ホンダ CR-Z 2010年モデルレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > ホンダ > CR-Z 2010年モデル

CR-Z 2010年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:CR-Z 2010年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
α・Master label 2013年10月10日 マイナーチェンジ 1人
α (MT) 2012年9月28日 マイナーチェンジ 1人
α・Master label 2012年9月28日 マイナーチェンジ 2人
α・Master label (MT) 2012年9月28日 マイナーチェンジ 3人
α 2011年8月8日 マイナーチェンジ 6人
α (MT) 2011年8月8日 マイナーチェンジ 2人
α・Black label 2011年8月8日 マイナーチェンジ 3人
α 日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞記念車 2011年1月14日 特別仕様車 1人
α 2010年2月26日 ニューモデル 23人
α (MT) 2010年2月26日 ニューモデル 7人
β 2010年2月26日 ニューモデル 2人
β (MT) 2010年2月26日 ニューモデル 2人
満足度:4.39
(カテゴリ平均:4.30
レビュー投稿数:98人 (プロ:1人 試乗:2人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.68 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.95 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.03 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.24 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 3.94 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 4.27 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.63 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

CR-Z 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェショナルレビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「使用目的:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ゴライアスさん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:146人
  • ファン数:21人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
788件
スマートフォン
4件
432件
自動車(本体)
4件
419件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格4

短時間の試乗による「第一印象」です。

1.エクステリア
どこから見てもCR-Zとわかる、個性の強いデザイン。
シャープなキャラクターラインとふっくらとした丸みをうまく融合し、塊感と造形美を感じさせるいいデザインですね。市販車にありがちな「腰高感」もなく、デザインと日常性をいいところでバランスしています。フロントガラスをもう少し前に出し、ノーズが短く見えると、より現代的なプロポーションになったとは思います。

2.インテリア
メッキパーツの使い方が効果的で、嫌みな感じがありません。地味すぎず、やり過ぎ感もない、ちょうどいいスポーティー感ですね。インパネに並ぶサテライトスイッチと、ブルーを基調として3Dっぽい視覚効果を狙ったメーターパネルは「近未来車」的演出でとてもいいですね。表示される情報も、ハイブリッド車として適度で、必要以上に煩雑にならず、うまく整理されています。居住性に関しては適度な包まれ感と快適性のバランスがとれています。スポーティーカーはフロントガラスの上端が頭に近くなりすぎて圧迫感が出ることが多いですが、この車はそのような圧迫感もなく、良く練られていますね

3.エンジン性能
当然、モーターとCVTを含む総合評価です。まずはスポーティーカーとしての加速感ですが、「胸のすく気持のいい加速」という表現がぴったりだと思います。スポーツモードはもちろん、エコモードであっても、アクセルを全開すれば
いつでもこの気持よさが味わえます。体感的には2000CCクラスのセダンより速く、グーっと引っ張られる心地よい加速感です。パドルシフトを使わなくても、ダイレクトでスポーティな加速を味わえるのはすばらしいです。エコカーというより、モーター過給器を持ったスポーティーカーという印象です。ターボ車や2500CC以上のスポーツカーに乗っている人にとってはものたりないと感じるかもしれませんが、そんなことは最初からわかっていることなので
絶対的加速力をごちゃごちゃ言っても無意味だと思います。エコモード時のアイドリングストップがこまめに効くことも好印象。試乗した日は少し汗ばむくらい日差しが強く、エアコンをかけていましたが、毎回エンジンはストップし、(送風はOFFになる)しかも停止直前にはすでにエンジンは止まっていて、再始動も早く、スタートでもたつくこともありません。こういうところも、現代の車を感じさせる楽しい要素です。

4.乗り心地
それなりに引き締められた足ですが、固いとか突き上げが強く不快な感じがなく快適です。そういう点ではむしろFITより乗り心地がいい感じで、価格相応にしっかり作られていいますね。日常使う乗用車として全く文句のない、しっかり感を伴った乗り心地になっています。

3.総評
日常性とスポーティー感を見事にバランスしたすばらしいパーソナルカー。この不景気、クーペが全く売れないという時代背景にも関わらず、こんな車を発売したホンダに敬意を表したいですね。設計開発者、この車の発売にGOサインを出した人、その勇気と決断はすごいと思います。私は特定のメーカーをひいきにするタイプではありませんが、ホンダを見直しました。他社の二番煎じでその市場をごっそり持ってゆくような商売をするメーカーもある中、ホンダは創業者の意思をしっかり受け継いでいるなと思いました。ゼロヨンとか、サーキットのラップタイム、昔の何々という車より遅い等、全くピント外れな批判をするユーサーもいるようですが、そんな雑音にふりまわされて迷走せず、この車の本来のコンセプトを大事にして作り続けていって欲しい。マイナーチェンジ担当者がアホでないことを切に祈りたいです。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格

参考になった25

このレビューは参考になりましたか?参考になった

skyline.Rさん

  • レビュー投稿数:207件
  • 累計支持数:2050人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
122件
314件
バイク(本体)
5件
3件
ゲーム機本体
7件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア3
インテリア4
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格3

