『大きく重たく11年経過してるけど、独特の味わいと価値がある。』 パナソニック 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ] Kotemomotsuさんのレビュー・評価

2011年 3月18日 発売

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]

フル・ブラックパネルII/反射ディープブラックフィルターII/USB HDD長時間録画機能などを搭載した3D対応プラズマテレビ(46V型)

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画面サイズ:46インチ 画素数:1920x1080 録画機能:外付けHDD/SDカード 3Dテレビ:○ HDMI:3端子 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の価格比較
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の店頭購入
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のスペック・仕様
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の純正オプション
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のレビュー
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のクチコミ
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の画像・動画
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のピックアップリスト
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のオークション

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]パナソニック

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 3月18日

  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の価格比較
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の店頭購入
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のスペック・仕様
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の純正オプション
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のレビュー
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のクチコミ
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]の画像・動画
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のピックアップリスト
  • 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > プラズマテレビ > パナソニック > 3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]

『大きく重たく11年経過してるけど、独特の味わいと価値がある。』 Kotemomotsuさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のレビューを書く

Kotemomotsuさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

扇風機・サーキュレーター
2件
0件
プラズマテレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
画質4
音質無評価
機能性4
入出力端子4
サイズ4
静音性5
大きく重たく11年経過してるけど、独特の味わいと価値がある。
   

   

【デザイン】
外枠の端の部分がシルバーで、画面が全面ガラスなのも今どきのテレビにはなく上質な感じです。最近のテレビは外枠ギリギリまで画面になり、同じ外枠サイズなら今なら50インチは表示出来る大きさですが、不満は感じません。
このVT3と比較してみると最新のテレビの多くは、いろいろな部分で作りが安っぽくなっていると改めて感じます。
【画質】
最新の4Kや8Kテレビで4K放送を見た時の画質と比較すると粗さを感じます。しかし、動きの早いコンテンツの表示の滑らかさや、画質の自然さは最新の液晶テレビや有機ELにはないものがあります。VT3は見続けて飽きない、画質の粗さに意識が向かない、良い意味でプラズマならではのボケ感があります。最新の有機EL等はパッとみて画質の良さはわかるけど、キラキラして精細な画質が却って細かな画面の不自然な部分に意識を向かせてしまい、それが不自然さにつながっているように思います。
【音質】
Polk Soundbarに光デジタル端子で接続しており満足しています。VT3の音を直接聞く機会がほぼないため無評価です。
【機能性】
同じパナソニックのディーガに接続しており、ビエラリンクでテレビから直接ディーガの録画が見れたり、VT3のUSB端子に接続したハードディスクにテレビからの録画では最近珍しい(と思う)長時間モードでの録画が出来たりと機能性は充分だと思います。
ただパナソニックの別の機種ではリモコンにタイマーというボタンがあって、それで簡単に何分後にオフするか設定出来るのに、VT3はそれがないのが個人的に残念です。
発売後11年経過しているので、ネット機能(YouTubeとかアクトビラやアプリダウンロードと等)はほぼ全滅ですが、アマゾンFireTVを接続しているので何も不自由を感じていません。
【入出力端子数】
HDMI端子が3、光デジタル端子が1、USB端子が3、LANポート1と充分(他にもD端子等もあります)だと思います。私は機器間の接続は有線と決めているのでWi-Fiがないことは気になりません。
【サイズ】
デザインでも書きましたが、最新機種なら50インチサイズなので、ある意味無駄に大きいとも言えますが、私はデザインや上質感含めてサイズもちょうどいいと思っています。
【静音性】
ジー音という書き込みがありますが、私のVT3は全く音は気になりません。静音性とは関係ありませんが、放熱は液晶テレビ等より大きいと思います。我が家は寝室のクローゼットとクローゼットの間にピッタリとVT3を設置しているので、画面を付け入る時にVT3に近づくと少し熱を感じます。
【総評】
発売当初は30万近くしていたVT3も、状態によるようですが、今ではヤフオク、メルカリで8,000円から40,000円位(2022年7月時点)で買えます。兵庫県尼崎市にパナソニックが社運をかけて作ったプラズマディスプレイ工場生産パネルを使った46インチテレビの最終モデルがVT3。最新のテレビと比較すると画質のシャープさでは劣り、大きくとても重たい製品です。しかし自然さなめらかさ見やすさという点では、プラズマにしかない独特の特徴があります。またVT3は当時の最上位機種ということもあり、細部の作りや入出力端子、機能など充実しているため発売後11年経過した今でも大きな不自由なく使える製品です。
多分、今、中古で購入してもパナソニックでは修理してくれないかも知れないので、壊れたらそれまでという割り切りは必要ですが、今のテレビにない自然な画面を楽しみたい人、往年の日本製品を再確認したいというある意味奇特な人にはお勧めできると思います。
今使っているVT3は壊れにくいようにホコリを掃除機で吸い取ったり、画面やボディを拭きあげたりしながら壊れるまで使い続けたいと思っています。
妻は怒るかも知れませんが、プラズマテレビ最終で且つ最上位のVT60の出物でもあれば、出来れば買いたいなと思っています。

