『値段ありきのブランド??』 レクサス CT ハイブリッド 2011年モデル yu-checkさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > レクサス > CT ハイブリッド 2011年モデル

『値段ありきのブランド??』 yu-checkさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CT ハイブリッド 2011年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:20件
  • 累計支持数:394人
  • ファン数:1人
満足度1
エクステリア2
インテリア2
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地2
燃費2
価格1
値段ありきのブランド??

マイナーチェンジ=熟成という視点で書くと、、、、。
【エクステリア】
 統一感が無いところは相変わらずトヨタらしさ全開。一つ一つのパネルを見るとプレスラインがが鋭く、、、的な感じですが、少し離れるだけで、それぞれの名だたる高級車のような個性は全くない。これがレクサス!!!というようなまとまり感は無く、、大げさなことを言うとオーリスと見分けがつかない場合も。勿論全然デザインは違います。あくまで「高級車ブランド」としたらです。
【インテリア】
 日本らしく隅の隅までつくりが良いのは間違いないが、なんちゃって高級風。センスの悪いスイッチがやたらに多く、マークXとあまり変わらない。
 使い勝手は本当に最悪で、よくよく見ると液晶の表示やナビのポップアップのしかたなど古くさく、先進性のかけらも無い。
 ナビの操作パッドは日本の技術力の高さを感じるハイテク仕様これは本当にすごい。
【エンジン+モーター】
都市の渋滞を走るならばハイブリッドのメリットは大きいと思うが、50キロ以上を必要とする場面では力不足が目立つ。必然的にアクセルを踏み込み結果として郊外+都市部の平均燃費は16キロだった。これではハイブリッドのメリットを感じないどころか、錘を背負ってる意味がエンジン開発遅れの誤魔化しにしか感じれない。
【走行性能】
マイナーチェンジで確実に良くなっている。というか今までを考えると改善は必須であった。トヨタらしいハンドリングも大分消え、きびきび走るようになったこれは◎
 スポーツモードは相変わらず、モーターが補助してる風だがただのおもりになっておりハイブリッドの意味が全くない。
【乗り心地】
17インチでFスポーツであったが、乗り心地は非常に良い。これがスポーツモデルとは気づかないと思う。
【燃費】
 これぞ、トヨタハイブリッドといったところ。ウラを返せばプリウスと変わらない。値段やスポーツ走行を売りにしていることを考えると、スポーツモードはあまりにお粗末。燃費は激悪になるが、特にすいすい走る訳でもない。街中試乗での燃費はエコモード19キロ スポーツモード12キロであった。
【価格】
 論外
日本車は確かに世界一安くコストパフォーマンスが抜群であるが、そこにたどり着くにはコストダウンなど様々な事情もある。見た目と名前だけに200万以上払うのは違う意味で高級。iphoneのアプリで「ただ値段が高いだけ」という高級アプリに考えはとても似ている。
【総評】
営業マンはトヨタの特別な製造と故障の少ないところが、値引きせずとも売れる「本物の高級ブランドの証」といっていた。
しかし、この営業トークや10年ほど前から100万円台で売られている車と同じシャーシ・パーツを未だに使い、内装を高級にして足を固めただけの車に乗り出し450万円をつけて「高級車です」と売っているのはいかがなものか??つまり値段ありきの高級車。自動車文化の遅れを象徴している様な商品はあまりに情けない。
 日本車に関しては、そろそろお隣の国をコピー大国と馬鹿にしてる場合でないことに気づくべき。
日本車を嫌い外車を崇拝している訳ではない。これは残念ながら事実。
 

レビュー対象車
試乗

参考になった53人(再レビュー後:50人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度2
エクステリア3
インテリア2
エンジン性能1
走行性能1
乗り心地5
燃費3
価格1
CT200 L 何度か試乗しての感想。