CR−Zを試乗してきたので個人的な意見ですが、皆さんの参考になればと思い書かせて頂きました。

【エクステリア】
賛否両論あるとは思いますが、私個人的にはいいと思います。
といいながら☆3にした理由は…
リアからサイドまでのデザインは☆5でもいいです。
でもフロントのグリルがバランスを崩しているような気がしてなりません。
このデザインならライト系の色よりもダーク系の色の方が似合っていると個人的には思います。

【インテリア】
まずはメーターがカッコイイです。
運転の状況によって色が変わるのはいいですが、赤はワーニング系の色なので他の色がよかったかも知れませんね。
全体的に高い素材は使っていませんが、安っぽさを感じさせない工夫がされていてよかったですね。
車検証上では4人乗りになっていますが、この車に4人乗るのは相当キツイと思います。
チャイルドシートは付かないこともないでしょうけど、子供が少し大きくなったらイスをたくさん蹴られそうです…。
後部座席は荷物置き場と割り切った方がいいでしょうね。
純正のフロアマットも後部座席にはないようですし…。
どうせなら海外仕様のように2座にした方が軽量化にもなっていいと思いますが。

【エンジン性能】
排気量は1,500ccですが、1,500ccとは思えませんでした。
ただ、ハイブリッドカーというよりは電子加給機付きの車という感じがしました。
スポーツモードにすればアクセルの反応もよくスポーティで楽しく運転できますし、エコモードにすれば強制的に燃費のいい運転(お仕置きモード?)ができますから色々な場面で使い分けられるいいエンジン(?)だと思いました。

【走行性能】
エコカーは遅いというイメージをいい意味で打ち破ってくれたと思います。
エンジン性能にも書きましたが、スポーツ・ノーマル・エコのモードで全く別な車になります。
モードの設定でエンジン特性の他にハンドリング特性も変えられるのはいいと思います。
スポーツとエコだとかなり差がありましたよ。
ATもパドルシフト付きでお手軽で簡単にスポーツ走行が楽しめると思いますが、私個人的にはMTの方がスポーツ度が高いと思います。

【乗り心地】
乗り心地重視の車ではないので、若干硬めな感じがしました。
私個人的には適度な硬さでいいと思います。
ただ、クーペに乗りなれていないと乗り降りがツライかもしれませんが…。

【燃費】
色々な人が色々な運転で乗る試乗車の燃費で20km/Lも走っていればいいと思います。
あのエンジンフィーリングで20km/Lも走れば文句はないと思いますよ。
MTなら車重も軽いですし、運転の仕方でATの燃費を抜けるかもしれませんね。

【価格】
ターゲットが40代から50代との話なので車格には若干高めのような気がしますが、内容を考えればVSA(任意でカットできるのはいいですね)も付いていますし、まずまずの価格になるかと思います。
ただ、こういった車には車の楽しさを知らない若い人にこそ乗って欲しいと思うのでもう少し頑張って価格を下げてもらえればと思います。

【総評】
スポーツとエコを両立させたいい車だと思います。
車が好きな人は一度試乗してみた方がいいと思います。
車としてはクーペモデルということもありますが、この車1台で全てをこなすのは難しいと思います。
人も荷物も乗せられる車ではないので独身の人やセカンドカー的な使い方をする人なら問題はないと思います。


乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ
価格
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

cistさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:225人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
9件
29件
デジタル一眼カメラ
1件
7件
掃除機
2件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費無評価
価格4

過去にCVT車の試乗はしましたが、運良く6MTの試乗タイミングにめぐり合い、順番を辛抱強く待ってついに試乗できました。

【エンジン性能&走行性能】
 少々トリッキーなバイパス往復コースにあわせて紹介します。SPORTモードのみ。
 自車(DC2 96spec-R)との比較をところどころに織り込みます。

@発進
 発進加速はとても力強い。ゼロ発進は自車より強力で「2000ccクラス並の低速トルク」は決して大げさではない。

Aインターチェンジ進入(中速左コーナー)
 2速で進入。立ち上がりで全開。強力な中速から伸びやかにレブリミット(6,300rpm)まで吹けあがる。
 3速に入れて幹線に合流。3速の加速は「吹けきり」感のある2速とは違い、全負荷加速をきれいにまわす。スポーティーだ。

B左中速コーナー
 左コーナーは3速で進入。クリップ付近に段差あり。
 自車を含め、それなりにバンプするのだが、ほとんど気にならない感じで踏ん張りながらそれを吸収。「ベストハンドリング」の呼び名が高いストリ−ムRS-Z(先日試乗済み)と似たセッティング。しなやかだが、よく踏ん張ってよく曲がる。
 
C右ヘヤピン
 下りながら2速で進入。クリップ付近で右車線に車線変更したが、ふらつきなし。
 全開で立ち上がる。1500ccとは思えないトルク&パワーであっさりと吹けきり3速へ。
 R系VTECのような高回転でのパンチはないが、フィーリングはDOCHそのもの。レブリミットはたったの6,300rpmなのに。たいしたものだ。

