『2013年式の初代Spaciaターボと比較 & 昇降式充電プラグなど』 三菱 i-MiEV 2010年モデル PC楽しむおやじさんのレビュー・評価

> > > > > レビュー・評価
このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > 三菱 > i-MiEV 2010年モデル

『2013年式の初代Spaciaターボと比較 & 昇降式充電プラグなど』 PC楽しむおやじさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

i-MiEV 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:95件
  • 累計支持数:1706人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
4件
1427件
薄型テレビ・液晶テレビ
5件
134件
エアコン・クーラー
3件
23件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格5
2013年式の初代Spaciaターボと比較 & 昇降式充電プラグなど

再生する

作例
充電プラグの昇降

充電プラグ昇降器

充電操作箱正面

充電操作箱内部

超遅まきながらのレビューで失礼します。

東芝製SCiB-LiBの良さに惹かれ、Spacia-Tから同年式のi-MiEV_Mに乗り換えてみました。
(色はよく見るパールホワイト+ブルーのツートンです)
防災も主目的なので、急速充電口からAC100V1500Wが外部給電できるPowerBOXも揃えてみました。

そこで、性格が真反対な両車を、バッサリ比較してみました・・・

・ステアリングは
Spaciaが素直、i-MiEVは切った後の戻り力が無くゴーカートのよう、遊びは少ないので許せる。
軽のタイヤサイズに普通車並みの荷重が掛かったFR駆動が招いた結果?
(うーん、軽EVの難しさを知ったかも、それともi-MiEV特有か?)

・車両重量
Spacia-Tは870kg、i-MiEV_Mは1,070kgと見た目より重い。

・乗り心地は
車両重量が200kg重いi-MiEVが当然良く、1000〜1300cc車に近いほど細かい振動が減って疲れない。
Spaciaは軽くて細かい振動多く一般道での長距離は意外と疲れた。

・タイヤ空気圧からも
Spacia-Tは280kPaと高くて車重が軽く、やや跳ねる感じ。
i-MiEV_Mは250kPaとやや高めでも車重が重く、跳ねる感じが少ない。

・荷物搭載量
両車とも後席倒した場合、Spaciaが約2倍ほどで圧倒的有利。
i-MiEV_Mも工夫次第で何とかなる。

・0-100km/h加速時間
Spacia-Tは約10秒(音はうるさい)
i-MiEV_Mは20秒をやや超え、30km/h以降の加速が物足りない。

・高速道路走行性
Spacia-Tは100km/h超える連続巡航も全く不満なし。怖いほど走る。
i-MiEV_Mは(EV全般に)高速巡航が不向き、空気抵抗で電池激減り。

・市内走行性
i-MiEVが静かで心地よく疲れない。電費も激安。

・スタイル
i-MiEVの可愛い外観形状は好み。Spaciaはハイト系の機能美。
内装はSpacia-Tが圧倒的に便利で今風。

・後席ドア
Spaciaは電動スライドドア、オートクロージャー付。i-MiEVは普通のヒンジドア。

・座面地上高
Spaciaは少し高めで見晴らしよいが、頻繁に乗るときはやや高く感じる。
i-MiEV_Mは丁度よい高さで使いやすい。アルト・エコやPriusのように低く過ぎなくて乗り降りしやすい。
これはチョイ乗り多発な軽として意外に良かった。

・最低地上高
i-MiEVは電池が予想以上に床下から出派っていて、田舎の路面凹凸で腹をこすりやすい。
街乗り専用と思わせる低い最低地上高だった。
低めのPriusより低かったのにはやや驚いた。気をつけないといけない。

・PowerBOXの使用感(Priusの1500W,AC給電コンセントと比較)
(1)使えるが操作と扱いが煩雑過ぎる。時々使っていないと緊急時使えないほど面倒。
(2)重くて大きく、扱い難い扁平形状。
(3)夜間の防災給電では盗難防止が難しい。
(4)18万円の価格は今や余りに高価(個人では買わない?価格、新古でも11万ほど)
 以上から、操作性の設計の詰が甘く却って高価になっている。
他社のHVやPHVは7万円でMOP可能で、コストと使い勝手がよい。
今後の新型EVは、動力電池からのACインバータは標準組込が防災上最良であり、EVとして真価がある。

市内や近辺専用のEVとして、安い深夜電力で充電する使い方では、この車は最良です。

EVとしての優位性は、他の方が書いておられることに同感であります。

<2020.4.21 追記>
Prius PHVに倣って、充電プラグの昇降器を造りました。
i-phoneでの動画が上手に撮れず見難くなったことお詫びします。
クチコミで書いた自作充電操作箱も併せて写してみました。
標準付属の充電ケーブルでは100V充電はできなかったので、リーフ用をヤフオクで注文し100Vアダプタコードを自作してかませようと思います。
Prius PHVよりもあれこれすることが多いi-MiEVでしたが、趣味として楽しさがありました。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった9人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格5
2013年式の初代Spaciaターボと比較

