SE-300PCIE レビュー・評価

2011年 4月下旬 発売

SE-300PCIE

PCI Express x1スロット対応のハイエンドサウンドカード

SE-300PCIE 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:内蔵 インターフェース:PCI Express サラウンド機能:7.1ch 出力サンプリングレート:24bit/192kHz 入力サンプリングレート:24bit/192kHz SE-300PCIEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※販売メーカーが事業活動の停止を発表した為、今後保証を受けられない可能性がありますのでご注意ください。

ご利用の前にお読みください

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

SE-300PCIEONKYO

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 4月下旬

  • SE-300PCIEの価格比較
  • SE-300PCIEの店頭購入
  • SE-300PCIEのスペック・仕様
  • SE-300PCIEのレビュー
  • SE-300PCIEのクチコミ
  • SE-300PCIEの画像・動画
  • SE-300PCIEのピックアップリスト
  • SE-300PCIEのオークション

SE-300PCIE のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.44
(カテゴリ平均:4.20
レビュー投稿数:31人 (プロ:1人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.65 4.25 -位
音質 音質のよさ 4.78 4.34 -位
機能性 機能の豊富さ 3.89 3.91 -位
入出力端子 入出力端子の豊富さ 4.01 3.95 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 3.46 3.44 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE-300PCIEのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
プロフェッショナルレビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

bambi2003さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
1件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
4件
ビデオカメラ
0件
3件
もっと見る
満足度5
安定性無評価
音質5
機能性無評価
入出力端子5
付属ソフト無評価

ここ最近オーディオに目覚めたオーディオ素人です。

PCでピュアサウンドを楽しめる本格サウンドカードということでネット上の情報を参考に、これからこういた志向の新たなカードが出ることも望めない今、このカードが「ゴールだ」ということで最後発組とは思いましたが中古で購入しました。

結果は大正解でしたのでのでみなさんの参考になればとレビューします。


【安定性】
Windows10で使用しており、ドライバは「SB X-Fi Series Support Pack 4.0」を使用しています。正規ドライバではないので、無評価とさせていただきますがフリーズなどなく問題なく動作しています。
(製品スペックとしては128kbpsまで対応してるはずですが、Win10のサウンド設定では96kbpsで頭打ちとなってしまいます。これは購入後日が浅く、色々試せていないこともあると思います。)


【音質】
「iPodではじめる快感オーディオ術」という本を購入しCDをリッピングしたデータの音質がオリジナルを上回るという記載を読んで、CDをWMA128kbpsでリッピングし、SE-300PCIE→マランツM-CR611を光経由で繋いでスピーカーZensor1で聴いたところ、M-CR611でCDダイレクト再生するよりも情報量が増え、何よりも楽器・ボーカル共に魂が宿ったかのごとく何度も何度も聴きたくなる音を鳴らしてくれました。

PC=ノイズまみれ、だから何をしてもセパレートオーディオ(とは言っても今回の比較はコンポのCD再生とですが)には勝てっこない。。 と思い込んでいたのが完全に覆されました(オーディオはこれだから面白いなぁーと)。

M-CR611もとても良いコンポですので、本当に良い意味で期待を裏切られました。今ではCDはなるべくリッピングしたデータをSE-300PCIE経由で鳴らすようにしています。

なお、SE-300PCIE導入前は、PC(USBポート)→Fostex HP-A3(光デジタルOUT)→マランツM-CR611→Zensor1でしたが
今の方が断然満足度しています。


【機能性】
中古で購入した時点でバンドルソフトが欠品で、クリエイティブのイコライザーソフトが使えていないので無評価としました。


【入出力端子】
アナログからデジタル、はたまたマルチチャンネルまでカバーしており十分と考えます。

個人的には、SE-300PCIEの本領を発揮させるには、アナログ出力でセパレートアンプに繋ぐのが良いのでは!?と考えています。機器の移動が大変で実行できていませんが、試す環境はあるので時間をつくってやってみます。


