『SONY BDZ-AT900 との比較です。』 パナソニック DIGA DMR-BZT710 No.39さんのレビュー・評価

2011年 9月15日 発売

DIGA DMR-BZT710

  • 3チューナー搭載で、スカパー! HDとあわせて4番組同時録画が行える容量500GBのレコーダー。
  • 電源オフ状態から約1秒で「番組表表示」「録画一覧表示」「ディスクトレイオープン」を行える。
  • 「エコ待機ボタン」搭載により、ボタン(※3秒以上の長押し)ひとつで待機時消費電力を最小化し、節電できる。
DIGA DMR-BZT710 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:500GB DIGA DMR-BZT710のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

DIGA DMR-BZT710 の後に発売された製品DIGA DMR-BZT710とスマートディーガ DMR-BZT720を比較する

スマートディーガ DMR-BZT720

スマートディーガ DMR-BZT720

最安価格(税込): ¥- 発売日:2012年 2月20日

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:500GB
  • DIGA DMR-BZT710の価格比較
  • DIGA DMR-BZT710の店頭購入
  • DIGA DMR-BZT710のスペック・仕様
  • DIGA DMR-BZT710のレビュー
  • DIGA DMR-BZT710のクチコミ
  • DIGA DMR-BZT710の画像・動画
  • DIGA DMR-BZT710のピックアップリスト
  • DIGA DMR-BZT710のオークション

DIGA DMR-BZT710パナソニック

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 9月15日

  • DIGA DMR-BZT710の価格比較
  • DIGA DMR-BZT710の店頭購入
  • DIGA DMR-BZT710のスペック・仕様
  • DIGA DMR-BZT710のレビュー
  • DIGA DMR-BZT710のクチコミ
  • DIGA DMR-BZT710の画像・動画
  • DIGA DMR-BZT710のピックアップリスト
  • DIGA DMR-BZT710のオークション

『SONY BDZ-AT900 との比較です。』 No.39さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

DIGA DMR-BZT710のレビューを書く

No.39さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:33人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
9件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
2件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
0件
2件
もっと見る
満足度2
デザイン5
操作性2
録画画質5
音質無評価
録画機能3
編集機能2
入出力端子5
サイズ5
SONY BDZ-AT900 との比較です。

[デザイン]
こればかりは完全に個人の好みでしょうから。
個人的にはソニーの方が好きです。特に表示部の発光色。
ソニーの方が暗めで少し青緑がかっています。

[操作性]
ソニー機の方が遙かに上。正直比較にならない。
・番組表:表示速度はパナ機が速いが、表示領域が狭く見ずらい。
・GUI:ソニー機は基本的に白黒で文字、表示領域とも大きく見やすい。
 また、目的の操作に関してもソニー機の方が旨く上手くまとめられ。
 アクセス、選択方法、見やすさとも上。PS3と同様な感じです、
 パナは基本的にメニューボタンを押してから操作を選択して行うのに対し、
 ソニーはフォルダや番組に対して操作を行う感じです。
・録画番組一覧:スクロールではなくページ切替で表示されるのだが、
 ページが切り替わった際、選択されている番組は色が変わって、文字が
 大きくなる。この際、行頭の位置がずれる為見づらい。
・リモコン:ソニー機はほとんどの操作を親指の移動だけで可能なのに対し、
 パナ機は上に下にと移動する必要があり非常に煩雑。おまけにボタンが堅く
 押しづらい。

[録画画質]
・両機とも、高圧縮すると、たまに動きの激しい場面では画面の一部に
 一瞬もやっとした部分が出ることがありますがますが、スポーツ番組以外は、
 両機とも最低画質にしない限り十分、
・SDソースに関してはパナ機の方が綺麗。超解像が効いている気がします。

[音質]
テレビのスピーカですので良く分かりません。
そもそも、私自身音質に関しては評価できるだけのスキルが無いです。

[録画機能]
パナ機は番組欄に録画マークが表示されるだけなので番組表上で
録画予約した番組も一目で見つけにくい。
ソニー機は予約番組の番組欄の色が変わります。
また、ソニー機は番組名での予約及び録画番組に対し次回予約が
可能なのに対し、パナ機は不可(番組名予約に関しては可能な
方法もあるようですが・・・)

[編集機能]
・チャプター及び部分削除等:パナ機は秒数までしか表示されないが、
 ソニー機は何秒の何コマめというのが表示される為見やすい。
 また、パナ機のリモコンでのコマ送りは、リモコン上部の
 一時停止ボタンを押した後、十字ボタンまで移動させて行う必要が
 あるが、ソニー機は一時停止後、親指の移動のみで操作可能
・文字入力:ソニー機は携帯電話の入力方式。また、予測変換及び
 学習変換候補が表示される。また、番組情報からのコピペも可
 一方パナ機はファミコンの復活の呪文方式。学習もされず予測
 変換候補もなし。番組情報からのコピペも不可、

