『100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。』 トヨタ ハイエースワゴン 1989年モデル とろけるカレーさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > ハイエースワゴン 1989年モデル

『100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。』 とろけるカレーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

ハイエースワゴン 1989年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
8件
1件
バイク(本体)
1件
3件
ドライブレコーダー
0件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格5
100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。

サイドオーニングとハイエースの後姿

小じんまりとしたシャワールームが

ベッドを展開すると2人寝れます。2人旅にちょうどいいかも

   

全長5・2mもあります。横の小窓は子ども達に大人気です

   

200系スーパーロング キャンパー特装との比較です。

《ボディサイズ》
100系 スーパーロング  長さ 520cm × 幅 169cm × 高さ 228cm(ルーフベント込み)
200系 スーパーロング  長さ 538cm × 幅 188cm × 高さ 228cm(ルーフベント無し)


【エクステリア】200系と比較して幅が狭い為、同じ高さでもヒョロッとしていて安定感が無いように見えます。
テールランプとフロントマスクは、200系のシンプルな物よりも乗用車っぽくて気に入っています。
ボディ色が白の為、デイサービスの車のようで自家用車らしさはありませんが(親戚の子どもからは○○おじさんのバスと呼ばれています)いい感じに街に溶け込んでいます。
白はすぐ汚れるし、車高が高い為に脚立を使っての洗車も大変なので、ツートンカラーのガンメタかブラウンっぽい色の方が楽だと思いました。
ルーフベント込みで228cmなので、230cm以下という制限がある駐車場に停められます。
200系では純正で228cmなので、ルーフベントを装着すると入れなくなります。
スライドドア開口高が200系と比べてかなり低いので、頭をぶつけることがあり注意が必要です。

【インテリア】
インパネは200系と比べて、乗用車のようなデザインで満足しています。
助手席周りの収納が少ないですが、運転席と助手席の間にある肘掛けボックスが大容量なので何とかなっています。
オプションのロールーフ用リアクーラーは重宝していて、6〜7人乗ってもガッツリ効いてくれるので、今年の夏はかなり助かりました。
ただリアクーラー自体の大きさが200系より、かなり大きいので運転席からのウォークスルーの時に邪魔になります。
ボディ上部が200系と比べて、かなり絞り込まれているのと幅が狭いので、座った時の圧迫感が少しあります。
やはり広さは200系に全然適いません。
200系だと縦に3人寝れるけど、室内幅の狭い100系だと2人が限界です。
室内高も5cmくらい違いますね。

100系は長距離ドライブで疲れた時に背伸びをしても、指先が軽く触れるくらいの圧倒的な頭上空間がありますが、200系は同じハイルーフでもルーフ形状の違い(200系はルーフの角度がなだらかすぎる)からか、背伸びをできる空間的余裕が無くリアクーラーの天井の膨らみによって運転席でも若干圧迫感があります。
私は身長170cmなので200系でも問題はありませんが、長身の人は100系の方がゆったり乗れると思います。

【エンジン性能】
200系と比べて明らかにパワフルです。
3000ccディーゼルターボで高速でも150km/hくらいまでは余裕で出ますが、ハイルーフの為に安定感が損なわれるので100km/hくらいで巡航するのが楽です。
急加速すると黒煙が出るので急加速しないようにしています。

【走行性能】
乗用100系ハイエースワゴン譲りの足回り(スーパーロングバンはリーフですが、スーパーロングキャンパー特装車はハイエースワゴンと同じコイルで、フロントマスクとテールランプもワゴンと共通です)は全高の高さの割には走行安定性が良くそこそこ気に入っています。
200系の幅188cmと比べて、169cmと5ナンバーで機動力が抜群なので狭い道路でもスイスイと走れて満足しています。
駐車場でも長さははみ出ますが、幅で困ったことはありません。

【乗り心地】
運転席は大して変わりませんが、後席に座った時の乗り心地はリーフの200系とコイルの100系では雲泥の差があります。
リーフのように振動や跳ねたりすることもあまりなく、頭上空間と足元空間の広さもあって寝てしまうことがよくあります。

