『連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき)』 CANON EF70-300mm F4-5.6L IS USM CuriosityKillsさんのレビュー・評価

2010年11月19日 発売

EF70-300mm F4-5.6L IS USM

  • プロ向け「L(Luxury)レンズ」に属する、約4段分の手ブレ補正効果を備える「IS」機構を搭載した、フルサイズ対応望遠ズームレンズ。
  • 超音波モーター「USM」を搭載し、高トルク・高レスポンスなモーターにより、素早いピント合わせが可能。
  • 「リアフォーカス」を採用。快適なAFやレンズのコンパクト化を実現している。
EF70-300mm F4-5.6L IS USM 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥117,680

(前週比:+880円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥117,680

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥63,000 (61製品)


価格帯:¥117,680〜¥168,410 (48店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥158,000

店頭参考価格帯:¥117,980 〜 ¥146,080 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:望遠ズーム 焦点距離:70〜300mm 最大径x長さ:89x143mm 重量:1050g 対応マウント:キヤノンEFマウント系 EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの中古価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの買取価格
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの店頭購入
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビュー
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのクチコミ
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの画像・動画
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのピックアップリスト
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのオークション

EF70-300mm F4-5.6L IS USMCANON

最安価格(税込):¥117,680 (前週比:+880円↑) 発売日:2010年11月19日

  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの中古価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの買取価格
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの店頭購入
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビュー
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのクチコミ
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの画像・動画
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのピックアップリスト
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのオークション

『連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき)』 CuriosityKillsさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:184人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
51件
レンズ
4件
8件
デジタルカメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力5
携帯性4
機能性5
連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき)

最近、本当によくスポーツを撮りに行くようになりました。
望遠レンズも複数持ち歩くようになりました。

そのうえで、このレンズに対する考え方が変わった点があるため、再レビューします。

このレンズ、当初は「重い、これを入れたバッグを肩に掛けるとズッシリくるわー」と思っていました。
でもでも。
僕は間違っていました。
これって、軽い望遠レンズですよね!

ほかのレンズと一緒に、バッグに収まってくれますし、携帯性は星3つと評価していたところ、星4つに変更します。
素晴らしく手軽な望遠レンズです。そして、安いです。
それでいて、画質への不満は一切ありません。

ラグビーとサッカーの試合では望遠側が足りないと思いますが、相撲だと十分です。
ただ、相撲だとちょっと暗いんですよね。そこだけが不満。
でも、フルサイズなら高感度耐性がありますし、屋内スポーツでもいい写真が撮れます。

以下、旧レビュー ------------------------------------------------------------------

大相撲名古屋場所を観戦に行くと決めたものの、予算が限られていたため、最後列のイス席を確保。
最後列からお相撲さんを狙うため、望遠レンズが欲しくなり、このレンズを購入。
大阪のトキワはんで、かなり安く(忘れてしまいましたが、ここの最安値を下回る金額で) 購入できました。

大相撲観戦までに操作に慣れておこうと、近隣の紫陽花園に試し撮りに行きました。
「レンズの性能の違いが写真の決定的差でないことを教えてやる」という声もあるでしょうが、
望遠レンズはほぼ初心者だったため、いつもと違う写真が撮れて有頂天になり、
「僕が一番 EF70-300mm F4-5.6L IS USM をうまく使えるんだ!」とほざいていました。
「ぼうやだからさ」なんて言わないでください。

さて、本番の7月の大相撲観戦でも大活躍してくれたこのレンズ。
その後もコンスタントに使ってきたので、そろそろレビューしてしまいます。

以下、紫陽花とお相撲さんという、相反する被写体を撮影しての項目ごとのレビューです。
それ以外にも、ちょこちょこ撮影していますので、全体としての感想に含みます。


操作性: 4ツ星
こ、こいつ・・・動くぞ!
慣れていなかったときは、ズーム操作したいときに「あれ、どっちのリングやったっけ?」と迷いました。
でも、そこはニュータイプの僕。ピリリリーンと閃きながら、すぐにアジャスト。
そして、ズームリング、フォーカスリングともに、マグネットコーティングされているかのごとく、スムーズです。
レベル的に言うと、そこらの「量産型○○」とか「汎用○○」とかとは違います。「〜専用」です。
いや、普通に量産型なんですけどね。

