ボルボ V60レビュー・評価

> > > > レビュー・評価
このページの先頭へ

V60 のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みモデル別にレビューを絞り込めます。モデル指定のない過去の投稿は絞り込まずにご覧ください。

モデル(フルモデルチェンジ単位)満足度満足度ランキングレビュー件数 
V60 2018年モデル 4.50 自動車のランキング 10人 V60 2018年モデルのレビューを書く
V60 2011年モデル 4.47 自動車のランキング 38人 V60 2011年モデルのレビューを書く
モデル指定なし(過去の投稿) - - 0人 -

V60 2018年モデルの評価

  1. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 4.90 4.34 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 4.70 3.93 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.60 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.30 4.21 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.30 4.05 -位
燃費 燃費の満足度 3.44 3.89 -位
価格 総合的な価格の妥当性 4.10 3.88 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

自動車(本体)のレビューは、モデル別の投稿となりました。上記絞込みからモデルを選択して投稿してください。
モデル指定のない過去の投稿は閲覧のみ可能です。

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:38人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
2件
モニターアーム
1件
0件
Bluetoothスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
XC90以降の新しいボルボデザインは精悍さと迫力が増して、迫力のあるでも下品・いやらしさの無いデザインでとても気に入っています。
【インテリア】
白系のブロンド内装と決めていたんですがやはりかっこいいです。汚れは確かに気になるのでコーティングをお願いしました。
運転席シートのすわり心地がとてもよく、シートエクステンションが合って自分のシートポジションが決めやすいです。また、シートベンチレーション、後席まであるシートヒーター、4ゾーンエアコンなど車内で快適に過ごせる機能が満載です。
【エンジン性能】
254馬力もあるとは思えないほどマイルドなエンジン特性です。
もともととばす気にならない車ではあるのですがある程度走ったらポールスタープログラムも試してみたいです。
【走行性能】
前車がゴルフ7でこの車もとても走行性能が高く満足していましたが、V60になると車が大きい分さらに安定感が増し、体感以上にスピードが出ていることがあるくらいです。アップダウンとカーブがきつい中国道でもストレス無い走りです。
【乗り心地】
やや固めな乗り心地でありながら全体的にやさしさを感じる乗り心地です。
乗り心地に関しては一切ストレスがありません。
オートパイロットも自分の間隔にとても合っていて2,300kmほど走りましたが怖いと思ったことが全くと言っていいほどありませんでした。
【燃費】
高速道路で14〜15km、一般道で5〜12kmと思ったよりは悪くありません。2000ccで250馬力を超える車としてはこんなもんじゃないでしょうか?
しかし、前車の燃費がとてもよかったため燃料系の減りが気になってしょうがありません。
【価格】
これだけの安全装備が標準でこの価格なら納得です。ほとんどオプションを選択する必要がありませんでした。
また、たまたま見つかった在庫が後席シートヒーターとステアリングヒーターがついていた(価格的にはおまけしていただきました)のがさらにラッキーでした。
【総評】
V60に決めるまでにいわゆる「ドイツ3」も長時間時間借りて試乗してみましたが、V60のストレスのないシートとしなやかな乗り心地が一番私に合っていたので決めました。
大変良い買い物ができたと思っています。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年9月
購入地域
新潟県

新車価格
599万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

まーのんとまのちんさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:107人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
24件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
7件
除湿機
1件
3件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
   

奥多摩湖から出発

   

1000キロを超えたので、少し荒々しく試したく東京の奥地、奥多摩周遊道路へ行ってきました。多くのライダーが訪れ攻める山岳ワイディングロード、標高も1000メートルを超えます。
所々でシルバーカーと初心者に阻まれましたが、良好に快適に走行できました。
ローワイドの車体は期待以上に路面に吸い付き危なげなく走行できて驚きました、過去に色々乗ってきましたが一番の出来だと思う。ステーションワゴンであることを忘れてしまうほどのパワーとトルク、エンジンブレーキの出来が良くて下りでも難なく攻める事が出来ました。アクセルワークも気持ち良く吹き上がりスムーズに走行できました。
箱根の山々の有料道路も今後走破してみたいと思います。
外見と中身の良さだけで無く、エンジン性能と硬めの足回りはかなりの高性能ということがわかりました。
日本のステーションワゴンではあり得ない性能を垣間見ました。

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
その他
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
東京都

新車価格
599万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった29人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

暇人親父さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:54人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
1件
レンズ
1件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5

旧V60からの乗り換えです。
キャンペーンでレザーパッケージ(40万円相当:レザーシート、キーレスエントリー等)が無料で、メルセデスのディーラーで自社ブランド以外は高価買取ができないと言われたので、下取り価格も聞いたら中古車専門店と比べても30万円高いオファー。更に値引きとして30万円を上乗せしてくれました。合計すれば100万円程度の値引きです。
昔から四角いボルボが好きなのでデザイン的にも気に入っており、内装も高級感が溢れ、エンジン音も4気筒の安っぽさが消えて静かになりました。また、個人的に気に入っているのは交差点等で停車するとアクセルを踏むまでブレーキが自動で作動すること、360度ビューがきれいなこと、シートのし割心地が良いことです。
他方、不満に思うことはマニュアルが「ポンコツ」で、複雑な設定が非常に面倒でした。