【燃費】パワフルな代わりに燃費は非常に悪く、普段は6〜7km・高速では9kmくらいしか走りません。200系は普段は8km・高速では10〜11kmくらいだったので、軽油が高くなっている今は少ししんどいかもしれません。

【価格】価格は200系が大人気すぎるおかげと、古いモデルということもあって、100系キャンピングカーは装備満載でも150万円以下の安価で手に入りました。
ただ東京や大阪などの大都市では規制により登録できないのではないかと思います。
アフターパーツが少ないのが悩みです。

【満足度】6〜7人乗ってもたらふくキャンプ道具などの荷物を乗せられ、コイルのおかげで後席の乗り心地も良く、パワフルで機動力もあるので、5人以上の人を頻繁に乗せる自分の使い方では最高の自動車だと思っています。
NV350にも5ナンバーのスーパーロングがありますが、どうしてもリーフになってしまいますから、貴重なコイル&5ナンバースーパーロングとして、100系スーパーロングを大切にしていこうと思っています。

比較製品
トヨタ > ハイエースワゴン 2004年モデル
乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格5
100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。

200系スーパーロング キャンパー特装との比較です。

《ボディサイズ》
100系 スーパーロング  長さ 520cm × 幅 169cm × 高さ 228cm(ルーフベント込み)
200系 スーパーロング  長さ 538cm × 幅 188cm × 高さ 228cm(ルーフベント無し)


【エクステリア】200系と比較して幅が狭い為、同じ高さでもヒョロッとしていて安定感が無いように見えます。
テールランプとフロントマスクは、200系のシンプルな物よりも乗用車っぽくて気に入っています。
ボディ色が白の為、デイサービスの車のようで自家用車らしさはありませんが(親戚の子どもからは○○おじさんのバスと呼ばれています)いい感じに街に溶け込んでいます。
白はすぐ汚れるし、車高が高い為に脚立を使っての洗車も大変なので、ツートンカラーのガンメタかブラウンっぽい色の方が楽だと思いました。
ルーフベント込みで228cmなので、230cm以下という制限がある駐車場に停められます。
200系では純正で228cmなので、ルーフベントを装着すると入れなくなります。
スライドドア開口高が200系と比べてかなり低いので、頭をぶつけることがあり注意が必要です。

【インテリア】
インパネは200系と比べて、乗用車のようなデザインで満足しています。
助手席周りの収納が少ないですが、運転席と助手席の間にある肘掛けボックスが大容量なので何とかなっています。
オプションのリアクーラーは重宝していて、6〜7人乗ってもガッツリ効いてくれるので、今年の夏はかなり助かりました。
ただリアクーラー自体の大きさが200系より、かなり大きいので運転席からのウォークスルーの時に邪魔になります。
ボディ上部が200系と比べて、かなり絞り込まれているのと幅が狭いので、座った時の圧迫感が少しあります。
やはり広さは200系に全然適いません。
200系だと縦に3人寝れるけど、室内幅の狭い100系だと2人が限界です。
室内高も5cmくらい違いますね。

【エンジン性能】
200系と比べて明らかにパワフルです。
3000ccディーゼルターボで高速でも150km/hくらいまでは余裕で出ますが、ハイルーフの為に安定感が損なわれるので100km/hくらいで巡航するのが楽です。
急加速すると黒煙が出るので急加速しないようにしています。

【走行性能】
乗用100系ハイエースワゴン譲りの足回り(スーパーロングバンはリーフですが、キャンパー特装車はハイエースワゴンと同じコイルで、フロントマスクとテールランプもワゴンと共通です)は全高の高さの割には走行安定性が良くそこそこ気に入っています。
200系の幅188cmと比べて、169cmと5ナンバーで機動力が抜群なので狭い道路でもスイスイと走れて満足しています。
駐車場でも長さははみ出ますが、幅で困ったことはありません。

【乗り心地】
運転席は大して変わりませんが、後席に座った時の乗り心地はリーフの200系とコイルの100系では雲泥の差があります。
リーフのように振動や跳ねたりすることもあまりなく、頭上空間と足元空間の広さもあって寝てしまうことがよくあります。