表現力: 5ツ星
親父にもぶたれたことないのに!
「画質・描写性能」として評価します。
二度ぐらいぶたれて、目が覚めたような気分です。
収差は極小と言えるレベルです。DLO 適用しても僅かな変化しかありませんが、残っていた変な色の縁取りにサヨナラできます。
しばらく、僕は望遠レンズには見向きもしなくなるでしょう。

携帯性: 3ツ星
悔しいけど・・・僕は男なんだな・・・。
大相撲観戦では、6 時間程度、このレンズを 5D MarkIII に装着して手持ち撮影しました。
最後は、腕がプルプルしてきましたが、エクササイズだと思って、パワーで乗り切りました。
ただ、バッグに入れると重量をモロに感じます。
多くの女性には、ちょっとキビしい重量でしょうね。
僕自身としては、重量も事前に確認したうえで購入していますので、この点が大きなマイナス要素とはなりませんでした。
あくまでも、この重量のレンズに4ツ星や5ツ星をつけられないな、という意味の3ツ星です。

機能性: 5ツ星
ぼ、僕は、あの人に勝ちたい!
大相撲観戦で、凄まじいスピードの力士にフォーカスが合うか不安でしたが、信じてシャッターを切り続けました。
結果として、ほとんどの写真において、ニュータイプの射撃のように正確に、ピントバッチリでした。
肖像権とか、なんか色々とありそうなので、お相撲さんの写真は掲載しませんが、迫力ある写真が撮れました。
イス席の最後列からだと、望遠端で土俵がちょうど写真に納まるサイズで撮れました。
次回は、マス席から、より大きくお相撲さんを狙いたいと思います。
すべて手持ちで撮影していますが、超強力な IS で手ブレ知らずです。
あの人にも勝てます。

満足度: 5ツ星
こんなに嬉しいことはない・・・。
もともと、望遠レンズを使用する場面が多くなかったので、タムロンの同焦点域の激安レンズを所有していました。
そのレンズで撮った写真がひどいので、さらに使わなくなっていました。
でも、大相撲観戦で贔屓力士をビシバシ撮りたかったため、ちょっと奮発してこの望遠ズームレンズを購入しましたが、描写、手ブレ補正、オートフォーカスの各性能には、驚きました。
やっぱり、ニュータイプ (レンズに10万円以上出せる人) 専用機で、連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき) と呼ばれるだけのことはありますね。
「そのレンズの性能のおかげだということを・・・」とあの人に言われないよう、腕を磨いて精進していきます。

にしても、贔屓力士が勝ってくれてさえいれば言うことなかったんですが・・・。
次回は勝ってくれるといいな!
それまで、なでしこリーグでも撮りに行こうかな。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった33人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性4
表現力5
携帯性3
機能性5
連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき)
当機種紫陽花園 その1
当機種紫陽花園 その2
当機種紫陽花園 その3

紫陽花園 その1

紫陽花園 その2

紫陽花園 その3

当機種夏の風物詩
当機種これも夏の風物詩!見た目に涼しくて、気持ちいい。
 

夏の風物詩

これも夏の風物詩!見た目に涼しくて、気持ちいい。

 

大相撲名古屋場所を観戦に行くと決めたものの、予算が限られていたため、最後列のイス席を確保。
最後列からお相撲さんを狙うため、望遠レンズが欲しくなり、このレンズを購入。
大阪のトキワはんで、かなり安く(忘れてしまいましたが、ここの最安値を下回る金額で) 購入できました。

大相撲観戦までに操作に慣れておこうと、近隣の紫陽花園に試し撮りに行きました。
「レンズの性能の違いが写真の決定的差でないことを教えてやる」という声もあるでしょうが、
望遠レンズはほぼ初心者だったため、いつもと違う写真が撮れて有頂天になり、
「僕が一番 EF70-300mm F4-5.6L IS USM をうまく使えるんだ!」とほざいていました。
「ぼうやだからさ」なんて言わないでください。