乗車人数
2人
使用目的
通勤・送迎
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年5月
購入地域
東京都

新車価格
499万円
本体値引き額
30万円
オプション値引き額
40万円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

はつきんぬんさん

  • レビュー投稿数:35件
  • 累計支持数:606人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

【エクステリア】
最近のボルボの顔、すごくいいですよね。
美しく高級感も抜群のステーションワゴン。
機能美溢れるスタイリングです。

【インテリア】
シックで高級感を感じる室内空間。縦長のセンターディスプレイは存在感があります。
後席は非常にゆとりのある空間になっていて、ラゲッジスペースも申し分ないです。

【エンジン性能】
街乗りなんかではスムーズで扱いやすい感じですが、高速合流でグッと踏み込むと、素晴らしい加速を見せてくれます。
最大350Nmのトルクが広い範囲で発揮されるので、どんな速度からでも軽く加速していける感じは安心感がありますね。

【走行性能】
驚いたのはステアリングの機敏さ。
こんなに軽やかに機敏に曲がれる車の印象はありませんでした。
Dynamicモードにするとかなり過激で機敏なハンドリングが楽しめます。
高速ではちょっと機敏すぎて操作がシビアになってしまうので、Comfortモードで走るのがいいかと。

【乗り心地】
思った以上にしっとりして嫌味がない乗り心地。
ガタガタといった不快な音を出す気配が全くなく、動的質感の高さを感じます。
静粛性も抜群。

【価格】
もっと安くならんかなーと思ってたりもしましたが、乗ったらこの価格の妥当、というよりコスパが高い車であることはわかると思います。
先進安全装備もかなり充実していますし。

【総評】
本当に隙のない車でした。そして、こんなに楽しい車だとは嬉しい誤算です。
家族を乗せた長距離運転でも、一人でワインディングを楽しむにも、この1台で十二分。

補足:詳細レビューや写真をご覧になりたい方向け
https://tmhshiroto.com/drive_v60_2019/

レビュー対象車
試乗

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Coyageさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
44件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費3
価格4

<エクステリア>
・何よりもマンションの立体駐車場に収納できる1850mmが大きな魅力でした。前V60はキーレスを付けると1865mmでしたので、あきらめざるを得ませんでした。
・オニキスブラックはご多分に漏れずキズが付きやすいですが、やはり黒は光を取り入れてヌメっとするので非常に色気があります。
・見た目も実際も非常に低重心で車高が低いです。その分、下腹部の擦りには注意が必要です。
・ステーションワゴンで一時代を創り上げた240から2代目V70のスタイリングをリバイバルしているスタイルといえます。V90のほうが荷台が寝ているのでスタイリッシュですが…。
・モメンタム純正の17インチホイールが写真で見ると平凡な感じで、愛せるかどうか非常に不安に感じていましたが、デザインは思っていたよりも立体的で、ボディとのマッチングもよく、納車前までの不安は何だったのだろうと思っています。インスクリプションの標準は18インチですが、デザインはモメンタム17インチの方が好みです。しかしながら、私同様に感じていた方は多いようで、ヤフオクに新車外しのホイールがかなり安価で出品されていました。このあたりは価値観だと思います。
・リアのデザインが少し平凡な感じはします。インスクリプションとマフラー部分が異なりますが、私は丸形が好きなので、モメンタムのスタイルで大変満足しています。

<インテリア>
・アンバーのシートカラーが高級感を演出します。汚れが目立つということもありません。
・インスクリプションとの比較として、シートの質、シートの機能、ステアリングのボタンの質、後部座席のエアコン、ダッシュボートの質等があります。価格差と照らし合わせれば私は納得しています。仮に「それが無い分◯○円安くなります」となれば、進んで省く項目になり得ます。ポップアップのディスプレイもありませんが、そちらも私には不要なので省いたと思います。
・V40CCT5の時はあった衝突警告がないためこれまでよりも注意が必要になりました。しかし、衝突回避の警告はあるので、相当近づけば警告されます。
・レザーオプションの本革シートは革質がキメが大きめのタイプです。非常にしっとりしていて乗り心地がよいです。当該オプションに付帯するキーレスエントリー、助手席パワーシート、助手席シートヒーターは納得ですが、パワーテールゲートはハンズフリーの作動が非常に難しいので、これを省き360°カメラを付帯してほしかったです。

<エンジン性能>
・254psは十分な出力です。トルクも350nmで十分です。しかし、現時点での印象で今後変わっていくかもしれませんが、ダイナミックモードでもV40CCT5のSモードの加速よりはワンテンポ遅く、爆発力が小さい感じがします。車重のせいというよりもセッティングが全然違う感じがします。
・しかしながら、総じて不満は無いエンジン性能です。