【燃費】パワフルな代わりに燃費は非常に悪く、普段は6〜7km・高速では9kmくらいしか走りません。200系は普段は8km・高速では10〜11kmくらいだったので、軽油が高くなっている今は少ししんどいかもしれません。

【価格】価格は200系が大人気すぎるおかげと、古いモデルということもあって、100系キャンピングカーは装備満載でも150万円以下の安価で手に入りました。
ただ東京や大阪などの大都市では規制により登録できないのではないかと思います。
アフターパーツが少ないのが悩みです。

【満足度】6〜7人乗ってもたらふくキャンプ道具などの荷物を乗せられ、コイルのおかげで後席の乗り心地も良く、パワフルで機動力もあるので、5人以上の人を頻繁に乗せる自分の使い方では最高の自動車だと思っています。
NV350にも5ナンバーのスーパーロングがありますが、どうしてもリーフになってしまいますから、貴重なコイル&5ナンバースーパーロングとして、100系スーパーロングを大切にしていこうと思っています。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった0

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格5
100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。

200系スーパーロングとの比較です。

《ボディサイズ》
100系 スーパーロング  長さ 520cm × 幅 169cm × 高さ 228cm(ルーフベント込み)
200系 スーパーロング  長さ 538cm × 幅 188cm × 高さ 228cm(ルーフベント無し)


【エクステリア】200系と比較して幅が狭い為、同じ高さでもヒョロッとしていて安定感が無いように見えます。
テールランプとフロントマスクは、200系のシンプルな物よりも乗用車っぽくて気に入っています。
ボディ上部が200系と比べて、かなり絞り込まれているのと幅が狭いので座った時の圧迫感が少しあります。
ボディ色が白の為、デイサービスの車のようで自家用車らしさはありませんが(親戚の子どもからは○○おじさんのバスと呼ばれています)いい感じに街に溶け込んでいます。
白はすぐ汚れるし、車高が高い為に脚立を使っての洗車も大変なので、ツートンカラーのガンメタかブラウンっぽい色の方が楽だと思いました。
ルーフベント込みで228cmなので、230cm以下という制限がある駐車場に停められます。
200系では純正で228cmなので、ルーフベントを装着すると入れなくなります。
スライドドア開口高が200系と比べてかなり低いので、頭をぶつけることがあり注意が必要です。

【インテリア】
インパネは200系と比べて、乗用車のようなデザインで満足しています。
助手席周りの収納が少ないですが、運転席と助手席の間にある肘掛けボックスが大容量なので何とかなっています。
オプションのリアクーラーは重宝していて、6〜7人乗ってもガッツリ効いてくれるので、今年の夏はかなり助かりました。

【エンジン性能】
200系と比べて明らかにパワフルです。
3000ccディーゼルターボで高速でも150km/hくらいまでは余裕で出ますが、ハイルーフの為に安定感が損なわれるので100km/hくらいで巡航するのが楽です。
急加速すると黒煙が出るので急加速しないようにしています。

【走行性能】
乗用100系ハイエースワゴン譲りの足回り(スーパーロングバンはリーフですが、キャンパー特装車はハイエースワゴンと同じコイルで、フロントマスクとテールランプもワゴンと共通です)は全高の高さの割には走行安定性が良くそこそこ気に入っています。
200系の幅188cmと比べて、169cmと5ナンバーで機動力が抜群なので狭い道路でもスイスイと走れて満足しています。
駐車場でも長さははみ出ますが、幅で困ったことはありません。

【乗り心地】
運転席は大して変わりませんが、後席に座った時の乗り心地はリーフの200系とコイルの100系では雲泥の差があります。
リーフのように振動や跳ねたりすることもあまりなく、頭上空間と足元空間の広さもあって寝てしまうことがよくあります。

【燃費】パワフルな代わりに燃費は非常に悪く、普段は6〜7km・高速では9kmくらいしか走りません。200系は普段は8km・高速では10〜11kmくらいだったので、軽油が高くなっている今は少ししんどいかもしれません。

【価格】価格は200系が大人気すぎるおかげと、古いモデルということもあって、100系キャンピングカーは装備満載でも150万円以下の安価で手に入りました。
ただ東京や大阪などの大都市では規制により登録できないのではないかと思います。
アフターパーツが少ないのが悩みです。

