『XP05からの交換。』 日立 Wooo P46-XP07 [46インチ] コロチュウ☆さんのレビュー・評価

2011年 5月中旬 発売

Wooo P46-XP07 [46インチ]

地上デジタルチューナを3基搭載する46V型プラズマテレビ(320GB HDD内蔵)

Wooo P46-XP07 [46インチ] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画面サイズ:46インチ 画素数:1920x1080 録画機能:HDD(320GB)/iVポケット HDMI:4端子 Wooo P46-XP07 [46インチ]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の価格比較
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の店頭購入
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のスペック・仕様
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の純正オプション
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のレビュー
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のクチコミ
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の画像・動画
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のピックアップリスト
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のオークション

Wooo P46-XP07 [46インチ]日立

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 5月中旬

  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の価格比較
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の店頭購入
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のスペック・仕様
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の純正オプション
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のレビュー
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のクチコミ
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]の画像・動画
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のピックアップリスト
  • Wooo P46-XP07 [46インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プラズマテレビ > 日立 > Wooo P46-XP07 [46インチ]

『XP05からの交換。』 コロチュウ☆さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Wooo P46-XP07 [46インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:144人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
2件
85件
プラズマテレビ
1件
72件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
47件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
機能性5
入出力端子5
サイズ無評価
静音性4
XP05からの交換。

主観的評価ではありますが、購入を検討されている方の参考になればと思います。

エージング中は、明るさセンサーオフ&明るさ最低(-31)の"リビングシアター"メインで視聴していました。

10月から"センサーオート"で視聴してますが、私にはデフォルトの明るさ最大(+31)だと眩しいので、若干下げて(+15)います。

"色再現"オートは、発色は鮮やかなのですが、肌色の赤みをやや強く感じるのでリアルにしています。


【デザイン】
真新しさを感じるデザインではないですが、飽きのこない直線を基調としたもので好感が持てます。
壁掛けじゃない限り、部屋に鎮座するものなので、これくらいドシッとした存在感が格好いいです。
スクエア型スタンドはオーソドックスですが、パネルと一体感があります。
ただ、XP05の方が大きくブーメラン形で地震に強そうな気がしました。
XP07は、大きい揺れで共振したらすぐに倒れてしまいそうに感じます。
家では、背面とテレビ台を紐で縛り付けて前方には倒れないようにしました。

【操作性】
リモコンのデザインは、全メーカー内でトップレベルだと思います。
配置や大きさがよく考えられていて、慣れればブラインドタッチも容易です。
リモコンは汚れが付きやすいので、専用リモコンカバー(ブライトンネット製)を購入しました。
1つ減点なのは、リモコンの受信範囲がやや狭いと感じたのと、番組表やHDDの読み込みがもう少し早くなればと思ったからです。

【画質】
クチコミスレで書いた通りですが、文句なしです。
ブラウン管テレビからの買い替えですが、違和感を全く感じないことがプラズマのアドバンテージなのでしょう。
ビエラプラズマとよく比較されますが、画質の優劣の差はほとんど無く好みの問題だと思います。
特に、最近のアニメの画質・音質の良さに驚きました。
フジの韓ドラも綺麗ですね。
基本4倍モードで録画していますが、TSモードとほぼ区別つかないので、録画内の緊急地震速報に驚く時がありました。(これからも驚くと思う(^^))
フィルターの改良による弊害でしょうか、俯角が大きくなるとXP05比でコントラストがかなり落ちます。
天井照明の映り込み低減による副産物らしいですが、見下ろして観る環境の場合は確認した方がよいと思います。

【音質】
薄型テレビのフルレンジ2スピーカーの中ではトップレベルだと思います。
CONEQは常時オンで効果の確認ができないですが、スピーカー周りを考えると大健闘だと思います。
オートで映像ジャンルに適した音質にしてくれますし、正面以外からても聴きとりやすいです。
映画や音楽番組を観る時は、光デジタルでコンポからも出力して3ch再生のようにしています。
XP05の時よりも、テレビとコンポの音の一体感が増したように感じました。

