『悲運のLレンズ』 CANON EF70-300mm F4-5.6L IS USM 硝子の中年さんのレビュー・評価

2010年11月19日 発売

EF70-300mm F4-5.6L IS USM

  • プロ向け「L(Luxury)レンズ」に属する、約4段分の手ブレ補正効果を備える「IS」機構を搭載した、フルサイズ対応望遠ズームレンズ。
  • 超音波モーター「USM」を搭載し、高トルク・高レスポンスなモーターにより、素早いピント合わせが可能。
  • 「リアフォーカス」を採用。快適なAFやレンズのコンパクト化を実現している。
EF70-300mm F4-5.6L IS USM 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥117,980

(前週比:+180円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥63,000 (56製品)


価格帯:¥117,980〜¥168,410 (47店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥158,000

店頭参考価格帯:¥117,980 〜 ¥146,080 (全国5店舗)最寄りのショップ一覧

レンズタイプ:望遠ズーム 焦点距離:70〜300mm 最大径x長さ:89x143mm 重量:1050g 対応マウント:キヤノンEFマウント系 EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの中古価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの買取価格
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの店頭購入
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビュー
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのクチコミ
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの画像・動画
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのピックアップリスト
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのオークション

EF70-300mm F4-5.6L IS USMCANON

最安価格(税込):¥117,980 (前週比:+180円↑) 発売日:2010年11月19日

  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの中古価格比較
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの買取価格
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの店頭購入
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのスペック・仕様
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビュー
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのクチコミ
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMの画像・動画
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのピックアップリスト
  • EF70-300mm F4-5.6L IS USMのオークション

『悲運のLレンズ』 硝子の中年さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:23人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
329件
レンズ
2件
133件
フラッシュ・ストロボ
0件
7件
もっと見る
満足度5
操作性5
表現力3
携帯性3
機能性5
悲運のLレンズ

■Lレンズと言えば
高価でずっしり重いが写りやAF性能には定評があり、多くのカメラマンから絶賛される。
その白く美しい佇まいは他のカメラマンから羨望の眼差しを浴び、所有するだけでテンションが上がる。

しかし、このレンズはちょっと違った。

■あまり評判の良くなかった旧EF70-300oの後にデビューしたこのレンズだが、同時期にタムロンから70-300o(A005)がデビューする。
スペックが同じで価格はこのレンズの1/3以下。
写りも上々で手振れ補正も良く効きコスパは最高。
レンズ大賞も受賞し売れに売れた。

そんな私もやはり高いLレンズには見向きもせず、迷うことなくタムロンA005を購入。

ところが…
通常の撮影では問題ないが、動体撮影では中々ピントが合ってくれない。
設定を変えてもタムロンに調整に出しても結果は同じ。

悩んだ末にこのLレンズを購入。
すると、どうだ!

AF性能は比較にならず、動体撮影の歩留まりは格段にアップ。
もちろん写りもいいしボケもきれい。
さすがはLレンズ。
「高かったけど買って良かった〜」そう思った。

■しかし、それも長く続かない。
EF100-400oLUがデビュー。
「これぞまさにLレンズ」
「素晴らしい写り。理想の望遠ズーム。」
と絶賛され、このレンズから乗り換える人が続出した。

しかし100-400oLUの価格はこのレンズの2倍。
気軽に買える価格ではない。
コスパではまだまだ生き残る道がある。

■そこに現れたのが純正で同スペックのEF70-300oU。
新型のナノUSMを搭載しAFは爆速。
軽量コンパクトで価格はこのレンズの半分。
コスパ抜群で当然のごとくベストセラーになる。

■そして現在。このレンズの評判は
「白いだけのレンズ」
「Lレンズの片隅にやっと乗せてもらえたレンズ」
「防塵、防滴以外メリットのないレンズ」
挙句の果てには
「えっ?そんなレンズあったっけ?」
と、消えた一発屋芸人の様な扱いなのだ。

確かに当たってる所もあるので全面否定出来ないのが辛いけど…。(笑)

ただ、そこまで言われると
「使った事もないくせにそこまでボロクソに言わなくてもいいやん!」
とかばいたくもなってくる。
確かにあまり見栄は張れないけれど、大きな不満もなく堅実な仕事をしてくれる。

特に動体撮影のAF精度はとても高く安心して撮影が出来る。
ナノUSMの18-135oも所有しているがAFの正確さと復帰の速さは比べ物にならない。
モトクロスやサッカーなど、物凄い砂ぼこりや雨の中で何度も撮影したが現在までノートラブル。

ただ、このプライスなのだからせめて三脚座は標準装備して欲しかった。
縦位置で安定して撮りたい為に純正の別売り三脚座を買ったが、15000円もする割には使い勝手も良くなく互換品でも良かったかなと思う程度のクオリティだった。

■結論
このレンズはこのポジショニングと地味な良さを理解し、そこに価値観を見出す事の出来る人だけが所有すべきレンズなのだ。
そんな健気に働いてくれる、ずんぐりなこのレンズを今後も愛用して行こうと思う。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ

参考になった24人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
操作性5
表現力3
携帯性3
機能性5
悲運のLレンズ
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