【満足度】6〜7人乗ってもたらふくキャンプ道具などの荷物を乗せられ、コイルのおかげで後席の乗り心地も良く、パワフルで機動力もあるので、5人以上の人を頻繁に乗せる自分の使い方では最高の自動車だと思っています。
NV350にも5ナンバーのスーパーロングがありますが、どうしてもリーフになってしまいますから、貴重なコイル&5ナンバースーパーロングとして、100系スーパーロングを大切にしていこうと思っています。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった0

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格5
100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。

200系スーパーロングとの比較です。

《ボディサイズ》
100系 スーパーロング  長さ 520cm × 幅 169cm × 高さ 228cm(ルーフベント込み)
200系 スーパーロング  長さ 538cm × 幅 188cm × 高さ 228cm(ルーフベント無し)


【エクステリア】200系と比較して幅が狭い為、同じ高さでもヒョロッとしていて安定感が無いように見えます。
テールランプとフロントマスクは、200系のシンプルな物よりも乗用車っぽくて気に入っています。
ボディ上部が200系と比べて、かなり絞り込まれているのと幅が狭いので座った時の圧迫感が少しあります。
ボディ色が白の為、デイサービスの車のようで自家用車らしさはありませんが(親戚の子どもからは○○おじさんのバスと呼ばれています)いい感じに街に溶け込んでいます。
白はすぐ汚れるし、車高が高い為に脚立を使っての洗車も大変なので、ツートンカラーのガンメタかブラウンっぽい色の方が楽だと思いました。
ルーフベント込みで228cmなので、230cm以下という制限がある駐車場に停められます。
200系では純正で228cmなので、ルーフベントを装着すると入れなくなります。
スライドドア開口高が200系と比べてかなり低いので、頭をぶつけることがあり注意が必要です。

【インテリア】
インパネは200系と比べて、乗用車のようなデザインで満足しています。
助手席周りの収納が少ないですが、運転席と助手席の間にある肘掛けボックスが大容量なので何とかなっています。
オプションのリアクーラーは重宝していて、6〜7人乗ってもガッツリ効いてくれるので、今年の夏はかなり助かりました。

【エンジン性能】
200系と比べて明らかにパワフルです。
高速でも150km/hくらいまでは余裕で出ますが、ハイルーフの為に安定感が損なわれるので100km/hくらいで巡航するのが楽です。
急加速すると黒煙が出るので急加速しないようにしています。

【走行性能】
乗用100系ハイエースワゴン譲りの足回り(スーパーロングバンはリーフですが、キャンパー特装車はハイエースワゴンと同じコイルで、フロントマスクとテールランプもワゴンと共通です)は全高の高さの割には走行安定性が良くそこそこ気に入っています。
200系の幅188cmと比べて、169cmと5ナンバーで機動力が抜群なので狭い道路でもスイスイと走れて満足しています。
駐車場でも長さははみ出ますが、幅で困ったことはありません。

【乗り心地】
運転席は大して変わりませんが、後席に座った時の乗り心地はリーフの200系とコイルの100系では雲泥の差があります。
リーフのように振動や跳ねたりすることもあまりなく、頭上空間と足元空間の広さもあって寝てしまうことがよくあります。

【燃費】パワフルな代わりに燃費は非常に悪く、普段は6〜7km・高速では9kmくらいしか走りません。200系は普段は8km・高速では10〜11kmくらいだったので、軽油が高くなっている今は少ししんどいかもしれません。

【価格】価格は200系が大人気すぎるおかげと、古いモデルということもあって、100系キャンピングカーは装備満載でも150万円以下の安価で手に入りました。
ただ東京や大阪などの大都市では規制により登録できないのではないかと思います。
アフターパーツが少ないのが悩みです。

【満足度】6〜7人乗ってもたらふくキャンプ道具などの荷物を乗せられ、コイルのおかげで後席の乗り心地も良く、パワフルで機動力もあるので、5人以上の人を頻繁に乗せる自分の使い方では最高の自動車だと思っています。
NV350にも5ナンバーのスーパーロングがありますが、どうしてもリーフになってしまいますから、貴重なコイル&5ナンバースーパーロングとして、100系スーパーロングを大切にしていこうと思っています。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった0

