『特別感はそんなに無い』 フォルクスワーゲン ザ・ビートル 2012年モデル 納豆ラーメンさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > フォルクスワーゲン > ザ・ビートル 2012年モデル

『特別感はそんなに無い』 納豆ラーメンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ザ・ビートル 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:120件
  • 累計支持数:618人
  • ファン数:3人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格無評価
特別感はそんなに無い

【エクステリア】
これがこの車の全ての価値と言ってもいいと個人的に思います。

ルーフからリアに流れるラインと犬が伏せしてる様なリアタイヤハウス付近の盛り上がりが特に最高です。


【インテリア】
正直かなりショボいです。
デザイン性は無く、単にボディと同じカラーにしてます!と言うインパネでフィアット500と比較にならない位にデザイン性は無いです。

肘掛けはあるだけマシだが長さが不足してるし、ハンドブレーキに接触する構造的な問題が?

質感も正直日本の軽自動車や小型車と変わりないです。

ただし、シートの造りとテレスコ付のドラポジ、オルガンペダル等のペダル配置は良かった。

でも、視界はそんなに良く無いです。
ベルトラインもインパネも少し位置が高く、自分が沈み込んでるかの様な感じがして、女性ならフロントノーズが何処まであるのか分かりにくいかも。


【エンジン性能】
この車格で1.2Lとは少しビックリですが、ターボ付いてるのでソコソコ。
出足は少しノンビリしてますが、走り出せば必要十分なパワー感でした。


【走行性能】
腐ってもドイツ車なので直進安定性はソコソコ良かった。
ただ、横方向のロールは結構大きめに感じた。


【乗り心地】
カーブ以外では比較的にフラットな乗り心地でした。


【燃費】
街乗り14走ってたので良い方かと、ただハイオク燃料なのが少し痛い。


【総評】
外のデザインは良いので期待しましたがインテリアは地味で、フィアット500の様に走らずに座ってるだけで雰囲気が楽しい事は全く無くて、走りもパワーも十分にあるし、ドイツ車なので安定してるし、シングルクラッチATもスムーズなので運転して楽しくは無かった。

フィアット500の方が非力だけど癖のあるセミオートマの感覚、気分がワクワクするインテリア、キビキビ走るあの感じ。
運転しててとても楽しかったので、ザ・ビートルに同じような感覚を期待してただけに少し残念な結果になりました。

レビュー対象車
試乗

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ザ・ビートル 2012年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ザ・ビートル
フォルクスワーゲン

ザ・ビートル

新車価格帯:245〜405万円

中古車価格帯:57〜388万円

ザ・ビートル 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <75

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意