【付属ソフト】
先にも記載したように、残念ながら中古購入時点でソフト欠品でした。


【総評】
移ろいの早いPC周辺機器としてはとてもデビューの古い商品ですが、上述のとおり大変満足しています。

ただし、自分は経験が無く語れないですが、PC(USBポート)→高級USBDACを経由したサウンドの方が完成度が高いので、こうしたPC直挿しのピュアサウンドカードの出番が無くなってしまったのかも知れません。。

比較製品
マランツ > M-CR611
FOSTEX > HP-A3
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

パイルさん

  • レビュー投稿数:66件
  • 累計支持数:407人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
9件
131件
スピーカー
0件
139件
イヤホン・ヘッドホン
5件
91件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性無評価
入出力端子5
付属ソフト無評価

PCは、自作、cpu:i7-3770K、 マザー: GIGABYTE GA-Z77M-D3H
SE300PCIeとSE200PCILTDは、2枚ざし(サウンドチップが異なるので一緒に使える)
ヘッドホンはJVC HA-MX10。
スピーカーは自作でミッドレンジにJBLホーン2353+ドライバー2447J使用の3wayバイアンプ駆動(けっこうデカい)
チェックはヘッドホンの場合、内蔵DAC+内蔵ヘッドホンアンプ→ヘッドホン
スピーカーの場合は内蔵DAC+RCA出力→チャンデバ→各アンプ→スピーカー。

・・・ヘッドホンの音質チェック・・・
【高音】
SE300PCIe:かなりクリアーで余計な響きはほとんど無い。鋭い高音も明確に分離する。サ行はほとんど響かない。
SE200PCILTD:かなりクリアーだがほんの少し響く(余韻)。鋭い高音も明確に分離する。サ行は少し響く。
【中音】
SE300PCIe:力強く、輪郭は明確に出る。硬さは程よい感じ。
SE200PCILTD:力強くはないが、輪郭は明確に出る。硬さは程よい感じ。
【低音】
SE300PCIe:力強く、かなり締まった音色で切れが良い。
SE200PCILTD:柔らかく、力強さはないが、量感はある。(たぶん内蔵ヘッドホンアンプの性能)

・・・スピーカーの音質チェック・・・
【高音】
SE300PCIe:ヘッドホンの場合と同じ傾向だが、余計な響きがない分、量感が少なく感じる(音はちゃんと出てる)
SE200PCILTD:ヘッドホンの場合と同じ傾向だが、ほんの少し余韻が響く感じがあり、きれいで繊細な音色に感じる
【中音】
SE300PCIe:力強く、輪郭は明確に出る。硬さは程よい感じ。
SE200PCILTD:力強く、輪郭は明確に出る。硬さは程よい感じ。
【低音】
SE300PCIe:力強く、かなり締まった音色でキレが良い。
SE200PCILTD:SE300程の力強さと締まった感じはないがキレは良い。逆に、効果音等の響くシーンは、SE200の方が、やや雄大に鳴って迫力がある。

結果としてSE300PCIは、ヘッドホンで使用の場合、力強く十分に駆動でき、更にナチュラルな音の再生が可能なので、中途半端なヘッドホンアンプは買う必要はない。ハイレベルの音質で楽しめます。
 スピーカーの場合は、余韻のないストレートな音質なので、定位は抜群だが響きが少ない分、左右のスピーカの直線上に楽器や声優の声が定位するので、奥行き感や臨場感が少なく感じる。(モニター的な音なのでDTMにはマッチすると思う)
 音楽なら好みによって使い分ければいいけど、アニメや映画の場合は、若干でも臨場感と迫力はあった方が良いので自分としてはSE200PCILTDの方が好みです。

チェック音源は手持ちのCD音源と、youtubeの音色でチェックしました。
https://www.youtube.com/watch?v=ZPAmDULCVrU
http://www.youtube.com/watch?v=ZPKEGqj7ago
https://www.youtube.com/watch?v=Pel3lW4ZFBQ
など(720pまたは1080p推奨)

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

EVMさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:45人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
5件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
6件
ブルーレイプレーヤー
2件
2件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性3
入出力端子3
付属ソフト3

