ダイハツ ミラ イースレビュー・評価

このページの先頭へ

ミラ イース のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
ミラ イース 2017年モデル 4.06 自動車のランキング 112 47人 ミラ イース 2017年モデルのレビューを書く
ミラ イース 2011年モデル 4.07 自動車のランキング 35 99人 ミラ イース 2011年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

ミラ イース 2017年モデルの評価

評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.18 4.33 111位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.41 3.92 94位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.46 4.11 97位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 3.54 4.20 111位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.55 4.03 105位
燃費 燃費の満足度 4.28 3.87 73位
価格 総合的な価格の妥当性 4.24 3.86 30位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

高山正寛さん

  • レビュー投稿数:77件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールこの度プロフェッショナルレビューを担当させていただきます高山正寛(たかやませいかん)です。1959年生まれで自動車専門誌で20年以上に新車とカーAV記事を担当しフリーランスへ。途中5年間エンターテインメント業界でゲーム関連のビジネスにも関…続きを読む

満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地3
燃費4
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ボディカラーは全9色を設定、写真のスカイブルーメタリックは新色になります

L“SAV”以上には前後に2個づつのコーナーセンサーが標準装備されています

質感が大幅にアップしたインパネ周り。カーナビの装着位置も見やすく操作性も優秀です

G“SAV”には運転席/助手席にシートヒーターとシートリフターが標準装備されます

デジタルメーターは旧型から踏襲していますがGとLは多機能型を採用しています

G“SAV”のみプッシュボタンスタートを装備。スマアシVのスイッチも配置します

2017年5月にフルモデルチェンジを行った2代目となるダイハツ ミラ・イースに試乗しました。

初代の登場は2011年9月、「第3のエコカー」のふれこみで軽自動車の原点とも言える「低燃費」「低価格」などを前面に押し出し新しい市場を開拓しました。

今回、新型に開発するにあたって取材をするとは社会環境も変わってきており、環境(燃費)性能などは当たり前、それよりも「安全・安心」などを含めた装備などが求められていることがわかったそうです。

そのために新型ではステレオカメラを使った先進安全装備である「スマアシ(スマートアシスト)V」を積極的に展開、さらに旧型より80kgの軽量化やエンジンやトランスミッションの制御を見直すことで低燃費だけでなく走りの質感も向上させました。

試乗したのは最上級グレードのG“SAV”のFF車(CVT)で価格は120万9600円となります。

最上級ゆえに装備もかなり充実しており、このグレードであれば登録車からのダウンサイザー(大きめのクルマからの乗り換え)にも十分対応できます。

実際、新型ミラ・イースとしてはスマアシVが装着され、十分な装備を持つ、ひとつ下のX“SAV”(FF、108万円)が最もお買い得だと思います。

さらにこの下にはスマアシVを装着しながら93万9600円という価格を実現したL“SAV”も設定されていますが、こちらはあまりオススメできません。

その理由はタイヤにあります。GとLには14インチ、L以下はより軽量化のために新開発した13インチタイヤが装着されていますが、足回り自体のセッティングも異なります。

普段使いであれば問題ないかもしれませんが、少しスピードが出た状態での車両の安定感などはやはり14インチ仕様が優れているからです。

GとLとの価格差は12万9600円ありますが、ここにはフルオートエアコン、アルミホイール、イモビライザー付きのキーフリーシステム(鞄の中などにキーを入れた状態でもドアの解錠/施錠ができる)、プッシュ式エンジンスタートボタン、シートヒーターなどが含まれます。

前述したように登録車など装備がしっかり装着されているクルマからの乗り換えであればGがオススメですが、普段の“足クルマ”なのであればLで十分、またLにも消費電力を抑えて低燃費にも寄与するLEDヘッドランプが標準装備されているので、この点でもLのコスパは高いと考えます。

室内に乗り込んでみると旧型に比べ、品質が非常に上がったことがわかります。

ダッシュボードのシボ(表面の模様)の仕上げや旧型には無かった前席両側のカップホルダーなど使い勝手が向上しています。

またシート自体の作りもアップしていますし、何よりも後席の座り心地が大きく向上しています。

正直に言えば、このクルマで4名乗車という使い方は少ないと考えます。だからというわけではありませんが、旧型はこのリアシートで大幅なコストダウンを行っていました。もちろんムーヴやタントに比べれば使い勝手や着座感は劣りますが、旧型よりは確実に良くなったと言えるでしょう。

さらに気に入ったのはパーキングブレーキに「手引き式」を採用した点です。ご存じのように現在のクルマでは「足踏み式」が主流、電動パーキングブレーキなどはまだまだコスト面からも採用車種は少ないのが現状です。

なぜこの時代に足踏み式?答えは非常にスッキリしていました。ダイハツの調査によれば高齢者などを中心に足踏み式だとペダルが増えることで踏み間違いが怖い、という意見があったそうです。

もちろんベンチシートを採用しているムーヴなどでは現実に装着は難しいのですが、手引き式は視覚的&触覚的にもブレーキをかけた(引いた)状態がわかることもあり、旧型からの継続採用を決めたとのことです。

走りの部分では36kW(49ps)、57N・m(5.8kg-m)という控え目なスペックですが前述した80kgの軽量化や制御の効率化により普段使いとしては十分、特に街中などでの中間加速の際に旧型がもたつき気味だったのに対し、新型はスムーズさが向上しています。

