『前回レビューから1年経過し、このレンズを見直しました!』 富士フイルム フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro m2 mantaさんのレビュー・評価

2012年 2月18日 発売

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro

ミラーレス一眼「X-Pro 1」のXマウントに対応した単焦点レンズ

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥62,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥43,600 (6製品)


価格帯:¥62,000¥76,450 (41店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥87,000

店頭参考価格帯:¥62,000 〜 ¥68,805 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:60mm 最大径x長さ:64.1x63.6mm 重量:215g 対応マウント:Xマウント系 フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの価格比較
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの中古価格比較
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの買取価格
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの店頭購入
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのスペック・仕様
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのレビュー
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのクチコミ
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの画像・動画
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのピックアップリスト
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのオークション

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro富士フイルム

最安価格(税込):¥62,000 (前週比:±0 ) 発売日:2012年 2月18日

  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの価格比較
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの中古価格比較
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの買取価格
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの店頭購入
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのスペック・仕様
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのレビュー
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのクチコミ
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroの画像・動画
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのピックアップリスト
  • フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのオークション

『前回レビューから1年経過し、このレンズを見直しました!』 m2 mantaさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのレビューを書く

m2 mantaさん

  • レビュー投稿数:46件
  • 累計支持数:589人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
849件
レンズ
16件
170件
その他カメラ関連製品
6件
0件
もっと見る
満足度4
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性4
前回レビューから1年経過し、このレンズを見直しました!
当機種H1+60F2.4 jpeg Velvia
当機種H1+60F2.4 jpeg PROVIA
当機種H1+60F2.4 jpeg PROVIA

H1+60F2.4 jpeg Velvia

H1+60F2.4 jpeg PROVIA

H1+60F2.4 jpeg PROVIA

当機種H1+60F2.4 jpeg PROVIA
当機種H1+60F2.4 jpeg PROVIA
当機種H1+60f2.4 jpeg Velvia

H1+60F2.4 jpeg PROVIA

H1+60F2.4 jpeg PROVIA

H1+60f2.4 jpeg Velvia

操作性…取り扱いは簡単か
 フジノンXF単焦点レンズ全てに絞りリングがあって、操作性が同一なので使い易いです。
 このレンズのピントリングと絞りリングの操作性は、指先に適度な重さとクリック感があって、正にMFレンズ的な操作性で良好です。

表現力…思い通りのイメージの写真が撮れるか
 60oマクロレンズと云うには「倍率が1/2倍では、物足りない!」と不満でした。
 只、最近クチコミ欄の質問の返信するのに薔薇を撮りました。それに、私の師匠的な存在のカメラマンが、このレンズに対して高評価であり、私も画質優先の全群繰り出しレンズ設計によって得られた高画質と綺麗なボケの写真を再認識しました(プレビュー)。

携帯性…軽さ、コンパクトさ
 私は、現在Xシリーズのカメラ3台を持っています。それどれ違ったサイズとクラッシックなデザインのカメラボディに同じくクラッシックデザインの60f2.4マクロレンズは良く似合います…但しこれは、35f1.4純正メタルフード装着しての話が前提です。
 60f2.4マクロの純正フードは、遮光効果を優先したフードで小柄なレンズに比べ大き過ぎて野暮なので、私は購入当初から35f1.4純正メタルフードを代用しています…これは、格好を優先にしました。
 この35f1.4純正フードの問題点は、遮光効果です。通常撮影には全く問題は無いのですが、接写撮影になるとレンズ中央部口径39oのレンズ先端が大きく伸びて、フードよりも先にチョコンと飛び出てしまいます。従って、接写時に遮光効果を優先するならば60oマクロ純正フードをお勧めします。

機能性…AF精度やMF対応などの機能性
 第四世代T3からカメラ自体のAF性能が飛躍的に向上しました。それでも、このレンズ設計自体が古いので、AFスピードは瞬足快適とは言えません。風景やスナップ等の通常撮影には問題ないですが、いざ接写撮影となると相変わらずレンズ先端がピコピコ・ジージーとピントが迷って苛々する時があります。
 MFの操作性は、クラッシックなMFレンズ風なピントリングにグリスをかましたようなしっとりとした動きの感触が心地良いです。
 (注)富士にお願いです…出来れば新製品には、14f2.8,16f1.4,23f1.4の様ななクラッチ式フォカスであれば、一瞬でAFからMFに切替えられ、より確実なピント合わせが出来るのでマクロ撮影では必須かと思います。

