BMW 3シリーズ セダン 2012年モデル 328i Modern(2012年1月30日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > BMW > 3シリーズ セダン 2012年モデル

3シリーズ セダン 2012年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:3シリーズ セダン 2012年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:328i Modern 絞り込みを解除する

満足度:4.37
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:80人 (プロ:3人 試乗:14人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.48 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.79 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.22 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.47 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.26 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.29 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.47 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

3シリーズ セダン 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格3

【エクステリア】フロントノーズのデザインと適度なサイズ感がいい。

【インテリア】オプションで選んだベージュのレザーシートがおしゃれ。

【エンジン性能】低回転からトルクがあり、エンジンの回転はは非常に滑らかだが、まだ高回転は試す機会がない。

【走行性能】FR特有の素直なハンドリングが運転していて楽しい。

【乗り心地】助手席の娘によると、妻のプリウスと同じくらいいい乗り心地だそうで、少しがっかりしたが、それは最高の褒め言葉だとか。

【燃費】街乗り8km/l、高速13km/lとプリウスの約半分。

【価格】戦略的かもしれないが、320に比べると割高。購入時は粘り強い交渉がお勧め。

【総評】50歳すぎた男性には少し勇気が必要だったが、今回FRセダンに的をしぼり、他にクラウンアスリート、GS250、5シリーズを試乗し取り回しの良さや外観から3シリーズに決めた。購入までは少し不安もあったが、今のところ故障もなく運転する楽しさが十分感じられ、家族の評判もよく満足度は高いといえる。

乗車人数
3人
使用目的
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

森口将之さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地3
燃費5
価格3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

低く精悍な顔つきが新型の特徴

ボディサイドは3シリーズの伝統を受け継ぐ

ベージュを基調としたモダンのインテリア

セダンとしてはかなり低く座る前席

トランクは深く奥行も豊富

BMWの伝統どおり車室寄りに積まれるエンジン

7年ぶりにモデルチェンジして6代目になったBMW3シリーズは、日本ではまず328iから発売されました。ただしエンジンは2.8L直列6気筒ではなく、2L直列4気筒直噴ターボに8速ATを組み合わせて後輪を駆動します。

1シリーズに続いて内外装を独自のテーマでドレスアップした「デザインライン」が用意されたことも新型の特徴で、ベースモデル以外にスポーツ、ラグジュアリー、モダンの3タイプが用意されます。試乗会ではモダンに乗りました。

エクステリアデザインは、真横から見たフォルムは3シリーズのそれですが、後ろ姿はひと足先に出た7シリーズや5シリーズの流れを受け継ぎ、フロントマスクは昨年の東京モーターショーにもやってきたハイブリッド・スポーツカーi8コンセプトを思わせます。3シリーズらしさと新しさを絶妙にミックスした造形という感じがしました。

ボディサイズは、室内や荷室の空間を広げるために全長は4625mm、ホイールベースは2810mmに伸ばしたものの、全幅の1800mmと全高の1440mmは旧型と同じです。旧型の後期型と同じように、日本仕様専用のドアハンドルを装着することで幅の拡大を抑えたそうです。

インテリアデザインも、基本的には旧型の雰囲気を受け継いでいますが、細部の造形はさらに洗練された印象です。前席はBMWらしく、セダンとしてはかなり低めに座りますが、その後ろに身長170cmの僕が座ると、ひざの前には約15cmの空間が残り、頭上にも余裕があります。トランクは左右の壁こそホイールハウスに合わせているものの、480Lの容積を誇るだけあって奥行きや深さに不満はありません。

エンジンは他のBMW製直噴ターボと同じように、かなり低回転から過給が立ち上がるので、事実上全域ターボという感じです。最高出力245ps、最大トルク35.7kgmと、自然吸気3.5L級のトルクを備えるだけあって、アクセル全開での加速はかなり強力です。そのときの音は、BMW伝統の直列6気筒とは明らかに異なりますが、高回転までなめらかに回る性格はこのブランドならではだと思いました。

他のBMW同様、エコプロ、コンフォート、スポーツの3段階から選べるモード切り替えスイッチもあって、エコプロではアクセル開度だけでなくエアコン制御も控えめになり、スポーツにするとアクセルレスポンスが鋭くなるうえにステアリングが重くなります。高速道路5割、一般道路5割の燃費は15km/Lと、このクラスでは上々でしょう。アイドリングストップは1シリーズよりもスピーディな反応で、車格の違いを実感しました。

乗り心地は、低速ではタイヤの固さが気になったものの、速度を上げるとその印象が消え、サスペンションがしっとり動いていることが伝わってきます。高速道路での直進安定性は文句なし。ギア比を可変するアクティブステアリングを止めたためもあって、操舵系は穏やかな反応ですが、コーナーに入ってからの安定感とグリップレベルはさすがBMWで、安心してペースを上げ、走りを楽しむことができました。

装備で驚いたのは、標準のリアビューカメラとオプションのサイドビューカメラを連動させて、国産ミニバンの「アラウンドビューモニター」のように、真上から見たときの障害物を画像で教えてくれることです。全幅を抑える専用ドアハンドルもそうですが、ここまで日本市場のことを考えているのかと感心しました。ただ価格は相応に高いので、遅れて登場予定の320iを待ってから決断してもいいのではないかと思います。

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

3シリーズ セダン 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

3シリーズ セダン
BMW

3シリーズ セダン

新車価格帯:586万円

中古車価格帯:94〜585万円

3シリーズ セダン 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <365

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意