<走行性能>
・直進安定性が抜群です。不安がありません。
・コーナーリングも車高が低いため非常にキビキビです。トルクもあるのでカーブの出口でグッとのびるためストレスはありません。
・登坂はまだ試してませんが、これだけパワーがあればストレスは無いと思います。

<乗り心地>
・モメンタムは標準でミシュランのプライマシー4です。固さも無く、非常にふんわりです。イメージはドイツ車ですが、乗り心地はシトロエンです。以前ハイドロのC5に乗っていましたが、乗り心地が非常に似ています。V40CCT5の時にたまに感じた腰の痛みもありません。

<燃費>
・12.9km/lの実力は発揮されていません。
・日中の一般道で8、早朝の一般道で10、高速の巡行では16。
・ストップアンドゴーの一般道で11くらい出ると満足です。
・1,000km弱走行して、総合燃費は8.4km/lです。徐々に向上しています。

<価格>
・レザーオプション付で539万円。インスクリプションとの比較差が60万円ですが、その金額と不足される装備をどう評価するかだと思います。私は「適正」だと思います。レザーオプション付の状態で499万円であれば最高だと思います。

<総合評価>
・非常におすすめできます。今後はさらに値引きも期待できると思います。同クラスのドイツ車と比べても遜色無いエンジン性能と内装です。そこは価値観の違いなのだと思います。ステータスという点でボルボは少し劣ってしまうのでしょうか。中国資本ということを嫌がる方もいるかもしれません(それはボルボの企業戦略を十分に理解していない方のコメントだと思いますが…)。私はモメンタムですが、インスクリプションの方がお買い得と感じる方もいらっしゃるかもしれません。今後選択肢としてT4やマイルドハイブリッドのBも出てくると思いますので、価格帯に幅ができてから検討すると面白いかもしれませんね。

乗車人数
5人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年1月
購入地域
神奈川県

新車価格
499万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

aladdin_tnt2さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

当時乗っていたレガシィ(2013年BRM 2.5NA)の車検を半年後に控え、最初はスバルのお店でレヴォーグ2.0STIを商談したのですが・・・査定120万+値引き30万。
あまり良い反応ではないので、家でネットをフラフラしてたらV60新モデルの話。
良く調べてみると、ボルボは値引きも結構するらしい?ので、早速近くのボルボへ足を運ぶ。

・最寄1店舗目
レガシィで行き、全く応対が無いまま30分ほど放牧され、ちょっと若めなセールスさんと話をする。
とりあえず見積も作ってもらったけど値引きゼロの見積書。査定もされず。
あまり押してこないのでカタログ貰って撤収。

・その次に近い2店舗目
クルマを止めたらすぐにセールスさんが飛んできた。
すぐに話が始まってD4クラシックを試乗。
エンジンのフィーリングを確認する。アテンザのディーゼルには乗ったことがあるので何となく想像はしていましたが、以外にもアテンザより鋭いレスポンスを示すものの、低回転からの加速がやや鈍い。
「ポールスターパッケージを入れるとかなり改善しますよ」とのお話。
個人的には悪くないと思ったので、とりあえず見積出してくださいよってお願いしたら「査定させてください」って言われて言われるがまま。
希望はRデザインでしたが予算的にキビシイ?かなと思ってD4クラシックでお願い。
いきなり85万円引き+査定150万でビビる。
・・・ここで動揺してはいけない、と思ってひとまず撤収。
レヴォーグはナビとかいろいろオプションですが、V60はナビ・VICS・ETC・フルセグ・サンルーフ・フロアマットと全部最初から付いてる。
車体はV60の方が高いけど、その差がV60の値引き査定で埋まるくらいの勢い。

アタマを冷やして2週間後にスバルで商談。

やっぱ色々渋い。
(当時は未だいろいろな不正がニュースになる前)
値引き38万、査定140万でファイナルアンサーされた。
・・・もうスバルは無いかな。って思った瞬間。

その足でボルボへ。

とにかく値引きにビビったので
「実はRデザインが希望なんです」って素直に伝える。
「ボルボに乗りたいから今日決めさせて!」と実印を見せて煽る。
船に乗っちゃった分で、カラーとメーカーオプションを指定できない条件はありましたが、値引き110万、査定180万、コーティングとポースルターパッケージ(ROMチューン)、ナンバーフレーム、ETCセットアップとドラレコはサービス。
持ち出しがレヴォーグより安く希望の色だったので一発サイン!
大満足なお買いものでした。


車はもうモデルチェンジしているのであまり書きませんが・・・
まぁ楽しいクルマです。踏んだらグイグイ行きます。
セールスさんの言うとおり、ポールスターパッケージを入れたら満足なフィーリングです。
もはやSモード不要かと。
あとは高速追従クルコンの便利さったらありませんね。国産ではできない速度が設定できるのは交通の流れに乗れるので助かります。
あと燃費がイイ。
遠出すれば16〜17キロ以上走るのでディーゼルって事もあってランニングコストが助かります。