■Lレンズと言えば
高価でずっしり重いが写りやAF性能には定評があり、多くのカメラマンから絶賛される。
その白く美しい佇まいは他のカメラマンから羨望の眼差しを浴び、所有するだけでテンションが上がる。

しかし、このレンズはちょっと違った。

■あまり評判の良くなかった旧EF70-300oの後にデビューしたこのレンズだが、同時期にタムロンから70-300o(A005)がデビューする。
スペックが同じで価格はこのレンズの1/3以下。
写りも上々で手振れ補正も良く効きコスパは最高。
レンズ大賞も受賞し売れに売れた。

そんな私もやはり高いLレンズには見向きもせず、迷うことなくタムロンA005を購入。

ところが…
通常の撮影では問題ないが、動体撮影では中々ピントが合ってくれない。
設定を変えてもタムロンに調整に出しても結果は同じ。

悩んだ末にこのLレンズを購入。
すると、どうだ!

AF性能は比較にならず、動体撮影の歩留まりは格段にアップ。
もちろん写りもいいしボケもきれい。
さすがはLレンズ。
「高かったけど買って良かった〜」そう思った。

■しかし、それも長く続かない。
EF100-400oLUがデビュー。
「これぞまさにLレンズ」
「素晴らしい写り。理想の望遠ズーム。」
と絶賛され、このレンズから乗り換える人が続出した。

しかし100-400oLUの価格はこのレンズの2倍。
気軽に買える価格ではない。
コスパではまだまだ生き残る道がある。

■そこに現れたのが純正で同スペックのEF70-300oU。
新型のナノUSMを搭載しAFは爆速。
軽量コンパクトで価格はこのレンズの半分。
コスパ抜群で当然のごとくベストセラーになる。

■そして現在。このレンズの評判は
「白いだけのレンズ」
「Lレンズの片隅にやっと乗せてもらえたレンズ」
「防塵、防滴以外メリットのないレンズ」
挙句の果てには
「えっ?そんなレンズあったっけ?」
と、消えた一発屋芸人の様な扱いなのだ。

確かに当たってる所もあるので全面否定出来ないのが辛いけど…。(笑)

ただ、そこまで言われると
「使った事もないくせにそこまでボロクソに言わなくてもいいやん!」
とかばいたくもなってくる。
確かにあまり見栄は張れないけれど、大きな不満もなく堅実な仕事をしてくれる。
特に動体撮影のAF精度はとても高く安心して撮影が出来る。
ナノUSMの18-135oも所有しているがAFの正確さと復帰の速さは比べ物にならない。
モトクロスやサッカーなど、物凄い砂ぼこりや雨の中で何度も撮影したが現在までノートラブル。

■結論
このレンズはこのポジショニングと地味な良さを理解し、そこに価値観を見出す事の出来る人だけが所有すべきレンズなのだ。
そんな健気に働いてくれる、ずんぐりなこのレンズを今後も愛用して行こうと思う。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ

参考になった15

満足度5
操作性5
表現力3
携帯性3
機能性5
悲運のLレンズ

■Lレンズと言えば
高価でずっしり重いが写りやAF性能には定評があり、多くのカメラマンから絶賛される。
その白く美しい佇まいは他のカメラマンから羨望の眼差しを浴び、所有するだけでテンションが上がる。

しかし、このレンズはちょっと違った。

■あまり評判の良くなかった旧EF70-300oの後にデビューしたこのレンズだが、同時期にタムロンから70-300o(A005)がデビューする。
スペックが同じで価格はこのレンズの1/3以下。
写りも上々で手振れ補正も良く効きコスパは最高。
レンズ大賞も受賞し売れに売れた。

そんな私もやはり高いLレンズには見向きもせず、迷うことなくタムロンA005を購入。

ところが…
通常の撮影では問題ないが、動体撮影では中々ピントが合ってくれない。
設定を変えてもタムロンに調整に出しても結果は同じ。

悩んだ末にこのLレンズを購入。
すると、どうだ!

AF性能は比較にならず、動体撮影の歩留まりは格段にアップ。
もちろん写りもいいしボケもきれい。
さすがはLレンズ。
「高かったけど買って良かった〜」そう思った。

■しかし、それも長く続かない。
EF100-400oLUがデビュー。
「これぞまさにLレンズ」
「素晴らしい写り。理想の望遠ズーム。」
と絶賛され、このレンズから乗り換える人が続出した。

しかし100-400oLUの価格はこのレンズの2倍。
気軽に買える価格ではない。
コスパではまだまだ生き残る道がある。

■そこに現れたのが純正で同スペックのEF70-300oU。
新型のナノUSMを搭載しAFは爆速。
軽量コンパクトで価格はこのレンズの半分。
コスパ抜群で当然のごとくベストセラーに。

■そして現在。このレンズの評判は
「白いだけのレンズ」
「Lレンズの片隅にやっと乗せてもらえたレンズ」
「防塵、防滴以外メリットのないレンズ」
挙句の果てには
「えっ?そんなレンズあったっけ?」
と、消えた一発屋芸人の様な扱いなのだ。