さて、本番の7月の大相撲観戦でも大活躍してくれたこのレンズ。
その後もコンスタントに使ってきたので、そろそろレビューしてしまいます。

以下、紫陽花とお相撲さんという、相反する被写体を撮影しての項目ごとのレビューです。
それ以外にも、ちょこちょこ撮影していますので、全体としての感想に含みます。


操作性: 4ツ星
こ、こいつ・・・動くぞ!
慣れていなかったときは、ズーム操作したいときに「あれ、どっちのリングやったっけ?」と迷いました。
でも、そこはニュータイプの僕。ピリリリーンと閃きながら、すぐにアジャスト。
そして、ズームリング、フォーカスリングともに、マグネットコーティングされているかのごとく、スムーズです。
レベル的に言うと、そこらの「量産型○○」とか「汎用○○」とかとは違います。「〜専用」です。
いや、普通に量産型なんですけどね。

表現力: 5ツ星
親父にもぶたれたことないのに!
「画質・描写性能」として評価します。
二度ぐらいぶたれて、目が覚めたような気分です。
収差は極小と言えるレベルです。DLO 適用しても僅かな変化しかありませんが、残っていた変な色の縁取りにサヨナラできます。
しばらく、僕は望遠レンズには見向きもしなくなるでしょう。

携帯性: 3ツ星
悔しいけど・・・僕は男なんだな・・・。
大相撲観戦では、6 時間程度、このレンズを 5D MarkIII に装着して手持ち撮影しました。
最後は、腕がプルプルしてきましたが、エクササイズだと思って、パワーで乗り切りました。
ただ、バッグに入れると重量をモロに感じます。
多くの女性には、ちょっとキビしい重量でしょうね。
僕自身としては、重量も事前に確認したうえで購入していますので、この点が大きなマイナス要素とはなりませんでした。
あくまでも、この重量のレンズに4ツ星や5ツ星をつけられないな、という意味の3ツ星です。

機能性: 5ツ星
ぼ、僕は、あの人に勝ちたい!
大相撲観戦で、凄まじいスピードの力士にフォーカスが合うか不安でしたが、信じてシャッターを切り続けました。
結果として、ほとんどの写真において、ニュータイプの射撃のように正確に、ピントバッチリでした。
肖像権とか、なんか色々とありそうなので、お相撲さんの写真は掲載しませんが、迫力ある写真が撮れました。
イス席の最後列からだと、望遠端で土俵がちょうど写真に納まるサイズで撮れました。
次回は、マス席から、より大きくお相撲さんを狙いたいと思います。
すべて手持ちで撮影していますが、超強力な IS で手ブレ知らずです。
あの人にも勝てます。

満足度: 5ツ星
こんなに嬉しいことはない・・・。
もともと、望遠レンズを使用する場面が多くなかったので、タムロンの同焦点域の激安レンズを所有していました。
そのレンズで撮った写真がひどいので、さらに使わなくなっていました。
でも、大相撲観戦で贔屓力士をビシバシ撮りたかったため、ちょっと奮発してこの望遠ズームレンズを購入しましたが、描写、手ブレ補正、オートフォーカスの各性能には、驚きました。
やっぱり、ニュータイプ (レンズに10万円以上出せる人) 専用機で、連邦 (Canon) の白い悪魔 (赤鉢巻つき) と呼ばれるだけのことはありますね。
「そのレンズの性能のおかげだということを・・・」とあの人に言われないよう、腕を磨いて精進していきます。

にしても、贔屓力士が勝ってくれてさえいれば言うことなかったんですが・・・。
次回は勝ってくれるといいな!
それまで、なでしこリーグでも撮りに行こうかな。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
スポーツ

参考になった16

 
 
 
 
 
 

「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
油断  5 2020年6月28日 21:01
悲運のLレンズ  5 2020年6月15日 07:09
悩んで買ったが、これはいい  5 2020年3月24日 16:51
Lレンズにしてはコンパクト  4 2020年3月12日 21:27
少し重いけれど手放せないレンズ  5 2020年1月18日 22:39
EF70-300 f4.5-6 IS U USM からの買い替え  5 2019年12月10日 21:04
非L2型と悩んで。  5 2019年11月24日 08:13
初めてLレンズを購入しました  5 2019年10月14日 19:01
近距離から遠距離へ  3 2019年6月10日 12:01
このレンズにはまった!!  4 2019年5月9日 17:10

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを見る(レビュアー数:213人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EF70-300mm F4-5.6L IS USM
CANON

EF70-300mm F4-5.6L IS USM

最安価格(税込):¥117,680発売日:2010年11月19日 価格.comの安さの理由は?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMをお気に入り製品に追加する <1801

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意