今のところ不便を感じた状況はありませんが、ナビはアタマ良く無いですね。
VICS付いてるなら渋滞考慮のルート選択してもいいんじゃね?
そこまで頼らないですが、気になる人は気になるかも。

とにかく、価格に対する満足度は今まで買ったクルマの中では最高デス。

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年2月
購入地域
東京都

新車価格
529万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
35万円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

mx_xmさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
0件
7件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
0件
4件
自動車(本体)
1件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格4
   

リア

   

【エクステリア】
これまでのV60より洗練されてて目立ちます。
【インテリア】
アンバーが好みでしたが、設定がないボディ色でしたので、ここは残念。
それ以外はドイツ車や日本車にない感じがかなり良いです。
【エンジン性能】
ディーゼルの設定が無いのが残念ですが、ゆったりストレスなく走ってくれます。
【乗り心地】
ゆったりした乗り心地
【燃費】
まだ、評価出来るまで走っていませんが、今現在は10km切ってます(⌒-⌒; )
【価格】
VOLVOも値段が上がりました。でも、デザインと装備を考えるとBMW等よりは安いです。
【総評】
角ばったVOLVOで無くなったので興味を無くしていましたが、約10年ぶりにVOLVO戻ってきました(^^)
やっぱり良いですねー、家族の評判も良いです。
VOLVO V70に10年以上乗りましたが、ガタがきたのでVW GOLFに乗り換え、でも、やっぱりステーションワゴンが欲しくなりフルモデルチェンジ近くのBMW3シリーズを検討していました。そこにV60が発売との知らせが、早速試乗したらもう気持ちはV60に(^ ^)あーでも、ディーゼルがあったらもっと良かった(⌒-⌒; )
値引やサービスも10月登録なら頑張っていただけるとの話があり、あっさり契約してしまいました。
納車までに初めて車の取り扱い説明書をじっくり読みました、でも、まだ、分からない事がいっぱい(T_T)
走りはドイツ車の方が上ですが、ゆったりステーションワゴンな感じの走りでこれはこれで好きですね。
燃費はまだ、数キロしか走ってませんが、まだ、何とも評価出来るまで走っていませんが、それ以外はかなり満足です。
次の週末に片道300kmドライブする予定がありますので、その時に色々な機能を試し、燃費も見てみたいと思います。
先ずは納車されたのでご報告を(^ ^)

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年10月
購入地域
宮城県

新車価格
599万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった27

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tom3914さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費5
価格5

【エクステリア】
これは個人の好みの問題だと思いますが、今までのVOLVOのワゴンとは違う艶のあるプロポーションと後期型の落ち着いたフロントマスクは私にはピッタリです。
【インテリア】
既に7年が経過していますが、ドイツ車、フランス車、日本車、アメリカ車のどれにも似ていないスカンジナビアデザインの個性は飽きが来ない素敵なモノだと思います。
【エンジン性能】
絶対的な出力、どこまでも淀みなく回るフィール、レスポンス等といった部分に特筆すべき部分はありませんが、クルマのキャラクターとのマッチングは抜群です。
【走行性能】
加速・高速性能やクイックなハンドリングを求めるなら、最初からVOLVOという選択肢は無いと思います。
しかし、太いトルクが醸し出す落ち着いた雰囲気は何物にも代え難いです。
【乗り心地】
Classicは18インチのタイヤ&ホイルが奢られていますが、クルマのキャラクターを考えると17インチがベストマッチではないでしょうか?
多少の突き上げ感が少しアンマッチな気がします。
【燃費】
街乗り中心で11〜12km、郊外路や高速が混ざれば13〜14km、高速主体であれば楽に15kmを超えて来るので、軽油の単価も加味すれば充分にエコではないでしょうか?
【価格】
499万円、Classicのウッドパネルやサンルーフ、安全性能を考えれば納得出来るモノですし、敢えて記載はしませんが最終モデルなのでご購入を考えている方はかなりの値引きを期待されて良いと思います。
【総評】
次期型の画像もチラホラ出始めていますが、モデル末期だからこそ感じられる円熟の極みを、これからも楽しんでいこうと思います。

乗車人数
5人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2018年1月
購入地域
福岡県

新車価格
499万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった13

このレビューは参考になりましたか?参考になった

アンチェイン蜂須賀さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:11人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
ビデオカメラ
0件
3件
ノートパソコン
0件
2件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格5

安全性を求めて、スバル、マツダなども検討しましたが、新古車だったので価格も含めボルボが一番でした。
バックカメラが分かりづらい、ブレーキが多少カックンな感じ、など残念な点もありますが、ディーゼルでダブルクラッチ、燃費も良く、安全性能もサイコーですので、文句なしです。
BMW3ツーリングも検討しましたが、東北ということもあり、雪道で有利なFFを優先しました。また、高級感や偉そう感が前面に出るような車は嫌だったので、ボルボの奥ゆかしさも満足です。