【機能性】
レコーダーいらずの録画機能は、現状Woooが飛び抜けていると思います。
長時間W録画&キーワード自動録画で一定の完成の域に達したと思います。
自動録画機能は、VHSにマニュアル予約していた私には隔世の感があります。
自動録画は、1件につき7キーワードで最大5件の35キーワードまで登録できます。
毎回・毎週予約も番組追従になり、放送休止回は録画せず、次回以降の放送を再度自動予約してくれます。
カセットHDDへのダビングも20〜30倍速で失敗なくできます。
日立からもUSB-HDD採用モデルが時代の流れで発表されましたが、個体縛りやダビング性能でiVDRより劣るのは明らかなので、iVDRは絶やさずに継続してもらいたいです。

【入出力端子】
十分です。

【サイズ】
コーナー置きしかできなかったのと、窓の開口部に縁が被る、プラズマなら少しでも大きい方がいいということで46Vになりました。
42Vから46Vは大きさの差を感じましたが、50Vとは大した差を感じなかったです。
家では46Vが最適な大きさでした。

【静音性】
G音は個体差や感じ方に個人差があるので評価しづらいですが、現状のは全く気になりません。
パネル正面1〜2mから無音で耳を傾けて澄ますと、ほそ〜く聴こえる程度です。
交換した個体は、しっかりジーと聴こえました。
それでも適音量では、気になるほどではなかったです。
G音が聴こえないことはあっても、皆無ということはあり得ないと思います。
今後のさらなる遮音対策に期待を込めて☆4つ。

【総評】
薄型テレビの知識が無かった購入前は、薄型テレビ=液晶テレビだったのですが、プラズマの存在を知り、液晶の倍速が補完画像の差し込み(要はパラパラ漫画)だったことを知った時点で液晶の選択は遠のき、プラズマの価格や電気代を液晶と比べて大きな遜色がなかったのでプラズマ一択になりました。
その後、レコーダー並みの録画機能と個体縛りがないことを知り、Woooの購入に至りました。
初めに購入したXP05からXP07の間に録画保存した番組も販促のカセットHDDに移して保存できました。
iVプレーヤーがあれば、ほぼ全てのテレビでカセットHDDの録画番組を観られます。
私はこれを購入して、自室のブラウン管テレビで観ています。
USB-HDDでは個体縛りがあるので、録画したテレビを交換したらHDDのデータは観られなくなります。
LAN-HDDに保存してDLNAネットワークで共有する方法もありますが、いろいろ制約がありますね。
発熱ですが、パネル背面最上部から放熱があります。
この程度で冬場の暖房に貢献するとは思えないです。
勿論、夏場もエアコンの効きに影響はなかったです。
17インチのCRTモニターの方がはるかに放熱してます。

このモデルは、高画質・高音質・高機能の完成度の高いテレビだと思います。
パネルもGP08と同等の3D対応パネルらしいです。
3D不要派には、間違いなくお勧めできるテレビです。

(再レビュー追加)
リモコンの受信範囲が狭い(受信部方向から40°位までしか反応しなかった)のは、付属の電池が原因でした。
エネループに交換後、無線リモコン並みの受信感度(場所によっては180°でも反応する)に激変しました。
2年半以上、仕様だと思い込んでいたorz

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった16人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
機能性5
入出力端子5
サイズ無評価
静音性4
XP05からの交換。

視聴時間が800時間位経ち、気休め程度のエージング(初期の焼きつき防止&蛍光体の初期劣化ムラ防止?)を終了としレビューします。

主観的評価ではありますが、購入を検討されている方の参考になればと思います。

エージング中は、明るさセンサーオフ&明るさ最低(-31)の"リビングシアター"メインで視聴していました。

10月から"センサーオート"で視聴してますが、私にはデフォルトの明るさ最大(+31)だと眩しいので、若干下げて(+15)います。

"色再現"オートは、発色は鮮やかなのですが、肌色の赤みをやや強く感じるのでリアルにしています。


【デザイン】
真新しさを感じるデザインではないですが、飽きのこない直線を基調としたもので好感が持てます。
壁掛けじゃない限り、部屋に鎮座するものなので、これくらいドシッとした存在感が格好いいです。
スクエア型スタンドはオーソドックスですが、パネルと一体感があります。
ただ、XP05の方が大きくブーメラン形で地震に強そうな気がしました。
XP07は、大きい揺れで共振したらすぐに倒れてしまいそうに感じます。
家では、背面とテレビ台を紐で縛り付けて前方には倒れないようにしました。

