『5年前の機種でもまだまだ現役。Aマウントレンズ資産を活かせ』 SONY α77 SLT-A77V ボディ 鈴木啓一さんのレビュー・評価

2011年10月14日 発売

α77 SLT-A77V ボディ

2430万画素で秒間12コマの高速連写撮影を実現したデジタル一眼カメラ

α77 SLT-A77V ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

最安価格(税込):

¥120,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥132,000

Gnetアキバ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥28,600 (16製品)


価格帯:¥120,000〜¥132,000 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥120,000 〜 ¥120,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2470万画素(総画素)/2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:653g α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α77 SLT-A77V ボディの価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの中古価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの買取価格
  • α77 SLT-A77V ボディの店頭購入
  • α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様
  • α77 SLT-A77V ボディの純正オプション
  • α77 SLT-A77V ボディのレビュー
  • α77 SLT-A77V ボディのクチコミ
  • α77 SLT-A77V ボディの画像・動画
  • α77 SLT-A77V ボディのピックアップリスト
  • α77 SLT-A77V ボディのオークション

α77 SLT-A77V ボディSONY

最安価格(税込):¥120,000 (前週比:±0 ) 発売日:2011年10月14日

  • α77 SLT-A77V ボディの価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの中古価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの買取価格
  • α77 SLT-A77V ボディの店頭購入
  • α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様
  • α77 SLT-A77V ボディの純正オプション
  • α77 SLT-A77V ボディのレビュー
  • α77 SLT-A77V ボディのクチコミ
  • α77 SLT-A77V ボディの画像・動画
  • α77 SLT-A77V ボディのピックアップリスト
  • α77 SLT-A77V ボディのオークション

『5年前の機種でもまだまだ現役。Aマウントレンズ資産を活かせ』 鈴木啓一さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α77 SLT-A77V ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:80件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールITmedia等の情報サイトで記事を書いている フリーランスのライター、兼、IT先端技術コンサルタント。
モバイルやクラウドを駆使するスマートワーク研究をライフワークとしている。

【主なWeb媒体】
ITmedia 誠Biz.I…続きを読む

満足度4
デザイン4
画質3
操作性3
バッテリー4
携帯性2
機能性5
液晶5
ホールド感5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

5年前の機種でもまだまだ現役。Aマウントレンズ資産を活かせ
別機種
別機種
別機種

別機種底面
別機種右側面のSDカードスロット
別機種左側面 HDMI、USBなど各種ポート

底面

右側面のSDカードスロット

左側面 HDMI、USBなど各種ポート

2011年10月発売の機種なので、5年前の機種だが、ひょんなことから中古を入手したのでレビューしたい。

【デザイン】
ミノルタの流れをくむAマウントの本格的デジタル一眼レフカメラである。
一眼レフとして伝統的、標準的なデザインであり、質感も十分。

【画質】
5年前の機種ではあるので、最新機種と比べてしまえば負けてしまうところも多いのだろうが、逆にいえば5年前の機種なのにまだまだ使える画質を持っているとも思う。

有効約2430万画素のAPS HD CMOSセンサーが採用され、スペック的には毎秒12コマ撮影や高速AF追従のAVCHDフルハイビジョン動画撮影も可能なほどの実力を持っている。

実際に撮影してみて、私の今のレベルにはではあるが、画質的に特に不満に感じるものはない。でも、きっと最新機種ではもっとISO感度を上げられるなど、進化があるだろうとは思われるので、評価は3としておいた。

【操作性】
メニューがてんこ盛りである。機能が多く、苦労して詰め込んでいるんだろうなあと感じる。
お世辞にも「使いやすい」とはいえず、まあ、普通といったところか。

まあ、逆に機能をたくさん盛り込んだことでそちらを積極的に評価してあげるべきかもしれない。

【バッテリー】
中古のバッテリーなので正しく評価できるかわからないが、今のところ1日100〜200ショット程度なら、十分撮影でき、困っていない。
ビデオカメラでおなじみのタイプのリチウムイオン電池なので、念のためもう一本買っておこうと考えている。

【携帯性】
本格的一眼レフなので、交換レンズ等を一緒に持つことも考えるし、携帯性よりは機能性、もしくは性能重視である。どう考えても携帯性は良くないので評価は2としておいた。まあ、レンズのサイズからしかたがないということだ。

【機能性】
ミノルタから継承したAマウントを搭載し、過去のレンズ資産を活かすことができる。筆者も本体とともに、標準ズーム、300mmズーム、マクロなど、レンズも数種類合わせて入手した。一眼レフはレンズこそ命。レンズを変えることで、撮影できる写真が全く異なってくる。まさにそんな基本を改めて感じている。

発売当時の「売り」“Translucent Mirror Technology”を搭載しており、つまりハーフミラーで常にAFが動作する仕組みになっている。このことが、AFを動作させたまま1秒間に12コマの連写や動画撮影を可能にしたという。実際に使ってみてありがたさを感じる点である。

また、有機EL、XGA解像度のEVFを搭載しているのも重要なポイントだ。画質も悪くなく、ピントの様子などもしっかり確認できる。そして視野率100%、つまり見たものがそのまま撮影できる安心感は、私のようなアマチュアカメラマンには大変ありがたい「性能」である。

本来の一眼レフカメラの機能だけでなく、SONYらしく、パノラマ撮影や、FullHDの動画撮影まで可能だ。本当に機能がたくさん詰め込まれている。ある意味、お買い得とさえ思う。


【液晶】
もうひとつ本機のお気に入りのポイントは液晶である。

特に目新しいというほどではないが液晶パネルが、3軸チルト方式となっており、いろいろな向きに角度を変えて被写体のモニタリングをしながらの撮影ができる。すなわち、カメラを高く掲げても、逆に地面すれすれの低い位置に置いても、液晶画面は見やすい角度に調整して写真撮影ができる。さらには、「自撮り」も可能だ。画質も悪くない。EVFと合わせて、なかなか満足度が高い。

【ホールド感】
個人的な感想としてはホールド感は悪くないと思う。
グリップの形状やレリーズボタンの位置など、特に違和感はないし、しっかりとホールドでき、撮影しやすいと思う。

【総評】
5年も前の機種ではあるが、本機はかなりの完成度に到達していたことを改めて感じる。今でも十分現役として使用可能だ。中古市場ではそろそろお求めやすくなっている。最新機種に目を向けるだけではなく、これなら少し前の機種を選択するのも悪くないと思う。

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「α77 SLT-A77V ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α77 SLT-A77V ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α77 SLT-A77V ボディ
SONY

α77 SLT-A77V ボディ

最安価格(税込):¥120,000発売日:2011年10月14日 価格.comの安さの理由は?

α77 SLT-A77V ボディをお気に入り製品に追加する <571

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意