『意欲的な失敗作です』 SONY α77 SLT-A77V ボディ α-7D&α100さんのレビュー・評価

2011年10月14日 発売

α77 SLT-A77V ボディ

2430万画素で秒間12コマの高速連写撮影を実現したデジタル一眼カメラ

α77 SLT-A77V ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です。

最安価格(税込):

¥109,800

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥120,780

Gnetアキバ

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥29,800 (2製品)


価格帯:¥109,800〜¥120,780 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥109,800 〜 ¥109,800 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

付属レンズ

タイプ : 一眼レフ 画素数:2470万画素(総画素)/2430万画素(有効画素) 撮像素子:APS-C/23.5mm×15.6mm/CMOS 重量:653g α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α77 SLT-A77V ボディの価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの中古価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの買取価格
  • α77 SLT-A77V ボディの店頭購入
  • α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様
  • α77 SLT-A77V ボディの純正オプション
  • α77 SLT-A77V ボディのレビュー
  • α77 SLT-A77V ボディのクチコミ
  • α77 SLT-A77V ボディの画像・動画
  • α77 SLT-A77V ボディのピックアップリスト
  • α77 SLT-A77V ボディのオークション

α77 SLT-A77V ボディSONY

最安価格(税込):¥109,800 (前週比:±0 ) 発売日:2011年10月14日

  • α77 SLT-A77V ボディの価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの中古価格比較
  • α77 SLT-A77V ボディの買取価格
  • α77 SLT-A77V ボディの店頭購入
  • α77 SLT-A77V ボディのスペック・仕様
  • α77 SLT-A77V ボディの純正オプション
  • α77 SLT-A77V ボディのレビュー
  • α77 SLT-A77V ボディのクチコミ
  • α77 SLT-A77V ボディの画像・動画
  • α77 SLT-A77V ボディのピックアップリスト
  • α77 SLT-A77V ボディのオークション

『意欲的な失敗作です』 α-7D&α100さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α77 SLT-A77V ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:150人
  • ファン数:15人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
901件
レンズ
1件
4件
もっと見る
満足度1
デザイン3
画質2
操作性1
バッテリー1
携帯性3
機能性3
液晶5
ホールド感3
意欲的な失敗作です

購入直後にバッテリーの不具合があり(http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=13681901/
それとあわせてレスポンスの件をサポートに問い合わせました。
ファームウェアv1.04で多少改善されましたが、これ以上の改善は望めない旨の回答でした。
露出補正、測距点の移動とも、このレベルでは私は快適に撮れませんので、返品させてもらいました。

半透過ミラーの弊害は「これだ」と指摘できる材料はありません。
が、1/3段の光の損失と引き換えに得られたものが常時AFとEVF「だけ」ですから、懐疑的にならざるを得ません。

常時AFについては、動きものは試す機会が少なかったのでコメントできませんが、枝にとまった野鳥の撮影においてはα900よりも安定しません。
常時AFのチューニングが甘いのか、一旦捉えたそれほど動かない被写体に対してAF-Cが敏感すぎ、α900では全カットジャスピンになるようなシーンで打率3割以下ということも少なくありません。
また、暗所でAFが動作しないケースもα900より多かったです。ですので、AF能力の向上は実感できません。

EVFには可能性を感じました。AEが安定しないような難しいシーンでもレリーズ前に露出がわかるメリットは大きいです。
しかし、まだまだ課題の方が多いです。室内で静物を撮るのがメインであればお勧めできますが。

絵作りがユーザーの要望に迎合した「低ノイズ」「高彩度高コントラスト」であることも問題です。
RAWでもノイズリダクションによってディテールは失われており、77ではそれを取り戻す術がありません。
彩度とコントラストについても、足すのは簡単ですが引くのは難しいのです。
JPEGはともかく、RAWは「素材」として提供してもらいたいです。

次期フルサイズ機では同じ轍を踏まないことを強く希望します。

画質:--------------------------------------

画素数はα900と同等ですが、別物です。
APS-Cである分1段実用感度が下がっているだけであれば許容できます。
しかし実際には低感度でもディテールの表現は潰れ気味です。
ISO800においても鳥の羽毛の質感を表現するのは難しいです。

操作性:-------------------------------------

3軸バリアングル液晶で77でしか撮れないシーンはあると思います。
しかしその他に見るべきものは多くありません。

EVFの見えは、横や後方から強い光が来ている時にはアイカップが小さいため「見えない」と言っていい状態になります。
また、カメラを振りながら飛翔する鳥のピントを確認するのは難しそうです。

ファームウェアv1.04においても露出補正はどんなにがんばってダイヤルを回しても一気に2/3段までしか変更できません。
アンダーの設定で待っていて空抜けなどのチャンスが来た時には1段以上一気に上げたい時がありますが、まず2/3段、一呼吸置いてまた2/3段というような操作が必要です。

測距点の変更のレスポンスが気になるα Aマウント機は77だけです。
ファームウェアv1.04で改善はされましたが、快適に撮れるレベルには達していません。
測距点の色が黒なので「今どこが選択されているのか」もわかりにくいです。

シャッターボタンと電源スイッチが一体化した弊害で、前ダイヤルの位置も自然に中指が乗る位置ではありません。
ダイヤルは太く回しやすいだけに残念です。

縦位置グリップのボタン配置も他社と比較すれば横位置に近いと思いますが、αとしては不出来です。

バッテリー:----------------------------------

スリープからの復帰が遅いため、いつ撮影チャンスが来るかわからない場合にはスリープさせないようにする必要があります。
そうした使い方をする場合、半日程度の撮影でバッテリー1本では不安です。
さらに、フラッシュを使用した撮影の後にシャットダウンに失敗するのか、電源が切れているようで切れていない不具合があり、一晩で縦位置グリップ内の満充電の2本のバッテリーが0になったことがあります。
この不具合は再現性は高くありませんが、未だ解決されていないはずです。

液晶:----------------------------------------

これは歴代α AマウントではNo.1です。

主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ
その他

参考になった57

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「α77 SLT-A77V ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α77 SLT-A77V ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α77 SLT-A77V ボディ
SONY

α77 SLT-A77V ボディ

最安価格(税込):¥109,800発売日:2011年10月14日 価格.comの安さの理由は?

α77 SLT-A77V ボディをお気に入り製品に追加する <559

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
viibee
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意