実用燃費はそれほど長い距離が走れなかったので概ね20km/Lといったレベルです。ただ当日は炎天下でエアコンはフル回転、渋滞もかなり多かったことは付記しておきます。ライバルのスズキ・アルトと比較すると悩む部分は多いのですが、先進安全装備の能力の高さなどからも現状はミラ・イースを選ぶ理由は十分にありそうです。

レビュー対象車
試乗

参考になった67

このレビューは参考になりましたか?参考になった

りょう☆ですさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格4

【エクステリア】 SAIIIと価格と見た目で、ミライースに決めました。凹凸がそれなりにあって、車高も低く、14インチアルミで、おしゃれ軽だと思います。「ミラ」だとオバサンっぽいですが、「ミライース」だと未来感があってイイんじゃないですか?唯一気に入らないのは、テールランプ周りの黒プラスチックのカバーみたいなやつです。特に明るい色を選ぶと、一気に安っぽく見えてしまうような気がします。

【インテリア】 運転席助手席はスライド幅が長く、とても快適に乗れます。で、その分が後部座席とトランクを狭くしています。我が家のもう1台の軽はトランクに買い物カゴが横に2つ乗せれましたが、ミライースは奥行き、幅とも不足しています。あと、3人以上乗る機会がある方は後部座席もチェックした方がイイと思います。5:5に分かれません、スライドしません、リクライニングしません、我が家は3人以上乗る機会は皆無ですので、気になりなせんが。

デジタルメーターはカッコイイです。一昔前はデジタルとアナログ針が混在するような安っぽい感じでしたが、この車は全部デジタルなんで気にいってます。速度のデジタル表示は賛否両論だと思いますが、慣れました。

内装はプラスチック多用です。年数劣化はどうなるかは分かりませんが、今のところは満足です。

【エンジン性能】 街乗りオンリーなんで静かです。1人か2人乗車ですので、エアコンをつけてもストレスを感じたことはありません。

【走行性能】 普通に走りますよ。60km以上出したことがないので、あまり参考にならないかも。

【乗り心地】 これも普通です。

【燃費】 15〜20の間です。

【価格】 支払い120万が高いか安いかは分かりませんが、ターボ&電動スライドドアで200万近くしたり、商用車ライクの軽は80万前後からあります。一番のコスパは同じ車を長く乗ることだと思いますので、メンテナンスをしっかりして長く乗りたいと思います。

【総評】 70代の母親用の車で探していました。ディーラーに行く前は候補にもなかった車で、「ミラ=安いだけの車」な先入観がありましたが時代の進歩はすごいですね、かなりしっかりした造りです。はやりの白ナンバーに交換したら、小さいアクアみたいだなぁと思うくらいカッコイイです。

個人的な話になりますが、母親がかれこれ40年ほど前に最初に乗った車が黄色のミラクォーレでした。で、今回がミライース。なんか運命的なものを感じちゃいます(殺す気かっ!!)。高齢なこともあり、SAIIIのミライースにしましたが、SAIIIにお世話にならないように運転していきたいですね。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
頻度
週3〜4回
重視項目
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
岐阜県

新車価格
120万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オーヤン81さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:212人
  • ファン数:1人
満足度3
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能2
走行性能5
乗り心地3
燃費4
価格3

【エクステリア】
先代は当時のミラとあまり変わらないボテっとした感じでしたが、新型はエッジの効いたラインと複雑な面で構成されておりスポーティな雰囲気でなかなかいいと思います。

【インテリア】
エクステリアと比べると相変わらず地味なデザインでデジタルメーター以外はこれといった特徴は感じらなく残念でした。
シート地やインパネを2トーンにする等の工夫も見られますが、商用車のような雰囲気を感じてしまいます。

【エンジン性能】
軽量ボディなのでキビキビした走りを期待していましたが、男性二人でエアコンON状態だと終止出足がかったるく感じました。
スペックを見て驚いたのですが最大トルク5200回転は高すぎると思います。
もう少し低速トルクが太いエンジンに更新してほしいです。

【走行性能】
全高1600mm以上ある軽と比べると直進性が高くコーナーリングも軽快に感じました。
ステアリングの手ごたえもよく、新プラットフォームのボディもしっかりしています。
個人的にこの車の一番の長所はシャシー性能の高さだと思いました。

【乗り心地】
代車で何度か乗った先代はタイヤもサスも硬くて安っぽい乗り心地でしたが、新型はよく動くしなやかな足回りになったように感じました。
ただ、タイヤはまだ硬い印象なのでもう少し圧を落とすかタイヤの銘柄を変えるともっと印象がよくなると思います。

【燃費】
試乗車の為未計測

【価格】
LEDライトや安全装備が充実してる割には手頃な価格を維持してると思います。
ただシートリフターとチルトステアリングがGグレード以外にオプション設定すらないのは不満です。

【総評】
見た目がかっこよくなりシャシー性能のレベルも上がったように感じたのですが、エンジン性能や華の無い内装だけ昔のまま取り残されているような車です。
スポーツグレードが似合いそうなデザインなので、思い切ってターボエンジンを搭載してアルトワークスに対抗するグレードを用意して欲しいです。

レビュー対象車
試乗

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

rlchyfumiさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:81人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