【操作性】
リモコンのデザインは、全メーカー内でトップレベルだと思います。
配置や大きさがよく考えられていて、慣れればブラインドタッチも容易です。
リモコンは汚れが付きやすいので、専用リモコンカバー(ブライトンネット製)を購入しました。
1つ減点なのは、リモコンの受信範囲がやや狭いと感じたのと、番組表やHDDの読み込みがもう少し早くなればと思ったからです。

【画質】
クチコミスレで書いた通りですが、文句なしです。
ブラウン管テレビからの買い替えですが、違和感を全く感じないことがプラズマのアドバンテージなのでしょう。
ビエラプラズマとよく比較されますが、画質の優劣の差はほとんど無く好みの問題だと思います。
特に、最近のアニメの画質・音質の良さに驚きました。
フジの韓ドラも綺麗ですね。
基本4倍モードで録画していますが、TSモードとほぼ区別つかないので、録画内の緊急地震速報に驚く時がありました。(これからも驚くと思う(^^))
フィルターの改良による弊害でしょうか、俯角が大きくなるとXP05比でコントラストがかなり落ちます。
天井照明の映り込み低減による副産物らしいですが、見下ろして観る環境の場合は確認した方がよいと思います。

【音質】
薄型テレビのフルレンジ2スピーカーの中ではトップレベルだと思います。
CONEQは常時オンで効果の確認ができないですが、スピーカー周りを考えると大健闘だと思います。
オートで映像ジャンルに適した音質にしてくれますし、正面以外からても聴きとりやすいです。
映画や音楽番組を観る時は、光デジタルでコンポからも出力して3ch再生のようにしています。
XP05の時よりも、テレビとコンポの音の一体感が増したように感じました。

【機能性】
レコーダーいらずの録画機能は、現状Woooが飛び抜けていると思います。
長時間W録画&キーワード自動録画で一定の完成の域に達したと思います。
自動録画機能は、VHSにマニュアル予約していた私には隔世の感があります。
自動録画は、1件につき7キーワードで最大5件の35キーワードまで登録できます。
毎回・毎週予約も番組追従になり、放送休止回は録画せず、次回以降の放送を再度自動予約してくれます。
カセットHDDへのダビングも20〜30倍速で失敗なくできます。
日立からもUSB-HDD採用モデルが時代の流れで発表されましたが、個体縛りやダビング性能でiVDRより劣るのは明らかなので、iVDRは絶やさずに継続してもらいたいです。

【入出力端子】
十分です。

【サイズ】
コーナー置きしかできなかったのと、窓の開口部に縁が被る、プラズマなら少しでも大きい方がいいということで46Vになりました。
42Vから46Vは大きさの差を感じましたが、50Vとは大した差を感じなかったです。
家では46Vが最適な大きさでした。

【静音性】
G音は個体差や感じ方に個人差があるので評価しづらいですが、現状のは全く気になりません。
パネル正面1〜2mから無音で耳を傾けて澄ますと、ほそ〜く聴こえる程度です。
交換した個体は、しっかりジーと聴こえました。
それでも適音量では、気になるほどではなかったです。
G音が聴こえないことはあっても、皆無ということはあり得ないと思います。
今後のさらなる遮音対策に期待を込めて☆4つ。

