『カッコいいクルマです。』 トヨタ RAV4 2005年モデル らぶふぉ〜さんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > RAV4 2005年モデル

『カッコいいクルマです。』 らぶふぉ〜さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RAV4 2005年モデルのレビューを書く

らぶふぉ〜さん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:142人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
48件
腕時計
1件
38件
au携帯電話
0件
9件
もっと見る
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格3
カッコいいクルマです。

【エクステリア】
販売初期に設定があった、スポーツグリルを含むフルエアロをつけていたため、ノーマルよりもカッコいい(と、思う)。
車高が高い割に、死角が多い。特にAピラーが太くてドアミラーがピラーの付け根についているため、左右の確認は慎重にしている。アルテッツァよりは良好な視界だったが、WRXの視界には遥かに劣る。
右側前方の死角に入ったクルマが見えなくて、危険な目に遭ったことがある。乗用車がまったく見えないくらい、死角が広い。なので、最近のクルマにある三角窓の実用性および必要性を感じる。
バック時も、たまに背負ったタイヤが視界の邪魔だと感じることがある。ちなみにバックモニターはない。

【インテリア】
購入した15年前なら、それなりの品質だったと思う。助手席側に配慮したデュアルエアコンは、珍しいと思った。
スマートキーも、当時は高級車にしかなかったので珍しかった。私はこのクルマの商談時まで、スマートキーの存在すら知らなかった。
カーテンエアバッグがオプションだったのは時代的なものかな。わざわざ6万円ほど払ってつけた。いまならこのクラスなら標準装備になるのかな。

【エンジン性能】
車両重量約1.5トンに対して、2.4リッター4気筒エンジン170馬力、トルク22.8キロなので、そんなに遜色ないと思っている。だけど、上り坂での無理な追い越しはできない。エンジンが唸るばかりで速度が出ないから。
今はもう実質120馬力くらいしかないんじゃないかな。CVTでもう15年も経ってるし。
そこで2021年5月に、ブリッツのスマスロを着けたところ、劇的な変化を味わえた。発進時のもたつきもなく、高速道路での加速も滑らかになった。普段からWRXの加速に慣れているため、ダイヤルは燃料噴射量最大の7にセットした。

【走行性能】
カーブでも直線でもよく揺れる。ブレーキ時、加速時、カーブ走行時。小刻みな揺れが続く。
そこで2021年5月に、TRDのドアスタビライザーを装着して、更にKYBのNEW SRショックアブソーバーに交換したところ、高速道路での車線変更でも揺れは少なく、スマスロの加速と併せて安心安全に走行できるようになった。たぶん、新車当時はこんな感じだったのだろうと、いまはもう忘れてしまった感覚を再認識した次第だ。

あと雪道でも安心。最低地上高は19cmだが、降雪中の新雪限定での積雪30cmくらいの峠道なら、古いスタッドレスでもスタックしたことはない。雪を踏みつけて、あるいは押しのけながら、4駆モードでどこかのタイヤを滑らせながらもスイスイ走る。ただ、4駆走行時の警告音はうるさい。どうやら、4駆走行イコール危険状態と判断するらしい。凍結路は、タイヤの性能にもよるので一概に言えない。古いスタッドレスではかなりの車間距離が必要だとだけ書いておく。

自動制御で勝手に4駆に切り替わるのが、今でも馴染めない部分である。できれば手動で切り替えたいと思う。または常時4駆がいい。

【乗り心地】
経年ノーマル状態では、よく揺れることに慣れるしかないが、前述のとおり、KYBとTRDの装着で、少し硬めに感じつつも、高速道路での車線変更も安心できるようになった。無駄な揺れが少なくなったからだろう。

【燃費】
さすがに2.4リッターSUVなので、平均10キロくらいかな。渋滞路で通勤していたときは7キロ前後、夜間の信号少ない地方国道ばかり走行すると、給油間13キロくらい。この13キロという数値は、カタログデータを超えている。ちなみに満タン法での計測。
ただ、スマスロのダイヤル7で使用時は、一気に悪化するとだけ書いておく。