10年前にミラを通勤用として購入し13万km乗りました。1年前エアコンが調子悪くなり、その後9万円でコンプレッサー交換、2万円で点検/ガス入れ、最後にはエンジン降ろしてエアコン交換30万円と言われ、新車の購入を考えました。エンジン絶好調だったので残念です。セカンドカーとしては、本当はホンダ車が欲しかったのですが、金銭面だけで割り切り、またダイハツのサービスも感じ良かったのでミライースとなりました。
ここからは、ミラとの比較とさせていただきます。
【エクステリア】
エッジが効いていて、好きです。
近所にミライースとアルトの営業車が沢山止まってます。○○工務店、○○薬品とかで色はシルバーとホワイト色なので、私はスカイブルーを選びました。
ハッチバックの上部プラスチックのストップランプから水漏れが有り、トノカバーがびしょ濡れになりましたが、ミライースには構造上無くて安心しました。
【インテリア】
ミラの方が、収納が多いですが、工夫次第では、満足度高いです。また、ミラではトノカバーを付けて重宝していたので、ミライースにも付けたものの、何これ!買ってはいけません。ペラペラのトノカバーが1万円もしました。T_T
【エンジン性能】
ミラの4ATはボッと加速し、時速50kmには直ぐ到達しました。ミライースのCVTはダルッ。最初は物足りなく感じましたが、軽く踏んでスルスルで慣れました。エコモード中のエンジン音がボクサーエンジン音と似ていて、静かです。
【走行性能】
スタビライザーが無いので、ロールしますが、ミラよりロールしません。直進安定性は、良いと思います。
【乗り心地】
とても静かです。荒れた路面は、ゴツゴツ感が有ります。タイヤの扁平率の問題でしょうか。首都高速の繋ぎ目に来ると、突き上げ感が有ります。
【燃費】
通勤用で空いている国道を片道20km走行してますが、1000km走って平均20km/リットルです。
【価格】
Gタイプですが、オートライト、オートエアコン、オートクローズドアミラーなど気が利いて便利な機能が付いてこの価格は、安いと思います。
【総評】
前車のミラのように、キビキビした走りに慣れていたので、初めは戸惑いましたが、ミライースは圧倒的に静かで優しい車と感じています。運転の仕方が変わりました。気分良く通勤しています。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
千葉県

新車価格
120万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

日々猫さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デスクトップパソコン
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア3
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費5
価格5

【エクステリア】
 必要十分。小回りのきくほど良い大きさです。
 あの白とも青ともとれる微妙な色が気に入りました。
 
 
【インテリア】
 コンパクトにまとまってます。
 が、車内収納は使いづらいですね。新型ではそのへんも工夫されているようですが。
 小さいゴミ箱やティッシュなど、身の回りの物をちょこっと設置できる場所がない。
 スマホホルダーを設置したかったのですが、取り付けられる場所も取り付け可能な場所もありません。重たいワイヤー式のホルダーを購入し、ポケットを傷つけないようクッションをかませてようやく設置しました。
 それでもセンターポケット(新型ではセンタートレイに代わってますね)にしかクリップをつけられなかったので、支えに使う形になったドリンクホルダーが本来の用途で使えなくなりました。
 純正のオーディオやスピーカーはあまり期待できないと考え、オーディオはケンウッド、スピーカーはカロッツェリアに変更してあります。乗った感じ少々密閉性を感じるほどなので、よほど大音量にしない限り音漏れもなく、音質も車で聞くぶんにはかなり良いです。
 
 
【エンジン性能】
 普通?乗ってる感じとしてはわりとパワフルで、スピードを安定させてしまえば軽自動車とは思えないほど音が静かです。
 坂道発進が弱いのは仕方ないですね。スピードが安定した状態なら、よほど急な坂道でない限りするっと上ってくれるのですが。
 
 
【走行性能】
 空気抵抗がかなり工夫されているのがわかります。横から急な風に吹かれてもハンドルを取られるようなことがなく、そもそもほとんど抵抗を感じません。
 
 
【乗り心地】
 Gクラスはシートリフターが初期装備なので、自分に合わせた調節がしやすいです。ヘッドレストが頭を押さえつけるような角度なので、最初はちょっと首が痛かったです。今の車のヘッドレストって、なんであの角度なんでしょうか…。
 こじんまりとした内装なので、どこでも手が届きやすく、また走りも振動も安定しているので乗り心地がいいです。
 振動や走行時の足元やハンドルに伝わってくる感触といいい、純正タイヤはよくこの車に合わせてあるんですね。
 
 
【燃費】
 普段は坂道多めの通勤距離5kmですが、平均燃費は冬場でも21kmキープです。上々かと思います。
 最高燃費が45km超でしたので、上手に乗れればかなりの燃費の良さを発揮するはずです。
 
 
【価格】
 高いけど、この値段を出しただけあるなーという感じ。
 
 
【総評】
 私の車だけの癖かもしれませんが、アクセルを踏んだ時に一瞬ボッと急加速しようとします。アクセルの踏み加減でだいぶ慣らしては来ましたが、3年乗った今でも少々じゃじゃ馬です。
 
 そしてあくまでも個人的な感覚ですが、車全体の重さのバランスがずれているか、重すぎるのではと思います。おそらくですが、本体がほんの少し重い。緩やかスタート緩やかブレーキのとろい運転者ですが、燃料が満タンだと、ブレーキをかけたときの負荷が想定以上に重い。ワイパーゴムとガラスの接地面や、サイドの窓ガラスの縁が鳴く。妙に振動するんです。
 自転車持ってる方は試してみてほしいんですが、荷物を積んでやたらめったら重くして乗るとハンドルがブルブル震えるはずです。思い切り加速すると振動は軽減しますが、速度が足りないとハンドルの震えは大きくなる、それと同じ現象かと思うのですね。
 
 これ以外はとても快適で乗り心地もよく、燃費がとてもよいので性能に関してはさすがの一言です。
 音鳴りに悩まされたこと、車内収納などの使い勝手がいまいち、などの不満もいくらかありましたので、総合すると☆-1ですね。
 ちなみに音鳴りを申し出ましたら、担当さんと整備の方が相談工夫してかなり軽減してくださったので、とても感謝しています。お店の対応が本当◎でした。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年2月
購入地域
栃木県

