『豊かな倍音と余韻を感じ取ることが出来るHDAです』 LUXMAN P-1u とんかつサンドさんのレビュー・評価

P-1u 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

タイプ:ヘッドホンアンプ ヘッドホン端子(標準プラグ):2系統 P-1uのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • P-1uの価格比較
  • P-1uの店頭購入
  • P-1uのスペック・仕様
  • P-1uのレビュー
  • P-1uのクチコミ
  • P-1uの画像・動画
  • P-1uのピックアップリスト
  • P-1uのオークション

P-1uLUXMAN

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2010年10月15日

  • P-1uの価格比較
  • P-1uの店頭購入
  • P-1uのスペック・仕様
  • P-1uのレビュー
  • P-1uのクチコミ
  • P-1uの画像・動画
  • P-1uのピックアップリスト
  • P-1uのオークション

『豊かな倍音と余韻を感じ取ることが出来るHDAです』 とんかつサンドさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

P-1uのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:71件
  • 累計支持数:645人
  • ファン数:26人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
114件
フラッシュ・ストロボ
2件
32件
コーヒーメーカー
3件
28件
もっと見る
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
豊かな倍音と余韻を感じ取ることが出来るHDAです

 

 

【レビュー環境について】
まずはレビュー時の環境について。

自作PCのOSはWindows 7 (32bit)で、CPUにはCore i7の860を、マザーボードにはギガバイトのGA-P55-UD3を使用しています。
そのマザーボード上のUSB端子とD/AコンバーターのラックスマンDA-200をオーディオグレードのUSBケーブル(フルテックのFormula 2)にて接続。
DA-200は純粋にD/Aコンバーターとして使用し、DA-200とP-1uの接続にはXLRケーブルによるバランス接続と、RCAケーブルによるアンバランス接続の両方を試してみました。

再生ソフトウェアにはfoobar2000を使用し、WASAPI排他モードに設定してWindowsのカーネルミキサーはバイパスさせています。
再生ファイルは、オスカー・ピーターソンやビル・エバンスなどのジャズを中心に、ロックやクラシックなど様々なジャンルのFlacファイルを再生。
(16bit 44.1kHz〜24bit 96kHzを使用)
ヘッドホンはゼンハイザーのHD800を使用。

ちなみにP-1本体は、今回のレビューの時点で約60時間程度のバーンインを済ませてあります。

【音質について】
先ずはDA-200と本機をXLRケーブルにてバランス接続をし、HD800で聴いてみた感想から。

全体的にふくよかでマイルド、逆に鼓膜に突き刺さるような刺激は少なく、優雅で余裕のある出音。
しかし、それは決して音が篭っているという意味ではなく、解像感と明瞭感にもしっかりと優れ、倍音までも感じ取ることができます。
トーンバランスとしてはやや中低域寄りでありながら、高域にも自然でキレのある明るさを見せてくれます。
全体的な音色の傾向としては基本的にDA-200と似たバランスの周波数特性でありながら、低域をやや増強させた感じです。

DA-200内蔵のヘッドホンアンプと比較した場合、音場はP-1uの方が広く立体感があり、独特の残響感というか余韻があり、倍音までも聴き取ることができます。
特にアコースティック系楽器の生音の表現力には大きな違いを感じ取ることが出来ます。
例えばベン・ウェブスターのサックスの場合、DA-200ではいわゆるテレビやCDなどでよく耳にするサックスの音がリアルに聴こえる感じであるのに対し、P-1uではサックス本体の金属チューブの中を空気が通過し、サックスのベル(音の出口)から排出された音である感覚が生々しく感じとれます。
また、オスカーピーターソンやビル・エバンスなどでは、ウッドベースで弾かれた弦が、ボディ(箱)内の空気を震わせて共振させることで大きな音として発せられている様子がリアルに伝わってきます。

そしてピアノ(特に低音鍵盤側)に関しては、DA-200では普通に鍵盤楽器としてリアルに聴こえるのに対し、P-1uではピアノの鍵盤の奥にあるハンマーヘッドがフレームに張られた金属弦を叩き弾く事で音を発し、ピアノが実は打弦楽器であることをあらためて思い知らされるほど。
弦楽器独特の金属弦の震える様子と残響感、倍音を感じ取ることが出来ます。

個人的に凄いと思うのが、曲中の演奏で使用されている真空管ギターアンプ(特にマーシャルアンプ)から発せられるディストーションサウンドがとてもリアルで、独特の空気感を見事に再現しています。

次にDA-200との接続を(DA-200)RCAアンバランス出力→(P-1u)RCAアンバランス入力に切り替えてみると、やや音場が狭くなり立体感が損なわれる感じがします。
しかし、それでも十分に高音質なのですが、、、。

【最後に】
今回のP-1uでは特にアコースティック系楽器の表現力が素晴らしかったです。
また、立体的で奥行き感のある広い音場も良い感じなのですが、人や環境によってはこれらの特徴がかえって「しつこい」と感じられる可能性もあります。
(僕は、この濃厚さに関しては満足していますが、、、。)
フェーズテックのEPA-007が原音を忠実に聴かせるアンプであるならば、このP-1uは音楽をゆったりと愉しむためのアンプと言えるでしょうか?