音質は素晴らしいと思います。
私はASIO2.0対応のサウンドカードが欲しかったので、
あまり選択の余地はありませんでした。
クリエイティブのサウンドカードからの買い替えですが、
こちらのモデルも実はクリエイティブのドライバーで、
サウンドチップは同じなのかもしれません(勝手に思っています)。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Oji-Bassさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性4
入出力端子5
付属ソフト4

Realtek ALC898 (ASRock Z77 Extreme6)+ E-MU 0404 PCI 混在環境からの移項です。

Z77 Extreme6のRealtek ALC898は、以前使っていたGA-P55A-UD3R(rev. 2.0)のALC889に比べればノイズも少なく比較的良い部類なのですが、手持ちのヘッドフォンが鳴らしきれず、私の環境ではASIO4ALLが上手く動作せず、0404 PCIとの再生音の時間差が大きいのが不満だったので、オーディオ再生環境の強化と、多chのAudio I/Fを導入するまでのDTM用途兼用でサウンドカードを導入することにしました。

最終的に候補に残ったのがCreative Sound Blaster X-Fi Titanium と ONKYO SE-300PCIE。
どちらもWindows VISTA移行としか記載が無いので、Windows 7 でSE-300PCIE、Windows XPでALC898を使い分けるつもりでしたが、価格.comで非公式ながらXP用のドライバーも同梱されていると知りSE-300PCIEに決定。

音を聴いてみてびっくり!音がでかい!(←そっちかい!
ヘッドフォン出力は手持ちのヘッドフォン(SONY MDR-Z900、AKG K240 MKII)も十分鳴らしきってくれます。
ディスクリート構成のRCA2ch出力とヘッドフォン出力に比べればサブボードの7.1ch出力は多少劣るようですが、それでもオンボードよりはずっと良いです。外部MIDI音源モジュールも以前に比べれば良い音で再生してくれています。

E-MU 0404のASIO設定は2〜3msec.にするとプチプチノイズで使い物にならず4msec.が限界でしたが、SE-300PCIEは1msec.まで下げてもびくともしません。DTMのトラック数が増やした時の事を考慮して余裕を見て2msec.にしていますが・・・。

因みに、SE-300PCI Synth A と SE-300PCI Synth B というサウンドフォントプレーヤーが搭載されているのですが何故かSoundFont バンクマネージャーが同梱されていないのが残念なところ。・・・と想っていたら某所にてSoundFont BankManagerをDLし、試しにインストールしてみるとディバイスチェックされることもなくインストールできました。使い方は未だよく解りませんが、フリーのSoundFontがハードウェアレベルで使えるのは嬉しい限りです。

WinXP環境ではコンソールランチャーが無いのですが、WindowsのMixerと起き代わるカタチで動作し、SE-300PCI SynthもSoundFont バンクマネージャーも動作します。

敢えて不満な点を上げるとすれば・・・

 1. 設定変更を繰り返すと反応が鈍くなる。
 2. SoundFont バンクマネージャーが同梱されていない。
 3. ヘッドフォンのボリュームが独立操作できない。

1.に関しては一度設定してしまえば問題ないですが、2.はSE-300PCI Synth A/Bが搭載されているにも関わらず同梱されていないのは勿体無いと想います。3.はヘッドフォンの音量がかなり大きいので6割までボリュームを下げています。もしもこれでPCA出力の音質が損なわれるなら勿体無い気がします。

Digital Outに関しては一部Sound Blaster X-Fi Titaniumに劣るようですが、今のところ本格的なサラウンドシステムを組む予定もありませんし、RCAの2chアナログ出力の音質はSE-300PCIEの方が優れているようで、私の目的は満たしてくれているので、大変満足しています。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ton-gueさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質4
機能性4
入出力端子4
付属ソフト3