新車価格
121万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

川崎のケーズさん

  • レビュー投稿数:121件
  • 累計支持数:4296人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

液晶テレビ・有機ELテレビ
34件
9件
自動車(本体)
36件
0件
カーナビ
14件
18件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格5

値段のわりに装備も満載。スタイルもエッジが効いてカッコよくなったので、さっそく試乗に行ってきました。
ちなみにノンターボということで坂道を取り入れた試乗コースだったことを考慮して読んでいただければ助かります。

【エクステリア】
今までは丸みのあったデザインがエッジをきかせカッコよくなっている。
ヘッドライトも左右3灯づつの計6個のLEDランプ使用によりワンランク上の雰囲気。
テールも角々しく好みのデザイン。

【インテリア】
自分は一つ前のムーヴカスタムに乗っており、さすがにそれには及ばないが値段を考慮すると十分な質感だった。
ツートンのダッシュボードとツートンのシートが良くマッチしていた。
またデジタルメーターを配したインパネもかなり見やすかった。
ただ今回80キロの軽量化で仕方ないのかもしれないが、ドアを閉めた時の感覚がバタンといかにも鉄板って感じだった。

【エンジン性能】
悪い意味で予想を裏切られた。
うるさくはないものの、とにかく走らない。
エアコンON。二人乗車で坂道コースだと仕方ないのか!?
家の周りにアップダウンが多い人は走らないと思ってた方がいいと思います。

【走行性能】
燃費を重視してるせいか、タイヤの空気圧が2.6ということもありかなり固く跳ねる。
がそのわりにコーナーはグニャと曲がる。
足回りと空気圧が合致していない。

【乗り心地】
上にも書いたように空気圧が高いせいか固く、とても乗り心地がいいとは思わなかった。
ここは値段が安いということで自分を納得させた。
ちなみにタイヤは純正用のダンロップエナセーブだった。

【燃費】
エアコンONで坂道を取り入れた約2キロのコースで燃費は10.8km/L。
これをどう取るかはその人の判断によるとは思うが、カタログ通りを期待して試乗に行くと愕然とするだろう。
ちなみに燃費カタログ達成率は32%

【価格】
一番上のグレードでも120万で、サイドエアバッグ、自動ブレーキ、ハイビームアシスト、デジタルメーター、LEDヘッドランプ、フルオートエアコン、オートライト、ABSにTRC.VSCとかなり安い。

【総評】
デザインのカッコよさ。コスパを考えるとお買い得な車だと言える。
ただ走りやカタログ通りの燃費を望む人は必ず試乗した方がいいと思う。
もしも違法でなければ空気圧を2.3ぐらいに落としたい。

帰りはもちろん自分のムーヴで帰ったが、走りや車格の違いを改めて感じた。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
価格
その他
レビュー対象車
新車

参考になった37人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

hamazin40さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
47件
バイク(本体)
0件
21件
ビデオカメラ
0件
7件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格4

試乗して来ました。
内装、外装とも質感も良くコスパは良いと思います。バブル世代にはたまらないデジタルメーターはとても好きですね^_^
飽きの来ないデザインと質感、乗り心地は大したものです。

でも、個人的には買うまでには至りません。

走りそのものは及第点ですが、出足がイマイチです。これにターボさえ付いていれば、燃費の4〜5キロを犠牲にしてでもターボはあった方が良いですね。軽自動車ほどターボとNAの差が顕著な車種はありません。
とても惜しい。。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年7月
購入地域
神奈川県

新車価格
93万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

くるまやおやじさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地5
燃費5
価格5

嫁さんの通勤&買い物用の足として買いました。
ちょい乗りの車としては十分な車だと思います。
北海道なので4WDのGにしましたが、SAVや
シートヒーター、ドアロック連動格納ミラーなど
これだけの装備が標準で付いて込み120万円台は安いと思います。
※私のアルファードにも付いてない装備ですよ!
 
スタイルも私個人は角ばってて好きなデザインです。
※嫁さんは丸っこいデザインが好きでキャストがいいと言ってましたが
  安いのでミライ―スにさせました…金払うのは私なので…

ヘッドレスト一体の安っぽいシートとか多少不満はありますが…
内装は価格のわりにはまぁ満足できる範囲かなってところです。

足回りはスタビライザーが付いていないわりにはしっかりとしています。
乗り心地も悪くはありません。

エンジンはちょっと期待外れかなってところです。
前の車はターボ付きの軽だったので、NAのミライ―スに
パワーは求めていませんでしたが、それでもちょっとパワー不足かなって
感じてしまいます。
エンジン音も室内でうるさく感じます。

燃費ですが長距離移動は私のアルファードで出かけるので
長距離を走ったことがありません。
買い物や片道5Kmの通勤だけなので、リッター17〜18Kmってところです。
まぁ、前のターボ付き軽が10Kmも走らなかったので、十分な燃費だと思います。

メインの車として使うならちょっと?ですけど、セカンドカーとして使うなら
価格や装備などを考えてもお買い得かなと思います。
嫁さんもなんだかんだ言っても気に入ってますし。
必要にして十分な性能だと思います。




乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
買い物
頻度
毎日
重視項目
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年6月
購入地域
北海道

新車価格
133万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
0円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

このレビューは参考になりましたか?参考になった

カメラもっとほしいさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:174人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
85件
自動車(本体)
3件
80件
レンズ
0件
18件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】    軽の規格の中で十分実用的だと思います。


