『オーディオ再生環境の向上とDTM用途兼用で・・・』 ONKYO SE-300PCIE Oji-Bassさんのレビュー・評価

2011年 4月下旬 発売

SE-300PCIE

PCI Express x1スロット対応のハイエンドサウンドカード

SE-300PCIE 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express サラウンド機能:7.1ch 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz SE-300PCIEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※販売メーカーが事業活動の停止を発表した為、今後保証を受けられない可能性がありますのでご注意ください。

ご利用の前にお読みください

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

SE-300PCIEONKYO

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 4月下旬

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

『オーディオ再生環境の向上とDTM用途兼用で・・・』 Oji-Bassさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE-300PCIEのレビューを書く

Oji-Bassさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性4
入出力端子5
付属ソフト4
オーディオ再生環境の向上とDTM用途兼用で・・・

Realtek ALC898 (ASRock Z77 Extreme6)+ E-MU 0404 PCI 混在環境からの移項です。

Z77 Extreme6のRealtek ALC898は、以前使っていたGA-P55A-UD3R(rev. 2.0)のALC889に比べればノイズも少なく比較的良い部類なのですが、手持ちのヘッドフォンが鳴らしきれず、私の環境ではASIO4ALLが上手く動作せず、0404 PCIとの再生音の時間差が大きいのが不満だったので、オーディオ再生環境の強化と、多chのAudio I/Fを導入するまでのDTM用途兼用でサウンドカードを導入することにしました。

最終的に候補に残ったのがCreative Sound Blaster X-Fi Titanium と ONKYO SE-300PCIE。
どちらもWindows VISTA移行としか記載が無いので、Windows 7 でSE-300PCIE、Windows XPでALC898を使い分けるつもりでしたが、価格.comで非公式ながらXP用のドライバーも同梱されていると知りSE-300PCIEに決定。

音を聴いてみてびっくり!音がでかい!(←そっちかい!
ヘッドフォン出力は手持ちのヘッドフォン(SONY MDR-Z900、AKG K240 MKII)も十分鳴らしきってくれます。
ディスクリート構成のRCA2ch出力とヘッドフォン出力に比べればサブボードの7.1ch出力は多少劣るようですが、それでもオンボードよりはずっと良いです。外部MIDI音源モジュールも以前に比べれば良い音で再生してくれています。

E-MU 0404のASIO設定は2〜3msec.にするとプチプチノイズで使い物にならず4msec.が限界でしたが、SE-300PCIEは1msec.まで下げてもびくともしません。DTMのトラック数が増やした時の事を考慮して余裕を見て2msec.にしていますが・・・。

因みに、SE-300PCI Synth A と SE-300PCI Synth B というサウンドフォントプレーヤーが搭載されているのですが何故かSoundFont バンクマネージャーが同梱されていないのが残念なところ。・・・と想っていたら某所にてSoundFont BankManagerをDLし、試しにインストールしてみるとディバイスチェックされることもなくインストールできました。使い方は未だよく解りませんが、フリーのSoundFontがハードウェアレベルで使えるのは嬉しい限りです。

WinXP環境ではコンソールランチャーが無いのですが、WindowsのMixerと起き代わるカタチで動作し、SE-300PCI SynthもSoundFont バンクマネージャーも動作します。

敢えて不満な点を上げるとすれば・・・

 1. 設定変更を繰り返すと反応が鈍くなる。
 2. SoundFont バンクマネージャーが同梱されていない。
 3. ヘッドフォンのボリュームが独立操作できない。

1.に関しては一度設定してしまえば問題ないですが、2.はSE-300PCI Synth A/Bが搭載されているにも関わらず同梱されていないのは勿体無いと想います。3.はヘッドフォンの音量がかなり大きいので6割までボリュームを下げています。もしもこれでPCA出力の音質が損なわれるなら勿体無い気がします。

Digital Outに関しては一部Sound Blaster X-Fi Titaniumに劣るようですが、今のところ本格的なサラウンドシステムを組む予定もありませんし、RCAの2chアナログ出力の音質はSE-300PCIEの方が優れているようで、私の目的は満たしてくれているので、大変満足しています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「SE-300PCIE」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
今更ながら感心しきりです。  5 2018年10月31日 00:11
作り込みがしっかりとしています。  4 2017年8月15日 12:32
PCI ExpressでRCAがある物を  4 2013年7月19日 08:24
SE300PCIeとSE200PCILTDの音質を比較  5 2013年5月12日 23:09
ASIO2.0が必要で  5 2013年4月29日 09:12
オーディオ再生環境の向上とDTM用途兼用で・・・  5 2013年4月10日 05:38
価格に見合う品質はあります  3 2013年3月26日 23:09
今更ですがレビュー  5 2013年3月19日 12:59
SE-90PCIからの買い替えです!  4 2013年2月14日 18:04
ふむぅ  4 2013年1月29日 17:40

SE-300PCIEのレビューを見る(レビュアー数:31人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE-300PCIEのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SE-300PCIE
ONKYO

SE-300PCIE

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 4月下旬

SE-300PCIEをお気に入り製品に追加する <233

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意