2chアナログ及び7.1chは未使用でヘッドホン使用でのみの評価をさせて頂きます。
この300PCIEを購入する前はSoundBlasterVX5.1及び
既にサポート外のSoundBlaster Audigy platinumを使っておりました。
わざわざサウンドカードにした理由はある程度ゲームもするためEAX対応という部分の強みがあるためです。
サウンドカードで最も厄介なのはPC内部設置をしているためのノイズ。
その上ヘッドホン回路はEMIシールド外部に設置してあります。
最初は全部シールドに入れて欲しいとは思いましたがノイズは今のところ乗っかっていません。
そして上記の相当古いカードからの変更ですのでHPA機能も中々良く、
手持ちのDT880 E/600(DT880の600Ω版)を試しに使ってみた所、600Ωまで対応
という謳いは流石です。
音量に関しては十分過ぎるほど出ます。
私は詳しくないのでフルドライブ出来てるかどうかという点では非常に不安ですが、曇ったような音質もなくポータブル用のイヤホン同様クリアに再現されております。
知人曰く3〜4万のHPA位の役割は果たしてくれているとの事です。
聞く耳の個人差にもよりますが、私のような素人からしてみればこのカード1つで多機能に役割を果たしてくれるならかなりのお買い得だと思います。
当然旧式サウンドカードから比べれば音質は相当向上しています。
本格的にオーディオ環境を整えるのであれば、このカードは値段も高めで中途半端な役割かもしれません。
ですが、PCで多目的に使わなければならないと言うなればこのカードは十分活躍をしてくれると思います。
よって今回の使用環境においては予想以上の働きがあるので満足度5点にさせて頂いた次第です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

mcgyverさん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

AVアンプ
2件
0件
スピーカー
2件
0件
CPUクーラー
0件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト5

【安定性】まったく問題なし

【音質】最初はデジタル出力で繋いでましたが、折角なのでいまはアナログ2chで繋いでます。

【機能性】非常に豊富でいろいろ設定できる。

【入出力端子】デジタルは2系統、アナログは2ch専用と7.1ch用(アクティブスピーカー用?)

【付属ソフト】コンソールランチャは3つのモードあり。くせはあるけど直ぐ慣れます。

【総評】当初デジタル出力は7.1chに対応しているものと勘違いして購入しました(これは2ch出力のみ対応)。失敗したかなと思っていましたがアナログ2chはかなりいいです。5.1chや7.1chで使いたい場合2ch出力でAVアンプにつないでAVアンプの機能で多ch出力してます。結構いい値段なので設置スペースがあればUSB-DACを購入するか迷うところです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

JAVAやまさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
2件
0件
PCケース
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト5

ハイエンドカードらしい見た目が良いですね

PC装着:側面

発熱はそれなりにします。PC内ですがノイズは全く感じません

   

イヤホンのみの使用です。

   

オーディオ初心者です。

以前から欲しいと思っていたこのサウンドカード。
出た当時は30000円越えのハイエンドカードで手が届きませんでしたが、発売からしばらくしてお手頃?になったので購入。

・環境
SE-300PCIE→XBA-4SL

・音質
オンボとは明らかな差が感じられました。
オンボ&XBA-4SLで聞いた感じでは個人的に低音が弱い気がしたのですが、このカードにしてから高音から低音まで良く聞こえます。

・ソフト
思っていたよりずっと使いやすく驚きました。
音楽、録音、ゲームの3つのモード切り替えが容易です。

・マニュアル
日本のメーカーということもあり、日本語表記。
とても分かりやすく見やすいです。

・総評
音質、見た目、使いやすさ、安定性 どれも良好。
買ってよかったと思える商品です。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

avancaさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
サウンドカード・ユニット
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性無評価
入出力端子4
付属ソフト無評価

新作したPCにこれを使いました。

以前は、SE-200PCI LTDを使用していましたが、
これにしても音質の差は、余り感じられませんでした。
以前の様にインタ−フェ−スにはタコ足が無くすっきりしています。

オプションで、RCAをXLRに交換出来る様にして欲しかったです。
そこが、残念な処でもあります。

構成は、SE-300PCI → ALLEN & HEATH(DJ MIXER) → CROWN D-45 (Amplifier) → Tannoy
MIC (NEUMANN) → MICPRE (BEHRINGER) → SE-300PCI