【インテリア】     この価格の中で良くできていると思います。

            シ-トリフタ−、革巻きハンドル、 軽量アルミ、 

            レ−ダ−サポ−ト(かなり優秀です。)

            実用的かつ、快適です。

            だからGSAを選びました。

【エンジン性能】    マイナ−チェンジ前の52馬力、 6.1kgは

             、730kgの車体には、十分で、

            街中でも普通に走って流れに乗れます。
            
            過負荷さえしなければ、静かで振動もあまりありません。


【走行性能】      一般道には、十分、坂道などは、Sレンジで活発

             (Sレンジは、坂道などの為にある)

             早い乗用車には、後れを取りますが、

             遅い車や、トラックなどには、全く負けません。

【乗り心地】      この指定気圧にしては、良いと思います。


【燃費】        通勤(片道6km、信号11か所)で寒い冬で22km/L

           , その他は、25〜27km/Lで

            非常に経済的です。 

            今でも郊外をドライブすると、33km/L〜35km/Lはいけます。


【価格】        この性能でこの価格、納得です。
        

【総評】        今までスポ−ツカ−(320馬力、47.5kg)から軽の

             1BOX(42馬力、5.8kg) まで、約50万km走っていますが、

             軽で、この価格でこの性能、コスパ最高です。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年10月
購入地域
兵庫県

新車価格
121万円
本体値引き額
15万円
オプション値引き額
5万円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった34人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

i-brownさん

  • レビュー投稿数:307件
  • 累計支持数:840人
  • ファン数:18人
満足度4
エクステリア4
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費4
価格3

【エクステリア】
ヘッドライトのデザインはかなり頑張っていて、旧型と比べてランクアップした感じがします。
カタログ写真では、実際に立ってみたときよりも低いアングルで撮影していますので、実物を一度見てみると印象が変わると思います。
サイドのプレスライン、リアのエッジの処理など、今時の流行と空力をしっかり押さえてあります。

【インテリア】
前席シートはアルトに比べると肩周りや腰回りがやや狭く、私の体格にぴったりでした。小柄な方はアルトよりミライースの方が座っていて姿勢が崩れにくいと思います。
見た目は普通の軽自動車ですが、着座位置は思ったより高く感じました。先代で気になった前方上方視界もあまり気になりませんでした。SUV感が強い背もたれを起こした運転姿勢です。
身長162cmの私が後席に座ると頭が天井に当たりました。空力のためにルーフ後端を下げたようですが、後席の居住性にしわ寄せが来ています。ミライースの後席ドアにはポケットが付いていますが、後席居住性そのものはアルトが優位でしょう。
シート生地の色はブラックで、夏場は熱くなりそうです。明るい色の内装の方が広く見えて夏は熱くなりにくいのでは無いでしょうか? (ただし、インパネ正面だけはつや消し黒でないとフロントガラスへの映り込みが気になる)
インパネは中央のナビが手前に張り出しているので、運転席から無理なく手が届くのが良いです。走行中にタッチディスプレイに触れようとしたときに大きな差があります。
インパネ両端にカップホルダーがあり、速度計は中央に速度がデジタル表示してあります。インフォメーション系の機能も多機能なようです。
ターンシグナルは「中立に戻るタイプ」のレバーで、1段階押すと3回点滅、2段階押すと通常のウィンカー動作になっていました。このあたりも新しさを強調しています。
アクセルペダルとブレーキペダルはどちらも小さいです。シフトノブを握った感触はエクステリアに合わせて角張っていました。

【エンジン性能】
エンジンと変速機は先代と変わりません。静粛性はこのクラスの軽自動車にしては優れています。
一般道路なら苦労することは無いと思いますが、高速道路の上り勾配は未知数です。
NAの軽自動車はアクセルを踏み込んだとき「エンジンがうなるばかりで加速しない」状態になるときが一番がっかりするので、それがどのくらいの負荷なのかは重要です。
試乗車はそれまでの学習のせいなのか、細かいアクセルコントロールが難しく予想より加速が敏感すぎることがほとんどなので、購入後どのような車になるかはまた別問題です。

【走行性能】
155/65R14 260kPaなので、アルトの145/80R13 280kPaより運動性能では有利、転がり抵抗では不利です。
試乗車なので急カーブなどの挙動は未知数です。
ブレーキペダルは軽く、初期制動が強いのでコントロールはややしづらいと感じました。

【乗り心地】
特に問題ないと感じました。ダンパーが劣化したら交換するべきでしょう。

【燃費】
軽くなった分、先代よりは良いでしょう。タイヤと変速機が違うので、重量が同じでもアルトを超えることは無いと思います。

【価格】
こんなものではないでしょうか?