【エクステリア】
 パネルの絞りが強くこだわりとお金をかけている印象。後ろから見た感じはレクサスの統一感があって○。部分部分で見るとカッコよいが、ひとつのデザインとして車をとらえるといまいち△。個性や統一性が無くいいとこどりでトヨタらしさ全開。デザインの流れはある意味ヒュンダイにそっくりかも。
【インテリア】
まったくセンスもオシャレ感も個性も皆無だがすごいの一言。日本らしく隅の隅までつくりが良く見た目の高級感は抜群。ただし統一性が無くメーカーの個性や乗る人に何を訴えたいのか不明。悪く言えばアニメに出てきそうな見た目重視のコックピット風。
 よって、使い勝手は最悪×。メーター周りはわけの分からない色使いと表示が山のようにあって運転の邪魔になる。スイッチもカラフルで意味不明〜若者のブラックライトのように見た目重視。おもちゃみたいで恥ずかしい。
 標準のナビは使いやすいかは微妙だが専用の操作パッドは日本の技術力の高さを感じるハイテク仕様。本当にすごい○。海外のメーカーは追いつけないと思う。
【エンジン+モーター】
都市の渋滞を走るならばハイブリッドのメリットは大きいと思うが、50キロ以上を必要とする場面では力不足が目立つ。必然的にアクセルを踏み込み結果として郊外+都市部の平均燃費は16キロだった。これではハイブリッドのメリットを感じないどころか、錘を背負ってる意味がエンジン開発遅れの誤魔化しにしか感じれない。
【走行性能】
60キロを超えるあたりの曲がる止まるを含めた車としての性能はブレイドカスタムといった感じか。
 400万を超えて100万円代の車と同レベルではコストパフォーマンスが悪すぎる。
【乗り心地】
ものすごく快適で特に低速走行はすばらしい。静かで滑らかな走りは値段のほかに唯一高級感を味わえた部分。速度を出すとブレイドの影が〜
シートは×この価格で純トヨタの座り心地はいかがなものか。
【燃費】
 ハイブリッドなど関係なく考えると確かにすばらしい。ただし峠道を一定以上の速度で走ろうとすると力が無いのでぼろぼろ。200万円のVWポロ新型とあまり変わりない数字だったのにはびっくり。
【価格】
ハイブリッドで見た目の内装が立派で一生故障が起こらなさそうな信頼性抜群な雰囲気はあるが、技術力のある日本でこの価格は高すぎる。レクサスブランドとしては妥当なのかも。
【総評】
日本の誇るレクサスは日本人として乗ってみたいとは思いますが、このCT200を含め元がブレイドやソアラではいかがなものでしょう??オシャレであえてチープ素材を使うファッションハイブランドとはわけが違います。ニュースになっている中国の空母や新幹線、高層建造物のようなはりぼてはしないほうが良いと思います。

 

乗車人数
1人
使用目的
その他
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
エコ

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「CT ハイブリッド 2011年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
所有満足度が高い  4 2020年7月4日 04:40
試乗なしで不安だったが想像以上に快適だが新車だと値段でね。  4 2020年4月13日 23:32
今更の購入  4 2019年12月31日 18:18
残念なのは後席のことくらい  4 2019年8月14日 15:40
今更新車での購入ですが大満足  5 2019年7月30日 00:09
キビキビ快適  4 2019年2月17日 19:50
狼の皮をかぶった羊  1 2018年9月30日 22:51
運転して手がしびれました  2 2018年4月10日 14:02
はじめて乗ったハイブリッド車がレクサスだった場合  4 2018年3月4日 23:00
デザインが気に入れば買いです  5 2018年1月30日 11:37

CT ハイブリッド 2011年モデルのレビューを見る(レビュアー数:68人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

CT ハイブリッド 2011年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格を見る

CT ハイブリッド
レクサス

CT ハイブリッド

新車価格:383〜485万円

中古車価格:49〜419万円

CT ハイブリッド 2011年モデルをお気に入り製品に追加する <171

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CT200hの中古車 (691物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意