燃費は17キロから18キロ。
しかもディーゼルとくれば、文句のつけようがありません。

地味なデザインは、10年乗っても飽きないと思うので、大切に乗っていきたいと思います。

乗車人数
1人
使用目的
通勤・送迎
仕事用
頻度
週1〜2回
重視項目
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年11月
購入地域
宮城県

新車価格
479万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
20万円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ルーキー60さん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
135件
ブルーレイ・DVDレコーダー
0件
11件
docomo(ドコモ)携帯電話
0件
4件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費5
価格4

購入から一年経過しましたので、レビュー致します。

現行V40 T4 2014年モデル(1600cc)からの乗り換えです。
V40は非常に気に入っており、新車から2年しか乗っていない為大きな不満はありませんでしたが、5人乗車が増えた事とディーラー担当者からディーゼルを強く押された事もあり乗り換えてしまいました。

V60 D4 DynamicEditionにフロントビューカメラ、ガラスフィルム、2年延長保証を付けました。


【エクステリア】
やはり特別仕様車で他のV60にはないエクステリアデザインも特別感があり気に入っています。
横からのルーフデザインは惚れ惚れするばかりでV40と比べて全体的に長くなったがちょうど良い印象。
V40の時はウインドウのメッキモール(正確にはメッキではない)の腐食(曇り)に悩まされておりましたが、今回は特別仕様車のためブラックモールになり、悩みから解放されました。

【インテリア】
内装に特段高級感はありませんが、今回は標準でスポーツレザーシートが付いており手触りも質感も座り心地も素晴らしいです。
V40よりもドアの開閉がかなり軽くなったのは嬉しい誤算です。

V40は後部座席に乗り込む際、160cmの妻が子供を抱いて膝を曲げて頭を屈ませて乗り込まなければならなかった所、間口が広くなったおかげで楽に乗り込めるようになりました。
V40の時は後部座席に3人乗った場合、ドア側の人は天井の傾斜に常に頭が当たっている状態になっていましたが、V60ではその様な事はなく全員が快適に乗車可能です。
後部座席の座面もドアぎりぎりまであり幅も大きくなった為、快適です。

当方楽器を積むのですが、以前はトランクに詰めなかった機材を全て積み込んでもまだまだ余っています。。

V40の時のナビは、住所を選択する際に大変でしたが、今回の三菱製ナビは目的地の設定が楽になりました。
前回は出来なかった自宅登録が出来る様になった所も進歩でしょうか(笑)
ただし前のナビの時は50m⇒100mにする際に4段階でズーム出来ましたが、今回のナビは細かいズームがない為、見にくいと感じていましたが、そこは1か月程度で慣れました。


【エンジン性能】
2000ccクリーンディーゼルターボで車体の重さを微塵も感じさせず素晴らしいパワーを発揮します。
ただ、出だしが弱く全体的なパワー感もV40の1600ccガソリンターボの方が自分の感性には合っており正に思った通りの加減速が出来ていました。
V40の時は巡行中にアクセルを少し踏み込んだだけでそのままのギアで踏んだ瞬間に思った通りの加速をしてくれたのですが、ディーゼルの特性かDCTとの違いなのかギアを下げなければ思った加速をしないので、その点が不満です。
まぁ、V40より250kg重くなっている事を考えるとパワー感には満足です。

音はやはりディーゼルですから、発進時や低速からの加速の際はやはりトラック感がすごいです。
もちろんトラックに比べれば数倍静かですが。
スピードに乗ればガラガラというディーゼル音はほとんど鳴らなくなるので、そこまで気にする程ではないかと思います。
一年経過したら慣れてしまい全くと言っていいほど気にならなくなりました(笑)


【走行性能】
ハンドリングは相変わらず若干緩めで決してクイックとは言えませんが操りやすい部類に入ると思います。
ボディ剛性はみなさんが言われているように素晴らしく、カーブでもまったく車内に異音やきしみは発生しません。

ACCやBLIS、LKAについては前車V40とほとんど変わらず嫌というほど使ってきましたので、素晴らしい事は重々分かっております。
ただ、1点気になったのは60Km/hで走行中に前を原付が走っているのに追いついた為、車線内ぎりぎりで追い抜こうとウインカーを出さずに右に少し寄った所、LKAが作動し左に押し戻され、バイクにぶつかるかと思った事がありました。
実際にはぶつかる前に、緊急ブレーキがかかってぶつからないとは思いますが、その場合は後続車に追突される危険性がある為、ひやっとしました。


【乗り心地】
乗り心地は前車がV40の硬いダイナミックシャシーの車両だったのもありますが、かなりコンフォートな味付けになりそれほど固くなく丁度よいですが、高級車やトヨタ車の様に決して柔らかくはありません。
18インチなので仕方ないですが、かなりゴツゴツ感が伝わってくる印象です。