【総評】
原点に戻ったアルトに対し、ミライースは現在の流行に合わせて作られています。
車は車らしくと思う人はアルト、流行に敏感な人にはSUVっぽいミライースがおすすめです。

比較製品
スズキ > アルト 2014年モデル
レビュー対象車
試乗

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

家電は国産さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:141人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能3
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
固まり感のある、飽きのこなそうな良いデザインだと思います。
華や所有欲を満足させる要素はありませんが・・・

【インテリア】
意外と頑張っている印象です。
前席にいる分には価格を考えると質感は高いです。
しかし、後席に乗った家内は「安っぽい」と。
後ろは黒一色ですし。わかる気がします。
まあ、四人同時に乗ることは少ないと思いますが。

【エンジン性能】
車体が軽くなったことにより
四人乗車も、市街地走行なら不満はありません。
さすがにエアコンを使用するとパワーは落ちます。
坂道はエンジンがうなります。
でも、それほど不快ではありません。
高速も法定速度巡行なら、100キロ程度の移動なら
何とかなりそうです。

【走行性能】
ステアフィールが、さすがに安っぽい感じがします。
人工的です。コストダウンを感じます。
このあたり、気になる人には気になります。
気にならなければ問題ありません。
また、シートの座り心地は悪くありませんが
やや小ぶりです。
このあたりも、大柄な人には気になりそうです。

【乗り心地】
車高が低く、軽量のタイヤを装着しているためか
望外に乗り心地が良いです。これにはビックリ。

【燃費】
試乗車のデータは13〜14kmでした。
燃費は使い方で全く変わってくるので、何とも言えません。


【価格】
スマアシ3の内容が凄いです。
一番安い仕様に、スマアシを付けた仕様がお買い得です。
(黒内装はスパルタンですが)
我が家で買うなら、試乗車と同じ、最上級グレードの四駆にします。
それでも総額150万円で、お釣りが来そうです。

【総評】
車は道具だと
割り切って乗るなら「大いにアリ」です。
浮いた予算で、静音化を施し、オーディオを充実させる、という手もあります。

普段SUVに乗っている私には「スポーティ」とすら感じるくらい
車高が低いです。

使用目的にあえば
素晴らしい選択肢だと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった20

このレビューは参考になりましたか?参考になった

zx125さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:73人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

【エクステリア】
先代ミライースもそれなりに、面質を工夫して安っぽく見えないような処理がしてあったが、新型はさらに質感を向上した。
デザインテイストは「無機質」だが、「精緻さ」を感じる。チリも非常に少なく、ライバルのアルトよりひとつ車格が上の風情。
老若男女、プライベートにもビジネスにも向く、ある意味薄味だけど、LEDヘッドライトやテールランプ、サイドの面質などで「誰からも嫌われない」デザインだと思う。オプションのフォグライトのメッキべゼルのデザインは完全にやりすぎ。
車ならなんでもいいっていう若者の男子もこれなら抵抗なく選べる。
団塊世代は間違いなくアルトのデザインの方が好きかと。

【インテリア】
ごく当たり前のものが、当たり前の位置にあって非常に使いやすい。シートカラーも平凡ではあるが安っぽくはない。
同社のブーン(トヨタのパッソ)とインパネの見た目質感は同等、もしくはそれ以上。デジタルメーターのため、メーター付近は高級車の風情。細かいところだが、ウインカーやワイパーレバーのデザインもこだわっていて、明らかに他車種流用という感じがしないのもいい。ダイハツは樹脂の質感がいいね。
下手したらトヨタアクアやフィールダーに使ってる樹脂より見た目質感はいいかも。リアシートは分割可倒できないが、そこを求めるならムーブを買うべきかも。

【エンジン・走行性能】
まずは、静か。踏み出しこそ加速は緩やかだが、じわりとアクセルを踏んでいけば速度は乗ってくる。大人3人の試乗でも国道を流すには全く不満はなかった。(そもそもの期待値が低かったせいもあるが)高速や坂道の状態はわからないが、街乗りや通勤の足としては不満がない。

【乗り心地・その他】
低燃費タイヤのせいか硬さは感じるが、不快な突き上げとかは感じなかった。大人3人で乗っていたので、もしかしたら一人乗りだと印象が違うかも。それでも車両価格から想像するほど安っぽさは感じなかった。
遮音も思ったより良いし、ダメダメなことが多い純正スピーカーも(アップグレードパック装着車)FMを聞いた限り決して実用に耐えないというレベルではなかった。

【燃費】
試乗のため不明。でも実燃費リッター20qは期待したい。

【価格】
スマートアシストVが付いていることを考えても頑張ったと思う。特に最上級グレードはシートヒーター、オートハイビーム、コーナーセンサー、自動格納ミラー等高級車顔負けの装備が標準装備で、車両本体120万は素晴らしい。

【総評】
ベーシックカーのスタンダードになりうるし、ヴィッツ、パッソあたりは完全に食える実力。最上級グレードに限っては装備面で完全に160〜180万円ぐらいの普通車を超えている。通勤サラリーマンのセカンドカーとして、大学生や新社会人、免許をとったばかりの若者の1台目として、高齢者の足として、もちろん営業車としても、無機質なデザインさえ気に入れば、スペースユーティリティを必要としないすべての人に勧められる車。車に興味ない人なら、もう車はこれでいいというレベル。

車好きな人なら安いグレードを買っていじってもよし、momoの革巻ハンドルや、ダイアトーンのスピーカー&デッドニングプランまでオプションカタログにあるので、車両本体が安い分、自分だけの通勤快速仕様として豪華オプションを盛り込んでみるのも楽しいかも。


<H29.5.18 追加>
試乗をした印象が非常によく、気に入ってしまったので通勤用として契約してきました。外観を改めて見て、ずっと何かに雰囲気が似ているような・・・と思っていたのですが、わかりました。無機質な感じと、パンと面が張った感じがフォルクスワーゲンUP!を一回り小さくした感じに似ています。試乗車が14インチを履いていて、タイヤが大きく感じたのもそのせいかも。成約プレゼントで頂いたミニカーが、やけにカッコよく見えたのですが、実写と比べてみるとミニカーの方が車高が低い。エアロつけずに気持ちローダウンしたらカッコよくなりそうです。