安定して話をしながら聞いています。

カ−ドの付属ソフト・設定等、弄らなくても良いので楽です。
ただ、ボリュ−ムを最大にしておけば良いだけなので。

レベル
自作経験あり

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

極悪蠍さん

  • レビュー投稿数:16件
  • 累計支持数:67人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ヘッドマウントディスプレイ
2件
70件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
70件
イヤホン・ヘッドホン
1件
39件
もっと見る
満足度5
安定性4
音質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト5

【安定性】

普段使う場合には良いですが、オーディオクリエーションモードの設定を弄り過ぎるとマウスも動かないOCし過ぎてブルースクリーンにならずフリーズし終わる現象が発生します。

ですので、一気に設定せずに 徐々にオーディオクリエーションモードに関しては設定する事をおススメします。

特にビットレート設定の数値を高くするとフリーズします。要注意を!

他は安定しております。ですので、☆4つ

【音質】

スピーカーに関しては、7.1ch接続をYAMAHAのスピーカーでやっておりました。
バスブースト設定が魅力です。低音が余り出なく、高中音が良く出るスピーカーですと、バスブーストをONにし、重低音調整をすれば結構良い感じになりますが、サブウーハーを付けた方がブーストをONにするよりも良いです。気休め程度に。。。

ですが、ヘッドホンで、センバイザーのHD25-1 IIで聞いて見ると、バスブーストOFF設定で、重低音が余り出なく感じたので、ONにし、設定してみたところ、カオス過ぎました。

可也良く鳴ってくれます。
この重低音に惹かれ、今はスピーカーよりもヘッドホン重視になっております。

【機能性】
エフェクトが魅力。バスブーストも魅力。イコライザー設定で容易に音質を変えれ、レコーディングに関しても文句は有りませんが、オーディオIFを別途購入したほうがレコーディングを主にやっている人にとって、可也優位に立ちます。

音はこのカード、 レコーディングは他のIFに変えた方が良いと思います。

【入出力端子】

特に私の環境では文句ありませんが、PCIスロットを2個使うのであれば、ケーブル接続では無く、元から2スロット占領型の物も別途発売して欲しかったです。ケーブルの取り回し非常に苦労します。パーツ入れ替えする時に壊れるんじゃ無いかと。。。

【付属ソフト】

オーディオクリエーションモード、ゲーマーモード。この二つのモードにて用途に応じてやっておりますが、全く文句有りません。

しいて言うと、オーディオクリエーションモード。窓を切り分けて欲しかった。。。

ミキサーのレベル。これを切り分けて、キーボードのTabと上下キーにて容易に変えれるともっと便利になったのにな。。。って思います。

後、ラジオ用最適設定や、レコーディング用最適設定を付けておいても良かったかも。

上記に記載しましたが、あまり弄り過ぎると落ちる傾向があるので、そういう最適設定から徐々に変えれる様にして貰えれば 全く文句は無かった。

【総評】


全てに満足の置ける製品だと思いますが、今後の発展に期待したいですね。

レコーディング中にPCがフリーズし、落ちてしまうとやってられませんので。。。不安定になるのなら、せめて警告文つけて貰いたかった。。マザーボードのOC設定のボルテージ上げすぎ赤文字警告みたいに。

それと設定後適用を押したら変更みたいな設定にしてくれれば問題無かったですね。

あくまでもオーディオクリエーションモードに関して不具合が認められましたので、その他は大満足です。

特に、ヘッドホンアンプの音質は神ですね。

ヘッドホン重視の人にもおススメ出来るのでは無いか?と思っております。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

藤本健さん

  • レビュー投稿数:81件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
安定性5
音質5
機能性4
入出力端子5
付属ソフト4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

シールドでがっちり固められたSE-300PCIE

拡張ボードでサラウンド対応は可能だが、音質的には期待薄

ドライバ関連はSound Blaster X-Fiのもので、慣れないと分かりにくい

オーディオカードとして長年、高い人気を誇っているオンキヨーの製品。WAVIOシリーズとして展開する同社の製品は、やはり日本のオーディオメーカーが唯一作っているPC用のカードとして人気は高かった。WAVIOシリーズは主にUSB製品とPCI製品があったが、とくに評判がよかったのはPCI製品であるSE-200PCIやSE-90PCIなどのオーディオカード。実際にその音を聴いても、確かにオンキヨーの音だ、という印象の、ある意味、作りこんだサウンドとなっていた。