【価格】
11年前に、新車で込々250万円で購入(エアロは後日別料金)。ホントはもっと小排気量(2リッター以下)のSUVが欲しかった。

【総評】
新車発売後、しばらくすると、腕時計型のスマートキーがオプション設定された。その当時は珍しかったので、購入して今でも使っている。飲んで代行を頼むときにキーとして腕時計を渡すと、酔っていると思われて「あのぅ、腕時計ではなく、キーを貸してください」とよく言われる。
また、売却しようと思って買取屋さんに査定に行くと、代行屋さんと同じように珍しがられる。
こんなこともあって、なかなか売却の決心ができない。売りたくない理由の1つが、この腕時計型スマートキーである。
今の車種は採用していないので、貴重なアイテムだと思う。採用されなくなったのは、人気がなかったからなのかな。
この腕時計型スマートキー。時計は太陽電池で動くのだが、キーはボタン電池で動く。なので、キーの部分は電池交換が必要。
時計の性能としては、よく進む。2か月で5分は進んでいる。まるで機械式時計みたいな精度だと思う(笑)。

あと、タイヤを背負っているデザイン。もうSUVでこんなデザインはないだろうな。

エンジン音はうるさい。冬の暖気は近所に気を遣う。エンジン音を聴かせるような車種ではないだろうから、ただのコストダウンの結果かな。

15年で約10万キロ乗ったけど、大きな故障はない。リコールが3つぐらいあったかな。かなり手荒く乗っているけど、まだまだ大丈夫だろう。
腕時計型スマートキーを採用した車種が出たら、買い替えを考えるかもしれない。

ただ、070ホワイトパールの塗装が弱いことが残念。天井部分が剥げ落ちて、かわいそうな姿を晒してしまった。そこで天井だけ13万円で塗り直したが、アルヴェルなど一部の車種では、10年落ちでもトヨタが無償で塗り直したとのこと。このRAV4は対象外だったため、自費での修繕となった。
しかも、ドアの塗装も少しずつひび割れが始まっているため、また出費が待っていることが辛い。
中古で購入を考えているひとは、070ホワイトパールの塗装状態をよく確認すべき。特に天井。


乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2006年1月
購入地域
長野県

新車価格
247万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費3
価格4
カッコいいクルマです。

【エクステリア】
販売初期に設定があった、スポーツグリルを含むフルエアロをつけていたため、ノーマルよりもカッコいい(と、思う)。
車高が高い割に、死角が多い。特にAピラーが太くてドアミラーがピラーの付け根についているため、左右の確認は慎重にしている。
右側前方の死角に入ったクルマが見えなくて、危険な目に遭ったことがある。乗用車がまったく見えないくらい、死角が広い。なので、最近のクルマにある三角窓の実用性および必要性を感じる。
バック時も、たまに背負ったタイヤが視界の邪魔だと感じることがある。

【インテリア】
購入した11年前なら、それなりの品質だったと思う。助手席側に配慮したデュアルエアコンは、珍しいと思った。
スマートキーも、当時は高級車にしかなかったので珍しかった。私はこのクルマの商談時まで、スマートキーの存在すら知らなかった。
カーテンエアバッグがオプションだったのは時代的なものかな。わざわざ6万円ほど払ってつけた。いまならこのクラスなら標準装備になるのかな。

【エンジン性能】
車両総重量約1.8トンに対して、2.4リッター4気筒エンジン170馬力、トルク22.8キロなので、そんなに遜色ないと思っている。だけど、上り坂での無理な追い越しはできない。エンジンが唸るばかりで速度が出ないから。
今はもう実質120馬力くらいしかないんじゃないかな。CVTでもう11年も経ってるし。

現行ハリアーの総重量約1.9トンで2.0リッター4気筒150馬力と比べたらどうなのかな? 同じCVTだし。でもハリアーのほうが上質な加速感がするだろうと思う。価格に合った味付けで、車体剛性も違うだろうから。

