『外部マイクで高音質録音、サブレコーダーにも』 TASCAM DR-100MKII wyniiさんのレビュー・評価

2011年11月下旬 発売

DR-100MKII

24bit/96kHz対応のリニアPCMレコーダー

DR-100MKII 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DR-100MKIIの価格比較
  • DR-100MKIIの店頭購入
  • DR-100MKIIのスペック・仕様
  • DR-100MKIIのレビュー
  • DR-100MKIIのクチコミ
  • DR-100MKIIの画像・動画
  • DR-100MKIIのピックアップリスト
  • DR-100MKIIのオークション

DR-100MKIITASCAM

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年11月下旬

  • DR-100MKIIの価格比較
  • DR-100MKIIの店頭購入
  • DR-100MKIIのスペック・仕様
  • DR-100MKIIのレビュー
  • DR-100MKIIのクチコミ
  • DR-100MKIIの画像・動画
  • DR-100MKIIのピックアップリスト
  • DR-100MKIIのオークション

『外部マイクで高音質録音、サブレコーダーにも』 wyniiさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

DR-100MKIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

wyniiさん 殿堂入り 銅メダル

  • レビュー投稿数:27件
  • 累計支持数:93人
  • ファン数:13人

よく投稿するカテゴリ

ICレコーダー
12件
1703件
デジタルカメラ
2件
498件
ビデオカメラ
0件
161件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
音質5
マイク感度5
録音時間5
機能性5
バッテリー4
拡張性3
対応形式4
外部マイクで高音質録音、サブレコーダーにも

前機種DR-100にXLR端子のストッパーが付き、デジタル入力が加わって完成の域にあるモバイルレコーダー。

コンデンサーマイクを使った録音だけでなく、業務用録音機やオーディオインターフェイスからデジタル・バックアップできるのも人気。

筐体や操作ボタンなど基本的設計はDR-100を踏襲しています。

大きめのオレンジランプの液晶画面はフォーマット、音声レベル、進行時間/残り時間など、必要情報を的確に伝えてくれます。音声レベルはバー表示に加えdBの数字表示もあり、レベル管理は容易です。

操作系は、ボタンとダイアルを組み合わせたもので、慣れれば誤操作なく確実にできますが、一度にあちこち設定変えする時は時間がかかります。設定を終えてメニュー画面に戻るのにボタンを探して押さなければならないのは困りもの。ボタン形状も、丸ボタンが並んでいるので迷います。

また、デジタル入力はリモコン/デジタル共用端子で、メニューからREMOTE / DIGI を切り替えて使います。共用端子に付属のデジタル端子アダプターを接続して、その先に同軸デジタルケーブルを接続。このデジタル端子アダプターは5cmほどの短い専用ケーブルで、デジタルを使う時は常に携行しなければならず、紛失も心配です。

録音フォーマットは、24bit/96kHzを選択するには、ENTERボタンを押したままFSモードで起動しなければならず、注意が必要です。FSモードでは、今度はmp3が選べません。

このように、本機は、ファームアップやモデルチェンジで追加した要素をブリコラージュしたままに商品化しており、いかにも業務機然とした設計です。デザインも無骨そのもの。

しかし、TASCAMユーザーは、結果として得られる録音の音質そのものに信頼を寄せるのです。
DR-100の音質は中域を中心にまとめた素直な音で、DATのような音の艶をともなっており魅力でした。DR-100mkIIの基本的音質はDR-100譲りですが、mkIIの方が気持ちワイドレンジでフラットな周波数分布に近づいたように感じます。他のレビューにも僅かな音質の違いを指摘されてたので、おいおい検証しようと思いますが、現状では、DR-100のほうがしっかり感のある個性的な音だと思います。(あくまで僅かな違いです。)

24bit/96kHzハードディスクレコーダーから、24bit/96kHzデジタル入力と、16bit/44.1kHzアナログ入力で同一音源を録音したところ、24bit/96kHzデジタルのほうが明らかに高音質で、解像度や空間の広がりなど、顕著な差がありました。特にヴァイオリンの高次倍音は、明らかな差があります。
DR-100の外部コンデンサーマイクのテストでも、24/96は16/44.1に比べて、知人の声をはるかにリアルに再現してくれました。特に笑い声のキャッという高域成分の再現性が、96kHzはいいですね。声の全体的質感にも影響を及ぼします。

ヘッドホン端子に加えてラインアウト端子が独立しているのも嬉しいですね。

電源は、USBケーブルから充電中は操作できないので、充電しながら録音するには別売ACアダプターが必須。充電池と乾電池はメニュー優先バッテリーを決め、なくなったら第二バッテリーに自動切り替えし、その間に優先バッテリーを交換できるシステムになっています。充電池で連続録音2〜3時間、乾電池で30分というところでしょうか。コンサート1回は余裕で使えますが、ファンタム電源をONにすると寿命半減で、ACアダプターはあった方がいいです。

コンデンサーマイクに対応したステレオポータブルレコーダーとしては、ZOOM H6、H4n、TASCAM DR-40と同じカテゴリーの録音機ですが、DR-100mkIIは素直でクリーンな音質とデジタル入力で、フラッグシップ機にふさわしい実力機と言えるでしょう。

主な用途
音楽

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

DR-100MKIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

DR-100MKII
TASCAM

DR-100MKII

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2011年11月下旬

DR-100MKIIをお気に入り製品に追加する <130

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

monoka
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ICレコーダー]

ICレコーダーの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ICレコーダー)

ご注意