視聴目的
アニメ
ニュース・報道
ドキュメンタリー
設置場所
寝室・自室
広さ
16〜19畳

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性3
画質4
音質無評価
機能性4
入出力端子4
サイズ4
静音性5
大きく重たく11年経過してるけど、独特の味わいと価値がある。

【デザイン】
外枠の端の部分がシルバーで、画面が全面ガラスなのも今どきのテレビにはなく上質な感じです。最近のテレビは外枠ギリギリまで画面になり、同じ外枠サイズなら今なら50インチは表示出来る大きさですが、不満は感じません。
このVT3と比較してみると最新のテレビの多くは、いろいろな部分で作りが安っぽくなっていると改めて感じます。
【画質】
最新の4Kや8Kテレビで4K放送を見た時の画質と比較すると粗さを感じます。しかし、動きの早いコンテンツの表示の滑らかさや、画質の自然さは最新の液晶テレビや有機ELにはないものがあります。VT3は見続けて飽きない、画質の粗さに意識が向かない、良い意味でプラズマならではのボケ感があります。最新の有機EL等はパッとみて画質の良さはわかるけど、キラキラして精細な画質が却って細かな画面の不自然な部分に意識を向かせてしまい、それが不自然さにつながっているように思います。
【音質】
Polk Soundbarに光デジタル端子で接続しており満足しています。VT3の音を直接聞く機会がほぼないため無評価です。
【機能性】
同じパナソニックのディーガに接続しており、ビエラリンクでテレビから直接ディーガの録画が見れたり、VT3のUSB端子に接続したハードディスクにテレビからの録画では最近珍しい(と思う)長時間モードでの録画が出来たりと機能性は充分だと思います。
ただパナソニックの別の機種ではリモコンにタイマーというボタンがあって、それで簡単に何分後にオフするか設定出来るのに、VT3はそれがないのが個人的に残念です。
発売後11年経過しているので、ネット機能(YouTubeとかアクトビラやアプリダウンロードと等)はほぼ全滅ですが、アマゾンFireTVを接続しているので何も不自由を感じていません。
【入出力端子数】
HDMI端子が3、光デジタル端子が1、USB端子が3、LANポート1と充分(他にもD端子等もあります)だと思います。私は機器間の接続は有線と決めているのでWi-Fiがないことは気になりません。
【サイズ】
デザインでも書きましたが、最新機種なら50インチサイズなので、ある意味無駄に大きいとも言えますが、私はデザインや上質感含めてサイズもちょうどいいと思っています。
【静音性】
ジー音という書き込みがありますが、私のVT3は全く音は気になりません。静音性とは関係ありませんが、放熱は液晶テレビ等より大きいと思います。我が家は寝室のクローゼットとクローゼットの間にピッタリとVT3を設置しているので、画面を付け入る時にVT3に近づくと少し熱を感じます。
【総評】
発売当初は30万近くしていたVT3も、状態によるようですが、今ではヤフオク、メルカリで8,000円から40,000円位(2022年7月時点)で買えます。兵庫県尼崎市にパナソニックが社運をかけて作ったプラズマディスプレイ工場生産パネルを使った46インチテレビの最終モデルがVT3。最新のテレビと比較すると画質のシャープさでは劣り、大きくとても重たい製品です。しかし自然さなめらかさ見やすさという点では、プラズマにしかない独特の特徴があります。またVT3は当時の最上位機種ということもあり、細部の作りや入出力端子、機能など充実しているため発売後11年経過した今でも大きな不自由なく使える製品です。
多分、今、中古で購入してもパナソニックでは修理してくれないかも知れないので、壊れたらそれまでという割り切りは必要ですが、今のテレビにない自然な画面を楽しみたい人、往年の日本製品を再確認したいというある意味奇特な人にはお勧めできると思います。
今使っているVT3は壊れにくいようにホコリを掃除機で吸い取ったり、画面やボディを拭きあげたりしながら壊れるまで使い続けたいと思っています。
妻は怒るかも知れませんが、プラズマテレビ最終で且つ最上位のVT60の出物でもあれば、出来れば買いたいなと思っています。

視聴目的
アニメ
ニュース・報道
ドキュメンタリー
設置場所
寝室・自室
広さ
16〜19畳

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]
パナソニック

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 3月18日

3D VIERA TH-P46VT3 [46インチ]をお気に入り製品に追加する <232

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プラズマテレビ)

ご注意