ラックスマンというだけあり、僕にとっては実にエレガントでゆったりとしたヘッドホンリスニングを味わえる見事な演出であると感じました。

尚、更に詳しいレビューや画像を下記サイトにまとめました。
http://tonkatsu.boo.jp/p-1u/p-1u.html

参考になった19人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
音質5
操作性5
機能性5
豊かな倍音と余韻を感じ取ることが出来るHDAです

撮影:とんかつサンド

付属品一式

ケース内部

 

D/AコンバーターにはDA-200をセット

 

【レビュー環境について】
まずはレビュー時の環境について。

自作PCのOSはWindows 7 (32bit)で、CPUにはCore i7の860を、マザーボードにはギガバイトのGA-P55-UD3を使用しています。
そのマザーボード上のUSB端子とD/AコンバーターのラックスマンDA-200をオーディオグレードのUSBケーブル(フルテックのFormula 2)にて接続。
DA-200は純粋にD/Aコンバーターとして使用し、DA-200とP-1uの接続にはXLRケーブルによるバランス接続と、RCAケーブルによるアンバランス接続の両方を試してみました。

再生ソフトウェアにはfoobar2000を使用し、WASAPI排他モードに設定してWindowsのカーネルミキサーはバイパスさせています。
再生ファイルは、オスカー・ピーターソンやビル・エバンスなどのジャズを中心に、ロックやクラシックなど様々なジャンルのFlacファイルを再生。
(16bit 44.1kHz〜24bit 96kHzを使用)
ヘッドホンはゼンハイザーのHD800を使用。

ちなみにP-1本体は、今回のレビューの時点で約60時間程度のバーンインを済ませてあります。

【音質について】
先ずはDA-200と本機をXLRケーブルにてバランス接続をし、HD800で聴いてみた感想から。

全体的にふくよかでマイルド、逆に鼓膜に突き刺さるような刺激は少なく、優雅で余裕のある出音。
しかし、それは決して音が篭っているという意味ではなく、解像感と明瞭感にもしっかりと優れ、倍音までも感じ取ることができます。
トーンバランスとしてはやや中低域寄りでありながら、高域にも自然でキレのある明るさを見せてくれます。
全体的な音色の傾向としては基本的にDA-200と似たバランスの周波数特性でありながら、低域をやや増強させた感じです。

DA-200内蔵のヘッドホンアンプと比較した場合、音場はP-1uの方が広く立体感があり、独特の残響感というか余韻があり、倍音までも聴き取ることができます。
特にアコースティック系楽器の生音の表現力には大きな違いを感じ取ることが出来ます。
例えばベン・ウェブスターのサックスの場合、DA-200ではいわゆるテレビやCDなどでよく耳にするサックスの音がリアルに聴こえる感じであるのに対し、P-1uではサックス本体の金属チューブの中を空気が通過し、サックスのベル(音の出口)から排出された音である感覚が生々しく感じとれます。
また、オスカーピーターソンやビル・エバンスなどでは、ウッドベースで弾かれた弦が、ボディ(箱)内の空気を震わせて共振させることで大きな音として発せられている様子がリアルに伝わってきます。

そしてピアノ(特に低音鍵盤側)に関しては、DA-200では普通に鍵盤楽器としてリアルに聴こえるのに対し、P-1uではピアノの鍵盤の奥にあるハンマーヘッドがフレームに張られた金属弦を叩き弾く事で音を発し、ピアノが実は打弦楽器であることをあらためて思い知らされるほど。
弦楽器独特の金属弦の震える様子と残響感、倍音を感じ取ることが出来ます。

個人的に凄いと思うのが、曲中の演奏で使用されている真空管ギターアンプ(特にマーシャルアンプ)から発せられるディストーションサウンドがとてもリアルで、独特の空気感を見事に再現しています。

次にDA-200との接続を(DA-200)RCAアンバランス出力→(P-1u)RCAアンバランス入力に切り替えてみると、やや音場が狭くなり立体感が損なわれる感じがします。
しかし、それでも十分に高音質なのですが、、、。

【最後に】
今回のP-1uでは特にアコースティック系楽器の表現力が素晴らしかったです。
また、立体的で奥行き感のある広い音場も良い感じなのですが、人や環境によってはこれらの特徴がかえって「しつこい」と感じられる可能性もあります。
(僕は、この濃厚さに関しては満足していますが、、、。)
フェーズテックのEPA-007が原音を忠実に聴かせるアンプであるならば、このP-1uは音楽をゆったりと愉しむためのアンプと言えるでしょうか?

ラックスマンというだけあり、僕にとっては実にエレガントでゆったりとしたヘッドホンリスニングを味わえる見事な演出であると感じました。

尚、更に詳しいレビューや画像を下記サイトにまとめました。
http://www.geocities.jp/syori59/p-1u/p-1u.html

参考になった19

「P-1u」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
豊かな倍音と余韻を感じ取ることが出来るHDAです  5 2019年2月1日 21:45
標準原器  5 2016年8月21日 07:27
解像度が半端ない  5 2016年3月30日 21:00
使い方次第では、名機だと思います。  5 2015年6月3日 13:18
半年前の記憶ですが  4 2015年1月16日 16:05
電源ケーブルは付属のものです  5 2014年11月22日 20:02
ラックストーン以外にも優れた魅力を備えています。  5 2014年9月29日 17:16
P-700uとは比較してないが素晴らしい安定感  5 2014年6月18日 17:07
良いことは皆知っている。のでサイズ感など  4 2014年6月16日 23:36
DA-200との比較  5 2014年3月1日 11:01

P-1uのレビューを見る(レビュアー数:18人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

P-1uのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

P-1u
LUXMAN

P-1u

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2010年10月15日

P-1uをお気に入り製品に追加する <156

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[ヘッドホンアンプ・DAC]

ヘッドホンアンプ・DACの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ヘッドホンアンプ・DAC)

ご注意