超遅まきながらのレビューで失礼します。

東芝製SCiB-LiBの良さに惹かれ、Spacia-Tから同年式のi-MiEV_Mに乗り換えてみました。
(色はよく見るパールホワイト+ブルーのツートンです)
防災も主目的なので、急速充電口からAC100V1500Wが外部給電できるPowerBOXも揃えてみました。

そこで、性格が真反対な両車を、バッサリ比較してみました・・・

・ステアリングは
Spaciaが素直、i-MiEVは切った後の戻り力が無くゴーカートのよう、遊びは少ないので許せる。
軽のタイヤサイズに普通車並みの荷重が掛かったFR駆動が招いた結果?
(うーん、軽EVの難しさを知ったかも、それともi-MiEV特有か?)

・車両重量
Spacia-Tは870kg、i-MiEV_Mは1,070kgと見た目より重い。

・乗り心地は
車両重量が200kg重いi-MiEVが当然良く、1000〜1300cc車に近いほど細かい振動が減って疲れない。
Spaciaは軽くて細かい振動多く一般道での長距離は意外と疲れた。

・タイヤ空気圧からも
Spacia-Tは280kPaと高くて車重が軽く、やや跳ねる感じ。
i-MiEV_Mは250kPaとやや高めでも車重が重く、跳ねる感じが少ない。

・荷物搭載量
両車とも後席倒した場合、Spaciaが約2倍ほどで圧倒的有利。
i-MiEV_Mも工夫次第で何とかなる。

・0-100km/h加速時間
Spacia-Tは約10秒(音はうるさい)
i-MiEV_Mは20秒をやや超え、30km/h以降の加速が物足りない。

・高速道路走行性
Spacia-Tは100km/h超える連続巡航も全く不満なし。怖いほど走る。
i-MiEV_Mは(EV全般に)高速巡航が不向き、空気抵抗で電池激減り。

・市内走行性
i-MiEVが静かで心地よく疲れない。電費も激安。

・スタイル
i-MiEVの可愛い外観形状は好み。Spaciaはハイト系の機能美。
内装はSpacia-Tが圧倒的に便利で今風。

・後席ドア
Spaciaは電動スライドドア、オートクロージャー付。i-MiEVは普通のヒンジドア。

・座面地上高
Spaciaは少し高めで見晴らしよいが、頻繁に乗るときはやや高く感じる。
i-MiEV_Mは丁度よい高さで使いやすい。アルト・エコやPriusのように低く過ぎなくて乗り降りしやすい。
これはチョイ乗り多発な軽として意外に良かった。

・最低地上高
i-MiEVは電池が予想以上に床下から出派っていて、田舎の路面凹凸で腹をこすりやすい。
街乗り専用と思わせる低い最低地上高だった。
低めのPriusより低かったのにはやや驚いた。気をつけないといけない。

・PowerBOXの使用感(Priusの1500W,AC給電コンセントと比較)
(1)使えるが操作と扱いが煩雑過ぎる。時々使っていないと緊急時使えないほど面倒。
(2)重くて大きく、扱い難い扁平形状。
(3)夜間の防災給電では盗難防止が難しい。
(4)18万円の価格は今や余りに高価(個人では買わない?価格、新古でも11万ほど)
 以上から、操作性の設計の詰が甘く却って高価になっている。
他社のHVやPHVは7万円でMOP可能で、コストと使い勝手がよい。
今後の新型EVは、動力電池からのACインバータは標準組込が防災上最良であり、EVとして真価がある。

市内や近辺専用のEVとして、安い深夜電力で充電する使い方では、この車は最良です。

EVとしての優位性は、他の方が書いておられることに同感であります。

乗車人数
1人
使用目的
買い物
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「i-MiEV 2010年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
2013年式の初代Spaciaターボと比較 & 昇降式充電プラグなど  4 2020年4月21日 16:17
1年1万キロ走行、現在のEV車の現状  4 2019年9月25日 15:53
電気屋の乗り物として相性バッチリ!  4 2018年7月23日 22:09
駆動バッテリー容量65%  4 2017年12月10日 12:00
エコで静か  4 2017年11月3日 23:06
中古車値ごろ  5 2017年10月31日 10:02
1年乗って、バッテリー交換へ  4 2017年9月24日 16:26
購入してよかった。  5 2017年9月19日 15:42
乗ってみた感触は…。  2 2017年3月4日 21:14
沖縄離島の生活には最高の電気自動車  5 2017年1月17日 23:12

i-MiEV 2010年モデルのレビューを見る(レビュアー数:28人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

i-MiEV 2010年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

i-MiEV
三菱

i-MiEV

新車価格:300万円

中古車価格:33〜249万円

i-MiEV 2010年モデルをお気に入り製品に追加する <118

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

i-MiEVの中古車 (71物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意