【総評】
薄型テレビの知識が無かった購入前は、薄型テレビ=液晶テレビだったのですが、プラズマの存在を知り、液晶の倍速が補完画像の差し込み(要はパラパラ漫画)だったことを知った時点で液晶の選択は遠のき、プラズマの価格や電気代を液晶と比べて大きな遜色がなかったのでプラズマ一択になりました。
その後、レコーダー並みの録画機能と個体縛りがないことを知り、Woooの購入に至りました。
初めに購入したXP05からXP07の間に録画保存した番組も販促のカセットHDDに移して保存できました。
iVプレーヤーがあれば、ほぼ全てのテレビでカセットHDDの録画番組を観られます。
私はこれを購入して、自室のブラウン管テレビで観ています。
USB-HDDでは個体縛りがあるので、録画したテレビを交換したらHDDのデータは観られなくなります。
LAN-HDDに保存してDLNAネットワークで共有する方法もありますが、いろいろ制約がありますね。
発熱ですが、パネル背面最上部から放熱があります。
この程度で冬場の暖房に貢献するとは思えないです。
勿論、夏場もエアコンの効きに影響はなかったです。
17インチのCRTモニターの方がはるかに放熱してます。

このモデルは、高画質・高音質・高機能の完成度の高いテレビだと思います。
パネルもGP08と同等の3D対応パネルらしいです。
3D不要派には、間違いなくお勧めできるテレビです。

(再レビュー追加)
リモコンの受信範囲が狭いのは、付属の電池が原因でした。
2年半近く、仕様だと思い込んでいたorz

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
機能性5
入出力端子5
サイズ無評価
静音性4
XP05からの交換。

視聴時間が800時間位経ち、気休め程度のエージング(初期の焼きつき防止&蛍光体の初期劣化ムラ防止?)を終了としレビューします。

主観的評価ではありますが、購入を検討されている方の参考になればと思います。

エージング中は、明るさセンサーオフ&明るさ最低(-31)の"リビングシアター"メインで視聴していました。

10月から"センサーオート"で視聴してますが、私にはデフォルトの明るさ最大(+31)だと眩しいので、若干下げて(+15)います。

"色再現"オートは、発色は鮮やかなのですが、肌色の赤みをやや強く感じるのでリアルにしています。


【デザイン】
真新しさを感じるデザインではないですが、飽きのこない直線を基調としたもので好感が持てます。
壁掛けじゃない限り、部屋に鎮座するものなので、これくらいドシッとした存在感が格好いいです。
スクエア型スタンドはオーソドックスですが、パネルと一体感があります。
ただ、XP05の方が大きくブーメラン形で地震に強そうな気がしました。
XP07は、大きい揺れで共振したらすぐに倒れてしまいそうに感じます。
家では、背面とテレビ台を紐で縛り付けて前方には倒れないようにしました。

【操作性】
リモコンのデザインは、全メーカー内でトップレベルだと思います。
配置や大きさがよく考えられていて、慣れればブラインドタッチも容易です。
リモコンは汚れが付きやすいので、専用リモコンカバー(ブライトンネット製)を購入しました。
1つ減点なのは、リモコンの受信範囲がやや狭いと感じたのと、番組表やHDDの読み込みがもう少し早くなればと思ったからです。

【画質】
クチコミスレで書いた通りですが、文句なしです。
ブラウン管テレビからの買い替えですが、違和感を全く感じないことがプラズマのアドバンテージなのでしょう。
ビエラプラズマとよく比較されますが、画質の優劣の差はほとんど無く好みの問題だと思います。
特に、最近のアニメの画質・音質の良さに驚きました。
フジの韓ドラも綺麗ですね。
基本4倍モードで録画していますが、TSモードとほぼ区別つかないので、録画内の緊急地震速報に驚く時がありました。(これからも驚くと思う(^^))
フィルターの改良による弊害でしょうか、俯角が大きくなるとXP05比でコントラストがかなり落ちます。
天井照明の映り込み低減による副産物らしいですが、見下ろして観る環境の場合は確認した方がよいと思います。

【音質】
薄型テレビのフルレンジ2スピーカーの中ではトップレベルだと思います。
CONEQは常時オンで効果の確認ができないですが、スピーカー周りを考えると大健闘だと思います。
オートで映像ジャンルに適した音質にしてくれますし、正面以外からても聴きとりやすいです。
映画や音楽番組を観る時は、光デジタルでコンポからも出力して3ch再生のようにしています。
XP05の時よりも、テレビとコンポの音の一体感が増したように感じました。