今回契約したのはパールホワイトの最上級グレードにナビ、バイザー、マットとMOMOステを付けました。
なかなか人気があって、納車は6月末ぐらいのこと。値引きは新型ということもありキャンペーンの64,800円に下取り数万ってところでした。

レビュー対象車
試乗

参考になった73人(再レビュー後:48人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

windows8&XPさん

  • レビュー投稿数:106件
  • 累計支持数:2486人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
31件
6件
シンセサイザー・キーボード
4件
24件
ノートパソコン
7件
11件
もっと見る
満足度5
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費4
価格3

私の車バカが認められた(?)のか、新しい営業車の決定権を頂いたのでこれに決めました。
以下、決めるにあたっての経緯をまとめたいと思います。

【エクステリア】
先代よりもシャープになったような気もするし、でも先代の方がまとまりはあったような気もするし。
ただ、アルトのダサいドジッコみたいな顔よりは遥かにいいです。

現にアルトのエクステリアが苦手で避けている方もいるでしょうし。

【インテリア】
社有車ということで一番安いモデルですが、そこまで手抜きな感じでもなさそうでした。

実際に見ることができたのはXグレードでしたが、上位モデルは更によくできている感じです。
ヘタな軽よりはよっぽどまとまっていると思いますよ。
ドリンクホルダーも、ポケットの数も全く不満ではありません。

【エンジン性能】
ここが最大の決め手でした。
エコを謳った他の軽(例えばアルトとかekワゴンとか)はとにかくモッサリしていてストレスがたまる。
一方で、こちらは車体の軽さもあり、出だし、車速維持、加速すべてがクラス以上の実力だと思います。
やっぱり長距離移動することもあるのでここは大事ですよ。

また、吸音材等はほとんど入っていないと思われますが、それでもエンジン音が大分静かだったので
凄い技術力だなーと感心させられました。

【走行性能】
ちょっと町乗りにしては足回りが硬めな気もしましたが、重い荷物を載せて走り回る営業車としては硬い方が有難いです。
軽は頼りないハンドリングの車も多いのでこれくらいが普通になってくれればいいと思うんですが。

【乗り心地】
硬さもあって、道路のつなぎ目等のショックはもろに伝わってきます。
また、腰の辺りに違和感を感じましたが、これはシートと合っていないのかな。

この辺は少し残念ですが割り切りましょう。

【燃費】
ここがポイント。アルトはとにかく燃費燃費・・・と数字を求めてきました。
一方、ミライースは先代からアルトに追いつこうという姿勢は薄かった。それでも売れた。

つまり、お客はミライースに燃費をさほど求めていないのでは?と気づいたらしいです。
なので、新型の燃費は先代と全く変わらず。でも、この走りで同じ数字を維持できるのは凄いと思いますし、
実際そこまで大きな差ではないので、乗っていて気持ちのいい方を選べばいいんですよね。

【価格】
今回購入することになったBスマアシモデルで90万。昔は70万くらいで買えたイメージなんですが・・。
ちょっと残念です。

【総評】
採点項目にはありませんが、スマアシがかなり進化したのも大きいですよね。
今までのスマアシは無いほうがいいレベルでしたが、今回のはかなり実用的です。
しかも、それが一番安いモデルにも設定されているということと、約6万円で装着できるというのも大きな魅力です。


「第3のエコカー」と今まで謳ってきましたが、新型では「燃費がすべてじゃない!」と来たので何とも驚きです。
そういう感覚が、世の中にもっと広まってくれればいいのですが。


(購入情報はB SAVの情報ですが、試乗車がX SAVだったため、車両情報はX SAVとしています)

乗車人数
1人
使用目的
仕事用
頻度
毎日
重視項目
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年5月
購入地域
石川県

新車価格
108万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
5万円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

あくとうさん

  • レビュー投稿数:90件
  • 累計支持数:6756人
  • ファン数:30人
満足度3
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格3

おねいさん「今回は 第三のエコカー(死語) ミラ イースです。でも先代でCMで連呼されてた第三のエコカー。そもそもこれってなんなんでしょう?」
モ愚タン「電気自動車、ハイブリッドに続く、頑張って燃費よくしたガソリンエンジンです。(爆) メーカーの都合により、高く売れるEV、HVにばかり研究が集中されてたんだけど、中小のメーカーは大規模な投資は出来ない。だから今までのエンジンを改良することで生き残りをかけたんだよね。まあ、スバルは早々に試合放棄してトヨタに走ったけど。(涙)」
お「当時はガソリンエンジンは排気損失、冷却損失などで、7割近いロスがあるけど改良してもたいして先がない、って空気だったようだよね。」
モ「で、それにメスを入れて 第三のエコカーとして爆誕したのが!

     ・・・マツダ デミオです。

お「・・・。」
モ「SKYACTIV 衝撃のデビューでした。・・・一部の人にだけは。」
お「ミラ イースが先駆けかと思ってました・・・」
モ「ここが、マツダのアカンところですよね。漠然とSKYACTIVって言われても意味わかんなかったし。(笑) CMで鬼の様に「第三のエコカー」連呼していたイースに全部持っていかれましたよね。」

お「さて、今回のイースはどうなんでしょう?」
モ「先行者としてのプライドをかなぐり捨てて、舐める様にアルトを味わい、ネガな部分を徹底的に洗い出し、パクられた部分は倍返しで取り返し、おいしい部分はごっそり移植し、ユーザーが日常的に使うシチュエーションにおいて『嫌われない』クルマとして組み上げて、スズキをキャン言わしたろうとブッ込んだのが今回のイースです。」
お「いきなり結論かよ!」