【走行性能】
カーブでも直線でもよく揺れる。ブレーキ時、加速時、カーブ走行時。小刻みな揺れが続く。新品タイヤに交換したら、揺れが穏やかになった。

シーケンシャル7速モードは便利。パドルじゃなくフロアシフトなので、マニュアル感覚で操作できる。特にエンブレとして2速落として使う。ただし、エンジンパワーがそれなりなので、上り坂でシフトアップしても反応しない(入力がキャンセルされる)ときもあって、イマイチではある。下りのほうが実用的に使える。

あと雪道でも安心。最低地上高は19cmだが、降雪中の新雪限定での積雪30cmくらいの峠道なら、8シーズン使った古いスタッドレスでもスタックしたことはない。雪を踏みつけて、あるいはラッセルしながら、4駆モードでどこかのタイヤを滑らせながらもスイスイ走る。ただ、4駆走行時の警告音はうるさい。どうやら、4駆走行イコール危険状態と判断するらしい。凍結路は、タイヤの性能にもよるので一概に言えない。古いスタッドレスではかなりの車間距離が必要だとだけ書いておく。

自動制御で勝手に4駆に切り替わるのが、今でも馴染めない部分である。できれば手動で切り替えたいと思う。または常時4駆がいい。

【乗り心地】
よく揺れることに慣れれば、快適。昔のふにゃふにゃ高級セダンよりかは固い。前述のとおり、新品タイヤに換えたら揺れの性質がおとなしくなった。

【燃費】
さすがに2.4リッターSUVなので、平均10キロくらいかな。渋滞路で通勤していたときは7キロ前後、夜間の信号少ない地方国道ばかり走行すると、給油間13キロくらい。この13キロという数値は、カタログデータを超えている。ちなみに満タン法での計測。

【価格】
11年前に、新車で込々250万円で購入(エアロは後日別料金)。ホントはもっと小排気量(2.0リッター以下)のSUVが欲しかった。

【総評】
新車発売後、しばらくすると、腕時計型のスマートキーがオプション設定された。その当時は珍しかったので、購入して今でも使っている。飲んで代行を頼むときにキーとして腕時計を渡すと、酔っていると思われて「あのぅ、腕時計ではなく、キーを貸してください」とよく言われる。
また、売却しようと思って買取屋さんに査定に行くと、代行屋さんと同じように珍しがられる。
こんなこともあって、なかなか売却の決心ができない。売りたくない理由の1つが、この腕時計型スマートキーである。
今の車種は採用していないので、貴重なアイテムだと思う。採用されなくなったのは、人気がなかったからなのかな。
この腕時計型スマートキー。時計は太陽電池で動くのだが、キーはボタン電池で動く。なので、キーの部分は電池交換が必要。
時計の性能としては、よく進む。2か月で5分は進んでいる。まるで機械式時計みたいな精度だと思う(笑)。

あと、タイヤを背負っているデザイン。もうSUVでこんなデザインはないだろうな。

エンジン音はうるさい。冬の暖気は近所に気を遣う。エンジン音を聴かせるような車種ではないだろうから、ただのコストダウンの結果かな。

11年で約80000キロ乗ったけど、大きな故障はない。リコールが3つぐらいあったかな。かなり手荒く乗っているけど、まだまだ大丈夫だろう。取り敢えず、次回車検までは乗るつもり。
腕時計型スマートキーを採用した車種が出たら、買い替えを考えるかもしれない。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2006年1月
購入地域
長野県

新車価格
247万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった3

満足度4
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地3
燃費2
価格4
カッコいいクルマです。

【エクステリア】
販売初期に設定があった、スポーツグリルを含むフルエアロをつけていたため、ノーマルよりもカッコいい(と、思う)。
車高が高い割に、死角が多い。特にAピラーが太くてドアミラーがピラーの付け根についているため、左右の確認は慎重にしている。
バック時も、たまに背負ったタイヤが視界の邪魔だと感じることがある。