確かに当たってる所もあるので全面否定出来ないのが辛いけど…。(笑)

ただ、そこまで言われると
「使った事もないくせにそこまでボロクソに言わなくてもいいやん!」
とかばいたくもなってくる。
確かにあまり見栄は張れないけれど、大きな不満もなく堅実な仕事をしてくれる。
特に動体撮影のAF精度はとても高く安心して撮影が出来る。
ナノUSMの18-135oも所有しているがAFの正確さと復帰の速さは比べ物にならない。
モトクロスやサッカーなど、物凄い砂ぼこりや雨の中で何度も撮影したが現在までノートラブル。

■結論
このレンズはこのポジショニングと地味な良さを理解し、そこに価値観を見出す事の出来る人だけが所有すべきレンズなのだ。
そんな健気に働いてくれる、ずんぐりなこのレンズを今後も愛用して行こうと思う。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ

参考になった5

満足度5
操作性5
表現力3
携帯性3
機能性5
悲運のLレンズ
当機種
当機種
当機種

当機種
当機種
当機種

■Lレンズと言えば
高価でずっしり重いが写りやAF性能には定評があり、多くのカメラマンから絶賛される。
その白く美しい佇まいは他のカメラマンから羨望の眼差しを浴び、所有するだけでテンションが上がる。

しかし、このレンズはちょっと違った。

■あまり評判の良くなかった旧EF70-300oの後にデビューしたこのレンズだが、同時期にタムロンから70-300o(A005)がデビューする。
スペックが同じで価格はこのレンズの1/3以下。
写りも上々で手振れ補正も良く効きコスパは最高。
レンズ大賞も受賞し売れに売れた。

そんな私もやはり高いLレンズには見向きもせず、迷うことなくタムロンA005を購入。

ところが…
通常の撮影では問題ないが、動体撮影では中々ピントが合ってくれない。
設定を変えてもタムロンに調整に出しても結果は同じ。

悩んだ末にこのLレンズを購入。
すると、どうだ!

AF性能は比較にならず、動体撮影の歩留まりは格段にアップ。
もちろん写りもいいしボケもきれい。
さすがはLレンズ。
「高かったけど買って良かった〜」そう思った。

■しかし、それも長く続かない。
EF100-400oLUがデビュー。
「これぞまさにLレンズ」
「素晴らしい写り。理想の望遠ズーム。」
と絶賛され、このレンズから乗り換える人が続出した。

しかし100-400oLUの価格はこのレンズの2倍。
気軽に買える価格ではない。
コスパではまだまだ生き残る道がある。

■そこに現れたのが純正で同スペックのEF70-300oU。
新型のナノUSMを搭載しAFは爆速。
軽量コンパクトで価格はこのレンズの半分。
コスパ抜群で当然のごとくベストセラーに。

■そして現在。このレンズの評判は
「白いだけのレンズ」
「Lレンズの片隅にやっと乗せてもらえたレンズ」
「防塵、防滴以外メリットのないレンズ」
挙句の果てには
「えっ?そんなレンズあったっけ?」
と、消えた一発屋芸人の様な扱いなのだ。

確かに当たってる所もあるので全面否定出来ないのが辛いけど…。(笑)

ただ、そこまで言われると
「使った事もないくせにそこまでボロクソに言わなくてもいいやん!」
とかばいたくもなってくる。
確かにあまり見栄は張れないけれど、大きな不満もなく堅実な仕事をしてくれる。
特に動体撮影のAF精度はとても高く安心して撮影が出来る。
ナノUSMの18-135oも所有しているがAFの正確さと復帰の速さは比べ物にならない。
モトクロスやサッカーなど、物凄い砂ぼこりや雨の中で何度も撮影したが現在までノートラブル。

■結論
このレンズはこのポジショニングと地味な良さを理解し、そこに価値観を見出す事の出来る人だけが所有すべきレンズなのだ。
そんな健気に働いてくれるずんぐりなこにのレンズを今後も愛用して行こうと思う。


レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
スポーツ

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「EF70-300mm F4-5.6L IS USM」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
油断  5 2020年6月28日 21:01
悲運のLレンズ  5 2020年6月15日 07:09
悩んで買ったが、これはいい  5 2020年3月24日 16:51
Lレンズにしてはコンパクト  4 2020年3月12日 21:27
少し重いけれど手放せないレンズ  5 2020年1月18日 22:39
EF70-300 f4.5-6 IS U USM からの買い替え  5 2019年12月10日 21:04
非L2型と悩んで。  5 2019年11月24日 08:13
初めてLレンズを購入しました  5 2019年10月14日 19:01
近距離から遠距離へ  3 2019年6月10日 12:01
このレンズにはまった!!  4 2019年5月9日 17:10

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを見る(レビュアー数:213人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

EF70-300mm F4-5.6L IS USM
CANON

EF70-300mm F4-5.6L IS USM

最安価格(税込):¥117,980発売日:2010年11月19日 価格.comの安さの理由は?

EF70-300mm F4-5.6L IS USMをお気に入り製品に追加する <1801

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[レンズ]

レンズの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(レンズ)

ご注意