モ「いやー、現行アルトをこんな短期間でここまで噛み砕いてわかりやすく再構築するんか、とビビりました。」
お「はあ・・・」
モ「現行のアルトは90-00年代のフランス車的な、見栄えよりも実用。走らせてナンボだよーん、みたいな道具的な割り切りがあって、その潔さと軽めでありながら芯のある走りが心地いいんだけど、そこはわかりにくーい世界。たとえば今のフランス車はトラブルも減ってるし、なにより安っぽくなくなった。ドイツ車と似たような性能で、よりシャレオツで乗り味もマイルドですがな、って言えばわかりやすいし、売りやすい。わかりにくいクルマなんて売れないんですよ。」

お「イースはわかりやすい?」
モ「それは、アルトの劣勢なところを抜き出せば一目瞭然です。」

1.デザインが変 
アルトは曲線を多用した異常に凝ったデザインですが、一般的には変、という意見が大勢。今回、全然目新しさは皆無ですが見栄え良く、万人受けする角ばったデザインでアルトを駆逐です。

2.内装が変
アルトのインパネの安っぽさは異常レベルです。使い勝手の悪いカップホルダーをエアコンの開口位置に移動でそれだけで大勝利。収納も全然ないアルトに比べて申し訳程度に充実しています。

3.なんか安全性低そう・・・
スマアシ3を新採用。上位グレードにサイドエアバック、多くの車種にコーナーセンサーを装備。役に立つかはともかく気分的には安全性が爆上がりです。まあ、後部座席は涅槃で待つ、レベルなのは同等。(爆)

お「・・・走らせるとどうなんですか?」
モ「ちょうど試乗してた時に現行アルトが飛び出てきたので、ちょっとバトってみました。」

アルトだとォ!?ふざけんなァ

ギャアアアアア

どうしたんだ 今日に限って(棒) イースがやけにノロく感じる!!
クソッタレが セカンダリータービン止まってんじゃねーのか!!(そんなんありません)

モ「・・・まあ、ダイハツの社長がフカすように劇的に加速が変るわけないじゃん。今までのような踏んでも不感症なアクセルが、愛想をしてくれるようになっただけマシになりました。だいたい、今までのが酷すぎですよ。アクセルレスポンス悪かったら、踏む→スピード上がらないからまだ踏む→遅れて反応するんで踏みすぎでブレーキ→繰り返し で、実燃費はいつまでも酷いまま。発表会でのユーザーは燃費をそんなに気にしてねーんだよ、って社長のコメントはアホかと。形骸化したカタログ燃費はともかく、実燃費は相当関心高いです。(怒) エンジンの感触は重くてあんまり元気には回ってなさそうな感じですが、音としては60-70キロ程度ならそんなに苦しそうな音は発しません。実用域重視はいいんだけど、高速域でヨタヨタになったやだなあ。誰か高速とか試してください。(丸投げ)」
お「なんで自分で確かめないの?」
モ「パッソとワゴンRで恐い目にあったから。(よそ見)」
お「他には?」
モ「乗り味はゴツゴツだし、ロードノイズも微妙。まあこれはイースのせいじゃなくていつものエコピア パイセンの工作ですよ。タイヤをミシュランやダンロップとかならルマンくらいまで上げてやれば驚くほど印象変わるでしょうねえ。池谷パイセンなら言うだろうね、

今までのウンコタイヤじゃどうにもなんねーからな

お「イニDですか!」
モ「よくできたアルトのジェネリック カーだよな。現行アルトも初代イースのジェネリックみたいなのに、チープシックでアヴァンギャルドすぎて突然変異種みたいだけど。(爆) ここまでやり抜くとはもしかするとダイハツが誰よりもアルトをリスペクトしてるか。或いは憎んでいるかだな!なにこのドロドロの愛憎劇。」
お「昼ドラですか!」
モ「リアハッチを開くと、目の前に広がる光景はまんまアルト。リアシート倒すとこや、パンク修理キットを入れたトランク部もヘッドレスト一体式のシートも。前モデルはまだ手を入れてあったけど、今回はアルトレベルにばっさりコストカット。 正気になってよく見てみたら要所要所見栄えよくしているだけでアルトと差は少ないんだけどね。ここは相変わらずダイハツはうまい。」

モ「ここまでやるならラインナップまで完コピでミラ イースTR-XX作ってよ! あんなブクブク太ったキャスト スポーツや雰囲気カーの2代目コペンより。切にお待ちしております。」

レビュー対象車
試乗

参考になった58人(再レビュー後:43人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

キャパ20万キロさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
0件
7件
ノートパソコン
0件
3件
タブレットPC
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

あまり車には詳しくはないですが
試乗するまでは軽は一生乗るつもりはなかったのですが
10年前の軽とは比べ物にならないくらい振動がなくエンジンも静かで
考えがかわりました

気に入ってるところは燃費です20くらいは軽く走ります
燃費以外では乗り心地が良いのとメーターが未来的で
カッコいいところです

悪いところは 視界があんまり良いとは言えないところです
慣れれば気になりませんが 最初は注意が必要です

最近の軽は 凄いですね エンジンは非力ですが
3気筒とうのが気が付かないくらいです
今 購入して半年が過ぎましたので 総合評価は5です

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
頻度
毎日
重視項目
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2016年10月
購入地域
新潟県

新車価格
102万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

ミラ イースの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

ミラ イース
ダイハツ

ミラ イース

新車価格:86〜137万円

中古車価格:3〜139万円

ミラ イースをお気に入り製品に追加する <244

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ミライースの中古車 (全2モデル/6,894物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意