【インテリア】
購入した11年前なら、それなりの品質だったと思う。助手席側に配慮したデュアルエアコンは、珍しいと思った。
スマートキーも、当時は高級車にしかなかったので珍しかった。私はスマートキーの存在すら知らなかった。

【エンジン性能】
車両総重量約1.8トンに対して、2.4リッター4気筒エンジン170馬力、トルク22.8キロなので、そんなに遜色ないと思っている。だけど、登坂での追い越しはしない(できない)。今はもう実質120馬力くらいしかないんじゃないかな。CVTでもう11年も経ってるし。
現行ハリアーの総重量約2トンで2.0リッター150馬力と比べたらどうなのかな? 

【走行性能】
カーブでも直線でもよく揺れる。シーケンシャル7速モードは楽しめる。あと雪道でも安心。積雪30cmくらいの峠道なら、8シーズン使った古いスタッドレスでもスタックしたことはない。4駆モードでどこかのタイヤを滑らせながらもスイスイ走る。ただ、4駆走行時の警告音はうるさい。
自動制御で勝手に4駆に切り替わるのが、今でも馴染めない部分である。できれば手動で切り替えたいと思う。

【乗り心地】
よく揺れることに慣れれば、快適。昔のふにゃふにゃ高級セダンよりかは固い。

【燃費】
さすがに2.4リッターSUVなので、平均10キロくらいかな。渋滞路で通勤していたときは7キロ前後、夜間の地方国道ばかり走行すると、給油間13キロくらい。

【価格】
11年前に、新車で込々250万円で購入。ホントはもっと小排気量(2.0リッター以下)のSUVが欲しかった。

【総評】
乗り出してしばらくすると、腕時計型のスマートキーがオプション設定された。その当時は珍しかったので、購入して今でも使っている。飲んで代行を頼むときにキーとして腕時計を渡すと、酔っていると思われて「あのぅ、腕時計ではなく、キーを貸してください」とよく言われる。
また、売却しようと思って買取屋さんに査定に行くと、代行屋さんと同じように珍しがられる。
こんなこともあって、なかなか売却できない。売りたくない理由の1つが、この腕時計型スマートキーである。
今の車種は採用していないので、貴重なアイテムだと思う。
あと、タイヤを背負っているデザイン。もうSUVでこんなデザインはないだろうな。
エンジン音はうるさい。冬の暖気は近所に気を遣う。エンジン音を聴かせるような車種ではないだろうから、ただのコストダウンの結果かな。
11年で約80000キロ乗ったけど、大きな故障はない。リコールが3つぐらいあったかな。かなり手荒く乗っているけど、まだまだ持ちそう。
今月車検だけど、次回車検までは乗るつもり。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2006年1月
購入地域
長野県

新車価格
247万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

RAV4の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「RAV4 2005年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
カッコいいクルマです。  4 2021年6月7日 10:07
中古でRAV4 X 4WDを購入 中古車購入者への参考に投稿  4 2018年8月10日 21:56
8年35万6千km乗った感想  4 2015年6月6日 16:21
親の車ですが  4 2015年4月19日 18:12
5年半使用してのレビュー  5 2014年4月15日 17:24
2006年11月購入してもうすぐ乗換  4 2013年8月29日 02:32
24年4月に購入しました  5 2012年11月17日 00:43
H.22年春購入13.500kmでの評価です。  5 2011年12月2日 12:02
コンパクトカーからの乗り換えならば  4 2011年10月18日 11:56

RAV4 2005年モデルのレビューを見る(レビュアー数:9人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

RAV4 2005年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

RAV4 2005年モデル
トヨタ

RAV4 2005年モデル

新車価格:197〜259万円

中古車価格:48〜193万円

RAV4 2005年モデルをお気に入り製品に追加する <601

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

RAV4の中古車 (全2モデル/2,108物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意