[入出力端子]
パナ機にはiLinkがあるので上。
ただし、これでDVビデオから取り込むとパナ機の糞仕様にあきれます。
外付けHDDにダビング出来ません。それから、DVDには高速ダビング可能
ですが、BD-Rにまとめ焼きをすると録画したビデオの実時間が必要です。
おまけに記録したBD-Rから書き戻す場合も実時間必要。
その記録したBD-Rをソニー機は高速で取り込めるんですけどねwww
おまけにソニー機でその取り込んだビデオを無変換で新たにBR-Rへ
書き込みするとパナ機でも高速取で取扱が可能になります(爆)
ついでに外付けHDDにもコピー可能になります。

[サイズ]
パナ機は奥行きが短いのでビデオラック内での配線がやりやすい。

[外付けHDD]
基本的に倉庫として使う仕様です。
直接録画はテレビ番組のDRモードのみ。モードを変えたい場合は、
録画終了後に本体内変換する必要あり。
BDからのダビングも一度本体にダビング後、移動する必要があります。
また、ダビング(BD←→HDD、内蔵←→HDD外付けHDD)中は外付HDDの
中身は見れらません。
現在は裸売りのHDDをNOBACの外付けケースに入れて使っていますが
正常に動いています。

[その他]
・番組のソートが出来ない。 録画順にしか表示出来ないので非常に不便。
 例えば連続5話を録画した場合、第2話を録画し忘れて4話終了後に
 再放送の2話を録画すると1,3,4,2,5の順でしか表示出来ない。
・まとめ番組は可能だが、階層が1つしかない。
 ソニー機は自分でフォルダを作れないが、番組名を上手く変更すると
 自動的に階層フォルダを付けてくれる。
・10番組程度を外付HDDやBD-Rにダビングする際は問題ないが、番組数が
 増えると選択する際にものすごく時間がかかる。
 選択時、1パージ目は反応が良いが、2パージ目以降は、1つ選択するたびに
 (ページ数-1)×秒程度待たされます。
 ただ、ソニー機も1度に30番組までしか選択できないのでそれを超えた場合、
 数回に分けて行う必要があります。
・本体内モード変換は複数話をまとめ焼きするには非常に便利。
 ソニー機でモード変換ダビングする場合は、BD-Rにダビングするもしくは
 取り込む必要がありますが、その間何も出来ません。
 高速ダビング中は当然、録画も、録画番組の視聴も出来ます。
・パナ機は同一HDD内でダビングするとコピー可能(ダビング制限内)なので
 簡単に1つの番組を2種類の録画モードで作成できます。
 私は、AVCHDビデオで撮影した物を、保存用はそのまま、配布用は1枚に
 収まるように圧縮して保存しています。
・パナ機は番組の容量が分からないので不便。
 ソニー機は予約時点で、録画モードによるサイズ、残録画可能時間の
 表示が可能です。
・番組表で表示、非表示チャンネルを設定できない、
 加えて、今時CS1/2は無いでしょう。
・リモコン操作時に表示されるメッセージが大きすぎるうえ、表示時間が
 長く邪魔。

総じてパナ機の不満が多くなりましたが、編集はあまりしない、撮って消す
くらいの使い方をする人なら十分な製品だと思います。
使い勝手等は別にして、カタログの紹介文に載せる機能は十分ですし
値段も安いですしね。売れるのも分かります。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「DIGA DMR-BZT710」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
★適度にメンテナンスする事で更に長持ち★  5 2021年6月17日 18:50
まだまだ現役  5 2021年4月16日 03:00
歴代一番愛用してるBDレコーダー  5 2021年3月7日 12:18
長く使用出来ます。  5 2021年1月9日 21:53
12月で9年目  5 2020年10月23日 12:10
10年近く経過もまだまだ使えます  5 2020年5月23日 09:31
あと10年は使いたい!  5 2020年4月21日 12:31
ドライブ故障を乗り越え未だ現役  5 2020年2月12日 00:47
まだ現役使用中  5 2019年12月29日 22:00
丸8年の感想  4 2019年11月19日 10:34

DIGA DMR-BZT710のレビューを見る(レビュアー数:196人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

DIGA DMR-BZT710のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

DIGA DMR-BZT710
パナソニック

DIGA DMR-BZT710

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 9月15日

DIGA DMR-BZT710をお気に入り製品に追加する <2074

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意