【燃費】
街乗り85%、高速走行15%の使用で11.6km/Lでした。
前車V40が同条件で9.6km/Lであった事を考えると2km/L程度しか良くなりませんでしたが、慣らしが終わればもう少し伸びると思います。
街乗り35%、高速走行65%の使用で15.6km/Lでした。
前回給油から一目盛りになった時、920km走行していたのには驚きました。
真夏はV40が7.2km/Lだった所、9.3km/L程度になりました。

なによりも前車がハイオクだったことも考えると満タンの価格差だけでも2,500円くらい安くなっているので燃費差以上にお得感がすごいです。


【価格】
私は国内到着予定の車両を購入しましたので、非常に安く購入する事が出来ました。
当時XC60のフルモデルチェンジが近く、V60もモデル末期である事も一つの要因かもしれません。


【総評】
安全装備満載で他メーカーも追随してきていて独壇場とは言えなくなってきていますが、現時点で世界で一番安全な車といっても過言ではないと思います。

私は今まで乗ってきた中で V40 T4が全てにおいて今までで最高の車ですが、V60 D4の方が長く付き合っていけそうな車だなと感じています。

総評としては、高級感は無いが安全性能を考えるとライバル輸入車と対等に渡り合える車だと思います。
ただし、やはり人から羨ましがられる車ではないと思いますが、気にしなければ最高です。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2017年1月
購入地域
兵庫県

新車価格
499万円
本体値引き額
40万円
オプション値引き額
20万円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

にやにやにーやんさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:14人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4

【エンジン性能】
はじめてのディーゼルエンジンンです。
アクセルを踏み込んだ時の加速が少し遅く感じますが、それ以降のパワーや走りは満足。
ディーゼルは遅いというイメージがありましたが、高速道路でもパワフルでスピードもでるし
とても満足しています。

【カーナビ】
知人からカーナビが使いづらいと聞いていましたが、今のところ使いづらいという印象はありません。

【エクステリア】
かっこいい!!


【燃費】
燃費は街乗りで10キロ/ℓ程度
もう少し走ると思っていました。

【総評】
まだ乗り出して1ヶ月足らずですが、高級感もあり、とても気に入っています。

使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
中古車

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

v60d4さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:8人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア4
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費4
価格5

前車ホンダエリシオンが12年14万kmに近づき、念願だった輸入ワゴン車を購入しました。
なお、比較車両は、ゴルフヴァリアント、パサートヴァリアント、レヴォーグ、アヴェンシス
・ゴルフ、パサートはDSGによる発進のもたつきが最後まで気になり、直前でやめました。ディーゼルが出ていれば、DSGでも購入していたと思う。
・レヴォーグはエアインテークがどうしても好きになれなかった。CVTが気分的に避けたかった。
・アヴェンシスは良い車だと思ったが、CVTだったことがネックだった。

【エクステリア】
R-DESIGNはかっこ良いと思いましたが、SEは特にときめくような物は感じませんが、テールランプは好きです(フィットと一緒だけど。)
長く乗るにはそのくらいの方が良いかも、とも感じて決めました。
デザイン的にはレヴォーグからエアインテークが無くなれば。。。(アウトバックは好き)

【インテリア】
シートの座り心地は最高です。自然に頭が付くようにセットできるので、長距離も楽です。
キーレス(PCC)の機能で、キーごとにシートが自動で自分の位置に動くのは、家族と共用する際に便利です。
内装も全体的に好みですが、ところどころプラスチッキーです。
メーターはマツダみたいであまり好きではないです。色と配置が換わる機能は特に必要性を感じません。

革シートはベンチレーションがついていないので暑い日は蒸れます。

各種ハイテク機能は慣れるのに苦労しそうです。
中高年の方はある程度苦労すると思います。

ナビは思ったよりも使いやすいです。スマホで検索して、電話番号を入力して行き先を設定する。という使い方だと全くストレスを感じません。
施設名検索もまあまあこなしてくれます。


【エンジン性能】
もともとVWのディーゼルに乗りたくて待ち続けていましたが、事件のため発売が未定となり、
結局V60を購入しましたが、動力性能はかなり満足しています。
遠出をしたくなるようになりました。
ただ、左折時20kmほどまで落として再加速する際モタつきます。20km/h付近からのみで、ほかの速度域には不満はありません。

ディーゼルの音は車外・車内ともに響きます。走行していてもこもり音も聞こえてきます。
静粛性を求める人には向いていません。
私は、エンジン音を聞きたいので、気にしませんが、スポーティな音ではありません。
トラックのようなトルクフルな音です。そこも気に入っています。

発進は8ATのためか、DSGのフォルクスワーゲンと比べると非常にスムーズです。走り始めるとDSGの方が自然かもしれません。


【走行性能】
前車がミニバンなので当たり前ですが、カーブで不安を感じることがなくなり、遠出が楽しくなりました。
若干アシストにクセを感じるので慣れるまでに時間がかかりそうです。
ACCは本当に楽ですが、レーンキープは信用できません、オマケ機能程度にとらえています。


