ルノー カングー 2009年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ルノー > カングー 2009年モデル

カングー 2009年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:カングー 2009年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
ゼン 2018年4月2日 マイナーチェンジ 3人
ゼン 2016年7月21日 マイナーチェンジ 2人
ゼン (AT) 2016年7月21日 マイナーチェンジ 1人
クルール (MT) 2015年10月22日 特別仕様車 1人
ペイザージュ 2015年6月4日 特別仕様車 1人
ゼン (MT) 2014年5月22日 マイナーチェンジ 3人
ゼン 2013年8月29日 マイナーチェンジ 1人
クルール 2012年5月17日 特別仕様車 1人
ベースグレード 2011年9月6日 マイナーチェンジ 1人
ベースグレード (MT) 2011年9月6日 マイナーチェンジ 1人
1.6 2009年9月1日 フルモデルチェンジ 1人
満足度:4.44
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:19人 (プロ:3人 試乗:2人)
  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.51 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.75 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 3.63 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.32 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.42 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.08 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.93 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

カングー 2009年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地2
燃費3
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

ビポップ

2009年に発売された2代目カングーは、ボディサイズが格段に多くなって別のクルマのようになった。本国では商用車として使われていて、そのためにはCプラットホームの大きさが適当ということだったようだ。

取り回しなどを考えると、日本ではボディの拡大は必ずしも歓迎できる話ではないが、これによって室内空間が大きく拡大したのも確かである。快適装備や安全装備は乗用車系のクルマと同じ充実度である。

搭載エンジンは従来と同じ直列4気筒1.6Lの自然吸気DOHC。ただ改良を受け、パワー&トルクは78kW/148N・mに向上している。特に優れた数値ではないが、大きく重くなったボディに対して不満を感じることはない。まずまずのトルク感があるので1500kgに近い重さのボディに対しても負けていないのだ。

トランスミッションはマニュアルモード付きの4速ATと5速MT。あえて5速MTを用意したのは評価できる要素で、カングーでMT車を選ぶユーザーはせいぜい10%くらいだろうが、そうしたユーザーの期待に応えた点は評価していい。

試乗したのは4速AT車で、ATの変速フィールは特に不満はなかった。ただ、今どきのクルマとしては4速ではなく5速が欲しいところ。今回からマニュアルモード付きになっただけに、余計に5速ATが欲しくなる。

足回りは柔らかめの印象で、コーナーではそれなりにロールする。乗員や荷物の多いときと少ないときで、重量が変化してもクルマの姿勢が変わらないようなサスペンションチューニングがなされているとのことで、ロールはするものの安定感はまずまずだった。

2010年に追加されたビボップは、後部のルーフがオープンになる変わったボディを持つクルマ。グラスルーフとテールゲートのガラス部分を開けて走ると、後部の屋根がなくなった形になり、正に開放感いっぱいの走りが得られる。思い切り遊び心で楽しく乗るクルマである。

この形でルーフとバックドアを開けて走ると相当に目立つのは請け合いで、周囲のクルマからじろじろ見られることを覚悟する必要がある。というか、そんて風に目立ちたい人には絶好のお勧め車になる。

ただ、いっぱいの開放感が味わえるのは後ろの席で、運転する人はあまり恩恵を受けられない。また後席への乗降性があまり良くないのでもうひと工夫欲しい。カングーが4ドアであるのに対しカングー・ビボップは全長の短い2ドアであるため、乗降性で不利になるのは止むを得ない部分でもある。

標準のカングーと違ってビボップは本国にもマニュアル車しか存在とのことで、日本仕様も右ハンドル車ながら5速MTだけの設定。これだとユーザーが限られてしまうのは避けられない。ATがあればおもしろがって買う人がけっこういるのではないかと思うと、少しばかり残念である。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

カングー 2009年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

カングー
ルノー

カングー

新車価格帯:254〜270万円

中古車価格帯:35〜329万円

カングー 2009年モデルをお気に入り製品に追加する <132

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意