『フルフレームでも面白いマクロレンズです』 SONY SEL30M35 calamariさんのレビュー・評価

2011年 9月22日 発売

SEL30M35

  • 軽量で手軽に持ち歩けるEマウント専用の等倍マクロレンズ。最短撮影距離約9.5cmまで被写体に近づけるので、花や小物などの近接撮影に重宝する。
  • スムーズで静かなAF駆動を実現するレンズ内モーターを内蔵し、外装にはアルミニウム合金を使用している。
  • 近接撮影時にじゃまにならず、傷や汚れからもガードする専用レンズフードが付属。
SEL30M35 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥24,750

(前週比:+1,750円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥12,000 (39製品)


価格帯:¥24,750¥31,900 (27店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥30,000

店頭参考価格帯:¥24,750 〜 ¥24,750 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:単焦点 焦点距離:30mm 最大径x長さ:62x55.5mm 重量:138g 対応マウント:α Eマウント系 SEL30M35のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • SEL30M35の価格比較
  • SEL30M35の中古価格比較
  • SEL30M35の買取価格
  • SEL30M35の店頭購入
  • SEL30M35のスペック・仕様
  • SEL30M35のレビュー
  • SEL30M35のクチコミ
  • SEL30M35の画像・動画
  • SEL30M35のピックアップリスト
  • SEL30M35のオークション

SEL30M35SONY

最安価格(税込):¥24,750 (前週比:+1,750円↑) 発売日:2011年 9月22日

  • SEL30M35の価格比較
  • SEL30M35の中古価格比較
  • SEL30M35の買取価格
  • SEL30M35の店頭購入
  • SEL30M35のスペック・仕様
  • SEL30M35のレビュー
  • SEL30M35のクチコミ
  • SEL30M35の画像・動画
  • SEL30M35のピックアップリスト
  • SEL30M35のオークション

『フルフレームでも面白いマクロレンズです』 calamariさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SEL30M35のレビューを書く

calamariさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:78人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
365件
レンズ
3件
84件
スマートフォン
1件
40件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性5
フルフレームでも面白いマクロレンズです
当機種1/40 F4.0 ISO5000 Mモード AWB AF-A
当機種1/40 F6.3 ISO4000 Mモード AWB AF-A
当機種1/40 F8.0 ISO1250 Mモード AWB AF-A 針穴写真効果

1/40 F4.0 ISO5000 Mモード AWB AF-A

1/40 F6.3 ISO4000 Mモード AWB AF-A

1/40 F8.0 ISO1250 Mモード AWB AF-A 針穴写真効果

カメラ本体はα7IIIを使用しています。「1:1マクロレンズで手軽な物がまだ無いなぁー」などと思いつつある日レンズを比較していたところ、このモデルに目が止まりました。FE 50mm F2.8 マクロがありますが、AFがジーコジーコのため眼中には全くなし。

レヴューやアルバムサイトを見て見ましたが、写りは結構良さそうで、価格も安い、軽い。ということで挑戦して見ました。

携帯性は抜群、FE SEL3528Zの次にいいかも。操作性は見ての通り、全く単純な構造で、とにかく軽い(約138g)です。焦点リングの回り具合は値段相応の軽い動き。高品位クラスのダンピングなど期待してはいけません。AFでピントを合わせる際、絞り羽根の動作音がちょっと大きいですが、それ以外はジーコジーコのアクチュエーター・モーター音はなく静かで普通に速いです。

α7III本体の設定でAPS-C S35撮影でオートを選ぶことで、画角が45mmになり対象がより大きくなります。一方で、α7III本体の設定でAPS-C S35撮影でマニュアルを選び、そしてAPS-C S35撮影マニュアルでOFFを選ぶと、画角は30mmのままになりますが、何と、針穴を覗いたのと同じ効果が生まれます。昔の白黒テレビの画面枠にも見えて面白いです。敢えてAPS-Cモードで使うとこの枠が出ることは知らず、今回偶然発見したのですが、これはとても気に入りました。

付属の専用フードは助かります。最短撮影距離が9.5cmなので構図を作る際不意に対象物にレンズ先端を押し付けることがあっても、物がレンズに直に接触するのを防ぎます。マクロ撮影が主なら、この専用フードと付属する49mm径レンズキャップで用が足ります。

あくまでも、マクロ機能だけを目当てに使っているのでそれ以外はわかりませんが、スナップでマクロをパシパシ撮って行くにはうってつけのレンズ、隠れた優れ者だと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力4
携帯性5
機能性4
フルフレームでも面白いマクロレンズです
当機種1/40 F4.0 ISO5000 AWB AF-A
当機種1/40 F6.3 ISO4000 AWB AF-A
当機種1/40 F8.0 ISO1250 AWB AF-A 針穴写真効果

1/40 F4.0 ISO5000 AWB AF-A

1/40 F6.3 ISO4000 AWB AF-A

1/40 F8.0 ISO1250 AWB AF-A 針穴写真効果

カメラ本体はα7IIIを使用しています。「1:1マクロレンズで手軽な物がまだ無いなぁー」などと思いつつある日レンズを比較していたところ、このモデルに目が止まりました。FE 50mm F2.8 マクロがありますが、AFがジーコジーコのため眼中には全くなし。

レヴューやアルバムサイトを見て見ましたが、写りは結構良さそうで、価格も安い、軽い。ということで挑戦して見ました。

携帯性は抜群、FE SEL3528Zの次にいいかも。操作性は見ての通り、全く単純な構造で、とにかく軽い(約138g)です。焦点リングの回り具合は値段相応の軽い動き。高品位クラスのダンピングなど期待してはいけません。AFでピントを合わせる際、絞り羽根の動作音がちょっと大きいですが、それ以外はジーコジーコのアクチュエーター・モーター音はなく静かで普通に速いです。

α7III本体の設定でAPS-C S35撮影でオートを選ぶことで、画角が45mmになり対象がより大きくなります。

α7III本体の設定でAPS-C S35撮影でマニュアルを選び、そしてAPS-C S35撮影マニュアルでOFFを選ぶと、画角は30mmのままになりますが、なんと針穴を覗いたのと同じ効果が生まれます。昔の白黒テレビの画面枠にも見えて面白いです。敢えてAPS-Cモードで使うとこの枠が出ることは知らず、今回偶然発見したのですが、これはとても気に入りました。

あくまでも、マクロ機能だけを目当てに使っているのでそれ以外はわかりませんが、スナップでマクロをパシパシ撮って行くにはうってつけのレンズだと思います。

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「SEL30M35」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

SEL30M35のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SEL30M35
SONY

SEL30M35

最安価格(税込):¥24,750発売日:2011年 9月22日 価格.comの安さの理由は?

SEL30M35をお気に入り製品に追加する <586

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意