【乗り心地】
街乗りではやや固めに感じると思いますが、60km/h以上の速度域では快適です。

【燃費】
カタログ20km/lオーバーなので、街乗りは12〜4km/l期待していましたが、10km/l前後です。かなり気を付けて走って11キロ台半ばまで伸びますが。
遠出すると一気に20km/l前後まで伸びます。
あと、軽油なので満タン時の安さにビックリ。

【価格】
かなりのハイテク機能満載で値引きも大きいので、国産車+αで購入できました。
質感はドイツ車には全然届いていないと思いますが、価格も考えると不安は無いです。

【総評】
安全性の高さと走りの良さに期待して購入しました。
ターボ故かもたつく場面もありますが、総じて良いクルマです。

ただ、ハイテクな電子機能がてんこ盛りで、将来の故障が不安です。

あとは、デンソーの燃料ポンプ、アイシンの8ATなど日本の技術がつかわれているところにも惹かれました。

オマケですが、寒冷地では、エンジンスタータが純正リモコンに組み込めるのがすごく良い!

下記に、感じたマイナスポイントを羅列します。

【マイナスポイント】
・大きなエンジン音
・多機能すぎるハイテク機器(使い方がわからない!)
・いつの間にかディーラーOPになっていたルーフレール
・購入してから未だ作動したことのないアイドリングストップ
・狭いトランク(S60の方が容量が大きい!?)
・カタログより大きなホイールハウスのクリアランス
・20km/hからのもたつく再加速
・TVキャンセラーが保証対象外になること
・横滑り防止のキャンセルボタンが無い。(ナビの設定から変える必要あり、雪道スタック時はスポーツモードに!?(横滑りキャンセルになる))
・ベンチレーションの無い革シート

乗車人数
4人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
高級感
スポーティ
ファミリー
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年12月
購入地域
東京都

新車価格
479万円
本体値引き額
70万円
オプション値引き額
30万円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ナザレのブオーニさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:85人
  • ファン数:0人
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格5

出たばかりの新ディーゼルに試乗してきました。
まあ、とにかくパワフルです。
離陸時の飛行機のような加速をします。
出足、レスポンスはBMWやマツダより、クイックかつスムース。
低速時以外は静かないいエンジンですね。
試乗する方みなさん、感心して、ドンドン売れているみたいで、ディーラーの店長、笑いが止まらないみたいでした。
また、どなたかのレヴューの通り、アイドリングストップを停止するスイッチが廃止されています。ただし、猛暑でエアコンフル稼働の時や、ギアを倒しスポーツモードにするとアイドリングストップしません。
その際、ディーゼル特有の振動はわずかながらあり、私には気になりました。
これはBMW320Dと同等で、アテンザより少し大きく、ミニより少ない感じです。(私が試乗した中で一番少なかったのはデミオ)
また、20キロ重くなった差は意外にもハンドリングに出ていて、軽快なT5に比べ、重厚な気がしましまた。これはこれで、高級感がましてるとも言えます。
ディーゼルのクセが気にならない方、好きな方には、本当にいいモデルだと思います。
同時にV40のディーゼルにも乗りましたが、あまりのオーバースペックに、これは少しアンバランスに過ぎるなと思いました。またXC60とも比べ、V60&S60が一番シャーシーとのバランスが良いと思いました。

燃費を考え買い替えを視野に入れての試乗でしたが、私にはガソリンエンジンがあっているようです。
もうすぐT5のポールスターが出て、馬力向上よりトルクがディーゼル並みになるといいます。試乗したディーラーのセールスマンが絶賛していましたので、またまた出費の予感です。

レビュー対象車
試乗

参考になった16人(再レビュー後:13人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

EZ30H6さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地5
燃費4
価格5

【エクステリア】
知性を感じる品よいフロントマスク、絞り込まれたサイドビュー、バンっぽさをみじんも感じさせないリアデザイン、どれもすばらしいです。
ただ、サイドはドアの金属部分の面積がかなり多く、ぼてっとした印象も若干。
でもそれは、たいした問題ではありません。

【インテリア】
シンプルな造形ながらも、使われている素材一つ一つがよいものでできていて、飽きが来ない上品なインテリアです。
これぞスカンジナビアンデザインかな。
オーディオの音もすこぶる良好。BP型レガシィのマッキントッシュと比べても遜色ないです。
3種類選べるメーターも、遊び心があって気に入ってます。
唯一、純正カーナビの使い勝手はやはりイマイチかな…

【エンジン性能】
一言で言って、非常にトルクフル。
坂道でも2千回転くらい回っていれば十分力強い加速が得られます。
4千回転以上回すと、ものすごい勢いで加速し、怖さすら感じるほど。
反面、エンジン音や吹け上がりについてはどうこう言えるものではなく、実用的なエンジンかと。
静粛性も並くらい。
エンジンの吹け上がりがすばらしかった代わりに低速トルクがスカスカだった前車3L水平対向6気筒と好対照。