【機能性】
レコーダーいらずの録画機能は、現状Woooが飛び抜けていると思います。
長時間W録画&キーワード自動録画で一定の完成の域に達したと思います。
自動録画機能は、VHSにマニュアル予約していた私には隔世の感があります。
自動録画は、1件につき7キーワードで最大5件の35キーワードまで登録できます。
毎回・毎週予約も番組追従になり、放送休止回は録画せず、次回以降の放送を再度自動予約してくれます。
カセットHDDへのダビングも20〜30倍速で失敗なくできます。
日立からもUSB-HDD採用モデルが時代の流れで発表されましたが、個体縛りやダビング性能でiVDRより劣るのは明らかなので、iVDRは絶やさずに継続してもらいたいです。

【入出力端子】
十分です。

【サイズ】
コーナー置きしかできなかったのと、窓の開口部に縁が被る、プラズマなら少しでも大きい方がいいということで46Vになりました。
42Vから46Vは大きさの差を感じましたが、50Vとは大した差を感じなかったです。
家では46Vが最適な大きさでした。

【静音性】
G音は個体差や感じ方に個人差があるので評価しづらいですが、現状のは全く気になりません。
パネル正面1〜2mから無音で耳を傾けて澄ますと、ほそ〜く聴こえる程度です。
交換した個体は、しっかりジーと聴こえました。
それでも適音量では、気になるほどではなかったです。
G音が聴こえないことはあっても、皆無ということはあり得ないと思います。
今後のさらなる遮音対策に期待を込めて☆4つ。

【総評】
薄型テレビの知識が無かった購入前は、薄型テレビ=液晶テレビだったのですが、プラズマの存在を知り、液晶の倍速が補完画像の差し込み(要はパラパラ漫画)だったことを知った時点で液晶の選択は遠のき、プラズマの価格や電気代を液晶と比べて大きな遜色がなかったのでプラズマ一択になりました。
その後、レコーダー並みの録画機能と個体縛りがないことを知り、Woooの購入に至りました。
初めに購入したXP05からXP07の間に録画保存した番組も販促のカセットHDDに移して保存できました。
iVプレーヤーがあれば、ほぼ全てのテレビでカセットHDDの録画番組を観られます。
私はこれを購入して、自室のブラウン管テレビで観ています。
USB-HDDでは個体縛りがあるので、録画したテレビを交換したらHDDのデータは観られなくなります。
LAN-HDDに保存してDLNAネットワークで共有する方法もありますが、いろいろ制約がありますね。
発熱ですが、パネル背面最上部から放熱があります。
この程度で冬場の暖房に貢献するとは思えないです。
勿論、夏場もエアコンの効きに影響はなかったです。
17インチのCRTモニターの方がはるかに放熱してます。

このモデルは、高画質・高音質・高機能の完成度の高いテレビだと思います。
パネルもGP08と同等の3D対応パネルらしいです。
3D不要派には、間違いなくお勧めできるテレビです。

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
設置場所
リビング
広さ
8〜11畳

参考になった12

 
 
 
 
 
 

「Wooo P46-XP07 [46インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
XP05からの交換。  5 2014年2月11日 10:53
追加購入(前製品との比較もできました)  5 2012年10月12日 15:45
かなりのお勧めなのでは??  5 2012年6月2日 22:56
最高のコストパフォーマンスと画質音質  5 2012年2月28日 15:33
ホームシアター専門家が推す純国産プラズマテレビ  5 2012年2月25日 00:24
操作性が上がりましたね  5 2012年2月3日 10:09
woooからの買い替えです。  5 2012年2月1日 17:14
Wooo P46-XP05からの買い増しで  5 2012年1月12日 10:23
お買い得なプラズマ  5 2011年12月3日 15:45
ここまで来た  5 2011年11月7日 17:17

Wooo P46-XP07 [46インチ]のレビューを見る(レビュアー数:15人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Wooo P46-XP07 [46インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Wooo P46-XP07 [46インチ]
日立

Wooo P46-XP07 [46インチ]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 5月中旬

Wooo P46-XP07 [46インチ]をお気に入り製品に追加する <124

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

colleee

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プラズマテレビ)

ご注意