『小さくてもりっぱにアストン』 アストンマーチン シグネット 2012年モデル 森口将之さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > アストンマーチン > シグネット 2012年モデル

『小さくてもりっぱにアストン』 森口将之さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:228件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールフリーランスジャーナリストの森口将之です。自動車を中心に、モビリティ全般を守備範囲としています。自動車については、ブランドやスペックにとらわれず、ユーザー目線でのレポートを心がけています。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務め、日本自動…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

小さくてもりっぱにアストン

グリルだけでなくボンネットやフェンダーも別物

リアコンビランプも他のアストンと共通の造形

iQベースとはとても思えない高級なインパネ

ハイバックシートもアストン流の仕立てが施される

荷室のスペースはiQ同様ミニマム

1.3Lエンジンのスペックはベース車と同じ

トヨタiQをベースとしたアストンマーチン、シグネットの広報車に乗ることができました。街中を中心にドライブした印象をお届けします。

エクステリアデザインは、iQのフォルムに、独特のフロントグリルやリアコンビランプをうまく融合させていると感じました。ボンネットやフロントフェンダーのアクセントも効いています。iQ自体、数多く走っているクルマではないので、アストンが開発したコンパクトカーだと思う人もいるでしょう。

驚いたのはインテリアです。こちらもベースはiQですが、手縫いであることが分かる本革やアルカンタラ、アルミパネルなどの高級素材をふんだんに用いたことで、まったく違う雰囲気に仕立ててあります。ハイバックタイプのシートの座り心地もしっとりしていて、格の違いを教えてくれます。

後席はベースモデルと同じように、大人が乗るには狭く、ラゲッジスペースもミニマムですが、もともとアストンは2人乗りや2+2のクーペが主体でしたから、事実上2シーターであることに不満は抱きませんでした。

走りに関係する部分で異なるのは、エンジンマウントと遮音材のみとのことで、1.3L直列4気筒エンジンとCVTからなる前輪駆動のパワートレインや、サスペンションは共通とのことです。たしかに加速そのものはiQに通じるものがあります。しかし音は全般的に抑えられているので、上質感が得られます。

iQより落ち着いた乗り心地、軽快感がさらに強いハンドリングも印象に残った部分です。エンジンマウントはハンドリングや乗り心地にも影響をもたらすパーツなので、その効果が走りの違いになって現れているのでしょう。さらに快適性については、シートの座り心地も貢献しているはずです。

490万円という価格はベース車の約3倍であり、多くの人が高いと感じるでしょう。でも逆に、アストンを買って乗り回せるほどの裕福なユーザーであれば、同等の高級感を信頼性の高いコンパクトカーに盛り込んだ、最良のシティコミューターに映るかもしれません。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「シグネット 2012年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の価格帯を見る

シグネット
アストンマーチン

シグネット

新車価格帯:488〜504万円

中古車価格帯:580.0万円

シグネット 2012年モデルをお気に入り製品に追加する <1

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意