【走行性能】
かなりよいけど、コーナリングはBPレガに比べるとやや腰高な印象も。
乗り心地は非常にすばらしく、今まで乗ってきたクルマとは別次元。

【乗り心地】
アダプティブクルーズコンロトールは本当に楽。長距離運転の強い味方です。
ただ、前車がレーンチェンジなどでいなくなったとたん、すぐ前の信号が赤なのに結構な加速をしてしまうなど、ちょっと怖いときも。
インテリセーフ10の装備など、安全装備は最先端で、非常に安心感あります。
キャビンスペースはデザイン優先のためか、並の広さ。
特に荷室はBPよりもかなり狭めです。
ただ、シートの座り心地は秀逸。

【燃費】
まぁこんなものかという感じ。
街乗り7〜8km/l、高速&遠出で13km/lくらい。
先日伊豆に行ってきましたが、夏場でエアコンガンガン、停車中にもアイドリングしててもトータル13km/lくらいだったから、遠出ならまぁまぁよいのかも。
承知で買ったとはいえ、アイドリングストップが付いていないのはやや不満。

【価格】
これだけの内容でこの価格はかなりコスパ高い!
ブランドイメージも良好で、ちょっと見えも晴れる?
だけど、オプション価格が異様に高い。
まあ、ほとんどのものは付いてるからあまり付けなかったけど。

【総評】
納車になって7ヶ月、まだ3千km位しか走ってないのですが、総じて非常に満足しています。
少なくともコスパに関しては、ドイツの各ブランドにも勝っていると思います。
このクルマが国産のレクサスISよりも安く手に入るのだから、すばらしい。
ボルボ社には確かに中国資本が入っているようですが、近年非常によいクルマを出してきているのだから、そんなことは全く問題ないのではないでしょうか。
それにしても、ディーゼルが思いのほか安く出てきたので、ちょっとフクザツです。。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週3〜4回
重視項目
スポーティ
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2014年12月
購入地域
埼玉県

新車価格
419万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

TOYZさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:243人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
2件
もっと見る
満足度2
エクステリア3
インテリア5
エンジン性能2
走行性能3
乗り心地4
燃費3
価格3

もうすぐV60オーナーの辛口試乗レビューです

【良い点】
・優れた安全装備(過信は禁物ですが)
スバルのアイサイトより先に世に出てます。
・850から続く美しいリアビュー
・スポーツワゴンなので広くはないが、使えこなせる
工夫されたラゲッジ
・買う価値のあるシート(後席も)
・ FFにしては優れた足回り(固め)

【 ? な点】
・マイナーチェンジしたフェイスがステージア似。
・車両価格はバリュー感あるのに、ディーラーオプションや
アクセサリー類のがVWの2倍の値段。

【残念賞な点】
・1.6はパワー充分だが、
4気筒なのに3気筒のプジョーより粗雑な音が
するFORDエンジン
FORD KUGA と同じエンジンです。
・ ボルボ製2.0エンジンを積むT5の方が燃費が良い
こと。
・ 事情知らない人から中国車と有らぬ疑いを
かけられる事
『 資本だけが中国です。!!』
中国で生産される車両は中国内向けです。

FORD傘下から中国資本になって
独自性が、また出だしたV60です。
先進の安全装備を備え、ドイツ車に無いセンスの良い
内装
車としての出来は、ゴルフ以下ですが
ゆったり行こうや って車が いい感じ です。

【所有後の感想】

良い点)
思った以上に良いFORD製シャーシと足回り。

悪い点)
随所にみられるコストダウン。
これは、凄いですよ
リアゲートの建て付けの悪さ(軽自動車並)。
貧素なドアヒンジ。
エンジンルームを一周していないウェザーストリップ。
直ぐにでも錆びそうな下回り。
カッコイイがホンダFITに真似されたテールランプ。
台数の関係で、コッチが真似したようにみられる。
(V40より、60が似ている)

そして、買うときに絶対的な諦めが必要な
所詮 FF という事。
駆動方式上、どうにもならない運動性能
100% BMWやクアトロには敵いません、スバルにもです。
良いシャーシなので、そこそこ走れる気になりますが
限界値や走破性能は低いので、無理すると
自慢の安全装置云々の前に事故してしまいます。

良く思い出してください。
ボルボが独自経営してたとき
最良のスポーツモデルは V70R AWD
そう四駆 今の カッコだけ R とは違うのです。

乗車人数
4人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
その他
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
快適性
エコ
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2015年3月
購入地域
京都府

新車価格
441万円
本体値引き額
100万円以上
オプション値引き額
0円

V60の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった9人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

この製品の価格を見る

V60
ボルボ

V60

新車価格:514〜849万円

中古車価格:41〜698万円

V60をお気に入り製品に追加する <152

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

V60の中古車 (全2モデル/378物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

qoo10
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意