『気持ち良く豪快に吹き上がる官能的なV8エンジン』 マセラティ グラントゥーリズモ 2007年モデル 松下宏さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マセラティ > グラントゥーリズモ 2007年モデル

『気持ち良く豪快に吹き上がる官能的なV8エンジン』 松下宏さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

グラントゥーリズモ 2007年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度4
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地3
燃費2
価格2

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

気持ち良く豪快に吹き上がる官能的なV8エンジン

マセラティのクーペモデルであるグランツーリズモは、ロングノーズのフロントにV型8気筒エンジンを搭載する典型的なスポーツクーペで、日本では2007年10月に発売され、2012年11月にはスポーツMCシフトを追加している。

大磯プリンスホテルで開催されたJAIAの試乗会に出席し、出展されていたグランツーリズモスポーツMCシフトに試乗した。最もパワフルな仕様のエンジンとセミATを組み合わせたモデルである。

セダンのクワトロポルテと同様、ピニンファリーナによる外観デザインは、独特の存在感を漂わせている。いかにもスポーティな雰囲気にあふれたインテリアは、ふんだんに装着されたオプションのカーボンパーツが一段とスポーティな空間を作っていた。

ホールド性に優れたパケットタイプのシートに座り込み、シートベルトを締めてエンジンを始動し、センターコンソールに設けられた@と書かれたボタンを押す。エンジンを始動すると空吹かしが入るのはマセラティのお約束だ。街中では思わず周囲の人が振り返るような感じになる。

スポーツMCシフトはフェラーリに由来するV型8気筒4.7Lエンジンを搭載するとともに、シフトレバーのないセミAT(MCシフト)が組み合わされている。このため変速にATのような滑らかさはないが、よりダイレクト感のあるスポーティな変速フィールが楽しめる。変速はパドルによって操作するが、この変速時のダイレクト感がとても良い。

インパネにはスポーツボタンが設けられていて、これを押すと走りが一変する。アクセルワークに対する反応が鋭くなり、高められた排気音がドライバーの気分を昂らせる。

338kWの最高出力を発生する回転数が7000回転という高回転型のエンジンで、回せば回しただけパワーが盛り上がるので回す意味がある。正に官能的なエンジンである。ただし、このエンジンが実力を発揮できるシーンは日本の公道にはない。十分に自制心を働かせて運転する必要がある。

20インチの偏平タイヤを履くだけに、乗り心地はかなり硬めだが、25/35という偏平タイヤの割には乗り心地も悪くなかった。

後席には十分な居住空間があり、トランクにも一定の容量があるので、正にグランツーリズモとしての使い方ができる。

本体価格が1800万円の試乗車には、カーボンインテリアなど300万円相当のオプションが装着されていた。この価格帯のクルマを買える人に向けて内装関係には豊富なオプションが用意されている。

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「グラントゥーリズモ 2007年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

グラントゥーリズモ 2007年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

グラントゥーリズモ
マセラティ

グラントゥーリズモ

新車価格帯:1925〜2257万円

中古車価格帯:345〜1679万円

グラントゥーリズモ 2007年モデルをお気に入り製品に追加する <14

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意