が、最近のPCはPCIバスを持たないものも増えてきた。実際、筆者の使っているマシンにもPCIスロットはない。まあ、最近は周辺機器もその大半はUSB接続なのでPCIスロットがなくても困らないわけだが、オンキヨーのカードが使えないというのがちょっとネックになっていた。そこに登場したのがPCIeバスのSE-300PCIEだったのだ。

もちろん、これはSE-200PCIを単純にPCIeに変更したというようなものではなく、設計をゼロからやり直したまったく違うオーディオカード。実際搭載されているチップもVIA製のものからCreative製のX-Fiチップに変更されたため、まったく違う製品になったという印象だ。

ただし、2chの出力を聴いてみると、確かにオンキヨーの音になっている。その意味ではSE-200PCIなどとも違いサウンドであり安心して聴くことができる。この2chはメインカードにRCA出力を使うので、まさにオーディオ機器として扱うことができる。一方、拡張ボードで7.1chに対応させることは可能だが、そちらの音質はあまり期待するほどではない。

これまでSE-200PCIやSE-90PCIなどは、VIAのEnvy24系チップを使った製品であったこともあり、Windowsで使う場合、とくにドライバなどをインストールすることもなく、すぐに使えたのがポイントだった。それに対し、今回のSE-300PCIEはドライバのインストールには結構時間がかかる。また画面を見てお気づきの方も多いとおり、これはCreativeのSound Blaster X-Fiのものとまったく同じものであり、使い勝手もSound Blaster X-Fiそのもの。

多機能ではあるが、オーディオ再生を望む人にとっては、不要な機能がいっぱいで分かりにくいのも事実。せめてデフォルトの設定でオーディオ再生専用にしておいてくれるとよかったのだが、そうなっていないので、手動で1つずつ不要な設定を切っていく必要がある。そこさえできれば、オンキヨーらしいサウンドが楽しめるようになるのだ。

なお、Creativeのドライバを採用したため、ASIOドライバに標準対応したのは大きなポイントだ。これを用いればASIO4ALLなどを使わなくても、Windowsカーネルミキサーを通さない音をすぐに楽しむことができる。

参考になった51

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

follifolli2000さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:9人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
1件
1件
ハードディスク・HDD(3.5インチ)
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性3
入出力端子3
付属ソフト4

【構成】
CPU:Core2Quad 3GHz
M/B:Maximus ii Formula(P45)
MEM:8GB

以前はDr.dac2やSE-90PCIを使っていました。再生ソフトはfoobar2000です。

【安定性】特に問題なく導入できましたし、おかしな動作なども今のところありません。

【音質】導入直後は正直期待はずれかと思ったのですが、24時間通電したところ大分良くなりました。ディスクリートらしく、素直で聴き疲れのしない音です。

ハイレゾ音源は持っていないので、CD音源をSoX Resamplerでアップサンプリングしています。
ASIOの24bit/88.2kHz、WASAPIの24bit/176.4kHzでそれぞれ聞いてみましたが、あまり劇的な差異は認められなかったので、プチノイズの乗りにくかったASIOの方で聞いています。バッファは少し大きく取った方が良さそうです。

【機能性】個人的に機能は多ければ良いというものではないと思っているので、ちょっと乗せ過ぎかと思います。SE-90PCIくらい割り切った構成の方が好きです。

【入出力端子】上に同じ。

【付属ソフト】使わない機能が多かったので最小構成でインストールして、イフェクト等全てoffにしました。ASIOが96khzまでだったのは少し残念。

【満足度】デュアルモノのディスクリートDACは普通この値段では手に入りません。大満足です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

桜坂興四郎さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:27人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

サウンドカード・ユニット
2件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
PCスピーカー
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性5
入出力端子4
付属ソフト4