総評
 9年前にPro1と同時に登場した初期型レンズ3本(18f2.0,35f1.4,60f2.4マクロ)の内、2本(18f2.0?18f1.4 WRに35f1.4?33f1.4 WR)が近々full model changeします。
 そうなると、このレンズもfull model changeが近いのではないかと思います。
 価格的には、model changeした2本の価格例をみると、外国産(フィリッピン製)にしてコストダウンを計っても初値で現レンズの倍12万円以上に、同じくMark 2 (minor change )としても、既に発売した2例(10-24f4 OIS WR,27f2.8 WR )から、相当高値になると思います?

 そう考えると、現60f2.4マクロレンズの高画質と綺麗なボケを最安値62,268円で買えると云うのは魅力です。しかも、貴重な【Made in Japan】です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった23人(再レビュー後:15人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
操作性5
表現力3
携帯性4
機能性3
そろそろ、倍率・AFを改良したMark Uレンズの登場を望みます
機種不明初期型XF単焦点レンズ3本 18,35,60o
当機種通常の近接撮影では,AFで菖蒲もポートレート同様に問題なく撮れます
当機種接写倍率1/2となると、AFではピントの山が掴み難いです

初期型XF単焦点レンズ3本 18,35,60o

通常の近接撮影では,AFで菖蒲もポートレート同様に問題なく撮れます

接写倍率1/2となると、AFではピントの山が掴み難いです

2014年6月にこのマクロレンズを購入して以来6年が経過しました。

操作性…取り扱いは簡単か
フジノンXF単焦点レンズ全般的に、レンズ側に絞りリングがあって、旧MFレンズ的に使用出来るので、老人にとって使い易くお気に入りのデザインです。
通常の単焦点XFレンズと同様にクラッシックデザインで、レンズ先端からピントリングと絞りリングと配置されおり、操作は指先に適度な重さとクリック感があって気持ち良いです。

表現力…思い通りのイメージの写真が撮れるか
60oマクロレンズ(フルサイズ換算90o)と云うには、倍率が1/2倍では物足りないです。
私は、マクロの用途よりも準望遠レンズとして通常撮影に使用しています。
絵は、画質優先の初期型レンズで素晴らしいです。

携帯性…軽さ、コンパクトさ
H1,T3,E3とサイズやカメラデザインの違いはあっても各ボディに似合います。
只、私は60o純正フードには不満があります。レンズサイズに比べてフードが大き過ぎて使い辛いので、35oF1.4の純正メタルフードを代用しています…このフードの方がデザイン的にバランスよく、格好もよいからです。
但し、この35oF1.4純正フードの問題は遮光効果です。60oでの通常撮影には全く問題は無いのですが、接写となるとレンズ中央にあるレンズ口径39oにフィルターを装着すると、レンズ先端が大きく伸びて、フードよりも先に飛び出てしまいます。遮光効果を選ぶならば60o純正フードを。私は、遮光効果よりも格好優先して35oF1.4純正フードを使っています。

機能性…AF精度やMF対応などの機能性
使うカメラをE2(第二世代)からT3(第四世代)に代えてカメラ自体の性能が飛躍的に向上しましたが、このレンズ設計自体が古いので、AFスピードは快適とは言えません。通常撮影には問題なくなりましたが、いざ接写撮影となると相変わらずレンズ先端がピコピコ・ジージーと遅く・うるさく苛々します。
MFの操作性は、ピントリングにグリスをかましたようなクラッシックレンズ独特なしっとりとした感触があって心地良い操作感を得ます。出来れば14,16,23o的なクラッチ式ピントリングになれば、より確実なピント合わせが出来るかと思います。

総評
このレンズ、準望遠レンズとして使用するのには良いのですが、目的であるマクロレンズと呼ぶには接写倍率とAFスピードに問題があります。
価格的には、高くないのでお薦めします。
私は、上記を改良した次世代Mark Uレンズが、早く登場するよう願っています。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
その他

参考になった8

 
 
 
 
 
 

「フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro
富士フイルム

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macro

最安価格(税込):¥62,000発売日:2012年 2月18日 価格.comの安さの理由は?

フジノンレンズ XF60mmF2.4 R Macroをお気に入り製品に追加する <405

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意