D左高速コーナー
 ヘヤピン立ち上がりから軽く上りながら3速で進入し、ほぼ全開で立ち上がる。この3速がとても気持ちよい。ほとんどロールせずにオンザレールで曲がりきる。
 排気音は音量は少なく迫力はないが、なかなかがんばっている感じ。音量を求める方は、社外マフラーをどうぞ。

Eストレート(安全運転)
 5速、60km/hからでもアクセルを踏めばあっさりと加速する。不思議だが、2000cc の余裕そのものの感覚だ。自車より乗りやすく、それなりにスポーティー。これは立派だ。

 そんなこんなで試乗は終了。

【その他】
 後方視界は、私の着座姿勢だと透明ガーニッシュとリヤウィンドウの境目のフレームが、後続車のフロントウィンドウに位置し、とても見づらい。でも、CR-Xの末裔だから仕方なし。

【総評】
 CVTとはまったくの別の車のようです。AE86と初代CIVIC Siにも乗っていましたが、はるかに速く、スポーティーです。サイバーCR-X Siをも凌駕しています。まったくもって「立派」というのが正直な感想です。この車の真髄は、6MTにあり。

 Fit RSより100kg重く、6ps低く、レブリミットは500rpm低いエンジンで、ここまで気持ちよい車に仕立て上げるのだから、たいしたものです。

 走りに関して「ほらほら、ここが『電気』ですよ」的な押し付けがなく、ただただ自然な走りを追求したセッティングはホンダらしい。そしてスイッチひとつでFit並の低燃費を実現します。面白い車です。

 しかし、ホンダが『スポーツ』と銘打つにしては、『花』が少ない気がします。SOHCでレッドゾーンは6300rpm、システム最高出力は127ps、まったくときめきません。『R』ではないので、8000rpm超えの必要はないでしょうが。乗った感じは間違いなくスポーツ車で気持ちもよい『名を売って実をとった』車ですが、『スポーツ』にはある程度『名』は必要なのだと思います。 

 ともあれ、『鉄腕アトム』のような車は『プリウス』ではなく『CR-Z 6MT』だと思います。

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
スポーティ

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

sCoTTie_NAKAZAWAさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度2
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地2
燃費3
価格2

見た目と燃費で買いました。まさに高級スポーツという質感と燃費も20q/l行けそうなので大満足です。
大不満点としてはスピーカーのショボさです。音域は狭いし、低音も出てないしで最悪です。程々で良いと思って純正にしたのですが、最近の純正がここまでひどいとは…。詳しい方、CR-Zにぴったりのスピーカー教えて下さい。買い替えます。
あとナビも酷評しましたが、バックモニターが意外と使える、というか必須なので純正ナビの方が良いかもしれません。

以上。不満点も無くもないですが、それを打ち消す質感があります。素晴らしい車なので長く大事に乗りたいです。

乗車人数
1人
使用目的
その他
頻度
毎日
重視項目
その他

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

サルサマさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
2件
docomo(ドコモ)携帯電話
0件
1件
スマートフォン
0件
1件
もっと見る
満足度3
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能2
走行性能2
乗り心地5
燃費4
価格3

あまりの格好良さに、生まれて初めて車の試乗をしてきました。
父親がプリウスに乗っていて、ハイブリッド車の走りに関するイマイチさは解っていましたが、ホンダならと言う期待で乗りました。オートマだったからなんともいえないのですが…
期待した気持ちよさは無かったですね。もちろんプリウスと比べるなら断然キモチイのですが、あのホンダ特有のエンジンの噴け上がりは無かったです><MTでなら体感できるのでしょうか?モヤモヤが抜けきらず前から気になっていたアルファロメオのmitoの試乗にも勢いでそこからいきました!

良き時代のエンジンではありませんが、1.4マルチエアだっけ?ターボ車。
ビックリする程、噴け上がりました!燃費は…たぶん平均10ぐらい?
なんか昔のホンダを感じました。

一時事故や違反が多く戒めで、ホンダZって軽のターボに乗っていましたが、これがメチャ走って流石ホンダ、軽でもここまで仕上げるのかって驚いたものです。
軽と言えばビートも乗ってましたが、普通の路地で1速9000回転みたいな…、走り方ができるとんでもない車でした。本田宗一郎がいなければこれは世に出なかったと思ったもんです。

いろいろ脱線しましたが、CRZはハイブリットとしては良い車です!ただホンダのエンジンパワーなどのパフォーマンスを期待するにはちょっとどうかなって思います。でも売れて欲しい。デザインめっちゃ好きなので町中に走っているのを見たい!

乗車人数
2人
使用目的
その他
頻度
月数回以下
重視項目
快適性
エコ
価格

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

CR-Z 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

CR-Z
ホンダ

CR-Z

新車価格:226〜294万円

中古車価格:26〜299万円

CR-Z 2010年モデルをお気に入り製品に追加する <140

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CR-Zの中古車 (381物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ViiBee
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意
CR-Zの中古車 (381物件)