購入後1月程使用したので書いてみようと思います。
SE-200PCIからの乗り換えです。

【安定性】
Win7 64bitにて使用。今のところ誤動作・ノイズ等もなく安定して使用しています。

【音質】
スピーカー:GX-70HD(B)を使用してアナログにて接続。
音の深み・粒が揃った良い音になったと思います。

【機能性】
ノイズ対策等、良くできていると思います。

【入出力端子】
多いですね。多過ぎて2スロット占有になるので、拡張カードを色々接続している人には悩むかも。

【付属ソフト】
エフェクト系はスピーカ出力の場合は必要ないかと思ったのですが、ヘッドフォン使用時には効力発揮しますね。

【総評】
対費用効果はあると思います。少なくとも自分にはありました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

nabeQさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:16人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
84件
ヘッドホンアンプ・DAC
0件
20件
自動車(本体)
0件
7件
もっと見る
満足度5
安定性無評価
音質5
機能性4
入出力端子3
付属ソフト3

【安定性】まだ1日目なので無評価。

【音質】GX-100HDにデジタル(光)接続で聞いていますが、低域が締まりました。高域も聴きやすく、5万円クラスのアンプから10万円クラスのアンプにグレードアップして、しっかりした電源の恩恵を受けている感じに似ています。聴いているのはCDからiThunesにMP3で入れた曲で、JazzからPops、R&B等々ボーカル物が中心です。

アナログ(RCA)はソニーの普及品クラスのケーブル(5m)でFostexのNF-01Aに接続しています。X-Fi Titaniumに同じケーブルだと損失が大きい感じでBluetoothで飛ばしていたのですが、SE-300PCIEだと十分いける感じです。当然(笑)ですが音質もアップしてます。

【機能性】電源の充実、ノイズ対策、独自回路などなど、PCオーディオとしてこのカードだけでかなりの線まで行けちゃう感じで、デスクトップオーディオ的には外部DACの事とか考えると逆にCPは高いんじゃないかな?本格オーディオに繋ぐ人にはもっと別の選択肢があるでしょうけれども。
PCの周りにあれこれ置かない(置けない)自分には満足度高いです。

【入出力端子】アナログ、デジタル、サラウンドと一通り揃っていて、ヘッドフォン端子も専用回路が入っていて良さそう。ただ、自分のPCに付いているフロント側のミニピン出入力用の内部端子が無い。 X-Fi Titaniumにはあったので、ちょっと残念。アナログ(RCA)が在るとは言え、端子に関してはX-Fi Titaniumと大差なし。マルチ入出力ボードは自分には今のところ不要。オンキヨーのサポートに電話したら、セットアップが済んだら外しても大丈夫と言っていたし、使わないならケースの中に放って置いても良いのかしら?私はノイズフィルターを逆位置に付け直すと収まりが良くなりました。

【付属ソフト】これはX-Fi Titaniumの時と大差ない感じ。わたしはPC初心者の域を出ない部分があるので、ドライバーの入替のやり方に気が付くまでSE-300PCIEが認識されなくて苦労しました。

【総評】値段を考えるとX-Fi Titaniumからの買い換えでどの程度音が良くなるのかという疑問も含めてけっこう悩んだのですが、思い切って購入してそれだけの価値は在ったと満足しています。

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

p(>ー<)qさん

  • レビュー投稿数:33件
  • 累計支持数:104人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
49件
グラフィックボード・ビデオカード
9件
13件
SSD
7件
5件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性3
入出力端子5
付属ソフト無評価

比較対象(上)

分厚い

何このボンボコ。

中は磁石

接続例

接続例2

【安定性】
比較対象としてCreative製SB-XFT-PAとの比較になりますがどちらも不具合はなかったので安定性的には安定していると評価いたします。

【音質】
Creative製SB-XFT-PAと当品の過去モデルSE-200PCILTDを使っていますが音の価値的に3万を出す価値はあると思います。

音の一つ一つがとてもクリアーに聞こえて、音に大してこだわらない私でも感動できました。
下手に高いアンプを選択するよりもこれを買ったほうが得をしそうです。

【機能性】
物理的な機能を評価したいと思います。
ん〜。高音質のための犠牲といえば納得もできます。・・・が。

○接続方式
接続方式がPCI→PCIEx1になったのは評価できます。

×本体の厚さ
背面I/O端子ブラケットより本体の厚さが2〜3mmあり真下に何か接続している場合は接触する事間違いなし。私は接触してもいいように間に絶縁体をかませました。

