試している。

基本部分をトヨタが担当したという外観デザインは、明快なスポーティカーらいしスタイリングが与えられている。かつてはこうしたタイプのクルマがたくさんあったが、今では稀少な存在になっている。

クルマ作りの実務は主にスバルが担当し、スバル製の水平対向エンジンを低くて中央寄りの位置に搭載した。これがパッケージングから外観デザインにまで影響を与え、ショートオーバーハングの比較的コンパクトなクルマに仕上げられた。

スポーツカーらしい全高を低く抑えたクルマだが、乗降性に違和感を感じることはなく、比較的スムーズに乗り込むことができた。シートのサイドサポートの出っ張りが多少気になる程度だ。

運転席に座ると、その座った瞬間に着座位置の低さが感じられる。隣のクルマが高く見え、路面が近くに感じられる。個人的には周囲の確認がしやすいようにシートリフターで高めの位置に座るのが好きだが、こうした低い位置からの視界もいかにもスポーティカーらしくて良いと思う。

シートリフターのほかチルト&テレスコピックステアリングも装備されるので、たいていの人が最適のドライビングポジションを確保できる。着座位置が低い割には周辺の視界は比較的良かった。これはAピラーの位置と角度やドアミラーの設置位置などによるもので、視界の良さは運転のしやすさにつながる基本的な要素だ。

エンジンはとても良く回る。レッドゾーンは7400回転からだが、マニュアル車ならそれを超えて回っていくほどの勢いがあるし、AT車も7000回転までをきっちり使ってシフトアップしていく。

エンジン性能曲線図を見ると4000回転のあたりに小さな谷があるが、アクセルを踏み込むと一気に吹き上がっていくのでそれを気にしている暇もない。回したときのパンチ力というか、パワーフィールも上々で、さすがにリッター100psを発生するスポーツエンジンという感じだ。

トランスミッションは6速のMTとATが用意されている。スポーツカーなのだからマニュアル車を選ぶの当然とも思うが、パドルシフト(グレードによる設定)を備えた6速AT車のデキも相当に良い。ダウンシフトのときには軽くブリッピングが入って回転を合わせてくれるのでコーナーからの立ち上がりもスムーズだ。

マニュアル車はステアリングホイールからすぐの位置にシフトレバーがあり、シフト操作をすると短いストロークできちきちっと決まる。これまた楽しいクルマという印象を与える要素だ。

マニュアル車に乗ればクルマを操ることの楽しさを体験できると思う。マニュアル車に乗れる免許があるならぜひともマニュアル車に乗って見ると良い。

コーナーでは低重心パッケージを生かしてロールの少ない安定した走りを実現する。ほとんどロールすることなくクルマが向きを変えていくので、タイトなコーナーを走り抜けていくのが楽しいという感じだ。

86の中心グレードは200万円台中盤になる。カーナビは装着されいないので、いくかつのオプションを装着して諸費用を払ったら軽く300万円を超える。これは若いユーザーが飛びつくにはちょっと高い印象だ。

86/BRZは、ほかのクルマにはない専用設計の部分が多いので、その分だけ価格が高くなるのは避けられないが、貴重なコンパクトFRスポーツがより多くの人に乗れるようになると良いと思う。

テールスライドを許容する86に対し、操縦安定性を追求するBRZという違いがあるとされるが、同じ場所で同じ条件で比べないと分からないくらいの違いでしかないし、通常は横滑り防止装置が作動する。

参考になった33

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「86 2012年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
女性向け  2 2019年4月1日 03:24
非日常性を愉しむクルマ、トヨタ 86  4 2019年3月24日 15:04
ありがとう86  5 2018年10月14日 19:39
世の中の流れに逆行する車  4 2018年6月1日 16:16
レンタカーにて一日お借りしました。  4 2018年5月27日 23:37
ザ•ライトウエイトスポーツカー  5 2018年5月15日 20:45
これぞピュアスポーツカー!  5 2018年3月4日 21:06
冬鳥と86  5 2017年11月4日 10:30
正直  2 2017年11月1日 12:11
86 GT MT中古購入インプレッション(少し辛口)  4 2017年8月15日 10:48

86 2012年モデルのレビューを見る(レビュアー数:62人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

86 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

86
トヨタ

86

新車価格帯:267〜348万円

中古車価格帯:70〜775万円

86 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <217

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意