プロトン サトリア ネオ 2006年モデル ベースグレード(2011年7月1日発売)レビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > プロトン > サトリア ネオ 2006年モデル

サトリア ネオ 2006年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデルまたはグレードの指定がないレビューを見る場合、それぞれの絞り込みを解除してください。

選択中のモデル:サトリア ネオ 2006年モデル 絞り込みを解除する

選択中のグレード:ベースグレード 絞り込みを解除する

満足度:
(カテゴリ平均:4.31
レビュー投稿数:1人 (プロ:1人)
  1. 5 0%
  2. 4 0%
  3. 3 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 無評価 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 無評価 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 無評価 4.13 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 無評価 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 無評価 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 無評価 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 無評価 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

サトリア ネオ 2006年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:510件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者などを経て自動車評論家として独立。クルマそのものより、クルマとクルマに関係する経済的な話題に詳しい評論家を自負するとともに、安全性の追求についても一家言を持つ。クルマ雑誌各誌…続きを読む

満足度2
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費無評価
価格4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

サトリアネオというクルマ、知っている人は少ないと思う。マレーシアのプロトンという自動車メーカーが作っているクルマで、コンパクトクラスのハッチバック車。それを群馬県にあるキャロッセという会社が輸入・販売を始めた。

プロトンはマレーシアの国策自動車会社で、かつては三菱自動車と資本提携し、各種技術を導入したクルマを作っていた。現在は三菱との資本提携は解消されたが、技術提携は今も行われていて、三菱系の技術を反映したクルマ作りがなされている。また今ではイギリスのスポーツカーメーカーであるロータスを買い取った会社としても知られている。

キャロッセはラリードライバーの加勢裕二さんが設立したラリー車開発の会社で、サトリアネオはラリー参戦のためのベース車として輸入を始めたもの。国内で開催されるラリーに参戦して勝利を上げるなどの実績を残している。

今回試乗した標準仕様車のほかに、ロールケージとLSDを装着し、2シーター車にして10万円ほど価格を引き下げたスポーツバージョンも用意している。ラリーへの参戦を考える人は、こちらを買うことになる。

サトリアネオは、かつてサトリアというクルマがあり、2006年のフルモデルチェンジで新型車(ネオ)としてサトリアネオという名前に変わった。3ドアハッチバックのボディは全長が4mを切るコンパクトなものだが、全幅は1700mmを超えて1710mmのため、3ナンバー車として登録される。

内外装のデザインはシンプルそのもの。いかにもベーシックなクルマというイメージだ。外装はともかく内装については、かなりシンプルな印象を受ける。快適装備も必要なものだけが装備されている。

フロントシートの広さはまずまずながら、後席の広さはさほどではない。いずれにしても3ドアなので、後席の広さはあまり問題にならない。

搭載エンジンは1.6Lの自然吸気DOHCで、83kW/148N・mのパワー&トルクを発生する。この数値はカローラの1.5Lよりはパワフルだが、スイフトスポーツの1.6Lに比べるとやや非力といった位置づけになる。車両重量も1160kgでスイスポよりも100kgほど重い。

なのであまり大きな期待を抱かずに走り出したが、それが良かったのか、走りに対する好感度はまずまずだった。ロングストローク型のエンジンが発生する低速トルクがまずまずなので、絶対的なパワーは物足りないものの実用域での走りに不満感じなかった。

レッドゾーンは6400回転からだが、必ずしもそこまでスムーズに回るという感じではなく、吹き上がりにドラマチックな感覚はない。このあたりはごく普通のエンジンという感じだ。その割に走らせていて気持ち良く感じるのは、自然な吹き上がりが昔のクルマの良さを思い出させるからかも知れない。

5速MTのシフトレバーはストローク量もシフトの感覚も標準的なもので、クラッチをつないで走り出すと、素直にパワーが出てくる感じがある。

足回りはちょっと柔らかめの味付けで、試乗日がウェットだったこともあってそれなりの走り方をしたが、カーブに入るときにはしっかりロールが出る。足回りのチューニングにはロータスも関わったと言われるが、もう少し硬めの味付けにしたほうが良いように思った。モータースポーツに参戦するときにはまた別のチューニングを施すだろうから、ベース車としてはこれでも良いのだろう。

サトリアネオには160万円を切る価格が設定されている。国産車だったら軽自動車やコンパクトカーを買う予算だ。モータースポーツへの入門を考える人にとって、手頃な1台であるのは間違いない。ただし、ABSも付いていないベーシックな仕様なので、一般のユーザーの日常の足として勧められるクルマではないのも事実である。

レビュー対象車
試乗

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

サトリア ネオ 2006年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

サトリア ネオ
プロトン

サトリア ネオ

新車価格帯:164万円

中古車価格帯:

お気に入り製品に登録すると、価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等が利用できます

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意