×OSの対応
OSがVista〜しか対応していなく、XPは対応していないそうです。XPユーザーな私は最初それを知りませんでした。OSのシェアは未だにXPが多く占めているので対応してもらいたいところです。

×増設ボードのケーブル
あれは何?嫌がらせ?何であんなにでかいボンボコが付いているの?あれに意味が分からない。
中に磁石が入っているのは確認できましたが・・・。ケーブルの結束用にしては太いし、磁石を考慮しても磁界的何かを何かするのでしょうか・・・。私の構成では邪魔になりましたので本来ある方向とは逆の方につけました。

△まさかの2スロット占有
機能を100%使う(アナログ7.1ch等)場合は付属の増設用ボードを使用しなければなりません。
人によってはできない人も出てくる可能性ありますね。

【入出力端子】
玄人も満足できそう。なくらいあると思う。私自身録音と再生に使用しますが不足は感じませんでした。

【付属ソフト】
まだ全部を試したわけではないので無評価。

【総評】
最初は価格が高いと思いましたが、買って、実際に使ってみて買ってよかったと思っています。
まだ出始めで価格対比性能がある状況ですが2万円台後半になれば買いだと思います。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

がんこなオークさん

  • レビュー投稿数:405件
  • 累計支持数:1433人
  • ファン数:229人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
13件
3274件
SSD
28件
3010件
マザーボード
11件
2679件
もっと見る
満足度5
安定性5
音質5
機能性3
入出力端子3
付属ソフト3

【安定性】 
安定してると思いますが、リネージュ2でプレイ中にクリエラが増えた(因果関係は不明)
室温26度で赤外線温度計で測った基板裏の温度が40度
ONKYOのサポートでは夏場でも問題がないかテストをしているので安心してくださいとの回答
PCI Express対応なのだがONKYOサポートではPCI Express x1での使用を推奨だそうです

【音質】
アナログ(RCA)の音質は最高だと思う
ただしマルチ入出力拡張ボードだと少し低下する感じがした
これは端子やケーブルの違いもあるかもしれない
デジタル面はパススルーなので機能が何もないといっていいでしょう
今後ドライバーで対応されることに期待
各種エフェクトを機能が豊富なホームシアターやサラウンドシステムなら
AVアンプ側で操作ができるが非搭載のアンプだと楽しめませんね

【機能性】
多機能すぎる!
たとえばピュアサウンドモードとかワンタッチモードが欲しい
コントロールパネルの操作性に関してはASUSのカードのほうが数段上だと思う

【入出力端子】
PC内部端子は少ないですが問題はないでしょう
光と同軸両方が使えるようになったのは高評価
1番の問題はマルチ入出力拡張ボードとの接続ケーブルが短く硬いことです
メーカーでも検討してるようです

【付属ソフト】
ドライバーとコントロールパネル(効果音含む)以外ない

【総評】
満足度は非常に高いが、ドライバーと説明書の完成度をあげてから
販売をしてもよかったんじゃないかな またサポートの体制もいまいちに思う
マルチ入出力拡張ボードの無いモデルも出してほしいです

上にも書いたけどPCでも映像を楽しむ時代なのにデジタル系がパスするだけなのは残念ですね
アナログ95点 デジタル50点て感じだと判断します。
[12952882]こちらの書き込み番号の口コミにも簡単にレビューしてるので参考にしてください。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった12

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

SE-300PCIEのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

SE-300PCIE
ONKYO

SE-300PCIE

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 4月下旬

SE-300PCIEをお気に入り製品に追加する <233

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

製品選びに必要な知識を
みんなで共有!

[サウンドカード・ユニット]

サウンドカード・ユニットの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(サウンドカード・ユニット)

ご注意