満足度5
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費2
価格5
100系 スーパーロング ハイルーフ キャンパー特装です。

200系スーパーロングとの比較です。

《ボディサイズ》
100系 スーパーロング  長さ 520cm × 幅 169cm × 高さ 228cm(ルーフベント込み)
200系 スーパーロング  長さ 538cm × 幅 188cm × 高さ 228cm(ルーフベント無し)


【エクステリア】200系と比較して幅が狭い為、同じ高さでもヒョロッとしていて安定感が無いように見えます。
テールランプとフロントマスクは、200系のシンプルな物よりも乗用車っぽくて気に入っています。
ボディ上部が200系と比べて、かなり絞り込まれているのと幅が狭いので座った時の圧迫感が少しあります。
ボディ色が白の為、デイサービスの車のようで自家用車らしさはありませんが(親戚の子どもからは○○おじさんのバスと呼ばれています)いい感じに街に溶け込んでいます。
白はすぐ汚れるし、車高が高い為に脚立を使っての洗車も大変なので、ツートンカラーのガンメタかブラウンっぽい色の方が楽だと思いました。
ルーフベント込みで228cmなので、230cm以下という制限がある駐車場に停められます。
200系では純正で228cmなので、ルーフベントを装着すると入れなくなります。

【インテリア】
インパネは200系と比べて、乗用車のようなデザインで満足しています。
助手席周りの収納が少ないですが、運転席と助手席の間にある肘掛けボックスが大容量なので何とかなっています。
オプションのリアクーラーは重宝していて、6〜7人乗ってもガッツリ効いてくれるので、今年の夏はかなり助かりました。

【エンジン性能】
200系と比べて明らかにパワフルです。
高速でも150km/hくらいまでは余裕で出ますが、ハイルーフの為に安定感が損なわれるので100km/hくらいで巡航するのが楽です。
急加速すると黒煙が出るので急加速しないようにしています。

【走行性能】
乗用100系ハイエースワゴン譲りの足回り(スーパーロングバンはリーフですが、キャンパー特装車はハイエースワゴンと同じコイルで、フロントマスクとテールランプもワゴンと共通です)は全高の高さの割には走行安定性が良くそこそこ気に入っています。
200系の幅188cmと比べて、169cmと5ナンバーで機動力が抜群なので狭い道路でもスイスイと走れて満足しています。
駐車場でも長さははみ出ますが、幅で困ったことはありません。

【乗り心地】
運転席は大して変わりませんが、後席に座った時の乗り心地はリーフの200系とコイルの100系では雲泥の差があります。
リーフのように振動や跳ねたりすることもあまりなく、頭上空間と足元空間の広さもあって寝てしまうことがよくあります。

【燃費】パワフルな代わりに燃費は非常に悪く、普段は6〜7km・高速では9kmくらいしか走りません。200系は普段は8km・高速では10〜11kmくらいだったので、軽油が高くなっている今は少ししんどいかもしれません。

【価格】価格は200系が大人気すぎるおかげと、古いモデルということもあって、100系キャンピングカーは装備満載でも150万円以下の安価で手に入りました。
ただ東京や大阪などの大都市では規制により登録できないのではないかと思います。
アフターパーツが少ないのが悩みです。

【満足度】6〜7人乗ってもたらふくキャンプ道具などの荷物を乗せられ、コイルのおかげで後席の乗り心地も良く、パワフルで機動力もあるので、5人以上の人を頻繁に乗せる自分の使い方では最高の自動車だと思っています。
NV350にも5ナンバーのスーパーロングがありますが、どうしてもリーフになってしまいますから、貴重なコイル&5ナンバースーパーロングとして、100系スーパーロングを大切にしていこうと思っています。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
ファミリー
快適性
レビュー対象車
中古車

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「ハイエースワゴン 1989年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

ハイエースワゴン 1989年モデルのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の価格帯を見る

ハイエースワゴン
トヨタ

ハイエースワゴン

新車価格帯:246〜417万円

中古車価格帯:28〜238万円

ハイエースワゴン 1989年モデルをお気に入り製品に追加する <87

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意